サピックス コロナ。 サピックス(SAPIX)の休校にあたり思うこと

独り勝ちを続けるサピックス「強さの秘密」を探る(中沢 光昭)

サピックス コロナ

どうもオワコン父さんです。 新学期が始まり、1週間が経過した訳でありますが、先週は仕事、教育などいろいろなテーマで悩みの尽きない1週間になったのではないでしょうか。 受験関係では、大手塾の対応については、日能研はWEB授業配信やWアカがZOOMでの授業を開始したりとこの難局にどう対応するかが問われる時でした。 そんな中、とにかく批判が多かったのはダントツでサピックスだったと思われます。 (サピックス関係のTwitterでのツイートがダントツで多かった印象です。 )私自身もサピックスの今回の対応について、いろいろ思うことはあります。 当然です。 正直、私も親として、社会人として、、、、。 ですが、我が子や受験生にとってのこの時期は2度と戻らないので、まずは何をすれば良いか、何ができるかを親として考え、また子供を含めて家族で話し合有ことで、前に進むことこそが成長につながるのではないかと考えている次第です。 さて、Twitterでもツイートさせていただきましたが、今回は2018年度の頌栄女子の算数にフォーカスしました。 頌栄女子は、最近は中堅校としてその立場を確立しつつあります。 特に、一番リターンのいい学校(入口;偏差値と比較すると相対的に他校に対して出口;大学進学実績がいい)としてスポットが当たっております。 そんな頌栄の2018年度(2019年2月受験)で、衝撃がありました。 なんと合格者の平均点が100点満点のうち38点!!最高得点も70点と超難化したのであります。 ちなみにそれは流石にまずいと思ったのか、今年は易化しており合格者平均点は55点まで上がっております。 問題を見てみると、一見すると基本的な問題が並んでいる用に見えますが、よくよくみると「ん?」という問題が散見されます。 特に大問1から解きにくい問題が多く、大問1の(4)は象徴的な問題でセンスが必要な問題です。 大問1(4) 右の図で、AC:AD=4:7の時、BC:CDを求めなさい。 通常、この手の問題の解法としては、三角形の性質もしくわ相似で攻めていくわけです。 直角や二等辺がないので、相似を補助線で作るということを考えるのですが、それもこれまでのパターンに当てはまらない。。。 という感じ3分くらい眺めて飛ばすというのがこの時の受験生だったのではないかと思います。 この問題は、与えられている手がかりをヒントとして攻めていくことになります。 するとここに補助線が引けます。 ここまでできればいつもどおりの問題になります。 また、ECABのZラインをご覧ください。 ECとABは平行になるのです。 はい、もう大丈夫ですね。 すでに、辺DE:DAは3:7とわかっているので、BC:CDももとまります。 これは柔軟な発想が求められる難問ですが、非常に基本を大事にした良問とも思います。 これを機に引き出しにしていただければと思います。 ちなみに、もしこれから過去問を解かれる方のために、サピックスアルファ中位以上の方は、現時点で60点とれれば十分と言える問題だと考えられます。 コロナ休講で大変かと思いますが、毎日子供といろいろな挑戦をして、1日一つでも発見をして積み上げるようにしましょう。 子供の成長を支えるのは、塾ではなく親の一番大事な仕事ですしね! 過去記事リンク.

次の

「塾の信者」になった親が子どもをつぶす実態

サピックス コロナ

4にしろと言っています。 5月いっぱいでZoom授業は終わりのようですが、念のため、最新版にアップデートしておきましょう。 方法は。 6月1日から授業再開ですが、2週間は分散授業• 分散中は質問教室無し• Zoom授業は5月31日で終了• 6月マンスリーテストは自宅でやる• sapixの先生方もいろいろ試行錯誤したのでしょう。 PCでもいいですが、タブレットでの参加で十分でしょう。 さすがにスマートフォン画面では小さすぎると思いますね。 100人定員で60分間ということは、Zoomの有料会員ですね。 サピックスもそこにお金を払うことにしたのですね。 ちなみに現在、Zoomの有料会員に申し込んでも2週間くらい待たされます。 サピックスも申し込んでからが長かったのではないでしょうか。 そして、ZoomはバニティURLというサピックス独自のZoomURLを持つことができるわけですが、それはやってないみたいですね。 zoom. usみたいになります。 教材は郵送する。 校舎には取りに来てはダメ• 動画の配信と学習アドバイスのPDFで自宅学習を進めて• 質問があったら受け付けるけど、返事は遅くなるよ• 4月のテストは校舎でやらないけど、どうするか検討中• まあ、いいでしょう。 4月中は授業を取りやめるということです。 動画配信で実施することになると思いますが、子どもたちも知らず知らずストレスをためそうですね。 緊急事態宣言が発令されることが確実となったことを受け、SAPIX小学部では明日(4月7日)より、4月中の授業をすべて取りやめることになりました。 なお、4月中に予定していたテストについても、すべて実施いたしません。 詳細は明日マイページにてご連絡いたします。 4月から都内の小学校は始まるのでしょうか。 始まらないような気がします。 東京都教育委員会は1日午後、都内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時会を開き、都立の中等教育学校や高校などの休校措置を大型連休最終日の5月6日まで継続することを決めた。 とりあえず、でしょうかね。 我が家では使い捨てマスクの在庫が心許ないので、洗える布マスクを購入しました。 お金はその分返金とのこと。 前日になって休講が決まったわけですが、サピックスは、できる限り授業を行えるように可能性を模索した結果のドタキャンだと思いたいです。 苦渋の決断が続いております。 東京都、外出自粛ですからね。 ただ、月曜からは実施する予定だそうです。 今日、長女は 復習テストを家でやりました。 順位も出るので、丸付けしていませんが、記憶の新しいうちに一緒に解き直しをしようかな。 午後6時頃にサピックスのマイページに掲載です。 サピックス、後の春期講習はどうなるのでしょうか。 私の予想は、中止するだろうと。 塾の授業は、不要不急かと言われれば、不要不急です、となるでしょう。 感染拡大防止に向け、小池知事は都民に対し、平日の26、27日はできるだけ仕事を自宅ですることや夜間の外出を控えること、今週末については不要不急の外出を自粛するよう要請した。 (朝日新聞デジタル) NHKの街頭インタビューで、「(小池知事が) 口で簡単に控えろと言うけど、難しい人もいると思う。 」的なことを言っている人がいました。 自分が都知事だったらどうしますか?都民の活動に大きく影響することです。 簡単に緊急記者会見を開くなんてことできません。 発言の責任をしっかり取るつもりで、つらいことでも言わなければならない。 リーダーをやったことがある人は、このプレッシャーの重さを知っているのです。 口で簡単に言ってるわけでは断じてない。 仕事もそうですが、自分だったらどうするか、当事者意識を持って考えるということが大事です。 自分が部長の立場だったらどうするか。 自分がプロジェクトの担当者だったらどうしたか。 そうするといろいろなことに簡単に批判なんてできなくなりますよ。 常日頃から自分がその立場だったらと自問自答するトレーニングを積みたいものですね。 ただ、大規模イベントの継続自粛ですから、サピックスは継続してOKですね。 検温カードは、22日に行ったときにもらうか、マイページからダウンロードもできます。 カードの運用は以下の通り。 SAPIXに向かう直前に、自宅で検温を済ませる。 検温が済んだら、検温カードの授業や補講該当日の「検温済確認」の欄に押印かサインをする。 教室に入る際に、授業担当者に押印済みの検温カードを提示する。 検温カードを持って来なかった場合、もしくは検温カードの該当欄に押印がない場合には、受付で検温する。 検温カードの提示がなかった場合は、家に連絡することもあるそうです。 検温カードを出さないと授業は受けられませんし、周りの迷惑にもなりますので、ルールを守りましょう。 うちの長女はなんだか晴れ晴れしたような顔で帰ってきました。 気分転換をしたあとのような。 ちょっと興奮したような。 やはり、サピックス再開していただいてありがたかったです。 うちの長女は新型コロナが怖いから行きたくないと言っています。 心のケアが必要かもしれないと思いました。 大きく3点の更新がありました。 授業再開に向けて• 3月組分けテスト• 3月復習テスト 授業再開に向けては、先生も生徒もエチケットやルールを守ってコロナ対策をしっかりした上で臨みましょうということが書かれています。 組分けテストは22日9時~、復習テストは18日に渡されるので家でやってくださいという、今までの話から変わってませんので、サラッと見ておくだけでいいでしょう。 11日と13日の分のテキストを校舎に取りに行きましょう。 来週18日は授業再開ですから、テキストを取りに行くのも今回が最後ですね。 対応は各校舎の受付開始時刻~20時までだそうです。 18日の授業で行われるはずの国語06と社会06の動画がアップされているのはどういうことなんでしょうね。 何かと思ったら補講で持ってくるもののお知らせ。 サーバ増強してくれないと、混雑ピーク時にログインできないぞい。 自前でサーバ抱えているなら、クラウドに出してほしいです。 もう、コロナは怖くないぞ! ってことかな。 組分けテストもやるし! 春期講習について、今回は書いてませんが、やりますね、コレ。 それより、テキストナンバー05のポイント解説の動画まだですか? ご自身のメール確認ください。 学習アドバイスのpdfは、ポータルを確認ください。 以下の私の予想は15日まで休み?だったのですが、ハズレました。 SAPIXからのメッセージを一部抜粋。 対応が決まり次第、お知らせしてまいります。 休講となる授業については、ポイント解説の動画を配信する予定でおります。 動画の作成については現在調整中です。 詳細につきましては準備が整い次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。 教材を校舎まで取りに来ていただけましたら、一週間分の教材をお渡しできます。 取りに来なかったら郵送します。 動画の配信はいいのですが、今まで説明会の動画配信のシステム程度しか持っていなかったSAPIXがいきなり動画の配信を進められるとは思えないです。 今のSAPIXのポータルの増強だけで対応できることではありません。 どうするつもりなんだろうか。

次の

【中学受験】新型コロナ休日期間の過ごし方!

サピックス コロナ

今週も、コロナ禍で外出自粛が続く中、サピのテキストを消化させる日々でした。 ゴールデンウィークを控えた1週間のまとめです。 オンライン授業オリエンテーション サピックスも GW 明けから Zoom を使った双方向授業を行うことになり、校舎のブロック別での オリエンテーションが行われました。 6年生は、 平常授業の国語・社会・理科の三科目の補講という立ち位置でオンライン授業を実施予定とのこと。 あらかじめテキストを読んで理解しておいてくださいということでしたので、テキストの消化が間に合うかどうか不安もありますが、ボーイのいる 下位ブロックではみな多かれ少なかれ理解度は同レベルでしょうから逆に安心して参加できそうです。 算数の双方向授業がないのは残念なことでした。 算数は動画が充実しているのでそっちを何度も繰り返し見ていただきたいとのことでしたが、その動画がつまらなくて見ていられないから、算数こそレベル別に双方向でやって欲しかったんだけどな。 準備が大変なのか、それともサピックスの授業風景を盗まれたくなかったためかわかりませんが、そこはちょっとがっかりでした。 別途時間割がマイページに届き、国語は1時間半、理社は1時間で、ブロック別に時間割が組まれていることがわかりました。 Zoom は音声も動画もわりとクリアでしたし、他のお友達が映っていたり、先生とお話できたのが嬉しかったみたいで、ボーイは授業を楽しみにしてしています。 うちは今回は、栄光ゼミナール時代に用意した iPad mini と家庭のWifiで Zoom に入ってみました。 古い機種のためバーチャル背景などの機能はありませんが、サピの授業で使うのは 「手を挙げる」機能だけなので、今のところこれで十分そうです。 オリエンテーションではバーチャル背景を使っている子も見かけましたが、ガチャガチャと背景を切り替えたりするのが目につき、気が散りそうでした。 雑音や保護者の映り込みは厳しく指導されるそうなので、バーチャル背景を度々切り替えたりすることについても指導が入るかもしれないですね。 オリエンテーションでは黒板は使用しなかったのですが、もし授業だと黒板が読みづらいなどの問題があったら、私の iPad Pro を貸すかもしれません。 サピックスオープンを自宅受験 復習テスト、マンスリーテストに続き、先日キャンセルとなった サピックスオープンも、サピックス生のみの自宅受験となりました。 6年生初のサピックスオープンは、 A問題B問題でそれぞれテストが分かれていて、午前午後を使用する長丁場となる予定でした。 自宅で受験するにあたっては、テストを一気に全科目やらなくても良いと案内にはあったのですが、緊張感と雰囲気を出すために、参考として書いてあった時間割通りに9時に開始し、お昼休みを挟んで 14時半に終了するというスケジュールで決行しました。 B問題が午前中に設定されていたため、記述の苦手なボーイはしょっぱなからヘロヘロになっていました。 お昼休みには大好きなラーメンを作り、午後は A問題にとりかかると、「さっきまでの地獄からすると全然楽」なんて言い出しましたが、 算数は最後まで終わらなかった模様。 GS特訓 本来であれば、明日からはゴールデンウィークのGS特訓がある予定でした。 これまでお弁当がなかったサピックスの、 初のお弁当付き特別講座です。 残念ながら、GS特訓もコロナ禍でキャンセルとなりましたが、教材と学習ガイドをいただくことができたので、とりあえずその時間割に沿って、明日から 自宅GS特訓をする予定です。 ただ、サピックスオープン同様、ボーイにとってはかなりレベルが高そうなので、初日の様子によっては断念して平常授業の勉強に切り替えるかもしれません。 入試結果情報の更新 今週、サピックスマイページの入試結果情報に、2020年の情報が更新されました。 一方、小学校は・・・ ボーイの通う区立小学校からは、特に何の連絡もありません。 区の推奨する オンライン教材サイトのリンク集が公開されましたが、クオリティの微妙なプリントをチラ見してそっ閉じしました。 学習環境が整っている進学塾の子と違って、ボーイの住んでいる地区の公立の小学生は、自宅に wifi 環境がある家は半分もないと思います。 オンラインの教材を突然案内されても、プリント一枚印刷するにも、スマホでダウンロードしてコンビニ印刷するという手間とお金がかかります。 区からは、緊急事態宣言が解除されても数週間は 数日に一度の分割登校になる旨が連絡され、なんか 震災の時の輪番停電みたいだねぇと夫とのんびり話していましたが、そんなことをするくらいなら、 オンライン教材や塾で十分な学習ができている子は引き続き自宅待機とし、登校授業が必要な子のみを登校対象としてくれないかなと思ったり。 1年生と6年生を優先して登校させたいと言った動きもあるようですが、感染が収束しているわけではないので、もう少しの間、慎重に様子を見たいところです。 nyacha.

次の