プリン シェイク 作り方。 「プリン」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

材料5つで、極上のなめらか食感! 洋菓子研究家が教える「本当においしいプリン」のレシピ

プリン シェイク 作り方

大人も子どももみんな大好きなプリン。 今回はおうちで固めプリンを作るレシピをお届けしたいと思います。 卵の味わいがほっこりおいしい定番プリンのほか、紅茶とスパイスでアレンジしたチャイ風プリン、コンデンスミルクの濃厚な味わいのベトナム風プリンなど固めプリンのアレンジもご紹介いたします。 懐かしさ満点!固めプリンの作り方 喫茶店などで食べられる人気の固めプリンを自宅で作ってみましょう。 材料を混ぜて湯煎するだけなので、実は簡単!休日のおやつにもぴったりです。 【材料】(プリンカップ4個分)• 全卵(L玉):2個• 卵黄:1個• グラニュー糖:60g• 牛乳:250cc• 生クリーム:40ml• 〈カラメルソース〉• グラニュー糖:60g• 水:大さじ2 【作り方】 1. カラメルソースを作ります。 グラニュー糖と水を入れ中火にかけ、全体がフツフツして、濃いあめ色になったら、お湯少々(分量外)を加え混ぜ、プリンカップにそれぞれ流します。 ボウルに卵とグラニュー糖入れ、泡立てないように混ぜます。 小鍋に生クリームを入れ人肌に温めたら、[2]に加えます。 カップに注ぎます。 [3]を濾して、[1]のカップに流し入れます。 表面が固まったらバットから取り出し、粗熱を取れたら冷蔵庫で冷やしてできあがり。 基本の固めプリンのレシピに、紅茶とスパイスを加えて、チャイ風にアレンジしてもおいしいです。 基本のプリンのレシピの[3]の工程で、下記の材料をプラスするだけでOK。 ***• 【チャイ風プリンの追加材料】• 紅茶(アッサム):大さじ2• シナモンスティック:1本• ブラックペッパー(ホール):小さじ1• しょうが(薄切り):2枚 *** スパイスのピリッとしたアクセントと紅茶の苦味が大人テイスト。 ブランデーなどと一緒にいただいても合いますよ。 ベトナム生まれの固いプリン!バイン・フランの作り方 プリンはヨーロッパから日本に伝わったスイーツですが、アジアでも親しまれています。 ベトナムにはコンデンスミルクを使った濃厚な味わいの「バイン・フラン」と呼ばれるプリンがあります。 コンデンスミルクが濃厚な味わいのプリンに。 いつもとちょっと違うプリンを食べてみたい方はぜひ挑戦してみては?• 【材料】(ココット3個分)• 卵(L玉):2個• 牛乳:120ml• コンデンスミルク:120ml• バニラエッセンス:小さじ1• 〈カラメルソース〉• グラニュー糖:60g• 水:大さじ1• カラメルソースを作ります。 小鍋にグラニュー糖を入れて火にかけ、濃いあめ色になったら火を止め、ベトナムコーヒーを入れ混ぜ、カップにそれぞれ流します。 ボウルに卵と半量の練乳を加え、泡立てないように混ぜ合わせます。 小鍋に牛乳と残りの練乳を加え、人肌にあたため、[2]に加えます。 [3]を濾して[1]のカップにそれぞれ注ぎ入れます。 蒸気の上がった蒸し器に[4]を入れ、中火で約7〜10分間蒸します。 プリンの表面が揺すっても揺れなくなったら完成です。 アレンジしてもおいしい固めプリン。 手作りプリンというと、なんとなく難しそうに感じてしまいますが、材料も手順も実はとってもシンプル。 手作りだからこそ自分の理想のプリンを探求できる楽しみも。 ぜひ、マイベストプリン作りに挑戦してみてくださいね。

次の

「プリン」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

プリン シェイク 作り方

大人も子どももみんな大好きなプリン。 今回はおうちで固めプリンを作るレシピをお届けしたいと思います。 卵の味わいがほっこりおいしい定番プリンのほか、紅茶とスパイスでアレンジしたチャイ風プリン、コンデンスミルクの濃厚な味わいのベトナム風プリンなど固めプリンのアレンジもご紹介いたします。 懐かしさ満点!固めプリンの作り方 喫茶店などで食べられる人気の固めプリンを自宅で作ってみましょう。 材料を混ぜて湯煎するだけなので、実は簡単!休日のおやつにもぴったりです。 【材料】(プリンカップ4個分)• 全卵(L玉):2個• 卵黄:1個• グラニュー糖:60g• 牛乳:250cc• 生クリーム:40ml• 〈カラメルソース〉• グラニュー糖:60g• 水:大さじ2 【作り方】 1. カラメルソースを作ります。 グラニュー糖と水を入れ中火にかけ、全体がフツフツして、濃いあめ色になったら、お湯少々(分量外)を加え混ぜ、プリンカップにそれぞれ流します。 ボウルに卵とグラニュー糖入れ、泡立てないように混ぜます。 小鍋に生クリームを入れ人肌に温めたら、[2]に加えます。 カップに注ぎます。 [3]を濾して、[1]のカップに流し入れます。 表面が固まったらバットから取り出し、粗熱を取れたら冷蔵庫で冷やしてできあがり。 基本の固めプリンのレシピに、紅茶とスパイスを加えて、チャイ風にアレンジしてもおいしいです。 基本のプリンのレシピの[3]の工程で、下記の材料をプラスするだけでOK。 ***• 【チャイ風プリンの追加材料】• 紅茶(アッサム):大さじ2• シナモンスティック:1本• ブラックペッパー(ホール):小さじ1• しょうが(薄切り):2枚 *** スパイスのピリッとしたアクセントと紅茶の苦味が大人テイスト。 ブランデーなどと一緒にいただいても合いますよ。 ベトナム生まれの固いプリン!バイン・フランの作り方 プリンはヨーロッパから日本に伝わったスイーツですが、アジアでも親しまれています。 ベトナムにはコンデンスミルクを使った濃厚な味わいの「バイン・フラン」と呼ばれるプリンがあります。 コンデンスミルクが濃厚な味わいのプリンに。 いつもとちょっと違うプリンを食べてみたい方はぜひ挑戦してみては?• 【材料】(ココット3個分)• 卵(L玉):2個• 牛乳:120ml• コンデンスミルク:120ml• バニラエッセンス:小さじ1• 〈カラメルソース〉• グラニュー糖:60g• 水:大さじ1• カラメルソースを作ります。 小鍋にグラニュー糖を入れて火にかけ、濃いあめ色になったら火を止め、ベトナムコーヒーを入れ混ぜ、カップにそれぞれ流します。 ボウルに卵と半量の練乳を加え、泡立てないように混ぜ合わせます。 小鍋に牛乳と残りの練乳を加え、人肌にあたため、[2]に加えます。 [3]を濾して[1]のカップにそれぞれ注ぎ入れます。 蒸気の上がった蒸し器に[4]を入れ、中火で約7〜10分間蒸します。 プリンの表面が揺すっても揺れなくなったら完成です。 アレンジしてもおいしい固めプリン。 手作りプリンというと、なんとなく難しそうに感じてしまいますが、材料も手順も実はとってもシンプル。 手作りだからこそ自分の理想のプリンを探求できる楽しみも。 ぜひ、マイベストプリン作りに挑戦してみてくださいね。

次の

プリン作り講座 〜昔風プリンの作り方〜|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

プリン シェイク 作り方

つまり、湯煎の温度次第で、食感や風味はもちろん、見た目にも差が出てしまうの。 高温で一気にプリンを焼くと、プリンが固まる前に、生地の中に含まれる水分が沸騰してしまって、焼き上がりに細かな穴が開いてしまうの。 必ず、型の半分はお湯に浸からせて焼いてくださいね! そして、もうひとつ。 ポイントを守るだけで、キメ細やかでなめらかな食感のプリンに仕上げることができますよ」 フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の