おしゃべりする。 君とおしゃべりできて、とても楽しいって英語でなんて言うの?

「話す・喋る・会話する」の中国語|いろんな「話す」もこれで完璧!

おしゃべりする

女子のおしゃべりは… 結論から言えば、女子のおしゃべりは永遠の謎。 なぜ女子たちがあんなにもおしゃべりなのか、当の本人たちにも分かっていません。 そのため、彼氏や旦那さんが「ねぇ、友達と2時間も話してたよ。 ちょっと長電話しすぎじゃない?」なんて注意しても、彼女たちにとってはピンとこないもの。 「みんなこれくらい普通だけど??」な〜んて言われるのがオチ。 そう、女子同士では、カフェで一日中だって話に花を咲かせられるのです。 例えば、職場で上司から「女子のおしゃべりは発展性が無いから、今日からおしゃべりは禁止にする」なんて言われたとします。 ・・・はい、彼女たちは1日も守る事ができないでしょう(笑) それどころか、おしゃべりできないストレスのせいで、仕事の能率がガタ落ちしてしまう可能性が大きいのです。 女子からおしゃべりを取り上げることは、はっきり言って無理・・・。 おしゃべり好きは女子の脳に関係アリ 女子は生まれた時からおしゃべりさん。 この男女の違いがどこにあるのかと思いきや、なんと「脳」のつくりにありました。 女子の脳は、その仕組み上、おしゃべりせずにはいられないつくりになっていると言うのです。 その証拠に、女性の脳をスキャンしてみると、男性の脳に比べて話すことや言語に関する部分が、非常に活発に動いているということが分かるそうです。 この違いは、幼児期のうちからハッキリと現れます。 女の子の方が、同年代の男の子より言葉を話しはじめるのが早く、2歳にもなればそのおしゃべりは大人顔負け。 また、大人になってから使いこなす平均単語数も、女性の方が男性よりもはるかに多いことが分かっています。 というわけで、女子たちは、自分の感情を伝えるために、同じような単語を20個以上も並べられるのです。 女子はマルチタスク。 会話をしながら仕事もこなす 結婚してみれば、女子がいかにおしゃべり好きか、男性たちは思い知らされる事でしょう。 なんせ電話をしながら料理をするんですから!もちろん、電話をしながら掃除もするし、雑誌も読むし、テレビも観ます(笑) 旦那さんたちは実に不思議でしょう。 なぜ、会話をしながらアレもコレもできるんだと。 これは、まさに神様がくれた女子特有のスーパーテクニックとしか言いようがありません。 「女には後ろにも目がある」なんて言われるくらい、常にいろんな事に気が付くようにできています。 これも、脳の作りがそうなっているからなのですが、母親になればこの機能はさらに本領発揮! だって母親になれば、楽しくおしゃべりしながらも、頭の中では常に夕食の献立を考え、旦那さんの帰宅時刻を気にしながら、子どもが危険にさらされていないか見ていなくてはいけませんからね。 女子の会話は話題が豊富。 話のネタは100個! 私はよく夫から「今日は友達と会って何を話したの?」なんて聞かれるのですが。 これって一番厄介な質問なんですよね。 「ん~、イロイロ話したんだけど、いっぱい話し過ぎて、何話したか忘れちゃった。 」と言うのが本音です。 すると夫からは「え~!4時間も話してたんだから、一つ二つ覚えてるでしょ?」なんていう返しが。 そもそも 女性にとって「何を話したか」はさほど重要ではなく、「友達と会って会話を楽しんだこと」こそが重要なのです。 しかも話題豊富な女子たちは、1時間もあれば100個くらいのありとあらゆる話題で会話ができちゃいます。 そのほとんどが他愛もない話なので、それをイチイチ覚えてはいないんですよね。 だからと言って「得るものが無くて無駄な時間を過ごしたね」なんて、奥さんや彼女の前では絶対禁句! 会話を楽しんだことで十分満たされていますから^^ 女子はおしゃべりで心理状態を安定させる 朝会社に行く前に、男性は一日のスケジュールを優先順位順に組み立て、それをメモに書き留めて出発します。 でも女子は、今日やらなければならない事を、とにかく思いつくままに書き出してみて、それをどうこなそうかと口に出しながら考えるのです。 「まずは、会社に行く前にクリーニング店に寄って・・・、その後、定期を買う・・・、あっそうだ!今日中には洗車もしないとなぁ・・・、彼にメールの返事も出さなきゃ!・・・」と言った具合。 しかもこれ、女子同士ならば普通の事なのに、男性からすると理解できないのだとか。 女子はもともと声に出して心理状態を安定させるため、独り言のようなおしゃべりをしてしまいがち。 もし、彼女たちが頭の中だけで考えようものなら・・・逆に出口の無い迷路に迷い込んでしまいます。 ただし職場では、こうした女子ならではのおしゃべりも、思考散漫で知性が低いと見られがちなので、女性の皆さんはご注意を。 離婚理由の多くは会話の少なさ 女子にとっての破局、または離婚理由の約9割は、彼氏や旦那さんが一日の終わりに会話をしてくれない事にあるのだそう。 さて、この結果にドキッとした男性陣も多いのではないでしょうか? 先ほども述べたように、女子にとって会話をすることは、情報交換の為ではなく相手と親密になりたいため。 または、親密な関係を再確認したいため。 たまにストレス発散のため。 会話の内容なんて、ハッキリ言ってどうでも良いのです。 ただ一緒に他愛もない話をして、今日あったこと思ったことを共有・共感してもらいたいのです。 会話することによって、不安定だった心理状態が安定し、心が満たされるようつくられているから。 また、女子はもともと協調性を重視する平和主義者のため「我慢してでも円満な雰囲気を壊したくない」と思っている場合がほとんど。 だからこそ、彼女が「別れ」を決意してしまった時には、それを挽回しようとしても既に手遅れなのです。 愛は伝えないと伝わりません。 伝え方は「話しを聞いてあげること」。 もし彼氏や旦那さんが、彼女や奥さんのために一日30分でも会話する時間を持ってさえくれれば、離婚率(破局率)は大幅に減ることでしょう。 男性に対しては単刀直入に話そう ここまでは、男性に女性の気持ちを理解してもらうための内容でした。 最後は女性向けの内容です。 彼女や奥さんが、彼氏や旦那さんに良く言われるセリフの中にはこんなのがあります。 「 いったい何が言いたいのか分からない!」 そう、女子の話し方は長々と要点が曖昧で、男性からしたらいったい何が言いたいのか分からない事が多いのです。 これが女子同士なら、普通の事なのでさほど問題にはならないんですが・・・、男性にとってはイライラの原因に。 そもそも女子は、物事を単刀直入に言うことはりしませんよね? 遠回しな言い方を好み、たとえ遠回しに言ったとしても、女子同士なら言いたいことの意図をしっかりキャッチできるのです。 しかし、男性に同じように話しても「???」・・・な顔をされるのがオチ。 しぶしぶ正直に打ち明けると「始めっからそう言ってよ!」と怒られてしまいます。 「彼氏・旦那さんのシンプルな頭では、女子の複雑な言葉遊びを読み取れない」と理解しておくことで、余計なトラブルを防ぐことができます。 女子から男性への会話では、野球で言う変化球は通用しないのです。 常に直球を投げるよう心掛けることで、しっかり伝えたいことを伝えることができます。 この記事のまとめ なぜ女子はあんなにもおしゃべりなのか!?おしゃべりの心理や脳について• 女子のおしゃべりは生活の一部 女子同士では、カフェで一日中だって話に花を咲かせられるのです。 おしゃべり好きは女子の脳に関係アリ 女子の脳は男性の脳に比べて、話す事や言語に関する部分が非常に発達しています。 また、使いこなす平均単語数も、女子のほうが男性よりも遙かに多いことが分かっています。 女子はマルチタスク。 会話をしながら仕事もこなす 「女子は後ろにも目がある」なんて言われるくらい、常にいろんな事に気が付くようにできています。 女子の会話は話題が豊富。 話のネタは100個! 女子にとって「何を話したか」はさほど重要ではなく、「友達と会って会話を楽しんだこと」こそが重要。 女子はおしゃべりで心理状態を安定させる 女子はもともと声に出して心を整理するように出来ているため、男性陣は愛嬌だと受け止めてあげましょう。 ただし職場では、こうしたおしゃべりが思考散漫で知性が低いと見られがちなので、女子の皆さんはご注意を。 多くの離婚理由も会話にあり 女子にとっての破局、または離婚理由の約9割が、彼氏や旦那さんが一日の終わりに会話をしてくれないことにあるのだとか。 もしカップル・夫婦で一日30分でも会話する時間を持てさえすれば、離婚率(破局率)は大幅に減ることでしょう。 男性に対しては単刀直入に話そう 女子が好む遠回しな言い方は、男性には理解されません。 「彼氏・旦那さんの頭では女子の複雑な言葉遊びを読み取れない」と知っておけば、余計なトラブルを防ぐことができます。 女子にとって会話がいかに重要であるか、男性の皆さんは理解しておきましょう。 そして、男性に遠回しな言い方は無駄だと、女子の皆さんは理解しておきましょう。

次の

【横浜】おしゃべりする夜カフェ夜ごはん特集

おしゃべりする

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 2• Weblio Email例文集 6• 浜島書店 Catch a Wave 1• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 2• 日本語WordNet 3• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 1• Tanaka Corpus 11• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 2• 官公庁発表資料• 特許庁 8• 書籍・作品• Frank Baum『オズの魔法使い』 2• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 2• This applies worldwide. 翻訳: 武田正代 pokeda kcb-net. mit. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ) プロジェクト杉田玄白 正式参加作品。 genpaku.

次の

「話す・喋る・会話する」の中国語|いろんな「話す」もこれで完璧!

おしゃべりする

I love talking with you! Talking with you is so much fun. Its great when we talk, I enjoy it so much! You can also say... (あなたとおしゃべりするのがとても大好きです) Talking with you is so much fun. (あなたとお話しするのはとても楽しいです) It's great when we talk, I enjoy it so much! (あなたと話すのはとても素晴らしいです、とても楽のしかったです) また、次のように言う事も出来ます。 In a business situation, you could declare that you believe your usual discussions with someone are 'highly productive' or 'mutually beneficial. ' On the other hand, if you are with a close friend or perhaps a work colleague and you are chatting about things other than work, you may say simpl,y that you love or enjoy chatting with them v ery much - or something similar: "Always great having a chat with you, Maria! 一緒にすごく楽しめたよ。 この場合、companyとは、その場に一緒にいる人のことを指します。 彼らと話すのはいつも楽しいです。 chattingとは、おしゃべりのようなカジュアルな会話のことを指します。 例文: I feel much better it was a pleasure chatting with you. あなたとおしゃべりできてとても楽しかったわ。 I really enjoy their company they have a great vibe. 最高の雰囲気で楽しめたよ。 "I enjoy your company immensely! "- We say the word "company" when we refer to someone we are talking to. When we say we enjoy something "immensely", it means that we get a lot of pleasure out of it. "immensely" means "a lot". You could use this word when you are talking about anything there is "a lot" of. For example: " He has immense knowledge on the subject". "It is always a pleasure to converse with you! "- We use the phrase "it is a pleasure" when we are talking about something we like. Thank you for your question. Hope this helps! I always look forward to our conversations. To look forward to something means that it is something that you derive great pleasure from and that you find stimulating and interesting. Example: I'm looking forward to the party on Saturday. I enjoy chatting to you immensely. Chatting is a word that means talking informally to someone that you are very comfortable with and that you regard more often than not, as a friend. Example: The two friends chatted for a while before going their separate ways. "Separate ways" means going to two different places.

次の