性病 種類 症状。 主な性感染症一覧

【保存版】性病の写真(画像)まとめ!

性病 種類 症状

Contents• 性病毎の治療方法と治療期間について それぞれの性病毎に、完治するかしないか?また、治療にかかる期間をご紹介します。 性病の症状や検査方法、潜伏期間についての詳細はリンクから確認する事ができますので、気になった方は是非更に詳しい情報をチェックして下さい。 自然治癒 する。 ただし慢性化の場合もある 治療方法 抗ウイルス療法 治療期間 劇症化の場合は2カ月~3カ月で治癒 C型肝炎 完治する? しにくい(慢性化、キャリア化の可能性が高い) 自然治癒 しにくい 治療方法 抗炎症療法や抗ウイルス剤 治療期間 症状による 赤痢アメーバ 完治する? する 自然治癒 しにくい 治療方法 メトロニダゾールを服用 治療期間 治療後1週間程度で症状は治まる 雑菌性尿道炎 完治する? する 自然治癒 する 治療方法 抗生物質の服用 治療期間 1週間~2週間 一度感染すると完治しない性病• これらの感染症は、一度感染したら完全に治療する事はできません。 特にHIVは感染すると深刻です。 HIVに感染してしまった場合は薬によってAIDSの発病を一生抑え続けなければなりません。 近年は、新薬の開発や医療の発展により、HIVに感染しても10年、20年とAIDS発病を抑えて普通に生活出来ている方も多いです。 その為、HIVに感染しているかも?と思った場合はすぐにでも検査を受け、陽性であれば速やかに治療に進む事が重要です。 C型肝炎も大半の人が完治せず慢性化したり、キャリア化してしまいます。 適切に治療を受けていれば日常生活に大きな支障をきたす事は少ないですが、劇症化や肝硬変・肝臓がんのリスクが一般の人よりも高まります。 血液感染タイプの性病には特に注意! 上記で紹介した完治しない性病のHIV、B型肝炎、C型肝炎は、性行為などで感染者の血液と接触する事で感染します。 出血を伴いやすいアナルセックスや通常のセックス、性行為以外では注射器や刺青針の使い回し等で感染するリスクがあります。 他にも、今年に入って日本国内で感染者が激増している梅毒も、血液を介して感染します。 血液感染を避けるためには? 血液の接触で感染するタイプの性病を予防する為には、下記のような対策が有効です。 挿入時のコンドーム使用を徹底• 他人の血にむやみに触れない• 刺青やタトゥーを入れる際は衛生的にしっかり管理されている店を選ぶ• 注射器の使い回しは行わない これらの事を徹底すれば、血液感染のリスクを下げる事ができます。 ただし、もちろん100%予防できるわけではありません。 挿入中にコンドームが破れる事もあります。 他にも、梅毒は血液感染以外でも病変(扁平コンジロームなど)が接触するだけで感染する事もありますので注意が必要です。 性器ヘルペスは一度感染すると再発しやすい 性器ヘルペスに感染した場合は、抗ヘルペスウイルス薬による治療で症状自体はおさまりますが、完全にウイルスを排除する事はできません。 ヘルペスウイルスは神経節に潜伏し、風邪やストレスなど免疫力が低下した時に繰り返し再発してしまいます。 不安ならすぐに検査を 性病の不安は、一人で悩まずに勇気を持って検査を受ける事が解決の第一歩です。 悩んでいても何も解決しませんし、そのまま放置すれば症状が悪化したり、あなたの大切な人や将来のパートナーに感染させてしまう恐れもあります。 検査を受けた結果、陰性であれば今後安心して過ごす事が出来ますし、陽性だった場合は早期治療に進めることが出来ます。 特に、日本では風俗店・一般の若い人達を中心にクラミジアや咽頭クラミジア等、 自覚症状の出にくい性感染症が拡大しています。 気付かないうちにうつされたり、誰かにうつしてしまっている可能性も十分にあります。 今は、自宅でも簡単に精度の高い性病検査を受ける事ができるようになりました。 忙しくて病院に行く暇が無い人や、病院であれこれ説明や問診を受けるのが恥ずかしいという人、とにかく検査を受けて性病に感染していない事を早く知りたい!という人には性病検査キットがおススメです。 具体的には下記の6種類の性病を検査すれば間違いありません。 【クラミジア】【淋病】 【HIVウイルス】【梅毒】【トリコモナス】【カンジダ】 女性の場合は、感染者が多い 【咽頭クラミジア】【咽頭淋菌】など、喉に感染する性病も併せて検査する事をおすすめします。 自宅で出来る性病検査キットで、上記の性病を検査できるキットの価格を比較しましたので参考にしてください。 血液検査に加えて、男性は尿・女性は膣液を採取して検査します。 特に女性はセットで検査をお勧めします。 上記の価格表の通り、コストパフォーマンスにも優れています。 他にも365日の検査体制が整備されていて、性病検査キットの中で一番結果が出るのが早いのも特徴です。

次の

性病の種類一覧|新橋・新宿の性病医院「あおぞらクリニック」

性病 種類 症状

性病について 性病とは、原因菌が人の体内に侵入することによって感染する「 感染症」の一種です。 主な感染原因は、感染している人との「 性交渉」です。 性病の感染経路は、 唾液(だえき)や体液などの分泌物、血液からになります。 一番感染者が多い性病は、 性器クラミジア感染症です。 症状として排尿時に痛みやかゆみなどがありますが、女性の場合、 50%ほどは自覚症状がなく感染していると言われています。 また、のどの性病は 80%ほど自覚症状がありません。 性病は早期発見をすれば、治癒(ちゆ)する病気がほとんどですが、近年は 抗生剤が効かないまたは、効きにくい病原菌も増えています。 クラミジア 性器クラミジア感染症は、 日本における感染者数が一番多い性病で、「クラミジアトラコマティス」という病原体を原因する性病です。 男性の初期症状としては、 排尿時の痛みや尿道のかゆみ、通常時と違う違和感、尿道からでてくる膿(うみ)、分泌液がでてきます。 進行すると 精巣上体の腫れ発熱(精巣上体炎)につながります。 女性の場合、 おりものの増加、下腹部の痛み、不正出血といった症状が一般的ですが、女性は、 感染していても無症状の場合が多く、気が付かないうちに病状が進行する事があります。 感染の潜伏期間は、数日から5週間程度ですが、感染の機会から24時間後から精密検査を受けることができます。 治療には抗生剤が用いられ、お薬を飲み終わってから1ヶ月後に治癒(ちゆ)検査を行ない完治を確認すると良いでしょう。 症状 男性: 尿道の違和感や排尿痛などの症状が出ますが、無症状のことも多いです。 女性: おりものの変化や下腹部痛などの症状がでます。 無症状のことも多いです。 淋病 淋病感染症は、「淋菌」という菌が原因となる性感染症です。 淋病は、男性は、 尿道や肛門、女性は子宮頸管(子宮の入り口に)に感染することが多くみられます。 また、 咽頭(のど)にも感染します。 淋病に感染すると男性は主に 尿道炎になり、女性は おりものの増加や不正出血が見られます。 症状 男性: 強い排尿痛や尿道から膿が出ることがありますが、無症状のこともあります。 女性: おりものの変化や下腹部痛などの症状がでますが、無症状のことも多いです。 咽頭クラミジア 症状 のどの違和感や痛みがでることもありますが、 90%以上の人は無症状です。 咽頭淋病 症状 のどの違和感や痛みがでることもありますが、 90%以上の人は無症状です。 HIV・エイズ 症状 HIVに感染に感染すると、 発熱・咽頭痛・全身倦怠感・筋肉痛・関節痛といった、インフルエンザのような症状がでる可能性があります。 また、エイズが発症し免疫力が著しく低下していくと、 発熱や呼吸苦、激しい下痢や体重低下など、様々な症状が現れます。 梅毒 症状 初期症状として、梅毒トレポネーマが侵入した部分に 小さな硬いしこりができ、時間とともに消えてしまいます。 血液に乗って全身に運ばれると、全身の皮膚、特に手のひらや足のうらの皮膚にまで、 赤い発疹『バラ疹』が現れます。 感染後、数年経過すると、全身に硬いコブのような 非特異的肉芽腫様病変(ゴム腫)が現れることがあります。 性器ヘルペス 症状 性器や口唇周辺の皮膚、粘膜に 水ぶくれができるほか、初感染時には 強い痛みや発熱を伴うこともあります。 カンジダ 症状 性器周辺の かゆみや発疹、粘度の高い白いおりもの 酒粕状、カッテージチーズ状、等 の増加、排尿時や性交時に痛みがあるなど。 男性の場合はまれに 尿道炎を起こしたり、 亀頭周辺の皮膚の赤みやただれ、白いカスなどがみられます。 尖圭コンジローマ 症状 陰茎の亀頭やその周囲、包皮や陰裏などに 乳頭状、鶏冠状のイボができます。 マイコプラズマ・ウレアプラズマ 症状 マイコプラズマ・ウレアプラズマ(尿・膣) 男性: 尿道の違和感や排尿痛などの症状が出ます。 無症状のことも多いです。 女性: おりものの変化や下腹部痛などの症状がでます。 無症状のことも多いです。 マイコプラズマ・ウレアプラズマ(咽頭) のどの違和感や痛みがでることもありますが、90%以上の人は無症状です。 トリコモナス 症状 男性: 尿道から膿が出る、軽い排尿痛など。 悪化すると 尿道炎、前立腺炎を発症します。 女性: 異臭の強いおりものの増加、膣やその周辺のかゆみ、痛みなど。 悪化すると炎症が卵管まで進み、 不妊症や早産、流産の原因となります。 なお、感染していても症状が出ないという方は約20~50%います。 B型肝炎・C型肝炎 症状 B型肝炎 慢性肝炎の場合、自覚症状が出ないことも多いです。 急性肝炎の場合、 全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、黄疸などの症状がでます。 C型肝炎 多くは感染しても自覚症状がない不顕性感染です。 急性肝炎の場合、 全身倦怠感や食欲不振、悪心、嘔吐のほか、濃いウーロン茶のような褐色尿が出る、黄疸などの症状がでます。 A型肝炎 症状 発熱や全身の疲労感の他に食思不振、嘔吐などの消化器症状を伴います。 乳幼児の感染では症状が軽いことが多いですが、年齢が上がると症状が重症化する傾向があります。 赤痢アメーバ症 症状 大腸の粘膜が潰瘍を起こすことによって 血便や下痢、排便時の下腹痛などの症状が起こります。 典型的な症状として イチゴゼリー状の粘血便がでることが有名です。 発熱や上腹部痛、食欲不振や嘔吐などの症状が見られますが、日ごとに変化し、数週間の間隔で増悪と寛快を繰り返します。

次の

STD(性病・性感染症)を調べる|性病・性感染症の「正しい知識と検査」をあなたに【STD研究所】

性病 種類 症状

自分は安全だと思っている方でも、ひょっとしたら知らない内に性病に感染してしまっているかもしれません。 これは男性だから女性だからという事はありません。 どちらにでも同じように性病に感染する可能性があるのです。 ところでもしも性病に感染してしまった場合、どんな事で性病に感染しているのかもしれないと思われるのでしょうか。 恐らくはさまざまな症状が出る事で性病への感染を意識するのではないかと思うのです。 特に男性が性病に感染してしまった場合、初期症状として「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」といった症状が出る事で疑いを抱くのではないでしょうか。 事実「ちんこがかゆい」「ちんこが痛い」という症状で疑う人が多いのです。 性病に感染してしまった時の初期症状とは? 性病ではなくても一般的に病気に感染してしまった場合、初期症状というものが出てくるものですよね。 それまではそんな症状を意識した事が無かったのに、急にかゆいとか痛いといった症状が続くので気づくのです。 実は性病の初期症状の多くは「かゆい」と「痛い」のどちらかだと言われています。 その後感染した病気の特徴的な症状が出てくるので最初の症状は忘れてしまいますが、多くは痛いと痒いで症状が始まるものなのですね。 性病の種類と初期症状 2-1. クラミジア この性病に感染すると初期症状としては「違和感」や「排尿時の痛み」などを感じると言われています。 実はクラミジアに感染すると男性の場合は初期症状では「ちんこがかゆい」とはなりません。 つまりかゆい場合は別の病気という事です。 2-2. 淋病 淋病という性病にかかると初期症状では排尿をする時にちょっと痛みを感じるといった症状が出ると言われています。 放置すると酷い症状になるので要注意の性病でもあります。 2-3. トリコモナス トリコモナスも性病としてはかなり有名な病気ですね。 男性がトリコモナスに感染すると、かなり強い排尿痛を感じると言われています。 初期症状の段階からかなりの痛みなのですぐに病院に行く決意をするでしょう。 2-4. カンジダ 女性に多い感染症ですが男性でも当然感染する性病です。 この性病の初期症状には痒みを感じると言われています。 しかも放置しておくとただれたりするので早期治療を目指した方が良いでしょう。 3男性の性病の初期症状は痛みの方が多い いかがでしょうか。 男性が性病に感染してしまった場合の初期症状の多くは、痒みではなくて痛みであるという事がわかっていただけたのではないでしょうか。 進行するとかなり酷い症状になりやすいのが性病です。 なのでこれらの初期症状や違和感を感じた場合には、できるだけ早く病院へ言ったり自宅でできる性病検査を受けた方が良いと言えるのです。 自宅でできる性病検査キット比較ランキング!.

次の