今日のニュース検定の答え。 想定問答その8|歌舞伎美人

ことば検定・お天気検定・ニュース検定|グッド!モーニング|テレビ朝日

今日のニュース検定の答え

あの曲を聴くと、「ふだんはウイスキーを飲まないけど、たまには飲んでみようかな」という気にさせられてしまうという人も多いのではないでしょうか。 今回、ご紹介するのは「ウイスキー検定」。 国内外のウイスキーの種類、歴史、製法、飲み方などの知識が学べる検定です。 それでは例題を見てみましょう。 〈問1〉アメリカのケンタッキー州で作られ、トウモロコシを主原料にしているウイスキーは【1】バーボン・ウイスキー、【2】ホイート・ウイスキー、【3】コーン・ウイスキー、【4】スコッチ・ウイスキーのうちどれ? 〈問2〉ウイスキーと常温の水(氷なし)の比率を1対1で割る飲み方のことを【1】ハーフ・アンド・ハーフ、【2】ハーフ・ロック、【3】フロート、【4】トワイス・アップのうち何という? 実際の問題は、選択式や記述式で出題されます。 例題の答えは〈問1〉が【1】、〈問2〉が【4】となっています。 検定のランクは3級から1級、シングルモルト(SM)級などがあり、第11回となる今年の試験は3級と2級のみ「在宅試験」で行われるようです。 私はなんとか2級に合格できましたが、試験の難易度はかなり高めです。 一応公式テキストはありますが、ウイスキーと一口にいってもイギリス、アメリカ、カナダなど国によってさまざまな種類があり、さらにイギリスのアイラ地域、ローランド地域など細かく区分けされた産地や蒸留所の名前を覚えなければなりません。 とはいえ、難しいからこそ、ウイスキーの雑学をしっかりとモノにできるという考え方もできます。 例えば、これは以前テレビに出演した時にも披露した雑学ネタですが、バーボン・ウイスキーの中には「メーカーズマーク」という銘柄があり、このお酒の代名詞とも言えるのが、ボトルトップ部分の赤い蝋封。 実はこれ、職人さんが全て手作業で行っているため、一つ一つ形が違うんです。 読者の中には、「いやいや、そこまで大変な思いをしてまでウイスキーに詳しくなるメリットってあるの?」と思う人もいるでしょうが、ウイスキーの知識はビジネスにも役立ちます。 ウイスキー市場は過去5年間で1. 5倍に急成長しています(2019年末時点)。 このコロナ禍が落ち着いたら、ウイスキーを売りにしたバーや酒店を開業するのもありかもしれませんね。 また、意外に知られていませんが、日本のウイスキーは世界でも人気。 世界5大ウイスキーと呼ばれる中には、スコッチ・ウイスキー、アイリッシュ・ウイスキー、アメリカン(バーボン)・ウイスキー、カナディアン・ウイスキーと並んで、ジャパニーズ・ウイスキーも含まれています。 日本のウイスキーは国内外問わずに勝負できる最強の商材というわけです。 儲かる指数:61 鈴木秀明(すずきひであき)/81年生まれ。 東京大学理学部、東京大学公共政策大学院を経て資格アドバイザーに。 取得資格数は約700.

次の

【 ニュース時事能力検定・準2級】試験対策をしなくても合格できる?

今日のニュース検定の答え

「新聞はどんどん破いていい」と話す池上さん=東京都千代田区で、内藤絵美撮影 新聞やテレビのニュースを読み解き、活用する力を養う「ニュース時事能力検定試験」は、4月から13年目に入ります。 これまで毎日新聞社や全国の地方新聞社などが主催してきましたが、2019年度から朝日新聞社が新たに加わり、より広がりを持った検定になります。 なぜ、時事問題を読み解くことが大事なのか。 新聞やニュースに接すると生活の中でどのように役立つのか。 テレビでもおなじみのジャーナリスト、池上彰さんにお話しいただきました。 【聞き手・毎日教育総合研究所代表取締役、小島明日奈】 今、新聞を読んでニュースに関心を持つことが、なぜ必要か。 それは私たちの暮らしが世界の状況に大きく影響されているからです。 例えば、米国のトランプ大統領が何かを発言すれば、そのひと言で世の中が動く。 米国と中国の貿易摩擦にしても、この2国に限らず影響は日本にも及び、私たちの生活にも関わることなんです。 最近は厚生労働省の毎月勤労統計が問題になっていますね。 この統計を基にして、雇用保険や労災保険の金額も決まりますが、データが間違っていたので、その金額が少なくなっていました。 本来、もらえるものをもらえない人がたくさん出てきてしまった。 これらも新聞を読むと、きちんと書いてある。 国の統計処理だけの問題ではなく、私たちの暮らしに直接関わる出来事だということがよく分かります。

次の

最新ニュース・検定情報: 更新通知 [最新ニュース・検定情報]

今日のニュース検定の答え

きょうのキーワード「ペストの正体」。 問題「ペストの正体を暴いたのは?」。 正解「北里柴三郎」。 1894年~ペストは中国南部から香港に広がった。 横浜や神戸の港から日本に上陸するのは確実。 明治政府は北里柴三郎を香港に派遣。 当時の香港は死者が急増しパニック状態。 北里柴三郎はペスト患者の臓器の変化を他の伝染病と比較するため、ペストで死亡した遺体の解剖に取りかかる。 血液に関わる伝染病と同じような変化が見られた。 ペスト患者の血液の中に特徴的な細菌を発見。 それがペスト菌。 わずか香港到着の2日後の1894年6月14日だった。 ペスト菌は一般的な消毒法で簡単に死滅することもわかった。 ネズミの血液からペスト菌が発見され、ネズミが伝染に関わっている可能性がわかった。 香港政庁はネズミを駆除し患者が一気に減少した。 写真提供:ゲッティ、北里研究所、CDC。

次の