思い出 の マーニー 小説。 解説・あらすじ

思い出のマーニーの声優一覧!登場するキャラクターも紹介 | シネマノート

思い出 の マーニー 小説

思い出のマーニの内容は面白いorつまらない?感想を紹介 ジブリ映画は絵や動きの詳細さが見どころのひとつですが、どの作品も内容が深いために一度観ただけでは理解できないという人も多いですよね。 この思い出のマーニーも例にもれず、観客はハテナな場面がたくさんあったようで、たくさんのTwitterが投稿されています。 不思議な出来事がまるで現実のように描かれているので私は観ている時には混同してしまいました。 映画の感想としてはたくさんの反応があります。 とにかく面白いという感想や難しすぎてわからないからつまらないといった意見が・・・。 それぞれの感性で感じ 方も違ってくるのでしょう。 では面白いのはどんな所なのかを検証してみましょう。 思い出のマーニーの内容はどこが面白い?見どころは? 心を閉ざしてしまって少女がある少女と出会って成長していくストーリーが心を温かくしてくれます。 マーニーが何者なのかや湿っ地屋敷が廃屋のようになったり綺麗になったりするのを杏奈はなぜ不思議に思わないのかなどを考えていると、どんどん見入ってしまいます。 映像の美しさや細かい部分であれ?と思い、ちょっとまた観て確認したくなるように作られている所も面白いと思います。 観ている途中で不思議に思ったことが謎のまま終わったり、意外とすぐに謎が解けたりするところもあります。 謎が解けたときのすっきり感は気持ちのよろしいものですね! 最後までわからなかったところは、想像を掻き立てるようで面白いと感じた人もいるようです。 小さい子向けの内容ではないけど難しく考えずに観るとシンプルで分かりやすいので先の予想をしやすいのがまたおもしろいといった感想もあるようです。 一方では真逆の感想もあり、つまらないという人もいます。 次には本当につまらないのかを検証してみます。 思い出のマーニー終盤の内容はつまらない!結末がひどい? 映像の綺麗さはジブリならではなのですが、主人公がひねくれている所がジブリらしくないと感じてしまった人もいるようです。 つじつまが合わないストーリーや現実にはあり得ない場面に普通の登場人物が発見して不思議に思わず騒ぎにならなかったりが観ている人の中には腑に落ちなくてつまらないという意見も・・・。 何度か観ていくうちに内容を理解出来たり、納得出来るとまた違う角度で見入っていくようになるかもしれないですね。 逆に分かりやすくて物足りないのでジブリ映画としてはつまらないという人もいました。 他のジブリ映画と同じジャンルの面白さを期待してみると、期待外れだと感じるようです。 現実っぽくて現実ではありえない内容だったりががっかりの要因でもあるみたいですね。 実際の世界でも不思議なことはたくさんあるので私的には受け入れられる内容で見入ってしまいました。 始まる前はストーリー全然覚えてなかったけどね笑 — せん。 2s0e0n1 思い出のマーニーむっちゃ面白いとゆうか好きになった🥺 トトロの次に好きかも知らん 世界観とストーリーが良きやなぁって。 ちなみに私も不思議ストーリー大好きなので、ワクワクしながら見入ってしまった一人です。 思い出のマーニーを見て、改めて杏奈が精神的にヤバい奴にしか見えなかった。 生い立ちが不幸過ぎて、バッドエンドではないから鬱映画までもはいかないにしろ、観賞後なんか暗くなるな。 端的に言うとつまらない。 — greenday0918 greenday0918 思い出のマーニー、思ったよりずっと特徴のないつまらない話だった。 あんまり良い評判を聞くから、もしかしてもっと深い映画なんじゃないかと思って考察ググったけど考察以前に映画を正しく見れてないやつばっかりヒットしてやめた。 — とりのこ餅 redblack116 つまらないという意見では、ヒロインなのに性格が暗い点や人間しか出てこないといった意見もありますね。 確かにジブリ映画の魅力は不思議な生き物が出てくる点もありますが、今回の作品は奇妙な生き物は出てこないうえに現実じみているということもあるかもしれません。 ですがこの作品は美しい風景も見どころの一つじゃないかなーと個人的には思っています。 思い出のマーニー原作との違いは? 『思い出のマーニー』の原作ではイギリスが舞台ですが、アニメーション化にあたり舞台は北海道に変更されています。 これは札幌駅のホームです。 思い出のマーニーの原作は、イギリス作家のジョーン・G・ロビンソンの児童文学小説です。 児童向けで挿絵があり、その挿絵はペギー・フォートナムで「くまのパディントン」を描いています。 1967年にイギリスで出版されて大ヒット。 売り上げは25万部となり、テレビ化もされました。 日本では1980年に翻訳版が出版されました。 そしてジブリの映画化で 新訳版も出版され改めて注目されました。 イギリス児童文学小説なので、やはり違いはあります。 どんな風に違うの見てみましょう。 まず、物語の舞台の違いで原作での舞台は、もちろんですがイギリス。 ノースフォーク州の海辺にあるリトル・バートンという架空の村ですが、モデルになった村は存在していてバーナム・オーバリーという村なんだとか。 そして物語は原作者のジョージ・G・ロビンソンの実体験が元になっているそうです。 分かりやすい違いと言えば、原作とジブリ版の舞台の違いですね。 原作は先述のイギリス・ノースフォーク州がモデルですが、ジブリ版では北海道が舞台となっています。 初めは宮崎駿監督の好きな瀬戸内が候補のようでしたが、最終、北海道の根室や釧路、厚岸などに決定したそう。 登場人物が原作と違う? そして決定的に違うのは杏奈が日本人と言う事。 原作での主人公は日本人ではありません。 舞台をイギリスから北海道に移した事で杏奈は1/8外国の血が混じっている設定に変わっています。 そのため、他の人より少しだけ瞳の色が青い女の子の絵になっています。 そのせいで杏奈が周囲の人たちと馴染むことが出来なくて自分の事が好きになれない、という理由にもなっているようです。 映画の中盤以降で嵐の夜にマーニーが杏奈を置いていなくなってしまう場面がありますが、その場所がジブリ版では古いサイロになっています。 ですが原作では風車小屋になっていて、実際のモデルとなった風車小屋はイギリスに現存しているそうです。 機会があったら観に行ってみたいですね! この物語で、なくてはならない舞台の湿っ地屋敷。 そこに引っ越してきた家族も違います。 原作では夫妻と子供5人になっていますが、映画では子供は兄妹の2人になっています。 杏奈の祖母についても違いがあります。 祖母が娘(杏奈の母)を全寮制の学校に預けることになった理由が、原作では戦争が理由になっていますが、ジブリ版では祖母が体調を壊してサナトリウム療養しなくてはならなくなった為になっています。 主人公以外でも個性的な登場人物が出てきます。 その中に十一さんがいますがこの十一さんはジブリ版で無口で10年に一度くらいかしゃべらない設定になっていますが、原作ではもっとよくおしゃべりしているんです。 頼子の親戚の大岩夫妻は映画ではとても優しく杏奈を本当の娘のように可愛がってくれますが、原作ではあまり優しくはありません。 彩香が見つけて杏奈に見せたマーニーの日記はジブリ版では中盤で登場しますが、原作ではマーニーとのお別れの場面で日記の存在を知ります。 杏奈とマーニーがあった回数も原作では6回で映画では4回になっていて原作では杏奈がいる間、ほぼ毎日会っていた設定です。 お別れの場面の違いは映画では物語の終盤でお別れしますが、原作では物語中盤でお別れし、帰宅までのおはなしになっています。 こうしてみていくと原作と映画の違いってけっこうあるものですね! まとめ 数多くあるジブリ作品の中で思い出のマーニーは他の作品とは違う部分が多くあります。 その為に、視聴者の反応はおもしろい!や、つまらない・・・と二分します。 他の作品と同じようなファンタジー感たっぷりを期待していた人には少し物足りないようで、つまらないとかがっかりしたという感想がありました。 もう一方ではわかりやすいとか、杏奈の気持ちの成長ぶりなどで感動したという感想も多くありました。 原作を先に読むか、映画を先に観るかで感じ方も違ってくると思います。 映画だけでなく原作も是非読んでみて、また別の想像や感動で楽しんでみてくださいね! ということで今回は「思い出のマーニーの内容は面白いorつまらない?原作との違いは?」でお伝えしました。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

思い出のマーニーの声優一覧!登場するキャラクターも紹介 | シネマノート

思い出 の マーニー 小説

2014年公開のジブリ映画『思い出のマーニー』。 2017年夏映画『メアリと魔女の花』で話題の米林監督の作品です。 公開前のプロモーションでは「百合っぽい!」と騒然となりましたが、実は百合物語では決してない『マーニー』。 マーニーの正体が分かると同時に感動が押し寄せてくる『思い出のマーニー』の魅力を徹底解剖! 米林監督2作品目『思い出のマーニー』とは? 2014年に公開された『思い出のマーニー』。 米林監督にとっては、ジブリ2作目となる作品。 前回の『借りぐらしのアリエッティ』では、本当は監督なんてやりたくなかったのに鈴木Pの策略によって無理やりやらされたような経緯がありましたが、何と『マーニー』に関しては米林監督から「監督やらせてください」と立候補したんだとか。 宮崎監督は既に引退を表明しており、『アリエッティ』の時と違い、完全に米林ワールドが展開された『マーニー』。 公開前にプロモーションが流されるようになると、「百合っぽい!」と話題になるほど、女の子に焦点を当てた物語に仕上がっています。 が、その内容は実は百合とは全く違うもので…。 ちなみに、興行収入は残念ながら『アリエッティ』には遠く及ばず、35. 3億円どまり。 ただ、第88回アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされるなど、国内外の作品に対する評価は高いのが特徴です。 舞台はどこ?マーニーの正体は?作品の感想 それではまず、『思い出のマーニー』を観た人たちの主な感想を拾っていきたいと思います。 みんな、どんなことが気になったんでしょうか?肯定的な感想と否定的な感想、どちらも拾い上げていきます。 米林監督が監督をやりたいと言った時点では、何をやるかまでは決まっていなかったそうです。 なぜ『思い出のマーニー』に決定したかというと、やはりそれは米林監督のアニメーターとしての実力を買われたから! 『思い出のマーニー』のプロモーションが流れ始めたときに「百合っぽい」「まさかジブリが百合を!? 」と騒然となりましたが、実は全く百合展開ではないんです。 それほど、マーニーとアンナは魅力的であり、強い絆で結ばれているんです。 でも、二人の間にある空気はヨコシマなものではなく、いたって純粋なもの。 本当の二人の関係が劇中でネタバレされた後も、相変わらずアンナもマーニーも可愛いし、魅力的!そういう艶やかさを観客に感じさせる手腕に関しては、米林監督は超一流!ジブリ内でも女の子を描かせたら右に出る者がいないというほど、突出した才能なんですね。 マーニーの正体が分かったからと言って、ストーリーに面白みがなくなるというような内容ではないので、ここでネタバレしますと、マーニー=アンナの祖母です。 と言っても、祖母はアンナが幼いころに亡くなっています。 つまり、マーニーはアンナが幼いころ祖母と会話した微かな記憶から生まれた幻影なんですね。 このマーニーの正体が分かったあたりから、生き辛さを感じていたアンナが徐々に救われていきます。 この怒涛の展開を受けて、やはり「感動した」「感涙した」という声が多数。 マーニーが持っているのは圧倒的な母性。 アンナがどんなにひねくれていようと、何も聞かず、何も責めず、全てを包み込むような圧倒的な!そんな母性に触れた観客たちも、マーニーの胸に抱かれたような気持になります。 優等生じゃないどころか、周囲から弾かれ、そのことを自分も分かっていて、世の中全てから背を向けて、それらすべてのことを周囲のせいにしちゃうようなどうしようもないクズなんです。 家族の愛を知らないと言っても、養女に出されている先では、優しそうなお母さんがいます。 アンナにしてみれば感謝こそすれ、養父や養母を恨む筋合いなんか無いはずなのに、「助成金をもらっている」というかなり小さいことを理由に、養母らを汚いものでも見るかのような目で見ているのです。

次の

思い出のマーニー 特装版の通販/ジョーン・G.ロビンソン/松野 正子

思い出 の マーニー 小説

スタジオジブリの長編アニメーション映画「思い出のマーニー」は、ジョーン・G・ロビンソンというイギリスの作家による児童文学作品が原作となっています。 ジブリ作品の「思い出のマーニー」では日本の北海道を舞台に、喘息の持病をもったアンナ(杏奈)が療養のために過ごすことになった田舎にある親戚の家で、不思議な少女のマーニーと出会い様々な体験をすることでアンナは心も体も癒やされていくというストーリーです。 ただ、思い出のマーニーには謎や疑問点も多く、 特に初見では意味がわからない・意味不明と感じてしまう部分もある作品だといえそうです。 そこで今回は、 思い出のマーニーのストーリーの意味わからない・意味不明な部分を解説し考察しながらまとめていきます! この記事の内容は私の主観や考察、ネタバレを含んでいます。 そのため思い出のマーニーを観た後に、意味がわからない・意味不明な部分を知りたいという場合に読むことをオススメします! 思い出のマーニーの解説前に理解しておくこととは、 思い出のマーニーで描かれているアンナと子供の姿のマーニーが体験したことは現実には起こっていないことだということです。 思い出のマーニーでのマーニーは、アンナの心のより所としてアンナを支えてくれる存在でした。 また、 アンナの祖母は実はマーニーだったということは、思い出のマーニーを観た方は理解できた部分だったのではないでしょうか。 アンナと子供の姿のマーニーが体験したことは、 アンナが幼少期に自分の祖母であるマーニーから物語のように聞かされていた話を、知らずしらずのうちに思い出し妄想の中で追体験したのではないかと考えられます。 まずはこの部分を思い出のマーニーの解説前に理解しておくことで、ストーリーの中で意味わからない・意味不明な部分の解説や考察もよりわかりやすくなると思いますよ! 意味不明で意味わからないストーリーを解説・考察まとめ! 思い出のマーニーのストーリーの中には、私自身も観た後に複数の謎が残ったと感じた部分が複数あり、理解するために思い出のマーニーを何度も見返した経緯があります。 思い出のマーニーは1度観ただけではすべてを理解するのは難しい作品だといえるのではないでしょうか。 ここからは、 思い出のマーニーのストーリーで意味がわからなかった・意味不明だったのではないかという部分を解説・考察してまとめていきます。 この時点で、アンナと母との関係に違和感を感じた方もいたのではないでしょうか。 担当医師にアンナに対する悩みを相談していた母は感極まり「やっぱり血が繋がってないからなのかな・・・」と言って涙を浮かべていました。 この発言で、 アンナの母だと思っていた女性が血が繋がっていない養母であるということがわかります。 養母は「こんな時に夫は出張だし・・・」と話していることから、アンナの家庭はアンナと養父、養母の3人家族だということも同時にわかりました。 ひと気のない湿っ地屋敷を見て回ったアンナが帰ろうとすると満潮になっており、歩いて帰ることができなくなっていたところに十一さんが現れ、アンナを助けてくれましたね。 親戚のおじさんが「良いやつなんだよ彼は、話し相手にはならないと思うけどね」と話していることから、危険な人物ではないことがわかります。 思い出のマーニーの終盤では、アンナとさやかをボートに乗せた十一さんが「マーニー・・・青い窓の向こうに閉じ込められた少女。 遠い昔の話しだ」と彼は初めて口を開きました。 このことから、 十一さんは湿っ地屋敷に住んでいたマーニーと面識があったのではないかと考えられますね。 しかし、 アンナが願い事を書いたアンナの短冊を信子が勝手に取って読み上げてその意味をアンナにしたことと、アンナの目の色を女友達に話しだしたことが原因で、怒ったアンナは信子に「太っちょ豚」と言いました。 これは、そもそもお祭りに行きたくなかったアンナにとって信子の行動がおせっかいで迷惑だと感じたからではないかと考えられますね。 信子にはまったく悪気はなく、リーダーシップをとるいい子なだけに「太っちょ豚」なんて悪態をつかれてかわいそうになるシーンでもあります。 もちろん、人が住んでいるとは思えない様子です。 しかしマーニーと会っている時の湿っ地屋敷はきれいに整備されていて、マーニー以外にも人がいましたね。 大岩さんも言っていまいたが 現実には湿っ地屋敷には人は住んでいないので、マーニーが存在するアンナの妄想の世界でだけ湿っ地屋敷も当時の状態で見えていたということなのではないでしょうか。 マーニーがアンナに大岩さんとの生活について質問すると、アンナは大岩さんについてすぐに思い出すことができずに意識は遠くなり気を失ってしまったようでした。 気を失いながらもアンナは夢をみているような感覚で親戚の大岩さんご夫婦を思い出し、気がつくとそこにはマーニーがいませんでした。 大岩さんとの生活は現実世界の話で、マーニーと会うことはアンナの妄想の世界での話なので、別の世界の話を同時に考えることはできないということなのではないでしょうか。 現実世界での時間が充実していることで、アンナはマーニーの事をすっかり忘れそうになってしまっていたようです。 自分がスケッチブックに書いたマーニーの絵を見て、マーニーの事を思い出したアンナはとても慌てました。 マーニーはアンナにとって心のより所で、アンナのことを支えてくれている存在だったため、現実での生活が充実してきたこの時のアンナの前にマーニーが現れる必要はなかったということなのではないでしょうか。 すると湿っ地屋敷のマーニーの部屋の窓が開き、そこからメガネ少女のさやかが顔を出しアンナに「あなたマーニー?」と聞きました。 さやかからマーニーという名前を聞いたアンナは驚き、さやかと一緒に湿っ地屋敷の中へ入るともう一度アンナがマーニーなのではないかと質問され、アンナは「違うわ」と答えます。 アンナはマーニーと会えなくなってからも何度も湿っ地屋敷を訪れていて、その度にマーニーの部屋を見ていたんですね。 そのため、さやかからするとアンナが自分の部屋をいつも見ているように見えていたわけです。 そして さやかは棚の隙間からマーニーの日記を見つけていたこともあり、この部屋の元持ち主のマーニー(実際にはアンナ)が自分の部屋を見ていると勘違いしたようですね。 A post shared by ghibli10. 02 on Oct 12, 2019 at 4:17am PDT アンナはマーニーに1週間会えずにいることを悲しんでいて、自分がマーニーのことを忘れていたことに怒っているのかもと偶然出会った久子さんに話しました。 湿っ地屋敷でメガネ少女のさやかと会った後、夜眠ると夢の中でアンナはマーニーに会うことができました。 しかし この時のアンナは、すでにマーニーは自分の妄想で現れている空想の女の子だと理解し始めていたのかもしれません。 マーニーの存在を再確認するように「私のお部屋にきて!」とマーニーに言いますが、マーニーは屋敷のそばから離れられないと答えました。 アンナが祖母のマーニーから聞いていた子供の頃のマーニーの物語は、湿っ地屋敷やサイロなど限られた場所しか登場していなかったのだと思われます。 そのため 物語の中に登場した場所にしか、マーニーも現れることはできないということなのではないかと考えられます。 lover on Mar 3, 2020 at 6:29pm PST アンナは自分がもらいっこであることを悲観的に思っていました。 本当の両親はアンナが小さい時に亡くなっていて、祖母も亡くなり、わざと死んだわけではないとわかってはいるものの、 自分を一人ぼっちにした家族に対して「許さない」という恨みにも似た気持ちを抱いていたんですね。 それに加えて、育ててくれた養父・養母が自治体からお金をもらっていることに気づいてしまったアンナは、自分が本当の子供でないおかげでお金をもらっていて自分にはわからないようにしていいる養父・養母に対し、違和感を感じていました。 そして アンナはその事を気にしている自分自身のことを嫌いになって、何も信じられなくなってしまっていたのです。 しかし、日本では原作に出てくるような風車で実用のものは存在しないそうで、北海道という舞台にぴったりなサイロに変更したそうですよ😃 — アンク@金曜ロードSHOW! マーニーはそのサイロにトラウマを抱えているようでした。 そのトラウマ克服のため、アンナはマーニーに一緒にサイロに行こうと提案しました。 しかし、サイロに向かう途中からマーニーはアンナのことを和彦と呼んだり、サイロの中でもアンナを和彦と呼んで、アンナもそんなマーニーに違和感を覚えたようです。 その後アンナがサイロの中でウトウトしていると、マーニーのもとに和彦が現れて2人だけでサイロを去ってしまいました。 このことをアンナはどうして自分を置いていったのかとマーニーに問いただしました。 するとマーニーが 「あのときあなたはあそこにいなかったんですもの」とアンナに言いました。 これは、 このサイロの話は祖母のマーニーが話してくれたマーニーの過去の物語で、その物語にはアンナは登場しないので、アンナはサイロにはいなかったということを言っていたのだと考えられます。 その後さやかは自宅でその破れた日記を読んでいました、 その日記には和彦やサイロのことが書かれていたのです。 A post shared by dream. ghibli on Mar 21, 2020 at 7:06am PDT 思い出のマーニーの作中では、ほとんどがアンナとマーニーふたりの少女の物語のように描かれています。 しかし思い出のマーニーは、両親の死や幼少期に育ててくれていた祖母マーニーの死によって傷つき、養母の優しさを素直に受け入れることができなくなってしまうほどの心の闇を抱えてしまったアンナが心も体も癒やされて、 養母や親戚、友人などの大切さを知っていくストーリーなのだと思います。 アンナの前に現れた マーニーによってアンナは癒やされ、最後に親戚の家を去る時にはまるで別人のような清々しい表情でその地を後にしたことが、その証拠だといえるのではないでしょうか。

次の