長澤 まさみ 映画。 長澤まさみの映画作品

涙そうそう (映画)

長澤 まさみ 映画

長澤まさみ主演映画「MOTHER マザー」 7月3日[金]公開 に対し、YOU、米倉涼子、笠井信輔、「毒親」の著者で脳科学者の中野信子から称賛コメントが届いた。 「MOTHER マザー」は実話をベースにし、既成の価値観では測れない親子のあり方を問い掛ける感動の衝撃作。 社会から孤立していく中で築かれる母と息子のゆがんだ絆が、1つの殺害事件を引き起こす様を描く。 監督は大森立嗣が務め、長澤はシングルマザーの秋子という社会の闇へ堕ちていく母親役に挑戦。 また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲ、息子・周平を奥平大兼が演じている。 製作は、日本アカデミー賞 主要部門 三冠の「新聞記者」 2019年 、「宮本から君へ」 2019年 など、話題の映画を送り出し、現代社会のさまざまなテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。 河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、大森監督とのタッグで新たな物語として映画化している。 以下にて、著名人から本作に対するコメントを紹介する。 何よりも深く固く結びついた愛を 歪んでいると 言うのは簡単だけれど そんな愛を知っているかと言われたら 言い返せないのは こっちなんだ。 苦くも素晴らしい作品でした。 誰からも非難される立場でありながら、 完全に否定できない母親。 今作品は長澤まさみの代表作となっていくでしょう。 シングルマザーの彼女は、息子の周平 奥平大兼 に奇妙な執着を見せ、忠実であることを強いる。 そんな母からのゆがんだ愛の形しか知らず、翻弄 ほんろう されながらも応えようとする周平。 彼の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。 それは17歳に成長した周平を、1つの殺害事件へ向かわせる。 (ザテレビジョン).

次の

映画『コンフィデンスマンJP』第2弾、7・23公開 長澤まさみ「お待たせしました!」

長澤 まさみ 映画

ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作『MOTHER マザー』。 長澤まさみの息子役に大抜擢!17歳の少年役が明らかに!初オーディション&スクリーンデビューの超新星・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 主演の長澤まさみが、シングルマザーの秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく母親に挑戦。 また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが演じている。 製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』 19 、『宮本から君へ』(19)など話題作をおくりだし、現代社会の様々なテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。 河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。 物語では母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描かれている。 今回、長澤まさみ演じる母親・秋子の歪んだ愛情しか知らずに育った17歳の少年・周平を演じたのは、本作が初オーディション初スクリーンデビューとなる新人・奥平大兼(おくだいらだいけん)。 撮影前には、既成の価値観では測れない母親との関係に翻弄される息子という役柄を演じることに不安を覚えるも、「長澤さんが「大丈夫」と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と、初めての現場を振り返った。 <本予告>映像は、センセーショナルな導入にはじまる。 長澤が演じる母・秋子の「あれはあたしが産んだ子なの。 あたしの分身。 舐めるようにしてずっと育ててきたの」という印象的なセリフから母と息子の歪んだ愛情が伝わり、「学校、行きたいんだけど」と母親と、外側の世界の間で揺れる周平の葛藤も描かれている。 今回、同じく第二弾キャストとして発表となった夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花ら豪華キャストも映し出され、ラストには「この真相をうけとめられるか? 」と観客へ訴えかける内容になっている。

次の

母親・長澤まさみは怪物か?それとも聖母?映画『MOTHER マザー』予告編

長澤 まさみ 映画

大森立嗣監督の映画『MOTHER マザー』に寄せた著名人コメントが到着した。 河村光庸プロデューサー(スターサンズ)が実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」から着想を得て、大森立嗣監督とタッグを組んだ同作。 自堕落で奔放な秋子と、母親の秋子しか頼れる者がいない少年・周平の間にある感情が生まれる様や、成長した周平が凄惨な事件を起こす姿を描く。 ゆきずりの男たちと関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザー秋子役を長澤まさみ、幼少期の周平役に郡司翔、17歳の周平役に奥平大兼、秋子の内縁の夫でホストの遼役に阿部サダヲがキャスティング。 コメントを寄せているのは、YOU、米倉涼子、笠井信輔、中野信子。 YOUのコメント ピースを集めてできあがるパズルが 他人には理解できなくても 彼らにとっては唯一の絵であって 唯一の愛の形なんだ。 何よりも深く固く結びついた愛を 歪んでいると 言うのは簡単だけれど そんな愛を知っているかと言われたら 言い返せないのはこっちなんだ。 米倉涼子のコメント Motherものの見事に人間の良心を打ち砕いてくれる 『一般的で理想的な家族愛像』とはかけ離れながらも人間愛を考えさせられる親子の絆。 苦くも素晴らしい作品でした。 笠井信輔のコメント どうすれば良かったのか? もし自分がそばにいたら何ができただろうか? そう思わせる母親像を、長澤さんは体現していました。 誰からも非難される立場でありながら、完全に否定できない母親。 今作品は長澤まさみの代表作となっていくでしょう。 中野信子のコメント ラストで少年が発する一言を聞き、 いきなり全身が冷たい水で覆われたような衝撃を受けた。

次の