ケフィア 作り方 牛乳。 豆乳ヨーグルトの作り方!簡単で美味しいケフィア使った手順を解説!

ケフィアの作り方

ケフィア 作り方 牛乳

taesus. com カナダで初めてケフィアというものを知り、数週間食べ続けていたら好きになったので少し分けてもらいました。 現在は旅中なのですが、日本まで持ち帰りたいのでずっと持ち歩き育ててます、笑 ただ量が多いと旅中大変なので少量にし、今は種を持ち帰ること重視で 食べてはいないです。 ケフィアって? ケフィアとはロシアのカフカース地方で伝統的に食べられてきた発酵乳です。 ケフィアグレインという ケフィアの種に乳を加えてケフィアを作ります。 ケフィアグレインは乳を加えると増大していきます。 現在日本では粉末状のものが市販で売られてるようです。 海外のスーパーではペットボトルで売られているのをよく見かけます、飲むヨーグルトみたいな感じなんでしょうか。 ヨーグルトと違うのは 酵母との複合発酵であることや、 乳酸菌の種類の多さ、 発酵温度など。 作り方 1. ケフィアグレインに牛乳(本場ロシアでは山羊乳なども)を加え、布やハンカチなどで蓋をします。 常温で一日放置し発酵させます。 24時間を目安に出来上がりです、ケフィアグレインはまた使うので網目の漉し器(こしき)などで濾します。 そのまま食べても良いですし、フルーツなども合います。 カナダにいた時はオートミールにかけて朝食に食べてました。 残ったケフィアグレインはまた同じように牛乳を入れて発酵させます。 24時間でできるので毎日やるのが理想ですが、今は旅中なので2日毎とかになることもあります、、。 ケフィアは基本的に強い菌なので滅多に悪くなることはないですが。 やるときは 熱湯消毒が欠かせないです! 洗剤などはなるべく使用しないで、熱湯消毒のみ私はします。 やはり雑菌が混じると危ないので、、 旅中のケフィアに使う物 容器 ちょうど良くあったマヌカハニーの容器に入れて持ち歩いてます。 こちらは常温でより長く保存できますが、開封したら普通の牛乳と一緒で早く飲み終わる必要があるので、ケフィアに使うときはどちらでも同じ、、 通常のがないときは仕方なくこの常温牛乳でやることもあるのですが、どうもケフィアの調子が悪くなる気がします、気のせいでしょうか、 しかも大きいサイズのものしかない場合が多く、移動中はもちろん冷蔵庫に入れられないので、数日で使い切れない場合捨てることもたまにあります、、。 飲んだりします。 航空会社ごとに規制が異なるので確認した方が良いかもしれません。 ちなみにこの時対応してくれた空港スタッフはケフィアを知りませんでした、、でも大丈夫って言ってたので、笑 豆乳でのケフィア作り 一度豆乳でもやってみました。 これは味が豆っぽくなりますが、特に牛乳と変わりなく作れました。 しかし 真正細菌の含まれていないミルクを使うと、ケフィアが育たなくなることもあるようです。 基本的には哺乳類のミルクが良いようです。 牛乳で作るものとは別に、グレインを分けて作ってみようかと。 グレインは増え続けるので。

次の

豆乳で作るケフィアが美味!マンネリ解消レシピ、作り方詳細

ケフィア 作り方 牛乳

この記事の目次• ウォーターケフィアの効果とは? ウォーターケフィアとは、ウォーターケフィアグレインと呼ばれる菌体をスターターとして、砂糖水で培養した乳酸菌飲料のことです。 日本では「 黒砂糖きのこ」とも呼ばれています。 ウォーターケフィアには、 乳酸菌・酵母・ビタミンB・ビタミンCなどが含まれるため、腸内環境を整える働きがあります。 しかもその乳酸菌の含有量がハンパなく、1gあたりに2000万個以上なんだとか! 一般的に市販されているヨーグルトなどをはるかに上回る乳酸菌の数です。 そのため、 便秘の改善・生活習慣病の予防・免疫強化など、健康と美容にとてもよい影響をもたらしてくれるんです。 そのうえ、フルーツなどで二次発酵させることで、とても爽やかで美味しい炭酸ドリンクになるため飲みやすく、世界中のアスリートやモデル、セレブの人たちの間で大人気になりました。 またウォーターケフィアは、黒砂糖の糖分をエサにして培養します。 そのため、牛乳などのたんぱく質で培養するケフィール(ヨーグルトきのこ)とは違い、 腐敗などの危険性が少なく安全であるというメリットもあります。 ウォーターケフィアの作り方 ウォーターケフィアの作り方はとっても簡単。 水・・・1リットル (浄水器の水やミネラルウォーター、湯冷ましもOK)• 黒砂糖・・・30グラム(大さじ2くらい)• ウォーターケフィアグレイン(黒砂糖きのこ菌体)・・・100グラム(1カップくらい) 【作り方】 1. 砂糖水を作る 熱湯消毒したガラス瓶に、黒砂糖と水を入れてよく溶かします。 ウォーターケフィアグレインと砂糖水を混ぜる ウォーターケフィアグレイン(黒砂糖きのこ菌体)を加え、軽く混ぜます。 ウォーターケフィアは金属に弱いので、混ぜるときは必ず金属製ではないマドラーやスプーンなどを使ってください。 プラスチック・シリコン・陶器・木製など、金属でなければなんでもOKです。 軽く混ぜた後、ガラス瓶の口を密封せずガーゼやペーパータオルなどで覆い、輪ゴムで止めます。 このまま24~48時間置いて室温で発酵させます。 暖かい時期はできるだけ涼しい場所に、寒い時期は暖かい部屋に置くのがよいです。 寒い時期は、3~4日くらいかかることもあります。 味を見て発酵具合を確認 24時間を過ぎたら液体の味を見て、黒砂糖の甘さがなくなっていれば出来上がり! まだ甘い場合は、ウォーターケフィアグレインがエサの糖分を食べ切っていない状態なので、甘味が消えるまで追加で放置します。 ザルで濾す 甘味が消えてウォーターケフィアが出来上がったことが確認できたら、グレインをザルで濾します。 濾した液体はペットボトルなどの保存容器に移して冷蔵庫に保存します。 そのまま飲んでもいいですし、フルーツジュースで割るのも飲みやすくておすすめです。 ウォーターケフィアの保存について 出来上がったウォーターケフィアは、冷蔵庫に保存し、1週間くらいで飲み切るようにしましょう。 発酵が終わりザルで濾したあとのグレイン(菌体)は、浄水で2~3回軽く水洗いをします。 洗ったグレインをそのまま次の発酵に使ってもいいですし、次の発酵まで時間が空く場合は、タッパーなどの保存容器に入れ、水をひたひたに入れて冷蔵庫に保存します。 長期保存する場合は、2~3日に1回水を替えましょう。 ウォーターケフィアグレインの購入方法は?どこで入手できる? 現在、ウォーターケフィアグレイン(菌体)は、知り合いから譲ってもらうという入手方法がほとんどのようです。 ウォーターケフィアグレイン(菌体)は一度手に入れてしまえば、発酵のたびに増え続けていきますので、ずっと自家培養をしていくことができます。 常時ではないですが、Yahooオークションやメルカリなどにも出品されていることがあります。 ウォーターケフィアグレインは常温で郵送することができるため、メルカリなら比較的簡単に手に入ります。 びっくりするほど簡単に作れて、しかも一般的なヨーグルトよりもたくさんの乳酸菌が手軽に摂れるウォーターケフィア。 フルーツで発酵させたり、味のバリエーションもいろいろ楽しめます。

次の

ヨーグルトメーカー(作り方・R

ケフィア 作り方 牛乳

かなの実験室へようこそ! 今回は種菌第2弾。 すばる屋で購入できるケフィア菌を使ってヨーグルトを作ってみたいと思います。 ケフィア菌の発酵温度は27度、発酵時間は24時間。 低温でじっくり発酵させます。 一般的なヨーグルトは、1~2種類の乳酸菌でできていますが、「ケフィア」は6種類もの乳酸菌と、酵母が含まれていて、乳酸菌と酵母が共生発酵しています。 ケフィアは酵母によってアルコール発酵し、発酵時に炭酸ガスが出る為、容器が膨らみます。 ヨーロッパなどでは容器に穴を開けて販売されていますが、日本では食品衛生上穴を開けての販売が認められていないため、市販する事が出来ません。 日本ではケフィアは手づくり以外に食べる方法がないのです。 「ケフィア」の健康効果。 腸内の善玉菌 ビフィズス菌 を増やし、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を改善します。 そのため腸がキレイになり、悪玉菌の増殖を抑え老化を防ぐといわれています。 また、便秘が解消し、ビタミンやミネラルの吸収がよくなりお肌が美しくなります。 また乳酸菌とビタミンが含まれているため免疫力を高める効果もあるようです。 ヨーグルティアで発酵。 冷蔵庫で冷やして完成! 固まりました。 食す 最初に酸味を強く感じます。 その後舌にピリッとした刺激というか、苦みの様なものを感じます。 味はあっさりしていますが、後味にコクを感じます。 舌触りはつるっとしていて、一般的なヨーグルトの感じです。 発酵時間が24時間と長いので、私の場合は忘れてしまわないか少し心配でした。 味は基本的には一般的なヨーグルトに近い感じでしたが、強い酸味とほんのりと苦みがあるため、好みがあるかもしれません。

次の