年金 アドバイザー 3 級 問題。 年金アドバイザー4級・3級・2級検定試験の問題内容や合格率と難易度

年金アドバイザー3級を独学で学習。社労士試験問題との違いは?

年金 アドバイザー 3 級 問題

年金アドバイザー3級の難易度は? 年金に関する基礎的な問題が出題されます。 (参考)年金アドバイザー3級の資格偏差値 偏差値:37 難易度:超簡単 出典: 法務3級と同じレベルに設定しています。 年金アドバイザー3級の合格率は? 35. 94%(直近5回分の平均値) 試験実施回 合格率 受験者数 合格者数 第144回 2019年10月 39. 33% 8,298名 3,181名 第138回 2017年10月 34. 合格率が意外と低いじゃないか!?簡単じゃないのか!?と一瞬思いがちですが、この資格は、銀行業務検定試験の主要3科目(法務・財務・税務)の次ぐらいに受験者が多い科目になっています。 なので、それだけ強制的に受験させられているやる気がなく勉強もしていない受験生が混ざっているということが推測できます。 つまり、 しっかりと勉強し、試験対策を行っていれば、見た目の合格率よりもはるかに簡単に合格できる試験なのです。 年金アドバイザー3級の勉強時間は? 2週間~1ヵ月 程度で確実に合格できます。 次で紹介する過去問題集を中心に勉強し、 40時間~60時間もやれば十分です。 年金アドバイザー3級のおすすめの参考書は? 年金アドバイザー3級の資格対策勉強にかかるテキスト(参考書・問題集)は、公式テキストをおすすめします。 銀行業務検定試験公式テキスト 年金アドバイザー3級.

次の

【2020年10月】年金アドバイザー3級の難易度・勉強時間・テキスト

年金 アドバイザー 3 級 問題

成績結果 成績の詳細• 基本知識• 平均34. 47点• 技能・応用• 平均17. 69点• 平均52. 16点• 合格者数• 合格率39. 不正解した問題を振り返ります。 〔問-7〕国民年金の第1号被保険者に対する保険料免除制度について、誤っているものは次のうちどれですか。 私の選んだ回答 5 産前産後免除期間は、単胎妊娠の場合、出産予定日または出産日の属する月の前月から4ヵ月間である。 …これは正しかった• 正解 2 過去10年まで遡って保険料免除の申請をすることができる。 …これが誤っていた 国民年金保険料の免除申請ができるのは、 申請時点から2年1ヵ月前までの期間の保険料です。 2 が間違っていることになります。 免除された保険料は10年前に遡って追納できるので、それと読み間違って 2 を正しいと判断してしまいました。 誤っているとはっきりわかる項目がなかったので、あてずっぽうで 5 を選んでしまいました。 〔問-12〕 厚生年金保険および国民年金の受給権について、誤っているものは次のうちどれですか。 私の選んだ回答 5 社会保険審査官に対する審査請求は、厚生労働大臣による年金給付等の処分を知った日の翌日から原則として 3ヶ月以内に行わなければならない。 …これは正しかった• 正解 4 死亡した年金受給者の子であれば、その者と 生計同一でなくても自己の名で未支給年金を受給できる。 …これが誤っていた 未支給年金は、年金を受けていた人が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他の3親等内の親族が受け取ることができます。 4 の「3ヶ月以内に」と、 5 の「生計同一でなくても」のどちらかが誤っていると考えました。 迷った末、未支給年金は生計同一でなくても受け取れるのではないかと思い 5 の方をマークしてしまいました。 〔問-29〕 個人型確定拠出年金制度について、誤っているものは次のうちどれですか。 個人型確定拠出年金については正確な知識がなく、次の3つのどれかで迷いました。 1 国民年金の第3号被保険者の掛金の拠出限度額は、 年額144,000円である。 3 運営管理機関が提示する運用商品には、リスク・リターン特性の異なる 3つ以上の運用商品を選定することが義務付けられている。 5 60歳から老齢給付金を受給するには 、10年以上の通算加入者等期間が必要である。 正解(誤っているもの)は 1 でした。 私は 5 をマークして間違えました。 1 第3号被保険者の掛金の拠出限度額は年額276,000円で、ここが誤っていました。 3 はこの通りでした。 提供する運用商品は3以上35以下の範囲内で選定・提示する、 元本確保型の提供義務はない、などの改定が行われています。 5 もこの通りでした。 61歳から受給するためには8年以上、62歳から受給するには6年以上、などの規定があります。 今年2019年は「老後2000万円不足問題」が大きく取り上げられ、確定拠出年金などの私的年金が注目されています。 今後も確定拠出年金についての出題が続くのではないかと思います。 〔問-37〕 在職老齢年金の問題 この問題については以下のページで詳しく記事にしています。 在職老齢年金の総報酬月額相当額を計算する際、受け取った賞与の額が1ヶ月につき150万円を超える場合は、標準賞与額を150万円として計算することを押さえていませんでした。 まとめ 問-7、問-12は答えられたかなと思い少し残念です。 問-29、問-37は押さえきれていなかった内容なので仕方なかったと思います。 7月下旬から3ヶ月間勉強した結果に満足しています。

次の

【2020年4月】年金アドバイザー3級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】

年金 アドバイザー 3 級 問題

これから高齢化が叫ばれている現代で、年金アドバイザーの受容性も高まっていています。 その中でこれから年金アドバイザー資格の取得を目指してみようと思っている人も少なくないはずです。 そこで、年金アドバイザーを取得するのにかかる勉強時間などを調べてみました。 年金アドバイザー資格は2級~4級まである 年金アドバイザーとは、主に金融機関等で、年金・公的年金に関する顧客相談や、内部研修・指導をする際に必要とされる、知識や実践的応用力を認定する資格となります。 年金アドバイザーには2級~4級の資格があり、それぞれ試験に合格する事で取得することができます。 資格を取得する為の勉強時間は約1か月 年金アドバイザーの資格を取得するのにかかる時間は凡そ1ヶ月と言われます。 仕事をしている皆さんでも、最低1日に2~3時間は勉強時間に割く事が必要です。 短い時間で資格を取得したいと考えているなら、出題頻度の高い項目をいかに勉強するかという所が合格の瀬戸際になってくるようです。 年金アドバイザー試験の難易度とは? 階級ごとの難易度は以下の通りですが、一般的にはみなさん3級から取得を目指します。 3級は割と合格しやすい傾向にあるようです。 年金アドバイザーの2級は勉強する範囲が広くなるので、時間がかかってもいいのであれば、独学でも取得を目指せます。 年金アドバイザー4級:初級レベル 基本的な年金知識が問われます。 具体的には、公的年金制度の9割を占める国民年金や厚生年金保険を中心とした問題が対象となります。 年金の勉強は全くの初めてだけれども年金アドバイザーに興味があるという人は、まずは4級で年金の基礎を学ぶというのもおすすめです。 年金アドバイザー3級:中級レベル 3級では年金の基本的な知識について、より幅広く正確な理解が求められます。 そのレベルは、顧客から一般的な年金相談受けた時に、指導や助言ができるレベルの理解度です。 その為、年金制度や支給要件だけでなく、簡単な計算問題、受給手続きなどに関する知識も勿論必要になってきます。 年金アドバイザーを取得したい人は、この3級から挑戦することが多いので、一般的な年金の知識がもうあるという人は3級から受けるのがおすすめです。 年金アドバイザー2級:上級レベル 2級は公的年金制度の仕組みや保険給付に関する幅広い年金知識だけでなく、定年延長や顧客の意識変化などの経済・社会情勢全般の実務的な知識も求められます。 顧客からの年金相談だけでなく、リーダーとして内部の年金アドバイザーに教育や研修を行うレベルです。 場合によっては講師を任されるレベルでもあるので、かなり高度な能力が必要となります。 試験では完全記述式の具体的な計算問題が出るので、誤魔化しは効きません。 この計算問題は年金相談の実務経験者や社労士有資格者であっても油断大敵といわれるので注意が必要です。 年金アドバイザーの勉強方法とは? では、年金アドバイザーの効果的な勉強法とはどのようなものなのでしょうか?いくつか注意するポイントがあります。 また、年金アドバイザーの資格取得は3級からのようなので3級の勉強方法を主に見ていきます。 年金アドバイザー3級は、50問中30問ある前半の基本問題さえできれば合格できます。 その為、基本事項さえ徹底的に理解すれば試験は合格できるのです。 社労士受験生など、元々年金の基本知識がしっかりある人であれば、過去問を1~3回問いて出題傾向を掴めば合格レベルに達することができるでしょう。 年金アドバイザー3級の試験はとにかく過去問からの出題が多いです。 また、「わが国の最近の人口動向等」など、一般関連知識についても、最新の数字を厚生労働白書のホームページなどで確認しておく事も忘れないようにしましょう。 年金アドバイザー2級の勉強法:基本知識+計算問題の慣れ 年金アドバイザー2級でネックになるのが、完全記述式の具体的な計算問題です。 計算問題は頭で理解しているからといって解けるとは限りません。 実際に過去問などで演習う問題に取り組み、慣れることが必要です。 記述式問題には、「障害厚生年金の保険料納付要件を書き出せ」というようなものも、多いので自分の手で書きだして慣れておく事が重要となります。 年金アドバイザーの問題集を解く時のポイント 続いては年金アドバイザーの問題集を解く時のポイントについて見ていきましょう。 ただ漫然と問題集を解くだけでは、時間も無駄に使いますし、非効率です。 年金アドバイザーの問題集を解く際の効率的な勉強方法のポイントを是非参考にしましょう。 1つのテーマに絞って解き方を覚えてから次に進む 過去問集を使って問題を解く練習をする場合は、1つのテーマに絞って取り組んでいき、そのテーマの解き方を覚えてから、次のテーマに進んでいくという勉強の仕方がおすすめです。 「老齢基礎年金」や「障害基礎年金」、「遺族厚生年金」など、過去問を見るとテーマごとに10問が並んでいます。 このやり方をした方が理解度も深まり、効率的に勉強する事ができます。 過去問や時事問は直前期に一気にやる 過去問対策や時事問対策は、あまり間を空けると細かい論点などを忘れてしまう恐れがあります。 その為、問題演習をする際は直前期に一気に取り組んだ方が効果的です。 また、ケアレスミスがあると、連鎖的に失点することもある出題形式なので、問題を解く際は普段からケアレスミスに気を付けるようにすると良いでしょう。 年金アドバイザー資格は過去問を使ってテーマごとに勉強しよう! 年金アドバイザー3級の対策は、とにかく基本事項の徹底理解に努め、年金法の基本知識が身についたら、次は過去問対策をしましょう。 年金アドバイザー2級で大切なことは、年金法の基本知識+慣れです。 過去問などの問題演習を通して、計算問題に慣れることが必要だということです。 年金アドバイザーに関しては、以上のことを参考にして、今後のキャリアアップに是非役立ててください。

次の