干支 ねずみ 意味。 2020年(令和2年)干支は子!ねずみ年の漢字由来や鼠の豆知識 [暮らしの歳時記] All About

来年の干支は何年?2020年のねずみ年の意味と性格は?

干支 ねずみ 意味

十干: 甲 きのえ・ 乙 きのと・ 丙 ひのえ・ 丁 ひのと・ 戊 つちのえ・ 己 つちのと・ 庚 かのえ・ 辛 かのと・ 壬 みずのえ・ 癸 みずのと• 十二支:子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 これらは月や日にち、方角に割り当てられたりしますが、年についても1年毎に割り当てられています。 なので干支は亥年というよりも、 『庚子(かのえ・ね)』という方が正確です。 干支は十干と十二支の組み合わせ60通りあるため、干支は60年周期で循環します。 実は還暦という概念はここから来ています。 生まれた年の干支を再び迎える年です。 例えば、十干の1番目の「 甲 きのえ」は十二支の偶数番目である「牛(2)」「卯(4)」「巳(6)」などとは組になりません。 では続いて、今年の干支の己亥について、十二支の「亥」や十干の「己」の意味について解説していきます。 十二支の「子」の意味・由来 十二支はあらゆる概念の指標となっていますが、子についてまとめると以下の通り。 時刻:23時~1時頃• 方角:北• 月:旧暦11月• 五行:水• 陰陽:陽• シンボル:ねずみ 動物の子は後づけ 日本で十二支と言えば、ネズミ、ウシ、トラなどの12の動物を連想する人が多いと思いますが、元々は十二支に動物の意味はありません。 最初は、十干と十二支を合わせて 日付を記録するのに使われていました。 そして、季節が月の満ち欠けを12回繰り返したら循環することから月に割り当てられたり、時刻、方位などを指すのに使われるようになったのです。 このように十二支はあらゆる概念の指標になっており、生活においても重要なものでした。 そのため、 無学な民衆でもこれを覚えて使えるようになってもらうために、 馴染み深い動物が割り当てられたと言われています。 子の意味 では『子』は動物でなかったのなら、どういう意味があるのでしょうか。 子は本来「 孳」という字で、 種子の中に新しい生命がきざし始める状態を指します。 そもそも十二支は植物の循環の様子を表しています。 『丑』は『 紐』で 芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態という意味。 この間に子があるのです。 十干の「庚(かのえ)」の意味 つづいて十干の『庚』の意味についてです。 陰陽思想 :全ての物事を「陰」「陽」の2つに分類する思想• 五行思想:万物が「木」「火」「土」「金」「水」の5種類の元素からなるという思想 十干はそれぞれ• 甲:きのえ=「木」の「兄(陽)」• 乙:きのと=「木」の「弟(陰)」• 丙:ひのえ=「火」の「兄(陽)」• 庚は 「かのえ=金の兄(陽)」です。 今年の干支の「庚子(かのえね)」の意味や特徴 最後に十干と十二支を合わせた干支『庚子』の意味や特徴について解説していきます。 陰陽五行説で2つを見た時、組み合わせにより「相生」「比和」「相剋」「相侮」「相乗」に分類され、お互いを強め合ったり弱め合ったりする関係性となります。 相生: 相手を強める影響をもたらす 特に 金生水といい、 金から水が生じるイメージです。 勉学や仕事、恋愛、健康などそれぞれが相互に影響をもたらし合います。 なにかに行き詰まったときは全く別のものから活路を見いだせることもあるでしょう。 十干十二支を植物で見た時、庚子は変化が生まれる状態、新たな生命がきざし始める状態なので、全く新しいことにチャレンジするのに適した年とも言えるでしょう。 あとがき 以上、今年の干支『庚子』についての解説でした。 干支は色んなことに用いられ、方角や時刻などの実用的なものばかりでなく今回話したようにその年の特徴や性格・相性を占ったりするのに用いられたりもします。 興味があれば調べてみるといいでしょう。 ちなみに干支の覚え方などについても詳しくまとめています。 関連記事•

次の

子(ネズミ)の干支物語|ねずみ年の性格・運勢は?

干支 ねずみ 意味

不思議なもので 「今年はなにどしだったっけ?」とか 「来年は干支はなんだっけ?」などと干支のことを考えるのって年末が多い気がしませんか? 実は干支はもともと時間や月日をはかるためのものとして開発され、特に農業などで活用されてきた歴史があります。 しかし、暦が発展し近代化するにつれて日本では農業に携わる人や時間が減少して来たことで馴染みが薄くなってしまっているようです。 干支は冒頭でも触れた通り月日をあらわすカレンダーの役目を持つものとして活用されてきたのですが、元々は木星の位置を表すためのもので天文学に使われていたものでした。 木星は12年でちょうど空を一周するので毎年の位置を示すために1つずつ漢字が割り当てられていったので12個しかないんです。 この毎年の木星の位置を表す漢字が現代の十二支として伝わっているんです。 この十二支に用いられる漢字は実は動物とは全く関係ないもので、季節ごとに移り変わる植物の様子を表す漢字です。 そのままの漢字の意味ではややこしく、覚えにくかったため干支を開発した 王充(おういつ)という人が身近で馴染みのある動物に替えて説明し普及させたからだと言われています。 ここではそれを紹介します! 干支 動物 意味 子 ネズミ ネズミは子供がすぐに増えるので子孫繁栄の意味があります。 丑 牛 肉は食料になり、力は農耕などに利用され人間にとって欠かせない動物で、粘り強さと誠実の象徴とされています。 寅 トラ 虎は空に輝く星だったから毛皮が美しいという言い伝えがあり、決断力と才知の象徴とされています。 卯 ウサギ うさぎの穏やかな様子から家内安全を、跳躍する様子から飛躍を表すと言われています。 辰 龍 伝説の生き物で、古来から中国では権力の象徴とされる縁起の良い動物です。 巳 ヘビ 執念深いと言われる一方で恩も忘れず恩返しを行うと言われています。 また、脱皮を繰り返すため死と再生のシンボルとしても進行されています。 午 馬 牛と同様、古くから人間の生活に欠かせない動物です。 未 羊 群れで生活する羊は家族安泰を意味しています。 申 サル 山の賢者で山の神の使いであると信じられています。 戌 犬 社会性があり、忠実な動物で忠誠、献身、安全の象徴とされています。 亥 イノシシ イノシシの肉は万病を防ぐと言われていて、無病息災の象徴とされています。 干支の順番が決まった昔話! これまでにお伝えしたように、 干支の順番はもともと決まっていたため偶然ネズミ(子)が一番最初になっただけでした。 「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。 一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」 動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。 ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみ に訊くと、ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。 猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。 さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。 牛小屋の天井でこれを見 ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。 そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。 我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。 とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、ちょろちょろっと走って一番になってしまった。 それで牛は二番、 それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。 猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。 それでねずみを恨んで、今が今 でもねずみを追い回すのだそうな。  カテゴリー• 117• 355•

次の

干支の動物の順番の意味や由来!猫がいない理由とは??

干支 ねずみ 意味

なぬっ、その年の大将になれるのか… 昔々、ある暮れのこと。 神様が動物たちに御触れを出しました。 「元日の朝、私のところへ出掛けてきなさい。 最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にしてあげよう」 動物たちは、我こそが1番になるぞとはりきっておりました。 ところが、ネコは話を聞き漏らしてしまい、ネズミにたずねます。 するとネズミはわざと1日遅れの日付を教えてやり、ネコはそれを真に受けて帰っていきました。 元日となり、足の遅いウシが誰よりも早く夜明け前に出発しました。 すると、牛小屋の天井でこれを見ていたネズミが、こっそりウシの背中に飛び乗りました。 そんなこととは知らないウシが神様の家に行ってみると、まだ誰も来ておらず門も閉まったまま。 我こそが1番だとウシは喜び、門が開くのを待っていました。 ウシにちょこんと乗っかって……1番ゲット! やがて朝がきて門が開いたとたん、ウシの背中からネズミが飛び降り、ネズミが1番となってしまいました。 残念ながらウシは2番となり、それからトラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシの順で到着しました。 1日遅れで出掛けたネコは番外となり、それ以来ネズミを恨んで追いまわすようになったそうです。 こうして最初がネズミとなり、動物を当てはめた十二支が広く浸透していったのです。 【ねずみ年・年賀状 関連記事】• 【干支 関連記事】•

次の