インフルエンザ 予防 接種 プール。 インフルエンザ予防接種の副作用って?こんな症状には注意!

赤ちゃんの予防接種後にプールに入ってもいい?NGな症状はある?

インフルエンザ 予防 接種 プール

10月から12月中旬は、インフルエンザ予防接種のシーズン 寒さによる免疫力低下から、これからの時期は体調を崩す人が増えてきます。 私たちの健康を脅かす代表ともいえるのが、 インフルエンザでしょう。 インフルエンザの流行が始まるのは、12月の下旬ごろ。 しかし、インフルエンザ予防接種は効果があらわれるまで2~4週間かかるため、10月から受付が開始されています。 予防接種を受ける場合は、11月中、遅くても12月中旬までには終えていると良いとされています。 受けに行こうかどうしようか、迷っている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、インフルエンザ予防接種を受けるときの注意事項に注目。 接種前の注意と接種後の注意に分けて解説します。 病院へ行く前に、正しい知識を身につけておきましょう。 image By 予防接種前:風邪の引き始めの人は事前に相談を まずはインフルエンザ予防接種を受ける前の注意事項です。 以下の7点に気を付けましょう。 医師に確認をとりましょう。 接種の可否を、必ず医師に相談してください。 インフルエンザ予防接種後は、基本的に日常生活を送って頂いて問題ありません。 ただし、飲酒や運動、入浴については以下の点に注意してください。 飲酒はほどほどに 予防接種を受けた当日の飲酒。 気になる人は多いのではないでしょうか? 基本的に、 少量であれば問題ありません。 ただし大量に飲んでしまうと、副作用が悪化したり、長期化する可能性があります。 できれば接種後の2~3日は飲酒を控えると良いでしょう。 激しい運動は控えましょう スポーツが好きな人にとっては、予防接種後に運動できるかどうかは大問題ですね。 基本的に、 日常生活程度の軽い運動なら問題ないとされています。 一方、激しい運動は控えてください。 運動による疲労によってワクチンの効果を充分に得られない可能性があります。 お風呂に入るときは、長風呂とゴシゴシ洗いは控えて インフルエンザ予防接種では、 当日の入浴は特に問題ありません。 ただし、長風呂は禁物。 また、接種箇所の周辺をゴシゴシと強く洗って刺激しないよう、気を付けてください。 image By インフルエンザ予防接種の副作用は、通常2〜3日で消失します インフルエンザ予防接種の重篤な副作用の中には、接種直後にあらわれるものがあります。 そのため、接種後の30分は医師や医療機関とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。 一番良いのは、病院の待合室で30分間、安静にすることです。 素早い処置が求められる。 重い後遺症を残す可能性も。 放置すると肝炎や肝臓がんになる恐れが。 皮膚や白目が黄色っぽくなることが特徴。 image By 軽度の副作用の多くは、24時間以内にみられます。 病院を出た後も、体調の変化には十分注意してください。 ただし、副作用の長期化や腫れ、かゆみが広範囲に広がった場合は、医師に相談すると良いでしょう。 また、高熱やけいれん、といった異常な症状があらわれた場合は早急に医師の診察を受けてください。 さいごに インフルエンザ予防接種の注意事項について、お分かりいただけましたか? インフルエンザワクチンには感染を完全に予防する力はありません。 しかし、インフルエンザにかかった場合でも軽い症状で済み、周囲への感染を抑制する効果が期待できます。 これを機に、予防接種について一度考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

インフルエンザの予防接種で運動は翌日OK?当日はなぜダメなの?

インフルエンザ 予防 接種 プール

インフルエンザ予防接種の後のスイングは行ってもいい? インフルエンザの予防接種を受けた 当日は、 スイミングはお休みするようにしましょう。 予防接種の注意として、 当日は激しい運動を避けるように指示があるはずです。 激しい運動とは、一般的に水泳やランニングなどを指します。 子供のスイミングとはいえ、水泳は全身運動ですから激しい運動ということになりますね。 予防接種の後に激しい運動をしてはいけない理由は、 ・体力を消耗することで、予防接種の副反応が出やすくなる可能性があること ・体調が悪くなった場合、運動が原因によるものなのか、予防接種による副反応なのか判断がむずかしくなること などがあげられます。 インフルエンザの予防接種に使われるのは「不活化ワクチン」と呼ばれる種類です。 不活化ワクチンは、ウイルスの毒性をなくし、抗体をつけるために必要な成分を取り出して作ったものです。 したがって、予防接種を受けた後に激しい運動で体力を消耗することで、ワクチンの成分からインフルエンザにかかってしまうということはありません。 しかし、予防接種の副反応として発熱、悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、めまい、リンパ節の腫れ、接種した部分の腫れやかゆみなどが起こることがあります。 確率は低いものの、重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーショックや意識障害を起こす可能性もないわけではありません。 予防接種後に水泳などで体力を消耗することで、このような副反応やアレルギー症状が起こりやすくなる可能性があるのです。 疲れてインフルエンザを発症する、ということはありませんが、無理をして具合が悪くなってしまうのは避けたいところです。 さらに、予防接種の直後にプールに入ることで、細菌感染を起こすことも考えられます。 家庭のお風呂は接種当日でもOKですが、プールに入るのは控えた方がいいでしょう。 インフルエンザ予防接種の翌日のスイミングは大丈夫? インフルエンザの予防接種を受けた 翌日以降であれば、 体調に問題なければスイミングに行ってもOKです。 ただし、接種後2~3日は副反応が出やすい時期です。 子供の様子を見て、何となくいつもと違うなと言う場合には、スイミングはお休みすることも大切です。 スイミングを休むのはもったいないという気持ちもわかりますが、子供の体調優先で無理をしないようにしましょう。 インフルエンザ予防接種で腫れがある時のスイミングは? インフルエンザの予防接種のあとが腫れている場合は、医療機関に相談の上、スイミングに行ってもいいか判断を仰いでください。 予防接種を受けた部分の腫れやかゆみは副反応の代表的な症状で、通常2~3日で自然に治ってしまう軽いものがほとんどです。 腫れやかゆみなどの副反応が出ているということは、体内でワクチンの成分が働いて抗体が作られている証拠です。 しかし、広い範囲が大きく腫れて熱を持っていたり、かきむしるほどかゆみが強かったりなど、まれにワクチンに対する強いアレルギー反応が出ていることもあります。 もっとひどい体調不良を起こしたり、患部からの細菌感染の可能性もありますので、医師の診断を受けて許可が出てからスイミングに行くことをおすすめします。 好きなことは、字を読むこととたくさん寝ること。 活字中毒&スマホ中毒を活かして、いろいろな情報を徹底的に調査・発信していきます! 最近の人気記事一覧• カテゴリー• 最近のコメント• に まみこ より• に 零 より• に まみこ より• に すごい漢 より• に まみこ より メタ情報•

次の

インフルエンザワクチン(予防接種)を薬剤師がわかりやすく解説

インフルエンザ 予防 接種 プール

以前のインフルエンザワクチンは、A型2種とB型1種を合わせた3種ウイルス混合でした。 しかし2015年から、B型が1種追加されて 4種ウイルス混合になり、発症予防、重症化予防ともに効果が高くなると期待されています。 このインフルエンザのワクチンは毎年つくりかえられます。 世界中の国々で流行したインフルエンザウイルスの株から、次のシーズンにどんな株が流行するかが予測され、夏ごろまでにワクチンがつくられます。 ワクチン接種後、約2週間してからウイルスと闘う 「抗体」ができ、最も効果が高くなるのは、予防接種をしてから1~2か月後です。 インフルエンザのピークがおおむね1月から2月ごろになりますので、11月末から12月の中旬ごろまでに計画的に予防接種を受けましょう。 症状が強くてインフルエンザかもしれないと思ったら、医療機関を受診しましょう。 合併症を起こすリスクの高い人は早めの受診が勧められます。 インフルエンザと診断された場合には、2日以内に抗インフルエンザ薬を使うと、発熱を1日減らす効果と重症化を予防する効果があります。 現在、抗インフルエンザウイルス薬の中心はノイラミニダーゼ阻害薬です。 ウイルスを細胞内に閉じ込めて他の細胞への広がりを防ぐ働きをする治療薬です。 成人では1日2回、5日間服用するオセルタミビル(タミフル、オセルタミビル)、1日2回、5日間吸入するザナミビル(リレンザ)、1回の吸入で済むラニナミビル(イナビル)が中心です。 9歳以下の子どもではオセルタミビルのシロップを使います。 ペラミビル(ラピアクタ)は内服も吸入も難しい人にも使用できる点滴薬です。 さらに2018年からエンドヌクレアーゼ阻害薬という新しい薬が承認され、治療薬の選択肢が増えました。 ウイルスが増殖する際に必要な酵素を阻害することで、増殖そのものを抑える治療薬です。 エンドヌクレアーゼ阻害薬には、バロキサビル(ゾフルーザ)という内服薬があります。 オセルタミビルは5日間の服用が必要ですが、バロキサビルは1回だけの服用で済み、のみ忘れの心配が少ない利点があります。 一方で、バロキサビルは耐性ウイルスが出現する割合が高いという報告もあり、日本感染症学会は2019年10月に「12歳以上と成人は、データが不足しているため、薬を推奨するかしないか現時点では決められない」「12歳未満の子どもは慎重に投与を検討する」「免疫不全患者や重症患者には積極的な投与をすすめない」という提言を出しています。

次の