アバルト スパイダー。 マツダNDロードスターvsアバルト124スパイダー!違いを比較!

アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 アバルト流“快楽へのアプローチ”

アバルト スパイダー

2018年を生きる貴重な国産FRオープンスポーツ、それが「マツダ ロードスター(NDロードスター)」です。 代々「人馬一体」をコンセプトとするロードスターは、どの年代の誰が乗っても純粋に走りを楽しめるであろう、時代時代で愛され続けてきた名車と言えます。 2015年にデビューした現行型は「ND系」と呼ばれ、NA、NB、NCと続くマツダ ロードスターの4代目に当たります。 そんなNDロードスターには、実はもっと近い兄弟が存在します。 今回はこの NDロードスターと124スパイダーの違いを総比較してみたいと思います。 「アバルト 124スパイダー(ABARTH 124 Spider)」とは? 引用元: 「アバルト 124スパイダー」とは、4代目のロードスター、「NDロードスター」をベースとしてイタリアのブランド「アバルト」が手掛けた兄弟車です。 正確には、NDロードスターをベースにイタリアのフィアットが兄弟車「フィアット 124スパイダー」を作り、これをアバルトブランドがチューンアップしたものが「アバルト 124スパイダー」。 しかし日本国内で正規販売されているのは「アバルト 124スパイダー」のみ。 しかも、実は全て広島にあるマツダの工場で生産されています。 エンジンのみ輸入。 「マツダ NDロードスター」と「アバルト 124スパイダー」の違い ロードスターがベースと言っても、この「アバルト 124スパイダー」、外観だけが異なるだけではありません。 ではいったいどこがどう違うのか、その辺りを詳しく見ていきましょう。 エクステリア(外観)の比較 外観は全くの別物! 見比べればわかりますが、 同じ箇所(同一のボディパネル)はひとつもありません。 フロントデザイン マツダ NDロードスター 引用元: アバルト 124スパイダー 引用元: フロントはNDロードスターの方が低く尖った印象を受けますが、対してアバルト 124スパイダーはヘッドライトやグリルが大型化して迫力が増しています。 見るからにNDロードスターの方が軽そう。 リヤデザイン マツダ NDロードスター 引用元: アバルト 124スパイダー 引用元: リヤデザインはNDロードスターの方はテールランプが中央に寄り、ボディラインも絞られ、コンパクトでスマートな印象。 一転してアバルト 124スパイダーはリアもマッシブな仕上がりですね。 どちらかと言うとNDロードスターの方が流線型が強く、デザインも欧州テイストを感じさせます。 124スパイダーのリアはどこかアメ車チック。 フロントデザインもそうですが、 ここまで外観が異なるとパッと見でベースが同じとは思えませんよね。 わずかな違いですが、アバルト 124スパイダーはレザー仕様のシートを標準としていること、ハンドルにレッドラインが入ること、また各部やナビの立上げ時に表示されるロゴはそれぞれのブランドのものであることなどが挙げられます。 レザーが使われている分、ややアバルト 124スパイダーの方が高級感があるようにも感じられるかもしれませんが、シートの材質には好みもありますし、スポーツ走行を楽しむ人の中には社外品に交換してしまう人もいるでしょうから、あまり大きな違いはないと考えて良いのではないでしょうか。 696 2. 866 無鉛プレミアムガソリン 16. 696 2. 866 無鉛プレミアムガソリン 16. 863 3. 454 無鉛プレミアムガソリン 13. NDロードスターが1. 5L自然吸気エンジンなのに対し、アバルト 124スパイダーは1. 4L+ターボを搭載しています。 これによりアバルト 124スパイダーは最高出力、最大トルクともに向上しており、合わせて足回りをリセッティング、また僅かに幅広のタイヤを履かせています。 総じて 全体的なスポーツ性能もアバルト 124スパイダーの方が上と言っていいでしょう。 車重は100kg以上もアバルト 124スパイダーの方が重いものの、そこは最大トルクの差(10kgf!)によってカバーされています。 しかもアバルト 124スパイダーはターボを搭載したことで2,500回転という低い回転数で最大トルクを発揮できるため、街乗りでは重量差を感じることなくかなり快適に走れるはずです。 ただし車体が重く、ターボを採用していることから、アバルト 124スパイダーの方が燃費は悪め。 カタログ値で最大航続可能距離を計算すると、NDロードスターの672kmに対してアバルト 124スパイダーは621km(いずれもMTの場合)。 アバルト 124スパイダーの方が燃料タンクが大きいにも関わらず航続可能距離で及ばないとなると、結構大きな差と言えそうです。 ボディサイズは前後方向にはアバルト 124スパイダーの方が長いものの、それ以外は見た目ほど差がありません。 パッと見はNDロードスターの方が圧倒的にコンパクトに見えますが、まぁベースが同じなので当然といえば当然ですね。 車幅感覚等はほとんど変わりませんが、フロントが短い分、日常での取り回しはややNDロードスターに軍配が上がりそうですね。 価格はRSグレードと比べても729,800円もアバルト 124スパイダーの方が高額です。 小さくない差額ですが、ここまで来るとベースが同じとはいえもはや別ものですし、アバルト 124スパイダーにはその差額分だけの価値があると思います。 欲を言えば内装にもう少しプレミアム感が欲しかったところではありますが・・・。 貴重なFRオープンスポーツ(2シーター)• エクステリアはマッシブで高級感と迫力がある• インテリアはロードスターとほぼ同じ(レザー仕様)• 4Lターボ搭載でエンジン性能(最大トルク)はNA2. 5L相当• ロードスターと比べると100kg以上重く、ターボ搭載により燃費は劣る• ロードスターRSと比べて73万円ほど高額• 希少性はロードスターより圧倒的に上 こんなところでしょうか(ちょっとホメ過ぎ?)。 冒頭でも触れましたが、 今や新車で買えるFRスポーツは数えるほどしかないんですよね。 FRスポーツのうち、MT設定のある普通車サイズの国産車だと、それこそ「トヨタ 86」と「スバル BRZ」、「日産 フェアレディZ」を除けば、「マツダ NDロードスター(RF含む)」と、この「アバルト 124スパイダー」しかありません。 独特のデザインで価格以上の存在感と高級感がありますし。 それに1. うーん、欲しい!.

次の

124スパイダー(アバルト)の中古車

アバルト スパイダー

引き締まったシャシーの生み出す パフォーマンス。 このカテゴリーに新たな基準を打ち立てている。 最適な重量配分(50:50)と高い敏捷性やパフォーマンスを実現するため、重いコンポーネントはすべてホイールベース内に配置。 比類なきハンドリングはレースのノウハウをフィードバックしたサスペンションによるものだ。 アバルトレーシングコルセチームと共同開発したトランスミッションは、オートマチックでもマニュアルでもダイナミックなドライビングエクスペリエンスを実現。 楽しみとしての走りが真剣なものへと一変する。 0 圧縮比 9. 363 3. 538 2速 2. 348 2. 060 3速 1. 647 1. 404 4速 1. 262 1. 000 5速 1. 000 0. 713 6速 0. 844 0. 582 後退 3. 863 3. 168 最終減速比 3. 454 3. 8 12. お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 の登録商標です。 ご了承ください。

次の

アバルト124スパイダー、マツダ ロードスターがベースだけど全く違う!?

アバルト スパイダー

引き締まったシャシーの生み出す パフォーマンス。 このカテゴリーに新たな基準を打ち立てている。 最適な重量配分(50:50)と高い敏捷性やパフォーマンスを実現するため、重いコンポーネントはすべてホイールベース内に配置。 比類なきハンドリングはレースのノウハウをフィードバックしたサスペンションによるものだ。 アバルトレーシングコルセチームと共同開発したトランスミッションは、オートマチックでもマニュアルでもダイナミックなドライビングエクスペリエンスを実現。 楽しみとしての走りが真剣なものへと一変する。 0 圧縮比 9. 363 3. 538 2速 2. 348 2. 060 3速 1. 647 1. 404 4速 1. 262 1. 000 5速 1. 000 0. 713 6速 0. 844 0. 582 後退 3. 863 3. 168 最終減速比 3. 454 3. 8 12. お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 の登録商標です。 ご了承ください。

次の