韓国 崩壊 事故。 韓国崩壊

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 崩壊 事故

【閲覧注意】韓国のバイク事故タップリまとめNO. 1 車対バイク編 【ドライブレコーダー衝撃映像】 【閲覧注意】韓国のバイク事故タップリまとめNO. 2 車対バイク編 【ドライブレコーダー衝撃映像】 【閲覧注意】韓国のバイク事故タップリまとめNO. 3 自爆事故&車対バイク編 【ドライブレコーダー衝撃映像】 【閲覧注意】韓国の交通事故タップリまとめNO. 1 【ドライブレコーダー衝撃映像】 【閲覧注意】韓国の交通事故タップリまとめNO. ご覧になる際は、くれぐれもご注意下さい。 事故は、避けられない事故もありますが、事故原因の大部分は、 自分勝手な自己中心的な運転や行動で事故を引き起こしたり、 他人を巻き込んだりしてしまうものだと考え、チャンネル名も 「自己中心的」と事故を掛けあわせた名前にしました。 動画を視聴する際は、ご自身が、事故の当事者になったつもりで、 「どうすれば、事故が防げたのだろうか?」 「どのような事に気を配れば、事故のダメージが軽減できたのだろう か?」 等々をシュミレーションしながらご覧下さい。 交通事故に遭う確率が低い為に、なかなか実体験する経験がありません。 その事故の様々なパターンを、画面を通して、模擬体験し、自分の中で 事故回避の成功パターンを沢山蓄積することにより、いざという時に、 少しでも、役立っていただければ、当チャンネルの目的は達せられたことになります。 交通事故を少しでも減らせるよう、様々なパターンの事故をこれからも投稿していきたいと思います。

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 崩壊 事故

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,161件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ダルマさん より• に rom専 より• に Shiro より• に かかし より• に 退職者 より 人気の記事〔1日〕• 2,500件のビュー• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 800件のビュー• 600件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 200件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

失敗百選

韓国 崩壊 事故

CHOO YOUN-KONG via Getty Images SEOUL, REPUBLIC OF KOREA: An overview of the collapsed Sampoong Department store 29 June where scores of rush hour shoppers and staff were trapped under debris. Initial reports attribute the collapse to a gas explosion. At least 20 bodies have been recovered and 615 people hospitalized. ハフィントンポスト韓国版ニュースエディターのウォン・サンユン氏は、以下のように。 「1989年12月1日に開業した三豊デパートは、豪華でまばゆかった。 売上高は業界1位、江南(カンナム)の富裕層を主な顧客にしていた高級デパートは、江南の象徴であり代名詞だった。 設計も型破りだった。 空間を広くとった内部のデザイン。 まるでアメリカのショッピングモールがそのままやってきたかのような設計。 しかし、内部を広く見せるために、柱をつくらなかったと分かったのは、あとになってからだった」 6月29日午後2時、デパートの建物内は蒸し暑かった。 室内温度が30度を超えても冷房が作動しなかったのだ。 「エアコンが故障しており修理中です」との案内放送が流れた。 しかし原因は別にあった。 午前から、デパート屋上に20センチの亀裂が走っていた。 荷重計算をせずに屋上に無断で設置した200tの冷却塔のせいだ。 亀裂が広がるのを防ぐために、経営陣は冷却塔から水を抜き、エアコンを切った。 しかし当時、デパートの中にいた数千人の客と従業員はこの事実を全く知らされなかった。 経営陣は「亀裂が入り始めた事実を客には絶対に知らせるな」と箝口令を敷き、建物の崩壊直前にデパートから逃れた。 午後5時55分、わずか築5年の三豊デパートは一瞬で崩壊した。 しかし突然、デパートに変更されることになり、中の構造物を撤去して空間を無理やり拡張した。 エスカレーターを設置するために床に穴を開け、建物を支える柱の直径は4分の1になった。 三豊デパートの会長は、各種の許認可に絡んで公務員に賄賂を贈ったり、会社の金を横領していたりしていたなど4種類の容疑で逮捕された。 最終的に業務上横領を除く懲役7年6カ月の(2003年、出所後に死亡)。 ハフィントンポスト韓国版のウォン氏は、こう結んでいる。 「違法設計、手抜き工事、無資格者による監査、無理な売り場増設と増築、無断用途変更など、違法建築のすべての要件を満たしたのが三豊デパートだった。 『そのまま待機しろ』と案内放送して、470人以上の乗客を残したまま脱出したセウォル号の船長のように、三豊デパートの経営陣もそうしたのだった」 ハフィントンポスト日本版は。

次の