バイアグラ 価格。 バイアグラは薬局でも買える?オンラインの簡単ネット注文

【2020年】バイアグラジェネリックの最安値を調査!価格・金額ランキング

バイアグラ 価格

1-1. バイアグラの歴史・開発経緯 バイアグラの有効成分「シルデナフィル」は、もともと抗狭心症薬として英国ファイザー研究所で合成されました。 しかし、健康成人男子を対象とした試験において、被験者から陰茎勃起の作用が報告されていたことから、1993年7月よりED(勃起不全)患者を対象にした臨床試験を開始。 1998年にはその有効性と安全性が確認されアメリカにおいて販売が開始されました。 日本では、翌年1999年1月にED治療薬として承認されています。 1-2. バイアグラの基礎知識早見表 効果 男性器の正常な勃起をサポート 成分 シルデナフィルクエン酸塩 PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。 有効成分「シルデナフィル」の作用機序 正常な男性の場合、性的刺激を受けると「cGMP(cyclic GMP:環状グアノシン一リン酸)」という物質が合成されます。 この物質が陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させ血流を増加させることで勃起にいたるのです。 一方で、この cGMPが「PDE5」という物質によって分解されることで、勃起は終息します。 シルデナフィルは、この「PDE5」という物質の働きを阻害することで 性的興奮を抑える原因を減らし、その結果、EDへの治療効果を及ぼすことができるのです。 バイアグラを入手方法や費用について バイアグラ処方にかかる費用の計算方法 費用=バイアグラ錠の価格+診察料 バイアグラなどのED治療薬をクリニックや病院などで入手する場合、薬代の他に診察料がかかることがあるので、事前に留意しておきましょう。 なお、 イースト駅前クリニックでは診察料は一切かかりません。 金額面でのご不安があるようでしたら一度、クリニックごとの薬代をご覧ください。 2-1. バイアグラの入手方法による比較 入手方法 リスク ポイント 医師の処方 低 医師の処方を受けることで、安全にED治療に専念できる 通販・個人輸入 高 偽造薬の危険性が高く、重篤な副作用に見舞われることも バイアグラは、基本的に 医療機関で医師の処方を受けて入手しましょう。 医薬品である以上、 使用してはいけない人()や同時に服用してはいけない薬()など、注意すべき点が数多くあるからです。 バイアグラの価格以外にも、クリニックによっては診察料を払わなければいけないことも多いので念頭に置いておきましょう。 また自由診療のため保険は適用されません。 バイアグラには特に重大な副作用は認められていませんが、 気をつけるべきものも多々あります。 服用する際には必ず事前に確認しておきましょう。

次の

ED治療薬の費用・料金比較表(バイアグラ・レビトラ・シアリス)|ED(勃起不全・インポ)治療・改善なら上野クリニック

バイアグラ 価格

本記事では、 クリニックでバイアグラを手に入れるときにかかるコストについてまとめていきます。 ED(勃起不全)は自由診療となります。 そのため、バイアグラの購入に際しては、一切の保険の適用を受けることが出来ず、全額が患者側の自己負担となります。 これは、厚生労働省がEDを生活に支障をきたす病気として認めていないための措置となります。 自由診療であるため、バイアグラの薬代やクリニックでの診察料金は、全てクリニック側が自由に決定することが出来ます。 そのため、 どのクリニックを利用するかによってバイアグラを入手するまでの費用に大きな差が生まれます。 クリニックに行く前にバイアグラの価格と診察料金をチェックしましょう。 少しでも安くという方には、海外通販を利用しての海外製バイアグラジェネリックの個人輸入がおすすめです。 バイアグラは保険適用外の医薬品 日本国内で正規品のバイアグラを入手するためには、医師の処方せんが必要となります。 専門医のいるクリニックに出向き、診察を受け、処方せんを書いてもらわなければいけないということですね。 ここで大事なことは 処方薬としてのバイアグラには保険適用外であり、全額が自己負担となるということです。 これはバイアグラに限ったことではありません。 レビトラやシアリスなどの他のED治療薬でも同じです。 病院で処方される他の医薬品の場合は、国民健康保険が適用が可能となっているので、たいていの場合は医薬品代金の3割負担となります。 体調を崩して病院へ行き風邪薬や抗生物質を処方してもらうとき、そこまで高い支払いをすることはないと思います。 これは医療保険によって診察代や薬代の一部がまかなわれているからですね。 バイアグラをはじめとするED治療薬の場合はこの保険の適用がなく入手の費用が高くなるということです。 バイアグラが保険適用外の理由 「なぜバイアグラの購入に際してはその代金を全額負担しなければいけないの?」 「なぜ風邪薬やその他の医薬品のように医療保険によって代金の一部がカバーされないの?」 バイアグラにお世話になっている私たちからしたらこのような疑問は当然あります。 バイアグラが保険適用になればもっと安価に入手することが出来るのに。 なぜバイアグラは保険適用外の医薬品なのでしょうか。 厚生労働省は バイアグラをはじめとするED治療を保険適用としない理由として99年3月に次のように回答しています。 バイアグラは性交を可能にするために使用されるものであって、一時的に勃起力を補助するが、勃起不全を治癒するものではなく、日常生活の質を改善するための薬剤であると考えられるため、公的医療保険の給付対象とはしない。 つまり、ED(勃起不全)はたとえ治療しなくても生活に支障をきたす病気ではないとみなされているということです。 ED治療薬は、あくまで「セックス」という個人の楽しみを実現するため薬であり、そこに医療保険の財源を割くことは出来ないということですね。 ED治療は美容整形や審美歯科と同じ扱いとなっているわけです。 保険証の提出の必要はない バイアグラは保険適用外で全額負担しなくてはいけない。 これは クリニックに保険証を提出する必要がないということです。 支払う価格こそ高くはなってしまいますが、この保険証の提示義務がないということはプラスに働くこともあります。 それは、医療費の通知などで家族や会社にバイアグラを処方してもらったことがバレなくなるということです。 保険証を提示し保険が適用されてしまうと後、に会社や各家庭に送られてくる医療費の通知で何をしたかがバレてしまうことがあります。 自由診療・全額負担であるバイアグラにはこの医療費の通知によるバレの心配はないということですね。 バイアグラの価格はクリニックごとに違う バイアグラを処方するようなED(勃起不全)の治療は自由診療である。 このことは、 ED治療の診察代やバイアグラの価格はクリニック側で自由に設定できるということを意味します。 ファイザー社が定めている希望小売価格のようなものはあります。 しかし、それはあくまで参考程度のものです。 価格をいくらにするかという決定権は病院側にあるということですね。 保険医療と違い、診察内容や費用に関しては病院や医師側が自由に設定出来てしまいます。 このため、 クリニックごとでバイアグラの処方までに総額でいくらかかるかが変わってきてしまいます。 バイアグラの価格相場 病院側がバイアグラの価格を設定できると言っても、法外な料金を請求されることはありません。 仮にそのようなクリニックがあったとしても、患者は他のクリニックへと移っていき、市場原理によって駆逐されてしまうでしょう。 したがって、 自由診療ではあるものの、バイアグラの価格には相場があります。 なお、美容整形をメインとするクリニックではバイアグラの価格が高めに設定されているようです。 そのようなクリニックよりは、 泌尿器科やED治療を専門に行っているクリニックのほうが安くバイアグラを購入できるようです。 初診料・再診料などの有無 また、 診察にかかる料金に関しても各クリニックで差があります。 ED治療に関する診察は自由診療となるので、診察料金もクリニック側で自由に設定することが出来るためです。 仮にバイアグラの価格それ自体が安く設定されていたとしても診察料金が高額だった場合は、トータルでのコストは高くなってしまいます。 なので、バイアグラの購入費用と合わせて、クリニックの診察費用もチェックするようにしましょう。 診察料金には初診料と再診料があります。 この価格設定はクリニックによって本当にバラバラです。 それぞれ無料から10,000円と大きな差があります。 バイアグラの価格を安くしておいて診察料金を高めに設定するクリニック• 初診料・再診料をともに無料にしておいてバイアグラの価格を高く設定するクリニック バイアグラ購入までかかる費用を正しく把握するためにも診察料金は事前にチェックしておくようにしましょう。 地域による価格差 その クリニックの立地によってもバイアグラの購入価格には差が出ているようです。 バイアグラなどのED治療薬の需要が多い地域では競争原理が働くこともあり、より安くバイアグラを入手することが出来るようです。 より具体的には都市部や繁華街ですね。 日本で一番バイアグラが処方されているのは新宿エリアらしいのですが、そのエリアでは安価に手軽にバイアグラを入手できます。 一方、 地方ではライバルとなるクリニックが少ないということもあり、バイアグラの入手までにかかる費用は高めとなってしまうようです。 EDに悩んでいる男性の総数それ自体も少ないので、都市部にあるようなED治療を専門とするクリニックも少なくなってしまいます。 そのため、どうしても患者一人あたりが負担するコストは高くなってしまいます。 バイアグラジェネリックでコストを抑える クリニックでのバイアグラの購入コストを少しでも下げたいと思うならば、バイアグラのジェネリック医薬品の利用がおすすめとなります。 バイアグラは誕生から20年程度が過ぎていることもあり、すでにジェネリック医薬品の製造が認められています。 処方の時にバイアグラのジェネリック医薬品の利用を希望すれば、バイアグラの入手コストを大幅に下げることができます。 だいたいですがバイアグラジェネリックの価格相場は以下のようになります。 ファイザー社のバイアグラにこだわりがない場合には積極的に利用しましょう。 よりコスパを意識するなら海外通販を クリニックでバイアグラおよびバイアグラジェネリックを処方してもらうよりも、さらにバイアグラの入手コストを下げる方法があります。 それは 海外通販サイトを利用し、海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入する方法です。 この方法を上手く利用できれば、バイアグラをはじめとするED治療の入手コストを劇的に下げることができます。 海外製の医薬品の個人輸入は自己責任で行うものです。 服用において重い副作用が発症したとしても、医薬品副作用被害救済制度のような保護を受けることは出来ません。 そのためにも以下のような記事にまとめられている内容を事前に理解しておく必要があります。 このような リスクこそありますが、それを無に帰するようなメリットが海外通販にあるのは事実です。 興味がある方は、上記の記事を参考にトライしてみて下さいね。 海外製バイアグラジェネリックの価格 海外製のバイアグラジェネリックの特徴は何と言っても圧倒的なコスパの高さにあります。 たとえば、人気のあるバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドは100mg錠で1錠あたり400円程度です。 日本では扱っていない100mg錠でこの価格です。 上記の国内製バイアグラとは大きな差がありますよね。 また、通販になりますので、ちょっとした送料以外は診察費用などは一切かかりません。 送料も1000円程度が相場となっています。 海外製というと怖いのが医薬品の品質ですが、でまとめているように、インド製のジェネリック医薬品などは高品質で知られています。 少しでもコストを下げたいという思いがある方には海外通販はおすすめです。 まとめ:ED治療は自由診療でバイアグラは保険適用外 日本国内においてED(勃起不全)の治療は自由診療となります。 そのため、 バイアグラをはじめとするED治療薬の処方も患者側の全額負担となります。 医療保険の一切の適用が認められていないということですね。 これはEDは生活に支障をきたす病気ではなく、バイアグラなどのED治療薬は個人の一時的な快楽のための薬であると厚生労働省がみなしているためです。 自由診療であるため、バイアグラの入手までにかかるコストはどのクリニックを利用するかで大きな差が生まれてきます。 バイアグラの薬の購入代金の違いももちろんですが、初診料や再診料などの診察料金の違いにも注意する必要があります。 多少のリスクを負ってでもとにかく安さをという方は、クリニックを利用するのではなく、海外通販で海外製のバイアグラジェネリックを個人輸入することをおすすめします。

次の

料金表

バイアグラ 価格

国産バイアグラジェネリック(病院処方) 各種・製薬会社の発売医薬品 シルデナフィル錠 VI「キッセイ」50mg 1錠 950円~1,157円 キッセイ薬品工業株式会社 シルデナフィル OD錠 VI「トーワ」50mg 1錠 900円~1,157円 東和薬品株式会社 シルデナフィル錠 VI「FCI」50mg 1錠 1,000円 富士化学工業株式会社 シルデナフィル錠 VI「YD」50mg 1錠 1,000円 株式会社陽進堂 シルデナフィル錠 VI「テバ」50mg 1錠 1,000円~1,111円 武田テバファーマ株式会社 海外製バイアグラジェネリック(個人輸入代行) カマグラゴールド50mg 1箱4錠 1箱の価格 1錠あたり 販売サイト名 1位 985円 約246円 オオサカ堂 2位 1,880円 約470円 ネット総合病院 3位 1,880円 約470円 薬の通販オンライン 4位 2,980円 約745円 ベストケンコー カマグラゴールド100mg 1箱4錠 1箱の価格 1錠あたり 販売サイト名 1位 1,133円 約283円 オオサカ堂 2位 1,980円 約495円 ネット総合病院 3位 1,980円 約495円 薬の通販オンライン 4位 3,280円 約820円 ベストケンコー カベルタ100mg 1箱8錠 1箱の価格 1錠あたり 販売サイト名 1位 1,905円 約 238円 オオサカ堂 2位 2,980円 約 372円 ネット総合病院 3位 3,580円 約 447円 薬の通販オンライン 4位 4,480円 約 560円 ベストケンコー バイアグラジェネリック 100mgは個人輸入代行の通販サイトでしか手に入りません。 日本で処方できるバイアグラジェネリックの上限は50mgまでです。 それ以上は日本では認可されておらず、個人輸入代行の通販サイトを利用して買うしかないのです。 バイアグラジェネリックを 日本で買うと、保険が適用されないため、高くなってしまいます。 個人輸入代行の通販サイトを利用するとバイアグラジェネリックを安く手に入れることが出来ます。 それに、病院で買うのは安心ですが、 通うのが面倒ですし、 誰かに見られないかと心配ですよね。 個人輸入代行の通販サイトですと、バイアグラジェネリックを誰にも見られずに簡単に買うことが出来ます。 いきなり通販で薬を買うのに抵抗があるという方は、病院で少量処方してもらい、使ってみて問題がなければ、通販で安く買うという方法をおすすめします。 管理人おすすめのバイアグラジェネリック 管理人がよく利用しているオオサカ堂のバイアグラジェネリックを紹介します。 管理人がオオサカ堂を利用する理由は「安い」からです。 下の表でもわかるように、かなりお得に買うことが出来るんです! 1箱 4錠 985円 3箱 1,386円 5箱 1,772円 7箱 2,174円 1箱 4錠 1,133円 3箱 1,602円 5箱 2,056円 7箱 2,526円.

次の