ナス ターシャ 教授。 暁 〜小説投稿サイト〜: 戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~: 第24節「守りたい笑顔」

何故そこで愛ッ!?

ナス ターシャ 教授

画像は。 「天才 柳沢教授の生活 3巻 / /漫画文庫」 きのう。 のを読んでいたら、ふきだし内の文章に「、」も「。 」もないことに気づいた。 モーニングの他の漫画も確認してみたら、みんな「、。 」がない。 食器棚におさめたままの手持ちの漫画たちをみてみたところ、「、」も「。 」もない。 どういうことだろう。 食器棚から「天才 柳沢教授の生活 3巻 / /漫画文庫」と手にとり、かなりまえに読んで面白かったものを読んでみた。 やはりいい。 あらたに感じ入る。 以下、天才 柳沢教授の生活 の3巻より書き起こし。 表紙カの裏側に。 「Y大経済学部教授、柳沢良則(やなぎさわ よしのり)。 道路は右端を歩き、横断歩道以外で道を渡らない。 安くてうまい【の開き】のためなら、足を棒にしても歩き続ける。 本書は、を遵守し、の法則に忠実な学者の、克明で愉快な記録である。 」 教授の四女、世津子のボーイ・フレンドのヒロミツ君のいでたちが興味深い。 ヒロミツ君はハードロックかの音楽をしている。 世津子のスタイルは、流行にながされないシンプルでシックで、ちょっとだけ背伸びしている感じ。 第42話 教授の影 より。 (教授の四女、世津子とボーイフレンドのヒロミツ君が道を歩いている。 世津子はヒロミツ君より早く、父親である教授と同じ歩幅で「カツ カツ カツ 」と歩いていってしまう。 ) 「おい」「何?」 「俺たち デートに 来たんだよな」「そうよ どうして 」 「愛してるよなっ」「愛してるわよ どうして? 」 「お前は……」「お前は」 「このオレに抱かれるより 同じ歩幅で歩く方が 大事なのかよ」「それとも」「オヤジのまねっこして うれしーのかよっ」 「俺は 今まで お前と付き合う上での障害は お前の親父さんだと思ってきた」「お前には すっごいバリヤーが あるんだよ」「この俺が どんなに…… どんなに努力したって越えられない バリヤーが 」「それは…… それは……」「お前の中の 教授なんだよ 」 「じゃあ俺は……」「俺は お前の 何なんだよう 」 第43話 ヒロミツ 教授に直言す! より。 「私の研究室に 何か用かね?」 「この弁当は 私には多すぎるし だからといって 残すのはもったいない」「こうして 半分に割って 食べようではないか」「向かって左が私の分 右が君の分 これで平等だ 」 「教授が……」「教授が いくら 卵焼きをきちんと等分してくれたって…… 俺は…… 」「俺…… 自信ないです……」「彼女の中の お父さんは あまりに…… あまりに 大きくて……」 「教授は……」「彼女に どこまで 影響をあたえたら 気がすむんですかっ!?」「影響? 世津子にかね?」 「やはり 君は この卵焼きが 全てほしいのかね? 」 ヒロミツ君の世津子への想い。 教授を尊敬。 ヒロミツ君の純粋さ。 まっすぐさ。 そのあとの頁には、若かりし頃、教授と奥様の(お見合いの)結婚まえのデートのひとコマ。 あぁ、すてきなふたり。 おもいだした。 「俺と、どっちが大事なんや!?」「、……。 」 っ、にきまってるじゃないっ。 と胸の中で言いきった。 あのときのわたしはそう。 日に日に支柱を巻いてぐんぐん育っていくに夢中だった。 もしも「俺と音楽、どっちが(以下省略)」なら、たぶんきまってる。 つくった高野豆腐は翌日の夕方になったらいたんでいた(すみやかに処分。 雪平鍋とお箸をガス火にかけて殺菌・消毒)。 さっき。 高野とうふとしめじの煮物。 小さくリベンジ。 おいしくできたかな、どうかな。 の「テス」 貧しい家の長女として、美しく生まれたテス。 身の上につぎつぎと不運が。 テスを最後まで愛しつづけ、ただひたすらテスだけを愛し、世間の風から守ろうとした伯爵?は報われない。 「テス」より。 エンジェルは村娘たちから羨望の的、モテモテ、手の届かない存在。 その彼が、大勢のなかから一人だけ輝いているテスをみて、ずっと気になっている。 あるとき、エンジェルが森の中の小路を歩いてくる。 村娘たちが村のお祭りの帰り道。 村の娘たちが水たまりの前で(いっちょうらのドレスが汚れてしまうからと)、ためらっていると、エンジェルは自らのを水たまりの上に敷いて娘たちを渡らせる。 そして、ひとり残ったテスを、エンジェルは軽々と腕に抱きあげると、お姫様だっこして、自分のひざまで泥水に浸りながら、水たまりを渡った。 あぁでも。 エンジェルって馬鹿。 テスは猫のように気高く、純潔をつらぬく。 ラストシーンは何かの神話の絵画のよう。 フランス映画「恋の病」 これは、愛と死の物語。 わたしはこの映画でジュ・テーム Je t' という言葉を知った。 彼女とととの三角関係(男たちは、彼女に翻弄されているだけ?)。 ジュリエットの細い首と華奢で骨っぽい肩、ショートカット(少年のように短髪)がすてき。 ジュリエットは不治の病。 でオペラを鑑賞中に異変を感じ、「ごめんなさい、ちょっと気分がわるいの。 」と席をたつ。 劇場を出たところで(夜、つめたい雨のなか)『あ、……』と気を失い、まうしろにぱたり。 失神してしまう。 nastassja kinski.

次の

暁 〜小説投稿サイト〜: 戦姫絶唱シンフォギア~響き交わる伴装者~: 第24節「守りたい笑顔」

ナス ターシャ 教授

血にることを恐れないで (フゥ)…調と切歌を向かわせています。 的を履き違えない範囲でおやりなさい ナスターシャ教授とは、・に登場するの一人である。 : この概要は筋書きにはなかったはずです、説明してもらえますか。 たちのを支えている。 後、に関するは、一部にされているのだが、の持つ知識はそれをかに上回っている。 たちに向けるは温かくも、過酷な使命を達成するため、あえて厳しく接している。 は「s Seyna ya」。 高いのの知識と技術を持つ。 やはり、とはの身に過ぎた…… 異形の、、そしてについてはいろいろ思うところがあるようだが、あえて口に出したりはしていない。 心配してくれたのね、でも。 たちのことを見守りつつも厳しい態度で接している。 同じくたちには慕われてもいる。 あなたはの魂など宿してはいない。 ただのやさしいなのですから のを深く理解していたはたちに理を敷いた上でのによる人類救済計画の続行を困難と判断。 この時点では人類救済を一度断念しているのである。 と接触をなったのはが人類よりも、切歌、調の救済を優位にしたという裏返しでもある。 しかしは情であった。 の翻意は崩壊という形で幕を閉じる。 … あなたの歌にが共鳴しています。 これだけフォンが高まれば、の遺跡を稼働させるには十分です。 は私がをもって止めます もうなにもあなたを縛るものはありません。 いきなさい、。 いって私に…あなたの歌を聞かせなさい。 これがからへの最期の言葉である。 が…となった… 以上がにおけるナスターシャ教授の最期の言葉である。 その後、続編「」の1話序盤()ではに回収されるが、を回収したシャトルがによりの危険に陥る。 しかし、ら3人の出動により事なきを得て、事にはに帰ってくることになった。 が・・・。 達から「マム」と呼ばれているため、からの呼び名はそのまま「マム」。 余談ではあるがの称はである。 そのことからの登場人物である・ルン・ヴァレを連想した人も多い。 関連動画の準備は完了、サクリストSが到着しだい、始められる手はずです。 関連静画です。 米国政府に講和を持ちかけるため私が召集しました。

次の

何故そこで愛ッ!?

ナス ターシャ 教授

「数値は安定、年齢の割に大した体力です。 それとも、振り絞った気力でしょうか?」 ウェル博士に手による処置が終わり、ナスターシャ教授のバイタルがようやく安定する。 時刻は既に夕刻、エアキャリアは山奥に着陸し、その機体を隠していた。 「よかった……」 「本当によかったデスッ!」 喜ぶ調と切歌に、マリアとツェルトも安堵の息を漏らす。 四人の顔を見ながら、ナスターシャ教授は良心を苛まれていた。 私はこの優しい子達に、一体何をさせようとしていたのか……。 所詮、テロリストの真似事では、迫りくる災厄に対して何も抗えないことに、もっと早く気付くべきでした…… 「それでは、本題に入りましょう」 そう言ってウェル博士は、モニターに回収してきたそれを映し出す。 「これは、ネフィリムの……」 「苦労して持ち帰った覚醒心臓です。 必要量の聖遺物をエサと与える事で、本来の出力を発揮出来るようになりました。 「お忘れなのですか? フィーネであるあなたが、皆神山の発掘チームより強奪した神獣鏡の事ですよ」 「ッ……え、ええ、そうだったわね……」 「マリアはまだ記憶の再生が完了していないのです。 いずれにせよ聖遺物の扱いは当面、私の担当。 話はこちらにお願いします」 「これは失礼」 歯切れの悪い回答に、ナスターシャ教授がフォローを入れる。 ウェル博士は無駄に恭しく頭を下げ、ツェルトがそれを見て舌打ちした。 「話を戻すと、フロンティアの封印を解く神獣鏡と、起動させるためのネフィリムの心臓がようやくここに揃ったわけです」 「そして、フロンティアの封印されたポイントも、先だって確認済み……」 「そうですッ! 既にデタラメなパーティーの開催準備は整っているのですよッ! あとは、僕達の奏でる狂想曲にて全人類が踊り狂うだけ……ははははは……うわはははは……ッ!」 パチパチと拍手し、小躍りしながらウェル博士は興奮気味に笑った。 この言い草……やっぱりこいつ、世界とかどうでもいいんだろうな……。 自分が英雄になる、その事実だけがこのマッド野郎の欲するものだ。 用心しておかなきゃ、計画の土壇場でどんな裏切りを見せるか分かったもんじゃない……。 獅子身中の虫ってのは、まさにこいつの事を言うんだろうな ツェルトだけでなく、これにはマリアや調、切歌も苦い顔をするしかない。 誰がどう見ても気持ち悪いのだから。 「近く、計画を最終段階に進めましょう……。 ですが、今は少し休ませていただきますよ……」 「ふん……」 作戦会議の終了を言い渡し、ナスターシャ教授は会議室を後にする。 ツェルトは背中を向けるウェル博士を睨むように見ながら、釘をさすように言った。 「それから……忘れんなよドクター。 生弓矢は計画の後、セレナを蘇らせる為の物だ」 「ええ、勿論。 既にRN式用コンバーターへの組み込みは終わっています。 後は君次第ですよ」 「……ならいい。 来るべき日に備え、俺はこの腕を馴染ませておくだけだ」 それだけ言うと、ツェルトはシミュレータールームへと向かって行った。 「ケッ……」 ツェルトが出ていった直後、博士が舌打ちしていた事は、誰も気にも留めていない。 日が沈んでから降り始めた雨。 それに濡れた窓の外を見る博士の顔が、どんな表情をしていたのかも……この時は誰も知る由がなかった。 ff 「君には、知っておいてもらいたい事がある」 発令所にやって来たわたしの目に入ってきたのは、机に両手をついて俯くクリスと、悔し気に歯噛みしている純くん。 そして、モニターにでかでかと表示される、響と翔くんのレントゲン画像だった。 「これは……」 「胸に埋まった聖遺物の欠片が、翔と響くんの身体を蝕んでいる。 これ以上の進行は、二人を人でなくしてしまうだろう……」 「そんな……」 さっき緒川さんに聞いたところ、医療班の人達が頑張ってくれたおかげで、二人の胸から突き出していた結晶は全て取り除かれたらしい。 でも、これ以上二人の症状が進行すれば、それでは間に合わなくなるってことぐらいは、わたしにも想像がついた。 結晶が全身から突き出し、皮膚どころか臓器までを突き破ってしまう可能性が高い。 そうなったらもう、手の施しようがない事も気付いている。 これ以上は、二人が死んでしまう。 響と翔くんが本当に、わたしの手の届かないところに行っちゃう。 そう思うと、たまらなく怖くなった。 「今、了子くんが症状を抑える方法、及び治療法を模索してくれてはいるが……」 「くそったれが……ッ!」 「こんな事って……」 クリスが机を思いっきり蹴りつけているのに、今日の純くんはそれを止めない。 純くんにとっても、翔くんは大切な親友で、響はその恋人だ。 常に平静な純くんとはいえ、こればっかりは無理もないと思う。 でも、わたしは諦めたくなかった。 わたしが呼ばれた、という事は、わたしにしかできない事があるからだ。 君の傍で、穏やかな時間を過ごす事だけが、ガングニールの侵食を抑制できると考えている。 そして、それは響くんと深く繋がっている翔にも同じ事がいえる。 君が響くんを引き留める事が、翔を救う事にも繋がるんだ」 「わたしが……二人を……」 「うむ。 響くんを、そして翔を、守ってほしい……ッ!」 その言葉に、わたしは強く頷いた。 「わたしに、出来ることがあるのなら……。 わたしがそうすることで、二人の命を守れるのならッ!」 その頃、シミュレータールームでは……翼が一人、鍛錬に勤しんでいた。 「はぁ、はぁ……ッ! もっと……もっと強力な仮想敵をお願いしますッ!」 目の前で翔と響をネフィリムに晒し、戦場から引き離したくて言った言葉で響を傷つけ、そして今回、二人の危機に間に合わなかった。 その命を燃やして自分や響を守ってくれた、奏の最期を思い出しながら。 「足りない……。 都内のスーパー『STOREカワグチ』から、調と切歌は大量のレジ袋を抱えて出てきたところだった。 「楽しい楽しい買出しだって、こうも荷物が多いと面倒臭い労働デスよッ!」 「仕方ないよ。 過剰投与したLiNKERの副作用を抜けきるまでは、おさんどん担当だもの……」 「あ……持ってあげるデス。 調ってば、なんだか調子が悪そうデスし……」 調の顔色があまりよくない事に気づき、切歌は調に自分の手を差し出す。 「ありがとう。 でも平気だから……」 「むうう……じゃあ、少し休憩していくデスッ!」 そう言って切歌は調と二人、静かに休憩できる場所を探して歩き出した。 辿り着いたのは、解体途中の工事現場だった。 人もいないので、資材の上に座って菓子パンを空ける。 「嫌な事も沢山あるけれど、こんなに自由があるなんて……施設にいた頃には想像出来なかったデスよ」 「うん……そうだね」 クリーム入りメロンパンを齧りながら喋る切歌に対して、調は膝の上に乗せたビターチョココロネを空けもせず、ただ俯いている。 「フィーネの魂が宿る器として、施設に閉じ込められていたアタシたち……。 アタシたちの代わりにフィーネの魂を背負う事になったマリア……。 自分が、自分でなくなるなんて怖い事を、結果的にマリア一人に押し付けてしまったアタシたち……」 メロンパンを食べ終え、切歌は黙りこくったまま喋らない調の方を見る。 「はぁ……はぁ……」 「調ッ!ずっとそんな調子だったデスか?」 調は息が荒く、額には汗が浮かんでいる。 どう見ても正常な状態ではない。 体調がよろしくないのは明らかだ。 立ち眩みを起こした調は、すぐ傍に立てかけられていた足場用の鉄パイプを倒してしまった。 マリアはナスターシャ教授の車椅子を押し、近くにあった湖の湖畔まで来ていた。 晴れ渡る青空と温かな太陽、それを映す湖面はきらきらと輝き、昨日の雨で濡れた草花もまた、涼やかな秋風に揺れている。 彼女らが身を潜めるテロリストでなければ、絶好の散歩日和だと言えただろう。 「これまでの事で、よく分かった……。 私の覚悟の甘さ、決意の弱さを……。 その結末がもたらすものが、何なのかも……。 フィーネの魂など宿していない、ただの優しいマリアなのですから……」 既にナスターシャ教授は、その覚悟を決めていた。 「フィーネの魂はどの器にも宿らなかった……。 ただ、それだけのこと」 「ふ……」 やはり、そういう事でしたか…… だが、その言葉を陰で盗み聞きしていた者がいることに、二人は気付かない。 その男を最も警戒していた少年もまた、底を尽きかけている食料や日用品を調達するため、街に出払っている。 ウェル博士の邪なる野望が、フィーネの面々でさえ及ばぬ水面下で今、動き出そうとしていた……。 ff 「あれ……?」 落下する鉄パイプから調を庇い、目を瞑っていた切歌は、いつまで経っても訪れない痛みと衝撃を不審に思い、顔を上げる。 「な、なんデスかこの力……こんなの、まさか……」 反射的に空へと伸ばした手の先を見ると、そこには……半球状で紫色に発光する、亀甲模様のバリアが、切歌と調を囲むように展開されていた。 「何が……どうなってるデスか……?」 それが何かを理解した時、少女の心を恐怖が駆け巡った。 きりしらが買出ししてる頃、ツェルトは……。 八百屋のおじさん「おっ、ツェルトくんじゃないか」 ツェルト「ご無沙汰してます。 今日もいつもの、貰えます?」 八百屋のおじさん「ああ! ほれ、全部持ってってくれ!」 ツェルト「ありがとうございます!」 肉屋のおばちゃん「あら~、ツェルくんじゃな~い」 ツェルト「マダム、本日もお美しいですね」 肉屋のおばちゃん「んも~、お上手なんだから~。 はい、切り落とした部位ね~」 ツェルト「ありがとうございます……って一キロも!? いいんですかこんなに!?」 肉屋のおばちゃん「いいのいいの~。 捨てるのも勿体ないし、うちで食べるよりは困ってる子にあげちゃう方が、お肉も喜ぶわ~」 ツェルト「では、遠慮なく!」 パン屋のお姉さん「ほら、パンの耳詰めといたから!」 魚屋のお兄さん「昨日売れ残っちまった鮭の切り身、盛って行っちまいなァ!」 青果店のおばあさん「形が悪くて並べられなかったりんごも、持っていきなさい」 ツェルト「ありがとうございます! これだけあれば、家族全員を食べさせていけます!」 商店街へのコネ:アイドルとしての活動が出来なくなった後、来る食糧難に備えてツェルトは商店街にコネを作っていた。 短い時間だが、仕事を手伝われたお年寄りや、彼らから話を聞いた周辺店舗の人々は、「家族に食わせるために商品にならなかった食材を貰っていく健気な若者」への恵みを惜しまない。 商店街というコミュニティを利用したツェルトの地道な働きが、フィーネの台所事情を支えていることは、あまり知られていないのだ。 ちなみに、大鍋一杯のシチューにパンの耳を浸して食べる。 これがツェルト一番の得意料理である。 原作よりは多少マシになっているであろう、F. 組の食事事情。 次回はいよいよスカイタワーか……。 それでは次回もお楽しみに!.

次の