マイ ジャグラー 3 設定 6。 マイジャグラー3設定3

マイジャグラー3 設定6 勝率93%!グラフ付シミュレーター・挙動・特徴・ハマリ確率データ解析

マイ ジャグラー 3 設定 6

マイジャグラー3は、普通のAタイプの機種であり、 レバーを叩くたびに小役やボーナスの抽選が行われ、当選すれば小役の払い出しやボーナスが揃えられる状態になります。 ボーナスに当選(ビッグボーナス・レギュラーボーナス)に当選すると、レバー上部のパネル(GOGO!ランプ)がペカっと光り輝くので、簡単に誰でもボーナスフラグを察知できるので、パチスロ初心者の方にも優しい、親切で遊びやすい台と言えます。 マイジャグラー3で設定判別をするのであれば、各種ボーナス確率・機械割を頭に入れておかなかればいけません。 設定差がある単独レギュラーやチェリー重複でのボーナス確率については、暗記しておいたほうが良いでしょう。 マイジャグラー3 基本スペック! 今回は、マイジャグラー3における 基本スペックと設定判別のコツについて、自身の経験と体験を元に記事にしていきたいと思います。 マイジャグラー3の基本スペックと言っても、過去のジャグラーシリーズとあまり大差は無いように感じます。 しかし、パチスロ マイジャグラー3で勝つためには、基本スペックを頭に入れておかなければ、設定判別もできないばかりか、高設定(設定6・設定5)の台に座っても、気づかず捨ててしまう可能性も出てきます。 設定判別するためにも、マイジャグラー3の基本情報やスペックについて、しっかりと頭に入れておきたいところです。 マイジャグラー3の基本告知演出・ プレミアム告知演出についての画像を交えた解説記事が分かりやすいとの評判です。 マイジャグラー3のビッグボーナス時の獲得枚数は、約312枚です。 レギュラーボーナス(バケ)の平均獲得枚数が約104枚となっています。 ジャグラーは1回のボーナスでの獲得枚数は少なく感じますが、他のAT機やART気に比べて、比較的安定してボーナスに当選するため、高設定(設定5・設定6)などは、 打てば打つほどボーナスに当選するので、右肩上がりに徐々にコインが増えていきます。 マイジャグラー3 天井! AT機やART機に良くある天井は、マイジャグラー3にはありません。 あくまでレバーオン時にボーナスの抽選を行っているので、ボーナス抽選に外れると、 1000回転も2000回転も大当たりなしでハマることになります。 ハマった台を打つメリットは、全くありません。 マイジャグラー3では、設定1から設定5までのレギュラー確率が、設定が低くなるにつれて低くなってきています。 打っていて レギュラーボーナスがたくさん当たり、ビッグボーナスも同じ回数程度当たっていれば、設定6を意識しても良いレベルになります。 希に低設定にもかかわらず、レギュラーだけたくさん当たる台もマイジャグラー3にはありますが、設定判別する材料としては、 ビッグボーナス・レギュラーボーナスともに240分の1以下で当選していることが条件になります。 マイジャグラー3での合算確率だけでは、ある程度の設定推測しかできないので、ある程度の回転数と出玉の波を重視して、その上できちんとした設定を推測することが大切です。 一日数千ゲーム回すので、多く回せば回すほど確率は収束していきます。 最終的にはぶどう確率と合算確率を合わせて、その日の設定判別をしていくことになります。 ぶどう確率は、長時間のデータを取れば、設定通りの数値に落ち着きます。 カチカチ君でぶどう確率をチェックするのは、 正直手間もかかりますし、めんどくさいです。 その分、設定6を見極める信頼度もアップします。 こんなめんどくさい事をする人が、マイジャグラー3に関わらず、高設定(設定6)をゲットできる確率が高いのだと思います。 設定判別で設定6を見切る為と マイジャグラー3で勝つために、カチカチ君での小役カウントは必要です。 マイジャグラー3 先告知演出とプレミア告知! ジャグラーはペカっと光れば、ボーナスが確定します。 この時、ペカっと光るパターンが複数存在します。 例えば、 レバーON時に光れば先告知と言い、 第三ボタン停止後に光れば後告知といいます。 マイジャグラー3には、通常告知演出のほかに、 プレミア告知演出も搭載されています。 あくまでプレミア演出なので、簡単には見ることができませんが、長いことマイジャグラー3を打っていれば、全て見ることが出来ると思われます。 マイジャグラー3のプレミアム告知演出と通常時の告知演出については、で全て分かるように、画像をたっぷり使って解説しています。 マイジャグラー3 設定判別の基本項目!.

次の

マイジャグラー3 設定6の挙動とスランプグラフとは? 〜シミュレーションによる特徴を考察〜

マイ ジャグラー 3 設定 6

||||| マイジャグラー3の設定6はどんな挙動を示すのか? スポンサーリンク ここでは、シミュレーターの結果から得られたデータを参考にして、の設定6の挙動や特徴を考察してみたいと思います。 ジャグラーで立ち回っている ほとんどの方がマイジャグラー3の設定6を常に意識して狙っているのではないでしょうか? やっぱり、ジャグラーで勝つためには 設置台数が多く、機械割も高いの設定6をツモって、が必要ですからね。 でも、 「マイジャグラー3の設定6は具体的にどんな出方をするのか?」 「マイジャグラー3の設定6は安定して勝てるスペックなの?」 「マイジャグラー3は設定6でも負けることがある?」 など、の設定6に関して、わからないことや疑問に思っていることも多いと思います。 そこで、ここでは シミュレーションによるスランプグラフをもとに、 マイジャグラー3の設定6の挙動を考察してみましたので、ぜひ立ち回りの参考にしてみてください。 マイジャグラー3 設定6のスランプグラフと挙動 の設定6は、さまざまなシミュレーション挙動が見られましたが、以下、 大きく4つのパターンに絞って、それぞれの挙動、特徴をまとめましたので、ホールの実践データと比較して活用してみてください。 マイジャグラー3の設定6はと高く、合算確率も軽い(ボーナスが当たりやすい)ので 小刻みな右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が多かったですね。 ボーナス合算確率が軽い分、も高く とにかくハマリにくいのがマイジャグラー3の設定6の特徴の1つだと思います。 の設定6は機械割が高いので、こういった好成績のスランプグラフになりやすく、逆にホール側としては マイジャグラー3の設定6は投入しづらいのが本音だと感じました。 の高設定狙いをしている際に、REGボーナスが少ないと若干不安ではありますが、シミュレーションの結果から マイジャグラー3の設定6でBIGボーナスに偏るパターンはよくある挙動だと感じました。 こういった場合には、やはりブドウ確率をカウントしておくと設定推測に役立つと思います。 シミュレーション上、 マイジャグラー3の設定6でREGボーナスの先行パターンは頻繁におこる挙動だったので、こういった状況でも粘れるかが勝つためのポイントだと思います。 やはり 設定6以上の確率でREGボーナスが引けている台は、できるだけ様子をみながら粘るべきだと思います。 逆にここまでREGボーナスが多いと止めるに止められない状況かもしれませんね。 ボーナスの引き負け&BIGボーナス間の大ハマリ連発で完全に心が折れてしまうシミュレーション挙動・パターンではないでしょうか? ただし、こういった 右下がりのスランプグラフを示すシミュレーション挙動はかなり稀なケースで、ほとんどの場合、出玉は現状維持 or 右肩上がりのスランプグラフ挙動を示す結果が大半でした。 ですので、それほど心配する必要はありませんよ。 むしろ、上記の結果から得られる教訓としては、ブドウ確率を信じて粘る勇気も大事ということかもしれません。 ブドウ確率のみ、設定6の理論値を超えているのがリアルなんですよね。 マイジャグラー3 設定6のシミュレーション挙動まとめ 今回は、マイジャグラー3の設定6のシミュレーションを行いましたが、マイジャグラー3の設定6は、 安定した右肩上がりのスランプグラフの挙動を示すのが一般的だと思いました。 の設定6は、全設定の中で、とボーナス確率がかなり優遇されているので 大きなハマリが少ないのも特徴だと思います。 とくに BIGボーナスに偏って連チャンしたときの出玉感や瞬発力は、さすが設定6といった感じで、圧巻のスランプグラフ挙動が多かったですね。 ちなみに、シミュレーション上の マイジャグラー3の設定6の勝率は93. 2%で,かなり安定して勝てるスペックだと思います。 また、は ブドウ確率とチェリー確率に段階的に設定差が設けられているので、ボーナス確率に加えて、小役確率をカウントすることで設定6を看破できる場合もあると思います。 小役確率のカウントは、実際にホールでマイジャグラー3の設定6が使われているかどうかを見抜くためにも有効だと思うのでぜひ活用してくださいね。 スポンサーリンク.

次の

【マイジャグラー3稼働】「こぜっ6!」今月のうっぷんを晴らせるか!?

マイ ジャグラー 3 設定 6

今年は、早めに仕事が終わり、年末は特に予定もなく、スロニートのごとくパチスロを打っています。 最近は、年末年始の回収に備えて、ホールが餌まきをしているのでしょうか? いつも行く地域の状況がかなりいいので、設定狙いに行ったりしています。 というわけで、今回は、設定狙いの稼働内容を記事にしようと思います。 ですが、よくネットで見かける バジリスク絆ピンポイントで6ツモ!3ベル撃破で12000枚オーバー! とか 代打ち3人と全台系のシマを占拠!合計で2万枚オーバー! とか そんな華々しい内容ではありません。 他人の、いわゆる「メシマズ」よりも、 こういう内容の方が楽しいかなと思いますしね。 というわけで、今回は、マイジャグ3の設定6(濃厚台)を颯爽と捨てたお話です。 実戦したホール この日行ったのは、イベント(取材)をやっているホールです。 イベントをやっているから設定を狙いに行こうと思っていたわけではなく、 午前中にあった用事が終わって、午後に自由になったので、バジリスク絆のハイエナ台でも拾って、絆高確の玉にレア役をバシューンって刺したいな思って店に入ったのですが、 稼働状況がやばいことになっていて、ハイエナどころの状況ではなく、なにやらイベントをやっていると気づきました。 ネットで調べると、• 2分の1で高設定の機種があり、• それ以外にも全体的に設定が入る らしいです。 ホールに入ったのは午後2時で、とりあえずノーマルタイプをみていくと、すぐにマイジャグ3のシマからオーラが出ているのを感じました。 マイジャグ3の設置は10台なので、おそらくこの機種が当たりだろうと思いました。 当たりシマの良さげな台を確保 空き台も複数ありますが、600GでBB1回、RB0回とか、そんな感じでほとんど手をつけられていない台です。 とはいえ、総回転数は1500G、BB6回、RB7回です。 やめたのは、年配のお客さんです。 おそらく、放置されていた台を打ったら、ボーナスが当たったけど、REGばっかりで、出玉が飲まれたところでヤメ。 という感じでしょう。 普段なら、これだけでは手を出せません。 しかし、今日のこの状況なら、とりあえず触っておこうかと思い、台を確保します。 打ち始めると、若者のグループがマイジャグ3のシマを何度も見にきます。 定期的に探りを入れていた狙い台が、僕に取られてしまったのでしょうか。 ああやって何度も見に来るので、さすがの養分の僕でも、このシマが当たりなんだろうなと自信を深めます。 同時に、たまたま自分の目の前で空き台になったのはラッキーだと思いました。 打ち出すと、すぐにBIGが2回当たり、とりあえず持ち玉を持ってしばらく様子見ができます。 左右を見て、ボーナス回数だけで大雑把に設定を予想すると、こんな感じと予想しました。 16115? 51 僕が座っていたのは、赤の?の台です。 1と書いたのは、実際には1か2かはわかりませんが、ハズレ台と思われる台です。 とはいえ、全然回っていない台もあるので、油断はできませんが。 ただ、すでに見ている台で高設定があるなら、僕の座っている台か、もう1台(右から3番目)になります。 個人的には、左右のカド2がアタリで、自分が座っている真ん中の3台に高設定を並べていると、希望的観測も込めて予想しました。 カド台は、勝手に稼働もついて回数もついてくるから、あたり台にする必要はない。 左右に出玉をつけて、そして真ん中に固めて出玉がつけば、ここが当たりシマだと伝わりやすいし、写真撮影もしやすいし。 なんて勝手に妄想していました。 そして、投資100枚で得た持ち玉は一度も飲まれることなく、2000G回して、総回転数は 3500Gになりました。 挙動は弱め 自分の回した範囲の結果は、 BIGは9回。 REGが3回で、全て単独REG。 2 こんな感じです。 設定推測ツールにかけるとこんな感じです。 さてどうするべきか・・・・ 普段なら、こんな感じの推測結果が出るとやめちゃいます。 こんな感じの台を、「4はありそう」なんて言って追っかけても、大した結果にはならないことがあまりにも多かったからです。 「バリバリの6挙動で、初めて4に期待しろ」 普段、そういうキツい状況ホールで打っていたので、そういう習性が身についてしまいました・・・ 自分の台だけ見てもラチがあかないので、周りの状況を見てみます。 当初の予想は、 16115? 51 でしたが、自分が2000G回したことと、3時間弱が経ったところで、予想は以下のように変化しました。 16115 16551 この時の僕の頭の中はこんな感じでした。 よし、やめよう、ヤメヤメ! というわけで、まだ持ち玉は少しありましたが、やめることにしました。 僕が席を立つ時、違う台にいた若者グループの一人がスマホを突っ込んできたのです。 僕は、「この台、単独REG3回しか引けなかったよ」 と教えてあげようかと思いましたが、彼らは打ちたがっている台なので、余計なお世話だと思い、やめました。 結果、僕は5千円ほどの勝ちで終わったわけですが、後日、データを見て驚愕しました。 設定6は自分の右隣の台だと思ったのですが、 そうではなく自分が打っていた台でした。 というか、午後の段階で強そうだった台は、軒並み中だるみしていました。 さすがにビビりました。 データ機器では差枚が見にくかったけど、このペースなら、5000枚近くは出たでしょう。 自分の彼らの半分のヒキがあれば、捨てずに済んだのに・・・ データ見なきゃよかった・・・ やっぱ下手くそですね。 今回の反省点 今回、高設定(おそらく6?)の台を2000Gほど回して、涼しい顔して捨てたわけですが、 当初のヨミは当たっていたわけです。 まだ上か下かハッキリしないところで捨てた点に関しては、いつもの僕のやり方ではあるのですが、 それが今回の状況では間違いだったのかなと思います。 というのは、僕が普段やっているのは、シマの中に当たり台の方が少ないという状況での設定狙いであり、 そういう場合、ハズレ台に座っている可能性の方が高いから、よほど自分の狙い台に自信がない限り、 「高設定じゃなさそう」と思った段階でさっさと見切るのがよかったのです。 しかし、今回のような、2分の1高設定みたいな強い配分の時は、いつもよりも深くおって、 「自分の台は確実に違う」 「他に強い台が出尽くしている」 という状況になるまで粘ってもよかったのではないかと思います。 設定狙いの見切りは、早くするべきか、しっかり判別するべきかがテーマになりますが、 僕は基本的に「上はなさそう」と思ったらかなり早くやめてしまうタイプなのです。 というのは、自分の狙い台にそこまで自信がないからなのです。 特に朝から行く場合、狙いをつけた台がそのまま高設定でした、というパターンの方が少ないので、 どうしても早めに見切って、次のチャンスを探す感じなのです。 逆に、狙い台に自信がある人は、かなり苦しい展開になっても粘ります。 1日中追いかける人もいます。 今回の場合、2分の1という濃い配分だったと仮定するなら、もっと深く追いかける価値はあったのだと思います。 高設定がもうすぐそこ、という状況であれば、 あと1000G余分に回したってよかったわけです。 もしその台がやっぱり低設定だったとしても、1000G余分に回すマイナス期待値は知れています。 普段ならば、1Gでも早く見切るべきですが、こういう強い状況ではいつもより深めに追うべきだったと思います。 打っている最中には、この点に頭が回らず、 涼しい顔をして高設定を捨ててきました。 そして、若者グループに取られるという、愚かの極みを演じることに・・・・ あとは、自分が打った2000Gで単独REGが3回、チェリー重複REGが0回、という結果でしたが、 あんなのなんの参考にもならないってことですね。 やっぱり、分母が3桁の確率ですから、数千ゲームそこいらで見えてくるわけないんですよね。 「この台は単独REGが強いから大丈夫」 とか 「単独REGが弱すぎ!」 とか、 いつもやっているのが、ちゃんちゃら可笑しな話だと感じたわけです。 まあ、高設定ほど出やすい、低設定ほど出にくい、というのは事実には変わりませんが、 たかだか2000ゲームではあまり意味のない数値なのだと、今回は痛感しました。 まとめ というわけで今回は、2分の1高設定のシマで後ヅモしたにも関わらず、 全体の状況ではなく、自分の台の挙動ばかりを意識して、高設定台を捨ててしまったというお話でした。 パチンコなら1000ハマリは日常茶飯事だし、1000-2000回転で何がわかるって話ですよね。 ジャグラーというのは、座った時点で、心中というか、ある程度は打たないとダメですね。 または 「打ってみて、挙動が悪ければ捨てるのも仕方がない」 と開き直って打つしかないですね。 あれを短時間で判別すること自体が不可能なのだと、改めて感じました。

次の