サイレント ヒル あらすじ。 ゲームと異なる設定!映画「サイレントヒル」のネタバレと評価!

ゲーム原作映画の最高峰!サイレントヒル!!

サイレント ヒル あらすじ

ネタバレ! クリックして本文を読む ステイ・ホーム週間のGW、Hulu映画で鑑賞。 人気ホラーゲームを映画化されているだけあり、ストーリーも確かで、ゴーストタウンとなった街を舞台に、魔女狩りの黒歴史をモチーフにした怖さを描いています。 娘のシャローンの奇怪な行動から、ゴーストタウンとなったなったサイレントヒルに導かれた母親ローズ。 しかし、その街に着く寸前にシャローンが失踪。 そして、サイレンの合図と共に巻き起こるおぞましい出来事。 サイレントヒルには、過去の忌まわし出来事にまつわる怨念が渦巻き、夫が居る現実の世界と切り離されたパラドックスの世界が存在。 最後に家に戻るシーンは、乗り越えられなかった2つの世界に、切なさを感じました。 血の繋がりのない養女の娘・シャローンに対して、命がけで守り抜こうとする母の強さと献身さ、そして親子愛が描かれており、単なるスプラッターなホラー映画とは、一線を画しています。 真っ白な灰が降り注ぎ、先に何が待ち構えるのかわからない街並みは、『ミスト』を思い浮かべる怖さが…。 また、最後の教会でのシーンは、ホラーの名作『キャリー』を思い起こす展開で、スティーブン・キングへのオマージュを感じる事もできました。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作であるサイレントヒル(ゲーム)は未プレイでアウトラインを知っている程度。 シナリオはおそらくオリジナル。 ゲームキャラも出てくるので実写バイオハザードとどっこいか少しマシかくらい。 ただ、事件の発端となった出来事やそれを取り巻く人間関係など単純に物語としては好き。 ただ怖さは全くない。 思わず目を背けたくなるシーンは虫くらい。 スティーブン・キングが好きな人は楽しめそう。 ゲームを知ってる人は楽しめない可能性が大いにある。 ネタバレ! クリックして本文を読む やっと見ました!この話題作。 ゲームが映画化されたものと聞いていたので、あまり期待していなくて、ずっと先延ばしにしていたのですが、ちょくちょく、他の映画で話題になっていたりするので、ついに見ました。 正直、意外にちゃんとした(まともな)ホラー作品でびっくりしてしまいました。 もっと、うるさい感じの次々と何かに立ち向かっていくような、アクションホラーかと思っていたら、静かで美しいクラシカルな雰囲気のある作品で、いい意味で裏切られました。 霧の立ちこめたような、灰の舞う廃墟と化した田舎町サイレントヒル、雪景色に包まれているようで、神秘的で哀しくも美しい街。 スティーブン・キングの世界みたいで、ある意味ワクワクもしました。 登場する怪物(クリーチャーというのか)も完成度が高かったように思います。 三角金属頭の巨人やら、むじなのような顔をした(のっぺらぼう)ナースなど、ダリの絵を彷彿とさせるようなアートぽさがあり、気持ち悪さも格別でした。 ぞろぞろと這う謎の虫(gokiか?)も、気色悪さ満点です。 後半に登場する、ベッドに横たわる、焼けただれた少女(アレッサなのか)の見据えたような眼差しも恐ろしかったです。 こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、ちょっと、木村カエラに似ていた・・・笑 ラストも気持ちよく、ストンとは落ちず、それゆえ印象的でした。 現実の普通のカラー世界と別空間の青い霧に包まれたような世界はパラレルワールドなんでしょうか。 シャロンのラストの表情はどんな意味があるのか・・・。 続編もあるようですが、あまり好評ではないようです。 先にレビューは読まないようにしているのですが、気になってチラチラと読んでしまいました。 でも、近いうちに見たいです。 結局、2日連続で見てしまいました。 何と、2回目の方がじっくり味わえて怖かったです。 ゲームはやったことも見たこともありませんでした。 youtubeでプレイ動画を観賞しましたが、実際にゲームしたら、あれは怖いはず!! プレステ持ってないとできないんですよね。 やってみたいです。 (ゲームでは男の人が主人公のようです) だと思っていたら、ゲームが原作であるホラー映画だったらしい。 それほど怖くないのです。 そもそも恐怖映画などというものは、誰であろうが殺してしまうシリアルキラー的なホラー映画以外は、後ろめたいことがなければ怖さが半減するはず。 主人公のローズは娘を探し出したい一心で行動する設定ですし、魔女狩りに関しては嫌悪感を抱いている様子でしたから、彼女に共感すればするほど怖くなくなってくるのです。 だけど、公式サイトはちょっと怖い・・・ 廃墟と化したサイレントヒルという町へ入ったローズ(ラダ・ミッチェル)と娘シャロン(ジョデル・フェルランド)だったが、忽然と姿を消してしまった娘。 そして女性警官シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)も加わって、シャロンの行方を追ってこのゴーストタウンを彷徨い歩く。 夫であるクリフ(ショーン・ビーン)は妻の後を辿り、サイレントヒルへ入ろうとするが、人間の気配すら感じられない町には手掛かりすらつかめなかった・・・ 序盤において、彼女たち3人が30年前の同じ場所へタイムスリップしていて、ショーン・ビーンと他の男衆はわけもわからず空回りするばかり。 偶然にも同じ場所にいた彼が「匂いが・・・」などとつぶやくのですが、30年も残り香があるなんて、よほど強烈な匂いだったのかもしれません。 死んでしまったらタイムパラドクスが起きてしまうだろう?といった不安定な世界観ではありましたが、どちらかというとパラレルワールドのような雰囲気なので、彼の直感は多分気のせいだったと思ったほうがよさそうです。 恐怖感が薄れたのはこのタイムパラドクスのせいかもしれませんが、これは終盤までわからなくしたほうが良かったのでしょう。 もしかすると主人公の夢の中なのではないかと思わせる浮遊感とか、現実離れしたCG効果も原因だったかもしれません。 結局、憎き相手はクリスタベラだ!などと社会派映画的昂揚感によって、すでにホラー映画であるということを忘れさせてくれたのです。 匂いとともに生きていくことになったショーン・ビーンに乾杯。 〈2006年映画館にて〉 サイレントヒルのせいで、地方の夕方に鳴るサイレンにガチビビるようになった人🙋 コントローラー放り投げるのわかってて、たまにやりたくなるゲームといえば静岡。 この映画も周期的に見たくなる。 最近のゲームはもはや本当の人間に近づいてきたなーってくらい、ぬるっと動きますが、 この映画はゲームをプレーしてるみたい。 ここで地図ゲットやな、とか、ここ行き止まりなのにボタン連打するやつやな等、リアルにゲームをしてるような感覚に陥る。 これはかなり高い再現度。 表世界の街の店のロゴや、地図、アレッサのアレッサ感、ナースのナース感、もの寂しさを煽る音楽、、、最高。 クリーチャーといえば、ゲーム『バイオ5 』の小野さん 斤を振り回すでかいやつ が映画化したとき、小野さんwwwとなった身としては、三角頭が大丈夫かと不安でしたが、この映画のクリーチャーはみんなおぞましキモくて、最高です。 あのサイレンもちゃんと鳴るので、表世界でさえ充分怖いのに、裏世界になったら一歩も歩きたくないトラウマが蘇ります ゲーム版でも映画同様、自動的に表裏が変わりますが、PSP版だけは鏡に触れると表裏に行き来する仕様。 サイレントヒルのやなとこって、バイオ等と違って登場人物が銃や格闘技に長けてない一般人で、武器がそこらへんに転がってる照明とか頼りないものなので、壊れたりするんですよね。 そんなドM仕様なのですが、映画はアクション場面が少ないので、ここは心残りです。 自分でキャラクターを動かさなくてはいけないゲームのほうがやはり怖いのですが、再現度の高さにゲームファンは痺れること間違いなし。 ラストの切なさもなかなか。 申し訳ない。 私は原作のゲームはほとんどプレイしたことがない。 よって今回は映画のみでの評価となる。 本作の称賛すべき点は世界観と作風が芸術的なほどピッタリと合っているというところだ。 サイレントヒルという喪失感漂う雰囲気に不気味な佇まい、異形のクリーチャーたち…本当に素晴らしい作品だった。 サイレンが鳴ると町は一変、さらに凶暴でおぞましいクリーチャーが蠢いている。 その中で次第に明かされていく事実や、娘を救うべく立ち向かう勇敢な母親など、丁寧な描写でしっかりと描いている。 ネタバレになるため言わないが、全てを分かった上でのあの惨劇的な有り様はなんかスカッとする。 それでも訪れる切ないラスト。 スカッとさせた後でのしんみりは反則だろう。 世界観と映像美が織り成す不思議な物語は是非体感して貰いたいものだ。 ネタバレ! クリックして本文を読む よく分からんくてネットの解説見て補完した。 アレッサはつまりアレッサ 善 アレッサ 悪 アレッサ 純粋 みたいに魔神ブウみたいに分かれたって事ね。 サイレントヒルの世界観は30年前でしょ?それなのに30年もたってシャロン アレッサ 善 を何故アレッサ 悪 が孤児院に連れてったのか。 何故30年費やしたのかが分からん。 結局ラストは現実世界に戻れなかったのは何故? 原作はちょこっとだけ触った事ある程度だけど、中盤までのホラー映画感がよかったけど、後半のん?どゆこと?感があったかなと。 ナース服の敵とか三角様はカッコイイ! スタッフロール前のエンディングカッコイイね。 C Silent Hill DCP Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ゲームと異なる設定!映画「サイレントヒル」のネタバレと評価!

サイレント ヒル あらすじ

L 深い霧を体験したことがあると、この映画は印象がだいぶ変わってくる。 深い霧という非日常 私は大学生のころ、車の峠越えで濃霧を経験した。 視界のすべてが霧で覆われ、ほんの数メートル先も見えない。 そして霧の中から、対向車がいきなり現れる。 (下のツイートにある「」で濃霧にやられた。 1年中、霧の影響があるリアルサイレントヒル。 それが主人公たちと、サイレントヒルをつなぐカギ。 (ちなみにサイレントヒルには、モデルになったという町がある) その謎を「霧の世界・現実世界」2つの視点から、真実へとすすんでいく。 世界によるパート分け• ローズ:行動ターン• いつもは深い霧と灰つつまれたゴーストタウン。 冒頭にシャロンとはぐれてしまい、ローズは霧のなかでサイレントヒルを探索することに。 L なぜローズは戻れないのか キーは「霧の世界」を生み出しているアレッサ。 ラストでローズが「霧の世界」にいるということは、確実にアレッサが関係している。 しかし、アレッサはローズに対して敵対心はないはず。 (ローズが妄信的な信徒に殺されそうなとき、アレッサが助けるシーンがある) 「何かしらの理由」でローズは、霧の世界(アレッサ)から出られずにいる。 考えられる答え シャロンを助けるため捨て身になるローズを見て、アレッサは彼女を「求めるべき親(神)」と認めた。 アレッサはシャロンと同化、体を乗っとる(元に戻った、というべき?)。 ローズはそれに気づかず、霧の世界に囚われることになる。 ラストシーンにつながる情報はさりげなく、見落としやすい。 しかし情報を照らしあわせると、矛盾なく答えを導くことができる。 ラストにおける伏線• シャロンと同化を思わせるシーン• ラストシーンにセリフが一切ない• ダリアに対する視線• 赤子のように指をくわえる• 「現実世界」夫クリスがいるソファを見る 1. シャロンと同化を思わせるシーン アレッサはあるシーンを境に、姿を見せなくなる。 アレッサによる復讐のスキに、ローズはシャロンを助けだす。 2人は物陰に隠れ、ローズはシャロンの視界を手でおおい「目を閉じて」と。 しかしシャロンは指のスキマから、つい目を開けてしまう。 シャロンはすでにアレッサと同化。 ラストシーンにセリフが一切ない シャロンは大人しいが、けして無口ではない。 いきなり異常な世界に迷い込み、母親とはぐれてしまう。 それがやっと母親と再開し、家に帰ることができる。 それなのに、ひと言もしゃべろうとはしない。 ダリアに対する視線 ほとんど面識のない人物に「侮蔑」の視線? 誰もいなくなった教会から出ていくとき、アレッサの母親(シャロンの生母でもある)ダリアに、シャロンは軽蔑のような表情をする。 一時的であれ保護してくれた人物におくる視線とは思えない。 そしてダリアからローズへ親(神)は移動しているため。 赤子のように指をくわえる 冒頭と対比するようなシーン構成、そこに見える違和感。 事件も終わり、自宅に帰るために車に向かう2人。 はしゃぐように走るシャロンは、車の後部座席に乗りこみ横たわる。 そしてローズをじっと見つめて、指をくわえ眠りにつく。 愛に飢えたアレッサの感情がしぐさに出ている。 夫クリスは同じリビングいるが「現実世界」のため、ローズは認識できない。 しかしシャロンはあきらかに「見えている」ように、クリスがいるソファを鋭い目線で追っている。 夫クリスへの視線が厳しいのは、アレッサに必要なのはローズ(母親)だけだから。 まとめ 「霧につつまれたゴーストタウン」という独特な世界。 CGも違和感を感じさせないほどクオリティが高い。 シーンの映像表現も美しく、なかでもラストの教会シーンは秀逸。 キャラごとの感情がうずまく、残酷で幻想的なシーン。 ちょっと残念だったのは、ストーリーがすんなり進みすぎたこと。 せっかくのクリーチャーもほぼ置きものだし、もう少しアグレッシブに使ってもよかった。 あとシャロン役の、天使みたいにかわいい。

次の

サイレントヒル:リベレーション3D

サイレント ヒル あらすじ

シリーズ・あらすじ 私の大好きな作品「」シリーズを紹介したいと思います。 シリーズと各ストーリーあらすじを少しだけご紹介。 発売日順になっています。 シリーズ(ゲームのみ) 発売日:1999年3月4日 休暇で娘ルと共に、田舎の観光地・に向かって車を走らせていたハリー・メイソン。 しかし、山道を横切る少女に驚き、運転を誤り崖下に転落。 意識を失う。 気がつくと娘のルが行方不明になっていた。 ハリーはルを見つけるため、濃い霧に包まれたを捜索。 そんな中で、ルの失踪に関わる真相を知る。 2 発売日:2001年9月27日 「 思い出の 場所であなたを待っている…」 3年前に亡くした妻メアリーから手紙を受け取ったジェイムス・。 半信半疑ながらも、かつて新婚旅行に訪れた観光地を訪れた。 深い霧に包まれゴーストタウンと化した町で、メアリーと瓜二つのマリアと出会う。 マリアと出会うことで、彼は自らの記憶の「真実」に辿り着くことになる。 3 発売日:2003年7月3日 ショッピングモールに買い物に訪れていた少女ヘザー。 で居眠りをし、の夢を見ていた。 奇妙な悪夢から目を覚まし、帰宅する事を父ハリーへ電話するが、見知らぬ男ダグラスに声をかけられる。 ダグラスが教団に雇われた人物と知ったヘザーは、女子トイレへと逃げ、その場をしのいだ。 外へ出ると、モールは人気もなく異様な雰囲気に包まれていた。 そこへ突如現れたクローディアと、謎の陰謀に巻き込まれていく。 4 ザ・ルーム 発売日:2004年6月17日 ヘンリー・タウンゼントは、サウスアッシュフィールドハイツ302号室の住人だ。 毎晩悪夢を見るようになり、ある日を境に部屋から出られなくなってしまう。 ドア、窓、壁さえも壊すことができず、電話も通じない。 部屋から出られなくなって5日目。 突然、浴室の壁に巨大な穴が開いた。 この穴を通じて部屋からの脱出を試みるが、そこには異様な世界が待ち受けていた。 ゼロ 発売日:2007年12月6日 へと、トラックを走らせていたト・グレイディ。 突然、視界を何かが横切り停車すると、一人の少女が立っていた。 不審に思ったトは、導かれるように少女の後を追い、街外れまでたどり着いた。 突如、少女の叫び声が響き、トは全身に火傷を負った少女を助けるが、遠くから聞こえたサイレンの音を耳にして意識を失った。 そして、意識を取り戻した時には「」にいたのだ。 ホームカミング 日本は発売中止、海外版のみ 傷を負い入院していた退役軍人アレックス・シェパード。 入院中に弟ジョシュアの失踪を知り、病院を抜け出して、故郷であるシェパードグレンへ帰郷。 しかし、見慣れたはずのその村は霧に包まれ異変が起きていた。 不思議な出来事の原因や、隣街の暗い秘密を明らかにしながら、行方不明の弟のため探索する。 そして、アレックスは村の真実を知ることになる。 シャッタードメズ 発売日:2010年3月25日 第1作のテーマとストーリーを引継ぎ、新たにリ・イマジネーションした作品。 のミカエル・コフマンは、患者の記憶を掘り出していく。 休暇地として有名な町「」 そこに住むハリー・メイソンは、視界の悪い吹雪で自動車事故を起こし、意識を失った。 目覚めたときに車内に娘の姿はなく、目の前には不気味に静まり返った町があった。 ダウンプア 発売日:2012年11月8日 凶悪犯罪者用の刑務所へ移送されることになった、囚人のマーフィー・ペンドルトン。 移送中にバスが横転。 大破したバスから投げ出され、突如自由の身となるが、引き込まれるようにへと足を踏み入れていた。 進むほどに狂気は加速し、土砂降りの雨がすべてを奪っていく。 そして、終わりのない悲劇がはじまる…。 ブックオブメズ 発売日:2013年2月14日 誕生日に不思議な本が家に届く。 送り主の場所は「」 その本には、なぜか自分の過去の出来事が書かれていた。 その夜から悪夢を見るようになり、悪夢世界を解き進むが、目が覚めると現実の世界も変わっていたのだ。 (ズ) 配信日:2014年8月14日 目を覚ますと、とある部屋に倒れていた主人公。 外へ出ようとするが、不可解にも何度もループして抜け出せず、試行錯誤する。 ホラーゲームの世界に閉じ込められた主人公。 選ばれし者だけが、製作者からメッセージ電話を得られ、脱出できるようになっている。 」は「Playable Teaser プレイアブルティザー=予告編 」の略。 7780s Studiosの「7780s」は、の直訳「静かな丘」からの面積7780平方キロメートルから取ったそうだ。 お遊びが面白い。 ゲームをクリアすると「ズ」の新作情報が出る、面白い試みだった。 制作中止となってしまい残念...。 シリーズの関係性 すべて作品の人々が 「」という町に共鳴し、不思議な力に誘われ、誰かの内面の異形と対峙する話になっています。 他にも 「愛(家族愛)」も重要な役割を担っています。 シリーズものですが、すべてが続きものにはなっていません。 繋がっているものと、 繋がっていない外伝ものがあります。 国内開発の作品のみ、物語に繋がりがあると考えるといいかもしれません。 , Ltd. bio-re-love.

次の