環境 省 レッド リスト 2019。 環境省_レッドリスト

国内エコニュース

環境 省 レッド リスト 2019

環境省では、平成24年度に第4次レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)を取りまとめており、平成27年度から、生息状況の悪化等によりカテゴリー(ランク)の再検討が必要な種について、時期を定めず必要に応じて個別に改訂することとしています。 今回、第4次レッドリストの第5回目の改訂版として、環境省レッドリスト2020を作成しましたのでお知らせします。 レッドリスト2020において、74種についてカテゴリーを見直したところ、絶滅危惧種が40種増加し、合計3,716種となりました。 また、上記74種について随時見直しの評価理由や生息状況等を解説した「環境省レッドリスト2020補遺資料」を作成しました。 1.環境省版レッドリストについて 環境省版レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)とは、日本に生息又は生育する野生生物について、専門家で構成される検討会が、生物学的観点から個々の種の絶滅の危険度を科学的・客観的に評価し、その結果をリストにまとめたものです。 レッドリストへの掲載は、捕獲規制等の直接的な法的効果を伴うものではありませんが、社会への警鐘として広く情報を提供することにより、様々な場面で多様な活用が図られるものです。 レッドリストは、分類群ごとに専門家による検討会を設けて評価しています。 レッドリスト2020における13分類群の掲載種の総数表(亜種を含む)は別添資料1、今回随時見直しを行った種の一覧は別添資料2、レッドリスト2020掲載種全種の分類群順別のリストは別添資料3のとおりです。 なお、これまでのレッドリスト見直しの経緯や検討体制は参考資料1のとおりであり、レッドリストのカテゴリーの詳細な定義については参考資料2に、評価対象種の基本的条件は参考資料3に示すとおりです。 また、環境省レッドリスト2015以降のカテゴリーの新旧対照表(五十音順)は参考資料4のとおりです。 レッドリスト2020における13分類群の絶滅危惧種の合計種数は、レッドリスト2019の3,676種から 40 種増加して 3,716 種となり、環境省が選定した絶滅危惧種の総数は、平成29年3月に公開した海洋生物レッドリストに掲載された絶滅危惧種56種を加えると3,772種となりました。 3.環境省レッドリスト 2020補遺資料について 「環境省レッドリスト2020補遺資料(別添資料4)」は、環境省レッドリスト2020において新たに掲載された41種、カテゴリーが再評価された28種、レッドリストから削除された5種の合計74種について、基礎情報(評価種の形態、生態、分布等)、生息状況の変化や随時見直しの評価理由等を解説したものです。 すでに刊行されている各分類群のレッドデータブック2014及び過去の随時見直し時に公表した補遺資料と合わせて、絶滅のおそれのある野生生物の保護を進めていくための基礎的な資料として広く活用されることが望まれます。 4.環境省レッドリスト 2020の入手方法 以下のいずれかの方法で入手可能です。 env. html (インターネットをお使いでない場合)• 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室にて直接配布 なお、事前連絡がない場合はお待たせする可能性があります。 返送用封筒(A4版、切手390円分を貼り宛先を記入)を同封して下記に送付 別添資料3を印刷して返送します。 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館26階 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室 添付資料•

次の

生物多様性センター:絶滅危惧種の保護に向けて

環境 省 レッド リスト 2019

環境省では、平成24年度に第4次レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)を取りまとめており、平成27年度から、生息状況の悪化等によりカテゴリー(ランク)の再検討が必要な種について、時期を定めず必要に応じて個別に改訂することとしています。 今回、第4次レッドリストの第5回目の改訂版として、環境省レッドリスト2020を作成しましたのでお知らせします。 レッドリスト2020において、74種についてカテゴリーを見直したところ、絶滅危惧種が40種増加し、合計3,716種となりました。 また、上記74種について随時見直しの評価理由や生息状況等を解説した「環境省レッドリスト2020補遺資料」を作成しました。 1.環境省版レッドリストについて 環境省版レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)とは、日本に生息又は生育する野生生物について、専門家で構成される検討会が、生物学的観点から個々の種の絶滅の危険度を科学的・客観的に評価し、その結果をリストにまとめたものです。 レッドリストへの掲載は、捕獲規制等の直接的な法的効果を伴うものではありませんが、社会への警鐘として広く情報を提供することにより、様々な場面で多様な活用が図られるものです。 レッドリストは、分類群ごとに専門家による検討会を設けて評価しています。 レッドリスト2020における13分類群の掲載種の総数表(亜種を含む)は別添資料1、今回随時見直しを行った種の一覧は別添資料2、レッドリスト2020掲載種全種の分類群順別のリストは別添資料3のとおりです。 なお、これまでのレッドリスト見直しの経緯や検討体制は参考資料1のとおりであり、レッドリストのカテゴリーの詳細な定義については参考資料2に、評価対象種の基本的条件は参考資料3に示すとおりです。 また、環境省レッドリスト2015以降のカテゴリーの新旧対照表(五十音順)は参考資料4のとおりです。 レッドリスト2020における13分類群の絶滅危惧種の合計種数は、レッドリスト2019の3,676種から 40 種増加して 3,716 種となり、環境省が選定した絶滅危惧種の総数は、平成29年3月に公開した海洋生物レッドリストに掲載された絶滅危惧種56種を加えると3,772種となりました。 3.環境省レッドリスト 2020補遺資料について 「環境省レッドリスト2020補遺資料(別添資料4)」は、環境省レッドリスト2020において新たに掲載された41種、カテゴリーが再評価された28種、レッドリストから削除された5種の合計74種について、基礎情報(評価種の形態、生態、分布等)、生息状況の変化や随時見直しの評価理由等を解説したものです。 すでに刊行されている各分類群のレッドデータブック2014及び過去の随時見直し時に公表した補遺資料と合わせて、絶滅のおそれのある野生生物の保護を進めていくための基礎的な資料として広く活用されることが望まれます。 4.環境省レッドリスト 2020の入手方法 以下のいずれかの方法で入手可能です。 env. html (インターネットをお使いでない場合)• 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室にて直接配布 なお、事前連絡がない場合はお待たせする可能性があります。 返送用封筒(A4版、切手390円分を貼り宛先を記入)を同封して下記に送付 別添資料3を印刷して返送します。 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館26階 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室 添付資料•

次の

環境省_レッドリスト

環境 省 レッド リスト 2019

概要 [ ] 環境省によるレッドデータブックは、同省が作成・改訂した(絶滅のおそれがある動植物のリスト)に基づき、より具体的な内容を記載したデータブックである。 IUCNによるものと区別するため、 JRDBとも呼ばれる。 「レッドデータブック」は通称であり、正式な名称はに出版されたものは『 日本の絶滅のおそれのある野生生物』、からの見直し作業の後に出版されたものは『 改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック-』という。 さらには、三訂版である2014年度に『レッドデータブック2014』が作成された。 レッドデータブックを作成する目的は、絶滅の危機にある野生生物の現状を的確に把握することである。 レッドデータブックに基づき、(種の保存法)に基づく希少野生動植物の指定やの保全・保護方策の検討、への活用、一般市民への普及・啓発などが期待されている。 そのような目的から、積極的な情報公開が行われており、環境省の内に、を検索・閲覧できるページが設置されているほか、による地方公共団体の情報をまとめたサイト( )が存在する。 作成の経緯 [ ] 初版 [ ] 環境庁(当時)の「レッドデータブック」は、、自然保護局(当時)野生生物課が発足すると同時に作成が開始され、財団法人から、5月に『日本の絶滅のおそれのある野生生物-脊椎動物編』が同年10月に同『無脊椎動物編』が発行された。 しかしその後、IUCNのレッドリストのカテゴリー改定()があったことなどを受けて、早くもその内容が見直されることになった。 なお、植物については、既に、財団法人と財団法人日本委員会が共同して『我が国における保護上重要な植物種の現状』を作成していた。 環境省の『』にて、レッドデータブックに掲載されている情報を検索・閲覧することができる。 改訂版 [ ] 旧版レッドデータブックの見直しに当たり、野生生物課では、1995年から、動植物を下記の9分類群に分け、それぞれのを作成し、このリストを踏まえて、改訂版の「レッドデータブック」を編集した。 その後、レッドデータブックの改訂作業が順次始められ、7月の植物I()を始まりに、に最終巻の「」が完成、出版された。 汽水・淡水• 陸・淡水産• I()• 植物II(維管束植物以外) - 、、、 改訂版レッドデータブックは財団法人から、「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック-」として、分類群ごとに書籍の形で全9冊が刊行されている。 また、環境省の『』にてレッドデータブックに掲載されている情報を検索・閲覧することができる。 - 、、、 2014年版 [ ] 2014年10月から2015年3月にかけて、2012年8月及び2013年2月に発表された第4次レッドリストに基づいたレッドデータブックが刊行された。 2014年版レッドデータブックは株式会社から、『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物-』として、各分類群ごとに書籍の形で全9冊が刊行されている。 各分類群は、ほぼ改訂版と同じであるが、「陸・淡水産貝類」が対象を広げ「」に、「・等」が「その他無脊椎動物(クモ形類・甲殻類等)」に変更されている。 レッドデータブックカテゴリー [ ] 詳細は「」を参照 その他の団体によるレッドデータブック [ ] 日本国内では、環境省の他にも、学術団体やや等のなどによりレッドデータブックが発行されており、その対象とする分類群が環境省版よりも広い場合も多い。 はに「日本の希少な野生水生生物に関するデータブック」を発行しており、環境省版では対象としていない海生生物含む水生生物を対象としている。 学術団体などでは、環境省よりも早くに、及び日本委員会の合同で、に維管束植物のレッドデータブックが作成され 、これは、日本におけるレッドデータブックの先駆けとも言われている。 はにのレッドデータブックを作成しており、も対象としているなど、環境省版よりも範囲を広げて評価している。 環境省が汽水域・干潟域の生物を対象とするよりもまえに、日本委員会は、『WWF Japan サイエンス・レポート』にて、干潟海岸における底生生物のレッドデータブックを作成した(花輪・佐久間編、1996)。 その後、2012年ににおいて『干潟の絶滅危惧動物図鑑』が発行されている。 地方公共団体においては、1995年にとが作成したものがはじめてと言われている。 には、47都道府県の全てでレッドデータブック又はレッドリストが作成されており、中には改訂を行った地方自治体もある。 その中には、独自の分類群や項目を設定している場合があり、例えばでは、生物だけではなく・・や自然を評価対象にしている。 また、複数の自治体をまたがる地域版のレッドデータブックとして、の7府県(兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、三重県)を対象とした「近畿地方における保護上重要な植物 -レッドデータブック近畿-」が、1995年に作成されている。 脚注 [ ]• 環境省報道発表資料 『』、2014年10月9日。 環境省報道発表資料 『』、2015年3月9日。 環境省報道発表資料 『』、2015年3月20日。 環境庁(2000、21頁)• 水産庁編 (2000)• 』(2015年5月8日閲覧)• 日本哺乳類学会編(1997)• 日本ベントス学会編(2012)• 京都府『』(2015年5月8日閲覧)• レッドデータブック近畿研究会編著『近畿地方の保護上重要な植物 -レッドデータブック近畿-』関西自然保護機構、1995年1月、121頁。 参考文献 [ ]• NPO法人及びNPO法人Envision環境保全事務所『』(2015年5月8日閲覧)• 環境庁自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物8 植物I(維管束植物)』財団法人自然環境研究センター、2000年7月、660頁、。 編『日本の希少な野生水生生物に関するデータブック』 財団法人自然環境研究センター、2000年3月、437頁。 『』(2015年5月8日閲覧)• 生物多様性政策研究会編『生物多様性キーワード事典』中央法規出版、2002年、162-163頁、。 編『レッドデータ 日本の哺乳類』文一総合出版、1997年9月30日、279頁、。 編『干潟の絶滅危惧動物図鑑 海岸ベントスのレッドデータブック』東海大学出版部、2012年7月20日、306頁、。 花輪伸一・佐久間浩子編集「特集:日本における干潟海岸とそこに生息する底生生物の現状」『WWF Japan サイエンス・レポート第3巻』財団法人日本委員会、1996年12月20日、1-181頁。 レッドデータブック近畿研究会編著『近畿地方の保護上重要な植物 -レッドデータブック近畿-』関西自然保護機構、1995年1月、121頁。 我が国における保護上重要な植物種及び群落に関する研究委員会 種分化会編『我が国における保護上重要な植物種の現状』財団法人・財団法人日本委員会、1989年11月、320頁。 関連項目 [ ]• - 京都府内の絶滅危惧野生生物種および、自然生態系などを対象。 (発刊: )• 参考となる出版物 [ ] 読者の参考となる書籍を紹介する。 本記事の執筆に直接使用していないものも含まれるので注意。 環境省版レッドデータブック [ ]• 初版レッドデータブック• 環境庁自然環境局野生生物課編『日本の絶滅のおそれのある野生生物 脊椎動物編』財団法人自然環境研究センター、1993年10月、340頁、。 環境庁自然環境局野生生物課編『日本の絶滅のおそれのある野生生物 無脊椎動物編』財団法人自然環境研究センター、1993年10月、271頁、。 改定版レッドデータブック• 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物1 哺乳類』財団法人自然環境研究センター、2002年3月、177頁、。 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物2 鳥類』財団法人自然環境研究センター、2002年8月、278頁、。 環境庁自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物3 爬虫類・両生類』財団法人自然環境研究センター、2000年2月、120頁、。 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物4 汽水・淡水魚類』財団法人自然環境研究センター、2003年5月、230頁、。 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物5 昆虫類』財団法人自然環境研究センター、2006年8月、246頁、。 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物6 陸・淡水産貝類』財団法人自然環境研究センター、2005年7月、402頁、。 環境省自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物7 クモ形類・甲殻類等』財団法人自然環境研究センター、2006年1月、86頁、。 環境庁自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物8 植物I(維管束植物)』財団法人自然環境研究センター、2000年7月、660頁、。 環境庁自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物9 植物II(維管束植物以外)』財団法人自然環境研究センター、2000年12月、429頁、。 2014版レッドデータブック• 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 1 哺乳類』ぎょうせい、2014年9月、132頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 2 鳥類』ぎょうせい、2014年9月、250頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 3 爬虫類・両生類』ぎょうせい、2014年9月、153頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 4 汽水・淡水魚類』ぎょうせい、2015年2月28日、414頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 5 昆虫類』ぎょうせい、2015年2月、509頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 6 貝類』ぎょうせい、2014年9月、455頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 7 その他無脊椎動物(クモ形類・甲殻類等)』ぎょうせい、2014年9月、82頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 8 植物I(維管束植物)』ぎょうせい、2015年3月、646頁、。 環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生生物- 9 植物II(蘚苔類、藻類、地衣類、菌類)』ぎょうせい、2015年2月、580頁、。 その他の団体によるレッドデータブック [ ] 海生・水生生物• 水産庁編『日本の希少な野生水生生物に関するデータブック』 財団法人自然環境研究センター、2000年3月、437頁。 底生生物• 花輪伸一・佐久間浩子編集「特集:日本における干潟海岸とそこに生息する底生生物の現状」『WWF Japan サイエンス・レポート第3巻』財団法人日本委員会、1996年12月20日、1-181頁。 編『干潟の絶滅危惧動物図鑑 海岸ベントスのレッドデータブック』東海大学出版部、2012年7月20日、306頁、。 哺乳類• 日本哺乳類学会編『レッドデータ 日本の哺乳類』文一総合出版、1997年9月30日、279頁、。 維管束植物・植物群落• 我が国における保護上重要な植物種及び群落に関する研究委員会 種分化会編『我が国における保護上重要な植物種の現状』財団法人・財団法人日本委員会、1989年11月、320頁。 外部リンク [ ]• - NPO法人及びNPO法人Envision環境保全事務所• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の