シャチハタ 以外。 認印とシャチハタの違いとは?便利なシャチハタを使うときの注意点

シャチハタと印鑑の違いとは?【社会人必見】|みんなの知らないはんこの話

シャチハタ 以外

あなたは自分の名前のハンコを持っていますか? 実はそのハンコ、持っているだけでは実印として使用することができません。 「ハンコ」の中でも特に重要な印鑑が「 実印」と呼ばれるハンコ。 実印は法的な効力を持った印鑑です。 あなたのハンコを実印として使用するには、 あなたが住民登録をしている市区町村の役所や役場で印鑑登録をする必要があります。 そうして初めて印鑑が「実印」として法的な効力を持つものになります。 印鑑登録をすると受け取れるのが 印鑑登録証明書。 実印と印鑑証明があれば誰でもあなたになりすますことができるので、印鑑証明は実印と同じく非常に重要なものです。 そのため、 登録した実印と印鑑証明は大切に保管する必要があります。 自分の権利や財産を守るためのハンコ、それが実印なのです。 実印は公的な書類のほか、保険や不動産、車の契約などに使います。 認印は日常的に一番よく使うハンコです(読み方は「認印=みとめいん」と読みます)。 宅配便や回覧に確認のためハンコを押しますよね?そのハンコが「認印」です。 このように、認印は主に意思確認や承認などに使用します。 また、実印は印鑑登録をしなければなりませんが、 認印は印鑑登録をする必要がありません。 そのため、あなたの名前で作成された印鑑であれば認印として使用することが可能です。 つまり、 100円ショップや文房具店で販売されている シャチハタ(朱肉を必要としないハンコ)や 三文判を認印として使用することもできるのです。 認印として使うハンコのサイズは、実印や銀行印よりも小さいサイズにすることが多いです。 一般的には、認印<銀行印<実印の大きさの順で作成します。 ちなみに、実印や銀行印として登録しているハンコも認印として使用することができるのですが、実印や銀行印は役所や機関に登録したハンコ。 複製などのリスクが伴うため、認印としての使用は絶対におすすめできません。 銀行印として一部の信用金庫はシャチハタを使える場合もありますが、ほとんどは使えないでしょう。 理由は、 シャチハタはゴム製の印面であるため、印影が変形してしまう可能性があるからです。 こうしたことを防ぐためにも、シャチハタ以外に 朱肉を使って押すハンコを1本は持っておくと良いでしょう。 実印などと比較すると認印は安い値段で買えるため、費用も安く済みます。 例えば、高品質低価格が売りの「はんこプレミアム」では、個人用の認印で一番安い印鑑印材ですと1,500円前後で購入できます。 高級印材の1つとして知られる黒水牛でも、4,000円前後で購入できます。 印鑑は大切に使えば一生使用できることを考えると、そこまで高い出費でもないので、1本認印を持っておくことをおすすめします。 認印として浸透しているシャチハタですが、そもそもシャチハタの定義をご存知でしょうか? シャチハタとは、スタンプタイプの簡易印鑑(インキ浸透型印鑑)のことで、「シャチハタ」という名前は、実はインキ浸透型印鑑を製造販売している会社の社名です。 シャチハタがなぜ実印や銀行印として使うことができないかというと、認印のところで述べたように、 シャチハタは印面がゴムでできているため印影が変形してしまう可能性があるから。 もう一つの理由として、 シャチハタが大量生産の認印であるから。 姓が同じで、かつ書体も同じであれば印面も全て同じ形になってしまうので、防犯上の危険性から基本的に認印以外では使用できません。 また、実印として印鑑登録する印鑑証明用印鑑は基本的に手彫りのハンコか、機械彫りでも大量生産されたものではなく個別に作成されたハンコでなくてはなりません。 したがって、シャチハタは登録の必要ない認印として、郵便や宅配物、回覧などの受領サインにだけ使用すると覚えておきましょう。 銀行印の定義 銀行印とは、銀行で口座を開設する時に必要になるハンコです。 窓口で預金を引き出す時などは、通帳と口座開設時に登録した届け印鑑が必要となります。 突然ですが、 あなたは実印と銀行印を一緒にしてはいませんか? 「大切な印鑑だから」、「2本持つのは面倒だから」、「実印は滅多に使わないから」。 様々な理由があるかと思いますが、実印と銀行印を同じ印鑑で登録してしまうと大変なことになります。 仮に、実印と銀行印を一緒にしていて紛失や盗難に遭った場合、金融機関への変更届だけでなく、 実印の登録廃止や改印手続きもしなければならず、大変な手間がかかってしまいます。 最近では犯罪防止のために届け印鑑の印影シールが通帳に貼られなくなりました。 防犯上の理由からも銀行印は実印とは別で持っておく方が良いでしょう。 同じ理由から、銀行印を認印として使用するのも止めたほうが良いですね。

次の

実印、認印、銀行印、シャチハタの定義と違い

シャチハタ 以外

世の中には社会に貢献している大企業や中小企業などたくさんありますが、中でも私が 「すごいなぁー」 と思う会社の1つに「 シャチハタ」があります。 シャチハタって朱肉のいらないハンコの事でしょ? と思った方も少なからずいらっしゃるんじゃないでしょうか? それがスゴイと思う理由で社名が「ハンコの代名詞」として認知されているのってすごいじゃありませんか。 そんなすごい「シャチハタ」ですが、正式な書類、いわゆる公文書に押印しようとすると無効になることがあります。 シャチハタ不可• シャチハタ以外で と世の中ではハンコとしての信頼性が低く使えないことが多いです。 その理由は一言でいうと シャチハタは「ゴム印だから」ということなのですが、そこのところをもう少し詳しく見ていきましょう。 スポンサーリンク• シャチハタとは?インキ浸透印の老舗企業 冒頭でも触れましたが「シャチハタ」という言葉はもはや「ハンコの代名詞」になっていますが、実は社名なのです。 以下の文章では発音通り「シャチハタ」と記載いたします。 ) 社名の由来は創業の名古屋のシンボルである名古屋城の金の鯱(しゃちほこ)が描かれた旗が同社のシンボルだったため「鯱旗=シャチハタ」となったそうです。 そんなシャチハタの代表的な商品で、例の朱肉のいらないハンコですが 正式名を「Xスタンパー」と言います。 Xスタンパーが朱肉を付けずに何度押してもインクが薄くならないのは、印面が無数の孔(あな)の開いたゴム(多孔質ゴム)でできていてその孔からインクがにじみ出てくるからです。 インクが薄くなってきたら詰め替え用のインクをセットすれば何度でも使えます。 このシャチハタの Xスタンパーのようなタイプのハンコを総称して「インキ浸透印」と言います。 朱肉で押すタイプのものよりも日々の使用にはかなり便利ですよね。 荷物の受け取りの時の「受領印」• 回覧板の「確認印」 このようなシーンでは大活躍なので一家に一本はあるのではないでしょうか? こんなに便利なシャチハタですが正式な書類には使えることがなく• シャチハタ不可• シャチハタ以外で といわれることが多いのも事実です。 なぜかを順番に見ていくと次のような理由があります。 スポンサーリンク シャチハタが使えない理由とは?公文書が無効に? 考えてみれば• シャチハタ不可• シャチハタ以外で というのも失礼な話ですよね。 シャチハタって社名なのに・・・。 今はさすがに「シャチハタ不可」「シャチハタ以外で」と書いている書類は少なくなりましたが、たまにホームページなどのPDFの書類などで見かけます。 書いていなくても重要書類に押印する際は口頭でいわれます。 シャチハタが公文書が無効になったりで使えない理由は次のようなものがあります。 ゴム印なので印影が安定しない 前章で説明しましたように「シャチハタ」はインキ浸透印の為、印面がゴムでできています。 これが公文書に使用されない一番大きな理由で、 ゴムは押す時の圧力(力加減)で印影が毎回微妙に変わってしまいます。 見た目には大きく変わることはありませんが、肉眼ではわからないレベルで変わってしまうのは仕方のない事です。 また、ゴムは長年使っていると弾力性がなくなり劣化していくものなので寿命があることも公文書に使用するには不向きな理由です。 ちなみにシャチハタのXスタンパーのゴムの寿命は7~10年ぐらいと公式ページにも記載されています。 たしかにインキ浸透印の構造上、• インクが出過ぎて滲む• インクが経年劣化し薄くなる ということはあるかもしれません。 しかし、 現在のシャチハタは上記の構造上の弱点はほぼ克服しています。 シャチハタの発売当初は「染料系インク」を使っていました。 染料系は紫外線に弱く色あせてしまいますが現在のインクは「顔料系インク」を使っています。 顔料系のインクは耐光性に優れているので朱肉と同様に長期間印影を保つことができます。 ですので 「朱肉を使っていないので保存性に問題あり」 という説は発売当初の染料系インクのイメージが現代も残っているだけのようです。 大量生産の同型印で唯一性が低い シャチハタのXスタンパーは大量生産品の為、同一の印影のものが簡単に手に入ります。 印鑑の大切な要素の 唯一性がないことも重要書類に使用されない理由の一つです。 まとめ シャチハタのXスタンパーが公文書に使用されない、いわゆる• シャチハタ不可• シャチハタ以外 の理由ですが、まとめると以下になります。 ゴム印なので印影が安定しない• 大量生産の為唯一性がない 尚、インクの保存性の問題は過去の「染料系」のイメージだけで今の製品はクリアできています。 そもそも、シャチハタのXスタンパーは日々の使用に便利なように朱肉を使わなくても押印できるように作られています。 ですので、実印や銀行印とは違うカテゴリのハンコだと思うので公文書に使えなくても良いのではないかと思えてきました。 公文書に使えるか使えないかという問題よりも「シャチハタ」という言葉は固有名詞でありながら「便利なハンコの総称」のような使い方をされていることにすごさを感じていますね。

次の

実印、認印、銀行印、シャチハタの定義と違い

シャチハタ 以外

印鑑を押す場面で「シャチハタ以外のものでお願いします」と言われたことはありませんか? 「シャチハタだって印鑑の一種なのにどこに違いがあるのだろう…」 そんな疑問を持った方もいらっしゃることでしょう。 「シャチハタ以外で」と指摘してくれる人がいるうちはよいですが、シャチハタと印鑑の違いを知らないままでいると、 シャチハタ不可の場面で使用して、「常識知らずな人だ」と思われてしまうかもしれません。 違いを知らなかったために、そのような事態に陥るのは嫌ですよね。 そこで、このページでは、印鑑専門サイトを運営する私がシャチハタと他の印鑑の違いをわかりやすく解説。 それぞれの性質と、利用できる場面とできない場面を整理しながら、シャチハタと他の印鑑の違いを説明していきます。 違いがわかることで、シャチハタや他の印鑑の有効な活用法が明らかになるはずです。 それでは早速、それぞれの違いを見ていきましょう。 他の印鑑とシャチハタとの違い 「シャチハタ以外でお願いします」 シャチハタは正式な書類に捺印する際、使用が認められない場合が多いですよね。 シャチハタも印鑑の一種なのになぜ、使用が認められないのでしょうか。 どこに違いがあるのでしょうか。 ここでは、まずシャチハタと他の印鑑にはどのような違いがあるのか説明していきます。 シャチハタとは シャチハタとは、本体にインクが含まれていて、朱肉やスタンプ台がなくても印影を残すことができる印鑑のことです。 元々、このシャチハタは、シヤチハタ株式会社が製造・販売している商品「Xスタンパー」のことを指す言葉でした。 ですから、シャチハタ=インク浸透印という理解は正式には間違いなのです。 シヤチハタ株式会社は、Xスタンパーだけでなく様々なネームスタンプを販売してきた会社。 シヤチハタ株式会社が出す商品のほとんどが、インクが本体に含まれている「インク浸透型」の印鑑であったため、いつしか、「インク浸透印=シャチハタ」という共通認識が作られ、シャチハタという呼び方が日本中に広がったのです。 ですので、 今は「シャチハタ=インク浸透印」という理解で問題ないでしょう。 このシャチハタと他の印鑑の違いは主に3つあります。 他の印鑑と違い、 朱肉を使わない代わりにゴムを通してインクがにじみ出る仕組みとなっているので、シャチハタの印面はゴム製なのです。 そして、 シャチハタは大量生産されている商品。 そのため、同じ印面のものが世の中に大量に出回っているのです。 ここまで、他の印鑑との違いを見てきました。 しかし、他の印鑑との違いがわかっただけでは、「シャチハタ不可」となる理由はわからないと思います。 次の項目では、「印鑑は何のために存在しているのか」という点から、正式な書類に使用できる実印と、使用できないシャチハタの違いについて説明していきます。 実印とはどのような印鑑なのか、シャチハタとどのような違いがあるのかここで見ていきましょう。 実印とは、住民登録してある地域の市区町村の役所に印鑑登録をした法的効力を持つ印鑑のことを指します。 実印を使用するのは「家を買う」「生命保険の契約を結ぶ」といった人生における重要な場面。 実印を押すことは「この契約は私が認めて行ったものだ」という証明であるため、実印には「数年後も同じ印影が残せるもの」を選ばなければいけません。 契約に使った実印の印影が変わってしまったら、「自分が契約したのだ」という証明ができなくなってしまいますよね。 そうなったら、自分も、契約した相手も困ることに…。 そのような事態を避けるため、実印は何年経っても、印影が変化しない素材で作られていることが必須条件となっているのです。 実印の役割から「印鑑の役割」を考えると、シャチハタが使用不可とされる理由も明らかになるはず。 印鑑とは契約・手続きの際、印鑑を押した本人であるという証明をするために用いる道具。 つまり、 本人であるという証明=「印影を残すため」だけに存在している道具なのです。 これを踏まえて、最初の項目で説明したシャチハタの性質を思い返してみましょう。 シャチハタは、上記の他の印鑑との違いを見てもらうとわかるように、「本人であること」の証明がとても重要になる場面での利用には向いていないことがわかります。 最近ではシャチハタのインクの質も良くなり、印影も経年変化しにくくなってます。 しかし、印面がゴム製であるため、普通に使用していてもゴムが傷ついたり、劣化したり…。 このようにシャチハタは同じ印影を再現できない可能性が非常に高いのです。 また、大量生産されているという点でもシャチハタは敬遠されます。 他の印鑑と違い、大量生産されているということは、同じ印面の印鑑を持っている人が複数人存在しているということ。 「契約したのは私だ」という証明のために印鑑を使うのに、他にも同じものを使える人がいたら、セキュリティ上問題が起きてしまいますよね。 以上のように、 シャチハタは便利さの反面、「同じ印影を再現できる可能性が低い」「安全性に欠ける」という2つの問題点があります。 ここまで、シャチハタが「使用不可」とされる理由、実印と比べてどこに違いがあるのかを見てきました。 次の項目では、同じものだと勘違いされやすい、認印とシャチハタの違いについて見ていきましょう。 認印との違いは? 重要な書類には使用できないシャチハタ。 しかし、このシャチハタは、宅配物を受け取る時や社内の事務作業などの日常の場面では「認印」として利用することができます。 認印とは、実印登録していないハンコ全般のこと。 シャチハタと認印は同じものと捉える方もいますが、これは正式には違います。 認印は、実印や銀行印といった「目的別に分類された印鑑の一種」。 それに対して、 シャチハタは素材による分類、 つまり、チタンや象牙といった印材の違いによって分類されたうちの一種。 そもそもの分類に違いがあるのです。 つまり、シャチハタは「認印というジャンルに分類される印鑑の一種」であり、実印や銀行印などのように何か特別な目的のために存在する印鑑ではありません。 ですから、 「シャチハタ=認印」という理解は間違いなのです。 ここで注意して頂きたいことが一点。 それは、シャチハタは認印の一種ですが、全ての場面で認印として使用できるわけではないということ。 2つ目の項目でも説明したように、認印であったとしてもシャチハタは実印や銀行印とは違い、重要な手続きには使用することができません。 違いを理解せずに使用していると思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。 ここまで読むと、「シャチハタはビジネスなどの重要な場面では全く使い物にならないじゃないか」と思う人もいるでしょう。 それは正解でもありますし、間違いでもあります。 シャチハタは他の印鑑と違い、朱肉が不要。 何度も同じ印鑑を押さなければいけない場面など、日々の事務仕事に役立ちます。 違いを理解して、うまく活用していけば普段の事務作業も快適になるはずです。 シャチハタと他の印鑑の違いを忘れないようにして、それぞれを有効活用していきましょう。

次の