カナディアンウイスキー。 カナディアンクラブはカナディアンウイスキーの代名詞!特徴と評価を調査

【楽天市場】【正規品】アルバータ プレミアム カナディアン ライ ウイスキー カナディアン ウイスキー アルバータ蒸留所 700ml 40% ハードリカーALBERTA PREMIUM CANADIAN RYE WHISKY CANADIAN WHISKY 700ml 40%【wineuki_ALB】:うきうきワインの玉手箱

カナディアンウイスキー

カナディアンクラブは「c. c」という愛称で親しまれるカナディアンウイスキーの代表的なブランドです。 こちらでは、カナディアンウイスキーの飲み方と特徴と歴史をご紹介します。 カナディアンクラブの歴史 カナディアンクラブ蒸留所とは カナディアンクラブはその名の通りカナダで作られるカナディアンウイスキーの一つです。 カナダでウイスキーが作られ始めたのは一般的に18世紀と言われています。 元々は、製粉業で成功した業者が余った小麦、ライ麦を利用して作り始めたのがきっかけと言われています。 そんな中、1856年にハイラム・ウォーカーによってカナディアンクラブは創業されます。 場所はカナダのオンタリオ州ウィンザーです。 ウィンザーは、水脈多く綺麗で、自然も豊かな場所でした。 ウイスキー作りにはうってつけの環境です。 創業開始 創業の初めからから業績は好調と言っていいと思います。 ウォーカーはライ麦を主原料としたウイスキーを完成させます。 従来のスコッチやバーボンとは違う、アイリッシュとも似てるが違う、そんなウイスキーを誕生させました。 そんな、ウォーカーのウイスキーはアメリカの社交場 クラブ で流行することになります。 そのことからウォーカーはこのウイスキーを「クラブウイスキー」と名付けます。 ハイラム・ウォーカーはこのウイスキー事業以外にも多くの成功を収め次第に知名度を上げていきます。 それとともに彼の「クラブウイスキー」も紳 士の嗜みのお酒として認められていきます。 アメリカ政府による輸入制限 このことに危機感を抱いたのが、アメリカの蒸溜所です。 アメリカの蒸溜所はアメリカ政府に対して、アメリカ産のウイスキーとカナダ産のウイスキーを明確に分けるように要求し始めます。 アメリカ政府も自国のウイスキーの売り上げが悪化するのは面白くないので、1890年にアメリカ蒸溜所の要求を盛り込んだ法律を施行します。 これがきっかけで、クラブウイスキーは「カナディアンクラブ」という名前に変わるのです。 しかし、名称が変わってからもカナディアンクラブは自身の評価を上げ続けます。 それが克明に現れたのが、アメリカの禁酒法です。 禁酒法でかえって大人気に! 今まで愛飲していたアイリッシュウイスキーやバーボンの輸入、販売ができなくなってしまったのです。 その影響市場に出回るのはコソコソ隠れて作った密造酒ばかり、しっかりとした機器や環境作られていないこともあり、ほとんどが粗悪品がでした。 そこで、より良いものをと考えたアメリカ人が目をつけられたのが、カナディアンクラブを始めとするカナディアンウイスキーです。 カナダは隣国ということもあり、政府の目を盗んでどんどんアメリカに持ってこられました。 粗悪な品質の密造酒が多い中、高品質のカナディアンクラブは評価を上げていくことになります。 こうして、アメリカ全土に広まっていき、次第に世界と羽ばたいていきました。 カナディアンクラブの特徴 カナディアンウイスキーはライ麦を主に使ったウイスキーと、トウモロコシから作ったウイスキーをブレンドして作られます。 カナディアンクラブの特徴は、2つのウイスキーを熟成する前の段階でブランドする点が特徴です。 こうすることにより、2つのウイスキーがよく混ざり合い口当たりはまろやかになります。 また、香りはフレッシュで、程よくスパイシーで、味わいはクセがなく軽やかです。 カナディアンクラブの種類とオススメの飲み方とレビュー カナディアンクラブ オススメの飲み方は「ソーダ割り」です。 クセはなく飲みやすいのですが、すこーしだけアルコールが強く感じられるかもしれません。 ソーダ割りにするとそれを和らげることができるので、さらにおいしく味わえます。 カナディアンクラブブラックラベル オススメの飲み方は「ジンジャエール割り」です。 唇に触れるとピリッとするほど、かなりキレが強いので少し甘みのあるジンジャエールで割るとマッチして美味しいです。 カナディアンクラブ12年 オススメ飲み方はストレートかロックです。 じっくり熟成されているので、味も丸くなっており、香りもバニラのように芳醇なのでストレートで飲むのをオススメします。 独特のじっとりと続く余韻を楽しめるかと思います。 カナディアンクラブ20年 オススメ飲み方はロック、ストレートです。 その上品な華やかな香りと甘みを体験してもらうには、やはりロックかストレートがいいでしょう。 品質を確かめるのであれば、ストレートですが、ロックで味が変わるのを楽しむのもいいと思います。

次の

「カナディアンウイスキー」ってどんなウイスキー?【ウイスキー用語集】|たのしいお酒.jp

カナディアンウイスキー

魅力的なカナディアンウイスキーの歴史や特徴 カナディアンウイスキーの起源と歴史 諸説あるカナディアンウイスキーの起源で最も多いのは1769年であるとされる説です。 1668年にウイスキー輸入量の削減を目的として蒸留可能な醸造所が設立されたため、カナダで蒸留が始まった事をカナディアンウイスキーの起源とするのであれば妥当です。 18世紀の後半になると、カナダでは穀物が過剰生産なってしまったため、多くの製粉所が蒸留酒の製造を開始し、生産されたウイスキーはアメリカに輸出されました。 蒸留したウイスキーを熟成させずそのまま出荷するような物だったと言われています。 現在のカナディアンウイスキーの特徴は19世紀の終わり頃に確立したとされていて、ライ麦主体のウイスキーから、トウモロコシ等も使用されるように変化していき、蒸留過程においても、連続式蒸留機が使われるようになって行ったのがこの頃です。 数あるウイスキーの産地の中でも、ウイスキー初心者に最もおすすめ出来るのが、カナダで生まれたカナディアンウイスキーと言う事が出来るでしょう。 癖の無い軽い味わいにライ麦のコクとシェリー樽の香りが溜まらない逸品で、 日本産のシングルモルトにも引けを取らない上品で飲みやすい芳醇な飲み口と にしても料理と相性のよいウイスキーなので、初心者にも非常におすすめなカナディアンウイスキーの歴史的名作といえるでしょう。 良心的な価格な為、手に入れやすいのもカナディアンクラブの特徴です。 カナディアンウイスキー特有の、癖の無いシンプルな味わいと香りのバランスに、遠くから感じる キラリと光る個性が高貴で格調高い風合いに仕上がっていて、賓客をもてなすもてなす際のウイスキーとして生産されている銘柄です。 初心者に是非とも味わって頂きたいカナディアンウイスキーの名作です。

次の

カナディアンウイスキーって?歴史や特徴・種類と楽しみ方を紹介

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーが造られるようになったのは、アメリカの独立戦争後、カナダに移住したイギリス系の農民が、17世紀後半に穀物を作り始めたことがきっかけです。 大量に栽培された穀物の食用にするものの残りを、製粉所の中でウイスキーにしていたことが始まりです。 18世紀後半から19世紀になると、カナダ国内にいくつかの蒸留所が建てられ、ウイスキー製造が本格的に始まりました。 この背景には、隣国である アメリカで1920年から1933年まで施行された禁酒法が大きく影響しています。 アメリカには当時イギリスから、ウイスキーが輸入されていましたがそれも輸入禁止となると、隣のカナダから、 国境を越えて密輸されるウイスキーが増えていきました。 この時期に、急速にカナダのウイスキーの大量生産が始まり、現代までの発展につながっています。 アメリカでの禁酒法が廃止されてから、アメリカ国内でのウイスキーも製造が再開されますが、長期熟成さ せた原酒がなかったために、その間もカナディアンウイスキーはアメリカ国内で確固たる地位を築き、世界へと広まっています。 カナディアンクラブの価格は、 定番の「カナディアンクラブ」はホワイトラベルといわれるもので、6年熟成のものでが700ml入り1,300円ほどです。 ラベルが黒いものになると、熟成期間が長くなり、 「カナディアンクラブ・クラシック12年」は2,000円ほど、「カナディアンクラブ・ブラックラベル」は4,000円ほどの価格になっています。 さらに熟成させたカナディアンクラブである 「カナディアンクラブ20年」は、濃い琥珀色で750ml入りが15,000円前後の価格となっています。 カナディアンクラブを 初めて味わうのであれば、カナディアンクラブ・クラシックがおすすめで、ほのかな甘みで後味はドライという特徴的な味を楽しむことができます。 カナディアンクラブを味わっている人の口コミをみると、 価格的に手ごろで定番としている人と、 ハイボールで味わうのにおすすめしているという評価が多く見られます。 また、バニラのような甘さや、ストレートやロックでも飲めるような味わいといった評価もあります。 アルコールを提供しているお店の評価では、 カクテルベースとしてカナディアンクラブを使っているところも多く、またカナディアンクラブを高く評価している愛飲者の中では、もっといろいろなお店で熟成期間の長いものが味わえればよいのに、といった口コミもみられます。 カナディアンクラブを造り出したのは、アメリカ生まれのハイラム・ウォーカーです。 禁酒法が施行される以前に醸造されていて、アメリカ紳士の社交場であった「ジェントルメンズ・クラブ」に売り込まれて人気が出てくると「クラブ・ウイスキー」と言われるようになりました。 アメリカのウイスキー業界は、自国のウイルスを守るためにも、クラブ・ウイスキーとして広まるウイスキーを外国産として区別するための法律ができ、「カナディアンクラブ」と改名されました。 それがブランド名となり、 19世紀末にはイギリス王室御用達の認定を受けるまでの評価が高まり、世界中で飲まれるようになっています。 ゆっくりとカナディアンクラブを味わいたい時や、 食事と合わせて飲みたい時におすすめの飲み方が水割りです。 グラスに氷をいれそこにウイスキーを注ぎ入れて混ぜて、ウイスキーを冷やします。 そこにミネラルウォーターを2~3倍の量を注ぎ入れて軽く混ぜれば、美味しい水割りができます。 ウイスキーの持つ個性は薄まりますが、その分、氷と冷えたミネラルウォーター、グラスで味わうことで、すっきりと味わうことあができます。 カナディアンクラブの場合は、少し物足りなく感じるかもしれませんが、ミネラルウォーターの量で濃度を調整してください。 カナディアンクラブの特徴を引き立てるために、より爽快さを求めるなら、 ミネラルウォーターに替えて炭酸水で割れば、ハイボールになります。 カナディアンクラブはハイボールの方が、爽快さのなかにウイスキーの風合いを感じられておすすめです。 カナディアンウイスキーの定番と言えるのが「カナディアンクラブ」です。 香りと甘みがそれほど強くなく、柔らかな口当りなのでカクテルベースとしても使われることが多いです。 バーなどでは 「C. 」と名前の付くカクテルの場合は、カナディアンクラブとフルーツジュースや炭酸水を合わせているものになります。 ジンジャーエール」であれば、カナディアンクラブをジンジャーエールで割ったもの、「C. マンハッタン」は、定番カクテルのマンハッタンをカナディアンクラブを使い作ったものになります。 カナディアンクラブの6年熟成のホワイトラベル、12年熟成のものと両方をそろえて、熟成による味や香りの違いを試してみるのも、ウイスキー好きな方にはおすすめです。 カナディアンウイスキーの中でも、プレミアムなものとして世界で高評価を得ているのが、 「クラウン ローヤル」です。 ボトルそのもの、キャップ、メインのシンボルとして王冠が描かれ、 英国王室との関係が深いカナディアンウイスキーです。 1939年にイギリス国王ジョージ6世夫妻がカナダを訪問した時に献上され、その上質さから来賓用に少量生産されていたものが、プレミアムなものとして市販されるようになった歴史があります。 大麦の甘みとライ麦由来のスパイシーな刺激がバランスよくブレンドされ、 はちみつのような香りがし、口に含むと甘味と苦みが絶妙に広がり、ライトな仕上がりとの評価があります。 チェイサーを準備してストレートで味わうか、ロックでの味わい方がおすすめです。

次の