消毒アルコール。 消毒用アルコールと同じ度数の「お酒」続々 新型コロナ対策で

アルコール消毒液が大増産でも店頭に並ばない意外な理由

消毒アルコール

No.1の方が書かれているように、マキロンなどの消毒薬の主成分は 塩化ベンゼトニウムまたは塩化ベンザルコニウムというものです。 セッケンが陰イオンの界面活性剤であることに対し、これらは陽イオンの 界面活性剤であるので逆性セッケンとも言われ、殺菌作用があります。 時代劇などによくありますが、刀で切られたときなどは焼酎を吹きかけて 消毒しています。 焼酎はエタノール濃度が20~50%くらいなのですが、 殺菌効果があります。 消毒用エタノールは殺菌効果が最も高い80%に 調整して売られています。 消毒ためにはどちらを使ってもかまいません。 消毒用アルコールにより強い消毒・殺菌効果があります。 しかし、エタノールやオキシドールの消毒には激しい痛みがともなうので、 新しい消毒薬としてマキロンが生まれたのです。 ということで、根性があればエタノール、根性がなけれなマキロンを使ってください。 A ベストアンサー 過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。 ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。 ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。 そこで,動物細胞には過酸化水素を分解して無毒の酸素と水に分解する酵素があります(これが hero1000 さんがお書きのカタラ-ゼです)。 さて問題の泡(これが酸素であるのは皆さんがお書きの通りです)が出る出ないですが,次の様になります。 細菌や血液中の金属イオン等と Fenton 反応を起こした場合:上記の様に酸素が出来ませんので泡は出ません。 カタラ-ゼによって分解された場合:上記の様に酸素の生成による泡が出ます。 単に過酸化水素が分解した場合:inorganicchemist さんがお書きの反応によって酸素が発生し泡が出ます。 以上のようになりますので,むしろ泡が出ない時の方が殺菌作用を示しているといえます。 過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。 ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。 ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。 そこで,動物細胞には過酸化水素を分解し... A ベストアンサー リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。 ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。 殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。 ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。 だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。 なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。 使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。 虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。 あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。 ただし、あくまで自己責任。 医師の指導のもと使ってください。 A ベストアンサー 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家は目先の問題も勿論ですが、全体の治癒するまでの段階を考えて、最良の答えを導き出すものです。 途中で素人さんが下手な事をしたり、治療を中断すると拗らせてしまう事に成ります。 特に原因が原因ですから、多分普段の健康維持にも気を使っていないでしょうから(専門家から見ての事です)、免疫機能も低く、感染症などに対しての知識も無い状態だと、疑問は直接に医師に聞き、専門家の答えを<書き留め>て、指示に従うべきです。 此の場合で危険な状態なら、医師が其の傷の周りに各種の注射をするはずですし、点滴で薬剤も入れているはずです。 これも程度問題と体質や状態との兼ね合いで決めます。 ビタミン剤・ミネラル剤などは多めに摂取しましょう。 実際に面接している医師で無いと、どの程度の知識があるのか不明なので、言葉が足りなくなると(直接面談でも同じですが)勝手な解釈をして(医師側から見ると)しまうので、言葉だけでのここではこれ以上のアドバイスは無理です。 尚、動悸が出るとか、それ以上に腫れる場合は医師に今以上の積極的な治療をして欲しい旨を伝えましょう。 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家... A ベストアンサー エタノールは昔エチルアルコールと呼ばれていたアルコールの一種です。 お酒に入っているアルコールと思ってください。 アンモニア水は水酸化アンモニウムの水溶液です。 オキシドールは過酸化水素の水溶液です。 いずれも傷口の消毒に使われたりします。 全部殺菌消毒に使えると言う事ですね。 エタノールは有機溶剤としても使えるので、有機系インクを落とすのにも役立ちます。 油汚れなども落としますが、引火性が強いので、くれぐれも火のそばでは使わないでください。 オキシドールは漂白作用があります。 アンモニア水は強めのアルカリ性です。 酸性汚れには強い見方ですが、独特のにおいがあります。 使い終わったら酢などで中和させたほうがいいかも。 アルカリが強いので、買ってきたものをそのまま素手で使うのはやめましょう。 下記サイトの石鹸ライフのパートナーたちというところ参照になさってください。 live-science. html.

次の

新型コロナウイルス感染症対応に伴うアルコールの取扱い等について

消毒アルコール

でも、それよりも手に入らないのが「殺菌・除菌スプレー」ではないでしょうか。 有名どころで言えば、 「手ピカジェル」などですが、今はほぼ手に入りせんよね。 マスクよりも「手洗いや殺菌」が重要というのはみんな分かっていますが、 売ってないのでどうしようもないという人も多いのではないでしょうか。 転売して儲けようとかではないので、安心して最後まで読んで頂いて少しでも、お役に立てると嬉しいです。 今回オススメする商品をご自分でアマゾンや楽天で検索し検討してくださいね。 お詫びと訂正 コメントにて色々な情報をいただきありがとうございました。 ご紹介しておりました燃料用アルコールには メタノールが含まれていない事が確認できました。 しかし、 同商品でも 別のシリーズでは含まれている商品もありますのでご注意ください。 本当にありがとうございました。 手指に使えるアルコール消毒の代用「バイオエタノール」 はじめに、確認になりますが、コロナウイルスに最も効果があると言われているのは エタノール系の消毒用アルコールです。 正確には殺菌ではなく 不活性(死んだ状態にすること)にできます。 エタノールとはアルコールの成分です。 エタノールの他に メタノールなどもありますが、 これは大量に吸ったりすると有毒なのでに間違えないようにしてください! 消毒液の品薄が続くなか、アルコールで自作をしようと考えているあなた。 絶対に間違えてはいけないのが、「エタノール」と「メタノール」。 知っておいてほしいアルコールのトリセツをまとめました。 バイオエタノールとは この植物を発酵させて作られたエタノールの事です。 バイオエタノールの主な原料はとうもろこしやサトウキビなど発酵させたものなので、 人体には害はありません。 (もちろん飲むお酒と同様の害はあります) 私たち人間が飲む お酒のアルコールも発酵工程を経て作ったものなので、言ってしまえば 「バイオエタノール」です。 06 もぎたてコーン トウモロコシはイネ科の一年生植物。 穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要。 世界三大穀物の一つ。 多くの国ではコーンはトウモロコシを指すが、イギリスではトウモロコシを メイズとよぶ — カフェ awtgd42jd なので手指の殺菌にも代用可能という事です。 効果は劣ります。 あくまで代用です。 手指の殺菌の用途では開発されていないので保湿や 代用可能なものは?• LINDEN リンデン 液体燃料 除菌もできる燃料用アルコール• お酒の「スピリタス」 アルコールストーブの燃料兼除菌も出来るリンデンの燃料が凄い。 アルスト使いのキャンパーにおススメ。 燃料に良く使われるメタノール系ではなく消毒剤に使われるエタノール系😊 緊急時にどちらでも使えると、パッキングスペース節約出来て便利です😆 — *樞師 Snowfreak2 【度数96度】新型コロナ拡大で「スピリタス」が品薄に 消毒用アルコールが入手困難なことから需要が増加。 消毒効果について、アルコール協会は「一定の効果は見込めるが推奨できない」としている。 これは濃ければ濃い方が良いという訳ではありません。 濃度が高すぎるともちろん匂いがきつくなります。 そして、 何よりも一番は効果が出る前に蒸発(気化)してしまう事です。 これを精製水で少し濃度を薄めて手指の殺菌に使えば、殺菌アルコールとして代用できるという事です。 あくまで代用品という事でご紹介しております。 番外編 穴場 いろいろリサーチしたり自分の足でお店を回ったりした結果、手に入る確率の高い商品を発見したのでひっそりと共有します。 結論からズバリ言うと 「業務スーパー」の「 除菌アルコール78」です。 業務スーパーは色々ありますが、 この緑の看板の業務スーパーです。 業務スーパー 看板出てたー。 しかもアルコール除菌スプレーが手に入らないこの状況で、 在庫が積まれている状態を複数回みました。 なぜこの状況下でも在庫があるかという理由をまとめると• 業務スーパーの専売品である• ネット販売はしていない• 生産・出荷はし続けており、定期的に入荷する 工場フル稼働で生産してる商品が業務スーパーという極々限られた店舗だけにしか入荷しないので、必然的に在庫がある確率は高くなります。 当商品は業務スーパー様へのみ納品している商品です。 他店舗・ネット販売は一切しておりません。 当商品は「食品やまな板等の除菌・保存」目的でご使用いただける商品です。 使用用途以外でのご使用は絶対にしないでください。 入荷時期に関して 工場はフル稼働で日々生産・出荷を続けております。 業務スーパー様へは、定期的に入荷しておりますが、入荷してもすぐに完売という状況が続いております。 また、弊社では店舗ごとの具体的な納入日までは判りかねます。 お客様へは除菌アルコール78の欠品でご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。 一部、取り扱いがない店舗もあるようなので確認してみて下さい。 近くに業務スーパーがある人は定期的に日用品のゾーンをのぞいて見ると入荷のタイミングに出会えるかもしれません。 手指殺菌消毒に代用できるバイオエタノールまとめ• LINDEN リンデン 液体燃料 除菌もできる燃料用アルコール• スピリタスというアルコール濃度の高いお酒がある• 業務スーパーの除菌アルコール78• 人体には基本的に害はない• 一定の効果は見込めるが、推奨はしていない。 あくまで代用品• あくまで、 市販されている手指消毒アルコールがどうしても手に入らない場合の代用品です。 手にはいれば手指殺菌用として販売・開発されているものが一番いいですし、経済的です。 一定の効果はあるが、「推奨できない」と言われていますのでご注意下さい。 扱う際は火気にもくれぐれも気をつけて下さい。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

消毒用アルコールと同じ度数の「お酒」続々 新型コロナ対策で

消毒アルコール

と回答なさっている方がいらっしゃいますが、アルコール濃度が低くても除菌能力がありますよ。 ただし、アルコール濃度が低いと除菌に時間がかかります。 実はアルコールによる除菌はアルコール濃度が高い場合と低い場合で除菌の仕組みが違うんです。 アルコール濃度が高いとウイルスや細菌を直接破壊できます。 しかし、アルコール濃度が低いとウイルスや細菌を変質させて非活性化するので除菌に時間がかかるのです。 逆に言うと時間がかかるので、手指の消毒にはむいていないということです。 残留物のこともありますしね 参考: "アルコールと殺菌の話 - 花王" >キッチンの消毒用アルコールと、手指の消毒用アルコールの違いを教えて下さい。 違いはアルコール濃度と成分です。 >キッチンの消毒用アルコールを手指に使う場合の注意点も教えて下さい。 まず、濃度ですが通常の手指消毒用の消毒薬の場合アルコール濃度は70%ほどです。 キッチン用の場合には50%程度です。 メーカーではコロナウィルスに対しての除菌効果を実験している所もあって効果は確認されていますが、濃度が低い分、時間をかける必要があります。 実験内容から判断すると目安は10秒程度でしょう。 次に成分ですが、肌を守る保湿成分の有無が影響します。 対応方法で言えば、キッチン消毒用のアルコールを手に吹きかけたら10秒ほど手洗いの要領で手に擦り込んで使ってください。 その後ハンドクリームなどでケアしてください。 でも、これは手洗いが出来ない場合の方法です。 石鹸で手洗いが出来るのなら手洗いの方が効果的ですよ。

次の