葵そら。 DJ NONの本名や年齢・経歴と年収は?蒼井そらとの出会いはどこ?

半生が小説に、蒼井そら「AVの世界だけで終わってしまうのが嫌だった」

葵そら

蒼井そらの半生を、作家・藤原亜姫がストーリー化した小説『夜が明けたら 蒼井そら』(主婦の友社)が6月19日(金)に紙版と電子版で発売された。 2002年6月にグラビアデビューした蒼井そら。 日本を代表する国民的セクシータレントとして、グラビア、バラエティ、アダルトビデオ、Vシネマなどで幅広く活躍。 2018年1月に結婚し現在は双子の母だ。 中国でもタレントとして活動し、中国版Twitter・Weiboではフォロワー数1900万人を超える。 今回、小説化のために約5カ月間にわたってインタビューを受けたという蒼井そらに、小説と自身の半生を改めて振り返ってもらった。 でも担当編集の方から、「この小説を通して女性へのメッセージを届けたい」と熱く語っていただいて、私自身がやりたいことと共通していたのでお受けしました。 けっこう私って大変な人生だったんだなと感じました。 蒼井 ここまでディティールを振り返ることがなかったので楽しかったです。 実際もそうだったのでしょうか? 蒼井 やると決めたからには、絶対にやり通さなきゃという気持ちで事務所に入ったので、後悔してはいけないという覚悟があったんです。 振り返らずに前を向いて、「やってやろう!」という強い気持ちでした。 蒼井 周りに支えてくれる人がいたことですね。 友達もそうですし、業界のことを分かっているマネージャーさんと腹を割って話すことができたのも大きかったです。 蒼井 そうですね。 今考えると怖いですけどね(笑)。 騙されやすい性格だったらヤバかったなと思います。 でも最初から親身になって相談に乗っていただきましたし、悩んだときも話を聞いてもらっていました。 逆に中途半端に辞めたら、過去のことになって、AVの世界だけで終わってしまうのが嫌だったんです。 もともと、AV女優にどんなイメージを持っていましたか? 蒼井 人前でセックスを晒すことに良いイメージを持っていなかったので、デビューする前に思い描いていたAV女優像はすごく悪かったんです。 ただ、それって世間一般が思っているイメージと同じだなと思ったんですよ。 自分自身がAV女優に後ろ指を指しているのかもしれないし、職業として否定しているのかもしれない。 世間からマイナスなイメージで見られるのは仕方がないけど、だからこそ上を目指して、真っ当に仕事を続けることを大切にしていました。 蒼井 絶対に否定的なことを言われると思っていたから、それに負けないようにしなきゃと。 そこで気持ちが負けては続けられないと思っていたので、何か言ってきた人がいたら「負かすぞ!」ぐらいの気持ちでやっていました。 蒼井 やっぱり周りに支えてくれる人がいたからですね。 たとえばメイクさんだったり、カメラマンさんだったり、監督さんだったり、アダルトの仕事に携わる人たちが悪いのかというとそうではないし。 そういう人たちが私を守ってくれるんだというのを肌で感じていたので、その人たちのためにも自分が強くいなきゃ! という気持ちを持っていました。 これは実際にあったことなのでしょうか?そして世間のAVに対するイメージで苦労したこと、また、それについて思うことがあれば教えてください。 蒼井 脚色もありますが、テレビはスポンサーさんあってのテレビだし、商品のイメージが下がるものはダメだよねって今振り返ったら分かりますけど、当時はショックでした。 降板させられたときは、「絶対にメジャーになって後悔させてやる」みたいなことを考えていましたし、それが力にもなりました。 そのためには、もっと有名にならなきゃと思いました。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

DJ NONのプロフィールや年収!性格で蒼井そらが結婚相手に選ぶのも納得

葵そら

5 cm 日本のセクシー女優として活躍し、男性から圧倒的な人気を誇る蒼井そらさんですが、小さいころの夢は保育士になる事で高校卒業後は保育士の短大に通い保育士の資格も取得しています。 デビューは2002年6月14日に「Bejean」誌でのグラビアデビュー、同年7月に「Happy Go Lucky! 」でデビューし、 ロリータフェイスでありながら90cmのバストを持つということもあり大ブレイクを果たし、Bejean2004年2月号では2003年の成人向けビデオ総括大賞に選ばれています。 2004年にはエスワン発足に伴いセルデビューし、2005年末に開催されたMOODYZ年末大感謝祭で、エスワンの最優秀女優賞を受賞など高い人気を誇り、テレビやラジオなどへと活躍の場を広げ、2003年にはテレビドラマ「特命係長 只野仁」にゲスト出演、2005年10月には「嬢王」でメインキャストの一人を演じ、連続テレビドラマにも本格進出し女優としての活動も本格的に始めます。 更に数多くのバラエティ番組にも出演し、セクシー女優にも関わらず一般タレントにも匹敵する知名度を獲得し、 2005年のインターネット検索ランキングでは女性部門第2位となりました。 蒼井そらは中国でも大人気 出典: 蒼井そらさんの成人向けビデオは中国でも人気があり、2011年1月20日には、蒼井そら中国語デビューシングル「毛衣」を、音楽配信限定でリリースし、2008年には韓国ドラマにも進出しています。 中国の男性ユーザー達は、 蒼井そらさんを「膜拝(女神様)」「性の師匠・蒼井空老師(蒼井そら先生)」と呼ぶ程の人気で、2013年5月19日に寧波で行われたインターネットオークションでは蒼井そらさんの書いた中国語簡体字の「好玩的凤凰山游乐园」(日本語で「楽しい風凰山遊園地」)という書が日本円にして 約1000万円もの値段で落札されています。 蒼井そらは中国では一二を争う知名度を持つ日本人である。 2010年代に入ってから中国で人気に火がつき、 日本国内以上のVIPクラスの芸能人として知られるようになった。 引用: 更に2011年11月3日には北京で開かれた国際K-1連盟発足の発表会で、歌手の宋祖英さん、女優のカリーナ・ラウさん、文化人の楊瀾さんら中国の著名人と共演も果たしています。 蒼井そらの元彼氏はハチミツ次郎 出典: 今回結婚を発表した蒼井そらさんですが、 蒼井そらさんの元彼氏と言えば東京ダイナマイトのハチミツ二郎さんが有名ですよね。 しかしこの二人は2009年には破局を迎えてしまっています。 破局の原因や破局後について二人はこの様にコメントしています。 「彼女には許せないことがありオレには譲れないものがある。 たくさんたくさんありがとう。 さよなら。 オレよりしあわせになってくれ!」と激白。 蒼井も「関係に終止符を打ちました。 何も揉めてません。 テンションも下がってません」 引用: このコメントから二人がとても真剣に付き合っていたことがわかります。 ハチミツ次郎さんとの付き合いは有名で、結婚もするのではないか?と言われていた程ですが、最終的な結婚相手はハチミツ次郎さんにはならなかったみたいですね。 DJ NONさん 本名:不明 年齢:不明 誕生日:1月26日 職業:DJ、ライブサポート 結婚に関してや旦那のDJ NONさんに関して蒼井そらさんはこの様に語っています。 「 彼はイケメンでもないし、お金も持っていないけどアダルトをやっていたという事実や、その他全てのことに対する私の不安を一気になくしてくれる人でした」とお相手を紹介。 「アダルトをやっていたことに後悔はないですが世間の目に対する、後ろめたさがないわけでもない。 家族になるということは、そういう過去やこれからの未来で、全ての受け入れが必要だと思っています。 だから、 私を貰ってくれるなんて本当すげー奴だなって思います」 引用: このコメントを見る限り、蒼井そらさんはDJ NONさんの見た目などではなく性格に惹かれたという部分がわかりますね。 実際に結婚する前の蒼井そらさんも自身の結婚観に関しては内面重視だということも語っていました。 結婚するならば 相手の収入は「月30万くらい」で「毎年海外旅行に行ければ」よく、「お金持ってる人って、時間作ってくれないからタイプじゃない」そうだ。 ルックスについては「外見はあまり気にしないよね。 タイプはあるけど、 結局付き合う人って顔で選んでない」という。 一方でイケメンでも「性格悪いとか論外」と内面重視らしい。 引用: ここまでハッキリと言っているのですから、そうとう性格の良い人なんでしょうね。 そんなDJ NONさんの情報に関しては画像は出回っているものの、細かい情報などに関してはあまり出回っていません。 名前の通りDJとして活動しているのはもちろんですが、プログラミングなどもするマニピュレーターという仕事もされているそうです。 今のところ所属事務所などもわかっておらず、細かい詳細に関しては不明です。 蒼井そら結婚でのネット上の反応・中国での反応 この蒼井そらさんの結婚に関してはやはりネット上でも話題になり、人気のある中国でもかなりネット上を騒然とさせました。 中国のネット上では「昔の彼女が結婚したことを聞いたような気持ち」「 夫は日本人か中国人かどっちだ?」と書込みが盛り上がり、祝福の言葉があふれかえった。 引用: 今年のお正月、結婚を発表した蒼井そらさまに中国中がフィーバー。 彼女のweiboの閲覧数は2億5000万ビューを超え、80万件以上のいいね。 僕たちはあなたの映画を見ながら成長した、いつでもあなたを応援しています、の熱烈ラブコールの数々。 これをBBCが世界に発信。 蒼井そら、2018年12月に妊娠5ヶ月を公表 元セクシー女優で中国で絶大な人気を誇るタレント・蒼井そらさんですが、2018年12月11日にブログで妊娠5ヶ月であることを公表しました。 そしてご報告です。 イベントで発表させてもらいましたが この度、新しい命を授かりました。 今、妊娠5ヶ月になり やっと安定期に入りました。 つわり相当辛かったです。 2ヶ月間毎日白目むいてました。 初めての妊娠で不安だらけですが 来年の5月には母になる予定です。 これからもよろしくお願いします。 引用: 一部では蒼井そらさんが子供を産むことに批判の声もあるようですが、ご両親も旦那さんもとても喜んでいるそうです。 蒼井そら、2019年5月1日に双子の子供(男児)を出産 蒼井そらさんが、令和元年の5月1日、双子の男児を出産しました。 AbemaTVで放送中の密着番組『蒼井そら出産当日アジア同時生中継』で本人が報告しました。 女優の蒼井そら(35)が、令和元年の5月1日、双子の男児を出産した。 密着番組のカメラに向かって、蒼井は「無事に出産を終えて、病室に帰ってきました。 双子はまだ新生児室にも入ってないかな、という感じです」と報告。 「まだ麻酔が効いてて少し苦しい感じですが、無事に産めた安心感でいます。 早くここに来てもう1回会えることを楽しみにしています」と語り、「頑張りました~」とカメラに笑顔を見せた。 引用: 今日は予定通り、 帝王切開での出産です。 生放送だけど、私の出演は旦那が撮る映像をスタジオに送るのみ 笑 出産緊張してきた。 もう手術着に気がえました。 よく他人の子供の幸不幸決めつけれるよな。 お相手は、DJ NONさん。 ・蒼井そらは過去にお笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ次郎と交際していた。 ・蒼井そらは、中国で大人 気で日本国内以上のVIPクラスの芸能人として扱われている。 男性としてはかなり驚きの蒼井そらさんの結婚発表でしたが、セクシー女優という仕事をしていた女性が、幸せをしっかりと掴んでくれたということに、ファンも祝福の気持ちでいっぱいでしょう。 奥さんとしての蒼井そらさん、そしていつか来るママとしての蒼井そらさんの活動など、この先の蒼井そらさんの活動もかなり気になりますね。 ご結婚おめでとうございます!.

次の

【衝撃】蒼井そらが結婚!!相手の旦那すげー奴wwwww(画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

葵そら

蒼井そらの半生を、作家・藤原亜姫がストーリー化した小説『夜が明けたら 蒼井そら』(主婦の友社)が6月19日(金)に紙版と電子版で発売された。 2002年6月にグラビアデビューした蒼井そら。 日本を代表する国民的セクシータレントとして、グラビア、バラエティ、アダルトビデオ、Vシネマなどで幅広く活躍。 2018年1月に結婚し現在は双子の母だ。 中国でもタレントとして活動し、中国版Twitter・Weiboではフォロワー数1900万人を超える。 今回、小説化のために約5カ月間にわたってインタビューを受けたという蒼井そらに、小説と自身の半生を改めて振り返ってもらった。 でも担当編集の方から、「この小説を通して女性へのメッセージを届けたい」と熱く語っていただいて、私自身がやりたいことと共通していたのでお受けしました。 けっこう私って大変な人生だったんだなと感じました。 蒼井 ここまでディティールを振り返ることがなかったので楽しかったです。 実際もそうだったのでしょうか? 蒼井 やると決めたからには、絶対にやり通さなきゃという気持ちで事務所に入ったので、後悔してはいけないという覚悟があったんです。 振り返らずに前を向いて、「やってやろう!」という強い気持ちでした。 蒼井 周りに支えてくれる人がいたことですね。 友達もそうですし、業界のことを分かっているマネージャーさんと腹を割って話すことができたのも大きかったです。 蒼井 そうですね。 今考えると怖いですけどね(笑)。 騙されやすい性格だったらヤバかったなと思います。 でも最初から親身になって相談に乗っていただきましたし、悩んだときも話を聞いてもらっていました。 逆に中途半端に辞めたら、過去のことになって、AVの世界だけで終わってしまうのが嫌だったんです。 もともと、AV女優にどんなイメージを持っていましたか? 蒼井 人前でセックスを晒すことに良いイメージを持っていなかったので、デビューする前に思い描いていたAV女優像はすごく悪かったんです。 ただ、それって世間一般が思っているイメージと同じだなと思ったんですよ。 自分自身がAV女優に後ろ指を指しているのかもしれないし、職業として否定しているのかもしれない。 世間からマイナスなイメージで見られるのは仕方がないけど、だからこそ上を目指して、真っ当に仕事を続けることを大切にしていました。 蒼井 絶対に否定的なことを言われると思っていたから、それに負けないようにしなきゃと。 そこで気持ちが負けては続けられないと思っていたので、何か言ってきた人がいたら「負かすぞ!」ぐらいの気持ちでやっていました。 蒼井 やっぱり周りに支えてくれる人がいたからですね。 たとえばメイクさんだったり、カメラマンさんだったり、監督さんだったり、アダルトの仕事に携わる人たちが悪いのかというとそうではないし。 そういう人たちが私を守ってくれるんだというのを肌で感じていたので、その人たちのためにも自分が強くいなきゃ! という気持ちを持っていました。 これは実際にあったことなのでしょうか?そして世間のAVに対するイメージで苦労したこと、また、それについて思うことがあれば教えてください。 蒼井 脚色もありますが、テレビはスポンサーさんあってのテレビだし、商品のイメージが下がるものはダメだよねって今振り返ったら分かりますけど、当時はショックでした。 降板させられたときは、「絶対にメジャーになって後悔させてやる」みたいなことを考えていましたし、それが力にもなりました。 そのためには、もっと有名にならなきゃと思いました。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の