広島 カープ ドラフト 2019。 2019年ドラフト会議・広島東洋カープ交渉権獲得選手一覧!!

2019年の広島東洋カープ

広島 カープ ドラフト 2019

〔阪神タイガース 2019年ひとりドラフト指名選手〕 1位 三塁 石川昂弥(東邦高) 185cm84kg 右右 2位 投手 浅田将汰(有明高) 181cm85kg 右右 3位 一塁 片山勢三(パナソニック) 176cm105kg 右右 24歳 4位 外野 前野幹博(ヤマハ) 186cm95kg 右左 24歳 5位 投手 重吉翼(日本航空石川高) 183cm82kg 右左 6位 投手 佐藤一磨(横浜隼人高) 188cm87kg 左左 7位 三塁 藤岡陸(希望が丘高) 186cm80kg 右右 8位 外野 古田佑一郎(岡山商科大) 188cm82kg 右左 〔総評〕 そりゃあ、甲子園のスターは獲りたいに決まっている! 奥川恭伸に一直線といきたいところだが、そうもいかないのが辛いところだ。 なに、佐々木朗希? それはないだろう……同じようなタイプの「藤浪晋太郎」でこれだけ苦労しているのだから。 それより「打線」のほうだろう。 糸井嘉男38歳、福留孝介42歳……2人が丈夫なのをよいことに、いつまでも苦労をかけている場合じゃない。 その上、鳥谷敬までいなくなりそうな雲行きだ。 「4番」の期待をかけてというよりは、4番の座を用意して招いた大山悠輔。 4番がいない。 チームの中にはどこを探してもいない。 ならば、在野だ。 いる! 高校生にいる! 石川昂弥(東邦高)だ。 無類の長打力に、この春からは体を崩されてもヒットにできる技術と、ここ一番でタイムリーが打てる勝負根性まで身に付けて、「U18」では木製バットを使いこなせることまで証明してみせた。 三塁が守れる大型内野手……願ったり叶ったりじゃないか。 ここは迷わず、いきなりだ。 3位片山、4位前野。 この2人だって立派な「4番候補」だ。 社会人を代表する右と左の大砲2門。 片山は、そっくりそのまま山川穂高(西武)だ。 バットコントロールが柔軟で、技術でホームランが打てる。 前野は高校を出て、社会人6年目。 腐らず、よく辛抱して、持ち味の長打力をプロのレベルに磨きあげた。 あれっ、ちょっと待ってくれ……確か、去年のドラフトで「PL学園最後のプロ野球選手」。 そんな触れ込みでプロ入りして即戦力となったオリックス・中川圭太。 その1年先輩になる。 ほんとにほんとの「PL学園最後のプロ野球選手」。 さすが、PL学園。 層が厚い。 2位に浅田将汰を持ってきたのも、強打という保険があるからだ。 150キロと150m。 スピードボールと飛距離。 夢のある選手だ。 あとの4人は、大学生の古田も含めて、「次期タイガース要員」。 剛腕・重吉、角度の佐藤、スラッガー・藤岡、快足・強肩・機動力の古田。 中でも、横浜隼人の超長身左腕・佐藤一磨、きっと水谷監督が喜んでいるだろう。 監督に就任して、ユニフォームをタテのストライプに変えてしまったほどのタイガース・フリーク。 育ててもらった恩返し……熱い期待に応える番だ。

次の

広島カープ、明大・森下1位指名を公表wwwwxwwwwxww|プロ野球アンテナ

広島 カープ ドラフト 2019

関連記事• 2019年10月16日 18:53 - [広島速報]• 2019年10月16日 18:04 - [鯉速@広島東洋カープまとめブログ]• 2019年10月16日 18:03 - [なんj@やきうの時間]• 2019年10月16日 21:02 - [オリックス2ch野球まとめ速報ブログ|ベル速 なんJ]• 2019年10月16日 17:35 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]• 2019年10月16日 18:00 - [なんJは加速している]• 2019年10月16日 17:56 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ]• 2019年10月17日 10:00 - [広島カープブログ]• 2019年10月16日 18:01 - [竜速(りゅうそく)]• 2019年10月16日 19:22 - [広島東洋カープまとめブログ かーぷぶーん].

次の

広島カープドラフトニュース

広島 カープ ドラフト 2019

広島カープドラフト指名予想2019! 今回はドラフト2019で広島カープからの上位指名選手候補選手、補強ポイントについてまとめていきます。 黄金世代を迎えた広島ですが、FAでの丸選手の流出や今後も主力選手のFA権の取得とまた新たな若い世代のスターを誕生させなければいけない状況となっています。 その為にはドラフトでの上手な指名は必須で的確な補強が必要となります。 2019ドラフトで広島はどのような指名をするのでしょうか。 それではご覧ください! スポンサーリンク 広島カープが指名した2019年ドラフト選手 1 森下暢仁 投 明大(大分商) 2 宇草孔基 外 法大(常総学院) 3 鈴木寛人 投 霞ケ浦 4 韮沢雄也 内 花咲徳栄 5 石原貴規 捕 天理大(創志学園) 6 玉村昇悟 投 丹生 目次• 広島カープの2019年現在の補強ポイント リーグ3連覇を達成し隙のないチームと思われがちの広島ですが、現状と数年後で多くの補強ポイントを抱えています。 結論的には 先発投手 中継ぎ投手 二遊間セカンド(田中選手・菊池選手のFA流出の場合) が補強ポイントになってくるのかなと思われます。 まずは現状の先発投手からですが、エースの大瀬良投手を筆頭に野村投手、ジョンソン投手と三本柱は盤石そうですが、ジョンソン投手は怪我がちで全盛期の投球が可能かは未知数でありひ、3人に続く投手は床田投手が頭角を現すものの岡田投手らは2018シーズンで苦戦するなどやや数年前に比べると力が落ちている感は否めません。 強いチームにありがちな勝ちパターンの投手の登板数が膨らむという現象も広島は例外でなく中継ぎ投手の登板過多も心配されているので中継ぎ投手も優先度が低いものの補強ポイントとなるでしょう。 また二遊間に関しては菊池選手が2019年オフにメジャー挑戦を明かしていますし、田中選手のFA流出の問題もこの先でてきますね。 小園選手という将来有望な若手選手がいますが、数名候補はほしいところ。 また、数年後を仮定すると外野手は鈴木選手と松山選手の流出に備えての外野手のドラフト指名が必要になるでしょう。 しかし、外野手は野間選手らはいますが鈴木選手と松山選手に変わるような大砲型の若手が少ないです。 少なくとも現在の攻撃力を維持する為には長打力のある外野手の存在が不可欠となります。 広島ドラフト指名予想2019【上位指名されそうな候補選手】 それでは実際の広島の指名候補を紹介していきます。 2019ドラフトの目玉は高卒投手であり広島も目玉の投手への指名が行なわれる可能性が高いでしょう。 広島はFAでの補強は原則行わない球団な為ドラフトでの補強がそのシーズンの主な補強となります。 チームが強いうちは上位で高卒の選手を指名する余裕がありますが、2019シーズンの結果によっては数年の指名傾向とは全く違う指名になる可能性があります。 広島に入団した場合はまずは1年目は体作りからになるとは思いますが、やや層の薄い先発陣なら1年目からの登板の可能性があります。 及川雅貴(横浜) 横浜高校 及川雅貴 2年生 4月15日 創学館戦で最速149キロをマーク、秋の敗戦が原動力となっている。 — isgram0721 isgram0721 左の世代ナンバーワン投手の及川投手。 広島には数少ない左の先発投手となるので1巡目での本指名の可能性がありますね。 入団した場合はプロに入っての球速ダウンやゾーンに苦しむことが無ければ確実にローテーションには食い込むこと間違いなしですね。 西純矢(創志学園) 広陵にコールド負けし、センバツ厳しく。 西純矢は、5回に自己最速タイの150キロをマークするも「こういう結果になって申し訳ない。 自分の甘さが出た。 今日の負けをひと冬で生かして、次の夏は絶対に甲子園に戻りたい」とコメント。 — 汗と涙。 スペックでは上記の3人にはやや劣るものの球種の多彩さや器用さを持ち合わせていてプロでの活躍も容易に想像できる投手ではあります。 出身も広島の選手であり、優先的か指名考えられますね。 やや荒さの残るというスカウト評もあり伸び代に期待の持てる投手となります。 広島があくまでと高卒投手が欲しいという方針なら1巡目の指名もあるでしょう。 宮川哲(東芝) 東芝先発の宮川哲投手とショートでスタメンの望月涼太選手。 そうだ、社会人代表はもう海外か。 — TKC y89tkc 広島が即戦力投手の獲得を目指すなら第1候補となるのは社会人出身の宮川投手でしょう。 即戦力度では2019ドラフトでは最上位クラスであり、2019シーズンでの先発投手の成績によっては本指名での指名も視野でしょう。 今回は上位候補のみを紹介しましたが、ドラフトは広島の生命線とも言えるので下位指名の選手含め是非とも5年後は全員活躍しているドラフトを目指してもらいたいですね。 スポンサーリンク•

次の