ひらがな 練習。 ひらがな

ひらがな

ひらがな 練習

泣いても笑っても、寝ているだけでも可愛らしい赤ちゃん。 何気なく呼んでいますが、なぜ赤ちゃんは「赤ちゃん」と呼ぶのでしょう。 不思議に思ったことはありませんか? この理由は、赤ちゃんの見た目にあります。 生まれたての新生児の皮膚はとても薄く、血管が透けて見えるほどです。 そのため、新生児が泣いた時は、顔が真っ赤になります。 顔だけではなく、体中で何かを訴えるような時は、全身が真っ赤になっていきます。 このことから 赤子という単語が生まれたと、一般的には考えられています。 「赤子」に「ちゃん」を付けるのは、親しみを込めているためです。 そして、生まれて1歳未満の赤ちゃんを、一般的には乳児と呼びます。 ここからは、乳児期の赤ちゃんがどのように発達するのか、月齢ごとに見ていきましょう。 乳児の知覚は、聴覚が先行する 人間には 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感が存在します。 私たちは、この5つの感覚を用いて自分の置かれている環境を感じることができています。 大人の場合、「百聞は一見にしかず」とうことわざがあるくらい、聞くことよりも見ることの方が、多くの正しい情報を手に入れることができます。 一方の乳児は大人とは違い、 視覚よりも聴覚の方が先に発達するため、見て覚えるのではなく、聞いて覚える方が、先行しているのです。 対象となる乳児(生後8~12か月)に音と図形のセットを同時に聞かせたり、見せたりし続けると、乳児はその音と図形に慣れて、飽きてしまいます。 これを、馴化(じゅんか)するといいますが、再び新しい音や図形の刺激を加えると、また刺激の方を見つめるようになります。 結果として、音の刺激を新しくした方が、刺激に対する興味を持つことが分かりました。 このことから、赤ちゃんは「聞く」ことを優先していることが分かります。 概念化まで脳が発達すると、さまざまなものを見たときに、文字とイメージとを区別するようになります。 幼児向けの絵本が、文字が大きく、イラストがカラフルになっているのは、目に入ってくる情報を、色や形で覚えることを手助けしているためです。 hss. ocha. fun. jstage. jst. jstage. jst. しかしこの結果には、強制的な教え込みが介在しているのではないか、との指摘があります。 その一方で、 いやがる子供をつかまえて文字の練習を無理強いする指導方法は、文字や読み書きを嫌いにさせてしまう可能性があるので、行ってはならないとの考え方もあります。 これは文字や読み書きを嫌いになるだけではなく、さらに危惧すべき課題として、子供の遊びの変化が挙げられました。 ひらがなの読みの前提となるのは、音に対する意識の発達です。 これは自然に発達してくるものであり、それを支えてきたのが、乳幼児期からの大人とのことばのやりとりと、ことば遊びです。 ママとの会話やことば遊びが不十分なまま、いきなり文字を読む、書くような指導法は、子供の学習意欲を削いでしまう可能性があるのです。 2008年に3歳、4歳、5歳を対象に行われた、ひらがなの読み・書きに関する調査では、3歳児でひらがなを全て読めたのはわずかでしたが、4歳児ではおよそ3分の1、5歳児では半数以上の子供が、読むことが出来ていました。 また、どの年代でも「0~4文字が読める(つまり、ほぼ読めない)児」が数%はいて、5文字から60文字くらいまでは、どの年代でも読める児の割合がほぼ一定、という結果になっています。 これらを総合的に考えると、個人差は大きくなりますが、 ひらがなを正しく読めるようになるのは4歳前後であると考えられます。 全年齢では、およそ3分の1の子供が満点、4歳児では半分以上、5歳児ではほとんどの子供が、ひらがなを書けるようになっています。 ただし、0~4文字書ける(つまりほぼ書けない)子供はどの年代にもいますし、ほぼ満点の子供も、どの年代にもいることが分かっています。 しかし、3歳から書けるようになる子供がいる一方で、5歳でもほぼ書けない子供がいることも事実です。 その理由としては、発達のスピードが考えられます。 子供が文字を覚える過程として、耳から入る「言葉の意味」を覚え、ひらがななどの一文字ずつの形を覚えていきます。 1文字ずつの形を読めるようになり、指先が思い通りに動かせるようになると、徐々に「書く」ことができるようになります。 その後、一文字ずつから複数の文字を組み合わせた単語へ、さらに 意味のある単語へと発展していくことになります。 ひらがなにたくさん出合うことが、必要というわけです。 ひらがなをスムーズに書ける子供の多くは、小さいころから絵本などでひらがなに触れる機会が多いと考えられます。 最初は誰しもひらがなが読めませんし、もちろんその意味もわかりません。 子供に読めないものを見せても、と思うかもしれませんが、 子供は文字を形として覚えることから始め、徐々に読めるようになっていきます。 最終的には書けるようになることが目標ですが、まずはひらがなに触れる機会をたくさん持ち、読めるようになることが第一でしょう。 実はひらがなって、大人が書いても結構書くことが難しい、上手くバランスを取るのが難しい文字なのです。 子供が書くとなると、ますます難しいでしょう。 最初のうちはキレイに書けなくて当たり前。 ちゃんと覚えて書けていたら、「よく書けたね」とほめてあげます。 字を書くことが嫌いにならないように、焦らず見守ってあげましょう。 国語力は、すべての学力の基本となりますから、 「語彙力」「読解力」が重要になってきます。 「 語彙力」は、言葉の知識とそれを使いこなす力、「 読解力」は、文章の内容を理解する力をいいます。 文章を読むために必要な語彙力や読解力を発揮するのは、国語の授業だけではありません。 数学の文章問題や社会の穴埋め問題にも、語彙力や読解力は必要です。 とはいえ、「語彙力」「読解力」はすぐに身につくものではありません。 たくさんの文章を読み、たくさんの言葉に触れることで、徐々に身についていくものです。 小さいうちから文字に触れ、本を読む習慣をつけてあげることが大切です。 まずは読めるようになることに重点をおいて、たくさん本と触れ合ってみましょう。 外出すれば、駅構内やビルの看板など、見渡せば、あらゆるところに文字が書かれています。 家庭内においても、お菓子や食品のパッケージにたくさんの文字が書かれています。 電車が好きな子の場合は、駅や電車に使われている文字をいち早く習得していくのではないでしょうか。 子供は、自分の興味があるものや好きなものから文字を習得していきます。 意味は分からなくても、声に出して読めるようになったらほめてあげることで、子供はさらに文字を習得しようとします。 お子さんと一緒に、周りにある文字にたくさん触れ、読める文字を増やしていきましょう。 これは、小学校に入学すると急に、それまでの生活とは大きく変わることにより、子供がそれを受け入れられなくなって起こる問題と考えられています。 例えば 遊びから学びが中心になること 授業中は、席を立つ、お友だちとおしゃべりをすることが「悪いこと」になること 経験のカリキュラムから、学問の体系を重視したカリキュラムへ変わること などの変化を受け入れることができず、 集団生活が出来なくなってしまうのです。 小学校では、教科書が学びの中心ですが、そこには文字が書かれており、読める、書ける、単語を使って表現することが、求められるようになります。 さらに、「文字を使って誰かに何かを伝えたい」と考えられるようになれば、自分なりの物語を作り出すようになり、想像力が豊かな大人へと成長していきます。 hss. ocha. fun. jstage. jst. 例えば、家の中にあるものに限らず、外出した時に見た看板の文字や、ロゴに使われる文字などの読み方を、 家族が答える形で覚えていくことが多いでしょう。 図鑑なら、そこにあるイラストや写真の名前を耳から覚え、一緒に書かれている文字を形として覚えていきます。 場合によっては、カレンダーにある漢字の形と、読み方を覚えていることもあります。 保育園や幼稚園に通うようになると、お友だちの名前、自分の名前、教室の名前など、いたるところに貼られているひらがなを、読み方と文字の形で覚えていきます。 この文字が出ると番組が終わる、ということに気づくと、「終」という文字は「おしまい」という意味を表す、ということを理解してきます。 すると、ひらがなやアルファベットが読めないときでも、「終」という文字の形、意味を理解することもあるのです。 しかし最初の頃は、あまり複雑な形状や色を認識できないため、形は丸、色は赤、青、黄などはっきりとした色を覚え、区別ができるようになります。 実際、複雑な形の「を」や濁音のある文字よりも、「あ」や「み」などを先に読めるようになる子供が、多いようです。 hss. ocha. fun. takamatsu-u. arskiu. jimu. yasuda-u. pdf 親と子の接し方で、ひらがなの習得はこんなに違う 躾スタイルで変わる、子供の文字習得率 前掲の、2008年に行われたひらがなの読み・書きに関する調査では、家庭での躾スタイルを3パターンに分け、それぞれのスタイルと、読み書き能力の習得には、一定の関係性があることが示されています。 中でも、 共有型と呼ばれる躾スタイルをとっている家庭の子供は、読み書きともに比較的習得率が高く、 強制型と呼ばれる躾スタイルの家庭では、習得率が比較的低くなるという結果になったのだそうです。 例えば、 絵本を読むとき、「子供と物語を楽しむ」ことを優先しますか? あるいは、子供に「内容を理解させる」ことを優先しますか? この2つの場合を比較すると、 前者の方が読み書き能力が高くなる傾向にある、ということです。 つまり、ひらがなを教える時には、読み方でも書き方でも、無理に「覚えなさい」と教えるのではなく、 覚えようとする子供の気持ちを優先し、覚えることを楽しめる環境を作ってあげることが必要なのです。 hss. ocha. mext. pdf ひらがなを覚えるベストなタイミングと教え方 自宅でひらがなを教えるのであれば、あいうえお表や、読み・書きができるワーク(ドリル)などがあり、ひらがなを覚えるには良い道具となります。 学びをスタートするベストなタイミングは、子供がひらがなに興味を持ったときです。 子供が興味を持ち、自分から取り組める 年齢の目安は、読みは4歳、書きは4~5歳です。 自分の名前や、お友だちの名前の字から覚えるのも、楽しいですよね。 最初は「く」「し」「つ」「へ」のような、一筆で書ける文字から始めると良いでしょう。 気を付けたいのは、 最初から厳しく添削すると、子供はやる気をなくしてしまうということです。 子供自身が「何が違うのか」を理解し、楽しみながら学べる工夫も必要です。 ひらがなで何かを書いてみよう 鉛筆を握るのも初めてで、握り方も知らない。 筆圧も不安定。 ましてや、ひらがなは大人でもバランスを正しく書くのが難しい文字なのですから、最初からキレイに書ける子供はいません。 しかし、上手く書けないからと、書くことが嫌いになることは避けなければなりません。 読めたからすぐ書けるわけではありませんから、焦らず、ゆっくりと進めていきましょう。 直線と曲線の書き分けができるようになったら、ひらがなに挑戦しても大丈夫です。 上手に書けたら、自信につながります。 書くことが面白いと感じれば、習得スピードも速くなるでしょう。 50音表全体をみてみると、「あ」は、ひらがなの中でも難易度の高い文字なのです。 直線、ほんの少しカーブした直線、さらに大きく円を書くようにカーブした曲線、これをバランス良く配置しなくてはいけません。 普段、私たち大人は何気なく「あ」を書いていますが、こうして動作を分解して考えると、「大人でも難しい」ことがお分かり頂けるのではないでしょうか。 まずは、自分の名前にあるひらがななど、身近で簡単なものからはじめると良いでしょう。 子供が書きたいひらがなを、好きなだけ書かせてあげましょう。 そして、親は書いた文字に対して花丸を付けたり、ほめてあげることが大切です。 つい、 「ここはこうしたほうがいいよ」と口を出したくなりますが、ここは我慢です。 漢字が先?ひらがなが先? もちろん、 ひらがなを先に覚えなくてはならないということはありません。 カタカナでもよいですし、漢字でも良いのです。 「ノ」「へ」「エ」「コ」「ト」などのカタカナや「一」「二」「土」「日」などの漢字の方が、簡単にキレイに書けるかもしれません。 しかし本来は、書くことに興味を持つことが大切なので、子供の思うままにさせてあげましょう。 子供は何事も興味を持つと、学びたいという感情になると考えられます。 文字に興味を持ったならば、おそらく「これって、なんて読むの?」「この漢字書きたいんだけど、どう書くの?」など、質問攻めになるかもしれません。 時には子供と手紙の交換をするなど、文字に触れ合う機会をたくさん作ってあげるようにしましょう。 少しずつ文字が書けるようになれば、自信につながり、もっと文字に触れたいと感じるようになるでしょう。

次の

ひらがな練習

ひらがな 練習

ひらがな ひらがな五十音表 参照: かわいいイラスト付きの五十音表がダウンロードできます。 ローマ字もついているので便利です。 イラストがついているので、言葉も一緒に教えられるのがいいですね。 書き順も書いてあるので、書き順を覚えるのにも便利です。 他にも書いてあるひらがなの文字が薄いバージョンもあります。 たくさん練習したいときにおすすめです。 他にも違う形式のひらがな練習プリントがダウンロードできます。 ローマ字もついているので便利です。 イラストもついているので、言葉も一緒に教えられるのがいいですね。 書き順も書いてあるので、書き順を覚えるのにも便利です。 他にも書いてあるカタカナの文字が薄いバージョンもあります。 たくさん練習したいときにおすすめです。 他にも違う形式のカタカナ練習プリントがダウンロードできます。 早い段階で書き分けられるように練習しましょう。 早い段階で書き分けられるように練習しましょう。 ひらがなとカタカナの教え方についてはに書いていますので、ご覧ください。 文字は最初が肝心です。 ひらがな・カタカナが読めないと、教科書は読めません。 楽しく覚えられるようにしてください。 今は独学でも楽しく学べるようになっています。 詳しくは、の記事をご覧ください。 日本語教師のまとめ記事はこちら>> 以上、たのすけでした。 よかったらポチお願いします!.

次の

ちびむすドリル

ひらがな 練習

ひらがなは小学校に入学したら教えてくれるし急がなくても大丈夫、とつい後回しにしがちなひらがな学習。 でも実際は 小学校入学前にひらがなは読めるし書けるし、というお友達が多いのも最近の現実です。 でも、無理にひらがなの勉強をさせて嫌いになったら困るし、親御さんが教えようにもどうやって教えれば良いのか、など悩みますよね。 本屋さんに並ぶひらがなドリルもたくさんの種類があってどれを選べば良いのか、さらに悩みが深まります。 ただ、 お子さんにあったドリルを選んで楽しくひらがなを習得できれば、お子さん自身も親御さんもハッピーになれるはず。 今回は、 小学校入学直前の5~6歳児向け、 子供が飽きずに最後まで楽しめるもの、 子供が親しめるキャラクターもの、の観点からランキングを作成しました。 楽しいひらがな学習のためにぜひご参考になさって下さい。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 1ページ1文字という無理のないペースでひらがなをマスターしましょう。 鉛筆を握って字を書く力を鍛えるため、 ぬり絵や簡単な工作、迷路にシール貼り遊びも。 勉強は苦手との意識もラクラク超えられます。 1ページ終えるごとに貼れる、嬉しいごほうびシール付き。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 列 車が大好きな幼児から小学校低学年向けのひらがなドリルです。 清音(濁音・半濁音以外のひらがな)で書かれた 列車のカラー写真を見ながらひらがな練習ができ、大好きな 列車の名前も書けるようになります。 楽しいクイズや迷路もあり、無理なく練習が進みます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 男の子は興味を持ったらとことん集中して極めるまでやる、女の子はもともと言語能力が高く総合的な判断ができる。 それぞれが得意とすることや大好きなものが問題になっているので、飽きずに最後まで学習を進めることができます。 また男の子女の子にこだわらず、両方見比べて本人が好きなものを選ぶのも良いですね。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 字のクセがまだついていない幼児期に 一生使って恥ずかしくないきれいな文字を習得するチャンスです。 似た形の文字をまとめて練習する方法で、記憶として文字の形が定着しやすいです。 仕上げに手紙を書くチャレンジページもあり、 お子さんだけではなく大人も活用できる一冊です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 実際に子供達が書いた文字がもとになったつまづきポイントの解説は、上達につながります。 表面にひらがな1文字、裏面は楽しいイラスト・名前・手紙・しりとりと飽きずにどんどん練習したくなる構成になっています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. げらげら笑える例文が満載ですが、止め・ハネ・ハライの指導付きで正しい文字の形が学べたり、ひらがなを読む力を身につけるための長文が17話分も掲載されていたりと、満足の行く学習内容です。 机に向かう楽しさを教えてくれる一冊になること間違い無しです。 これまでいろんなドリルに触れてきてはいるのですがなかなかやる気がでなかったのが、はじめて自分から机に座って、例文を音読し始めたのでこちらのほうが驚きました。 おもしろい文に出会うたびに、わたしのところに持ってきてくれて読んでくれるので、相手するのが大変ですが、買ってよかったなととてもうれしいです。 たしかに状況としては奇怪な変な例文も多いですが、同じ単語を使ってことばや文字を覚えていくやりかたは、私自身も外国語を学習するときに経験しましたが、やたらに難しい言葉が出てくると語彙を学習したいのか字を学びたいのかがブレてしまってやりづらいところもあるので、とにかく知っている親しみやすい状況で安心しながら字を覚えるというこのドリルは正しいなと思いました。 願わくば、「たまご」とか「みかん」ぐらいであれば上品でよかったのですが、まあ娘の感性には「うんこ」だったのかなとあきらめながら、でもやる気を引き出してくれたドリルには感謝しています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 本書は 鉛筆でのなぞり書きはせずにひらがなを覚え、且つ上手く書けるようになろうという今までになかった全く新しいひらがなドリルです。 分かりやすい3ステップ方式で 最初は指で、それから鉛筆で無理なくひらがなが上手く書ける力が身につきます。 子供が大好きな棒人間のイラストがポイントを可愛く教えてくれるのも魅力。 筑波大学附属小学校の先生と女流書道家という、著者も話題のひらがなドリルです。 ひらがなドリルでの学習につまずいて、ひらがなへの苦手意識が生まれてしまっては残念です。 まずはひらがな学習は楽しい!と感じることができるよう、 大好きな親しみのあるキャラクターで学習を始めてみては。 「アナと雪の女王」「ドラえもん」「プリキュア」シリーズに「トミカ・プラレール」。 お子さんが普段遊んだりアニメで親しんでいるキャラクターが、ひらがなを教えてくれるドリルがたくさん出版されています。 ひらがなにまず興味を持たせてあげるには、ぴったりな教材です。 キャラクターの世界観を活かしたカラフルな紙面に取り組めば、 遊んでいる感覚で無理なくひらがなを覚えることができるでしょう。 お母さんお父さんもぜひ一緒にひらがなドリルのページをめくってあげて下さい。 いまや子供達のみならず大人も多く知るところとなった「うんこドリル」シリーズ。 普段なら親御さんたちも眉をひそめてしまいがちな単語を駆使したドリルですが、 子供達の食い付きは間違いなし!です。 他にも「吉本新喜劇」の ギャグがたくさん詰まったひらがなドリルといったものも。 おもしろいだけではなく、きちんと書き順やカタカナ、漢字まで教えてくれるドリルです。 吉本新喜劇ならではの楽しいイラストもあって盛りだくさんな一冊。 どちらのドリルも 注目点は、例文のおもしろさ・豊富さです。 一つのひらがなをひたすら練習書きしていると、飽きてしまいそう。 大人も同じですよね。 楽しい例文にひらがなを書き込んでいく練習は、知らず知らずの内に文章を読む訓練にもなっていて、さらに能力が伸びていく嬉しさも。 お子さんが大好きなものがひらがなドリルに詰まっていたら、練習になかなか取り組めなくても、思わずドリルのページを開いてしまうでしょう。 ひらがな学習への第一歩です。 好きなものと一緒だったら、 学習も根気よく楽しく長続きするはず。 ひらがなドリルに取り組むだけで、 大好きな列車名が書けるようになります。 ひらがなの形や書き順を正しく覚えるには、何度も書いて練習することが大事。 そこで便利なのが、何度も書いては消せるタイプのひらがなドリルです。 ホワイトボード用のマーカーペンやクレヨンで書き、ティッシュペーパーやホワイトボード用の字消しフェルトで消すものが主流です。 水を使用するペンのタイプもあります。 鉛筆を握ることが難しくても、クレヨンやマーカーペンであればお絵描きや遊びの中で親しんでいるはず。 何度でも消せる安心感から、焦らずゆっくり楽しんで練習に取り組めます。 1回書いて終わりのドリルと比べると経済的には嬉しいですね。 使用するマーカーペンやクレヨンも黒色にとらわれずに、何色も揃えて使用するとさらに楽しめるかもしれません。 ひらがなドリルを繰り返し練習することで字も上手になり、同時に学習に取り組む姿勢も自然と養われるでしょう。 ひらがなを書く楽しみを体験できる良い方法の一つです。 ひらがな、文字は一生の財産でもあります。 カタカナや漢字よりも使用頻度が高いひらがな。 せっかく学習するのであれば、ひらがなの読み書きを覚えることに加え、きれいで読みやすいひらがなを習得しましょう。 ひらがな一文字一文字によって異なる書き方のコツですが、ちょっと気を付けるだけでびっくりするくらい、美しいひらがなになります。 また、鉛筆の正しい持ち方や姿勢など、 文字を書く上でのプラスアルファの知識も得られるのが美文字を目指すひらがなドリルの特典でもあります。 初めてひらがなを練習するお子さんはもちろん、小学校入学後に改めてきれいなひらがなを目指したいお兄さんお姉さん達、長年の悪いクセがついてしまったひらがなを直したいお父さんお母さん方にもぜひおすすめします。 書き順や鉛筆の正しい持ち方が、わかりやすく示されたひらがなドリルがたくさん出版されており、助かりますよね。 ただ、どうしても初めてひらがなを書く時には、その解説部分をお子さんが読めずに親御さんがつきっきりで説明してあげる必要があることも。 また、生まれた時からスマホやタブレットが身近に存在している世代には、 どうしても紙面よりも動画の方がとっつきやすいという点があります。 紙のドリルに取り組むのを敬遠してしまって、ひらがな学習への一歩がつまづいてしまっては残念です。 そこで 、ひらがなドリルに知育DVDや動画が併せてついているものを取り入れてみては。 モデルのお子さんが、実際に文字を練習している姿を見ることができる動画もあります。 映像で確認することでひらがなを書くイメージが沸きやすくなり、好奇心も生まれてくるでしょう。 同じひらがなドリルを使用しても、お子さんによって進み具合や反応はさまざま。 男の子と女の子の特性に着目し、 それぞれの好みの傾向を活かした単語や例文を学習すると、その方が効率良くかつ楽しく覚えることができます。 お子さんの特性に着目することで、 親御さんの教え方にもちょっとした工夫を。 男の子はスリルを楽しみ、女の子はお友達や周りに同調する傾向があるので、迷路問題に取り組ませる時、男の子には「間違って穴に落ちないようにしよう!」女の子には「ゴールでお友達が待ってるよ!」など好奇心を抱かせる声掛けも効果的です。 お子さんそれぞれに得意分野があり苦手な分野があります。 得意なことはより伸ばしてあげて、苦手だなとすることも好きと思える内容で問題を解かせてあげれば、あきらめずに取り組んでいけるはずです。 自己を肯定できる、自信につながる道を作ってあげましょう。 小学校に入学すると国語の授業が始まります。 また、 国語以外の科目でも文章を読むという作業は必ず必要とされてきます。 その準備としてしっかり読み上げる=音読の練習をさせたいという親御さんも多いはず。 お家にある絵本で練習も良いですが、せっかくならば 読み方や発音について解説がついていたり、 ことわざや長めの物語文を例文にしているひらがなドリルに取り組む方がより効果的です。 お子さんにとっても新鮮で興味がそそられるのでは。 音読は、目で文章を追っかけ口で言葉を発しそれを自分の耳が聞くという様々な機能を同時にフル活動させる作業です。 学校によっては6年生になるまで音読の宿題が出されています。 早い時期から音読を得意にしておけば、入学後の授業も楽しみになりますね。 ひらがなの読み書き能力に加えて、 さらに考える力=知的能力を身につけさせたい場合には、少しだけハイレベルなひらがなドリルに取り組みましょう。 途中で投げ出さないよう、やる気を育てる内容になっています。 単にひらがなを読んで書くという作業だけではなく、例文があいさつだったり物語仕立ての文章だったり。 クロスワードパズルを用いて、頭の体操とことばの習得の両方に取り組めるものも。 さらにはしりとり形式だったりなど、 内容が多彩なのが特徴です。 また、 私立小学校受験を見据えたドリルも出版されています。 入試の分野別に分かれていて、もじ=ひらがなに特化したドリルもあります。 お子さんのやる気が伴わなければ辛い作業になってしまうので、まずは楽しくひらがな力をしっかり固めることから始めてみては。 講談社• 商品名• なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳• 日本一楽しいひらがなドリル うんこひらがなドリル• くせのないきれいな字になるひらがなれんしゅうちょう• 子どもの美文字 ひらがな練習帳• 1日5分でじがかけるほん ひらがな 決定版• 男の子がさいごまでできる ひらがな• でんしゃのひらがなれんしゅうちょう• ドラえもん はじめてのあいうえお 3・4・5歳• HUGっと! プリキュア あいうえお かけたよ! ブック• 「なぞり書き」をしない!全く新しいひらがな練習法• 社会現象になった大人気のシリーズからひらがなドリルが登場• 4つのステップでわかりやすくしっかり練習。 楽しく美しい字を• クセがつく前にこそ美しい文字の練習を。 大人にも役立つ• ロングセラーのひらがなドリル。 かわいいイラストが楽しみな一冊• 男の子の脳の「得意」「好き」に着目。 女の子版もあり• 電車好きのコにはたまらない!列車で学べるひらがなドリル• 国民的キャラクターのドラえもんと楽しく学ぶあいうえお• 大人気のすみっコぐらしが学習ドリルに!カタカナもばっちり• 女の子に絶大な人気を誇るプリキュアシリーズ。 何度も消して書いてができる• 1000円 税込• 1058円 税込• 810円 税込• 1080円 税込• 961円 税込• 810円 税込• 810円 税込• 821円 税込• 864円 税込• 734円 税込• ページ数• 152ページ• 80ページ• 112ページ• 130ページ• 100ページ• 64ページ• 78ページ• 66ページ• 80ページ• 26ページ• 幼児~小学1年生(大人にも役立つ)• 幼児(4・5・6歳)• 幼児~小学校低学年• 幼児(大人にも役立つ)• 幼児(2~6歳)• 幼児(4・5歳)• 幼児~小学校低学年(7歳)• 幼児(3・4・5歳)• 幼児~小学1年生• 鉛筆でなぞり書きをしない練習法• 楽しい例文とイラスト• 実際に子供達が書いた文字をもとにしたチェックポイント• 美しい文字を習得できる• 文字練習ページが多い• 男の子女の子の好みを反映• 電車好きの幼児・小学生向き• 大人気キャラクターのドラえもん• 女の子が好きなキャラクター• 女の子が好きなキャラクター• 商品リンク•

次の