将棋 2chまとめ。 藤井聡太が凄いのは間違いないけどプロ棋士全体で見るとどうなんや?「昼飯がね」「今の七段になるまでに大半の棋士が一生をかけるレベルやぞ」 2ch反応まとめ

[B! 将棋] 藤井聡太まとめ速報|藤井七段…爆誕する「すまん、竜王空いてる?」「藤井六段は早世の天才やったね」 2ch反応まとめ

将棋 2chまとめ

羽生 善治 羽生善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 -は、日本の将棋棋士。 十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、名誉NHK杯選手権者の資格保持者[注 1]。 二上達也九段門下。 棋士番号は175。 埼玉県所沢市出身。 1985年に中学生でプロ棋士となり、1989年、初タイトルとして竜王位を獲得。 1996年2月14日、将棋界で初の全7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)(当時のタイトル数は7[注 2])の独占を達成。 2017年12月5日、第30期竜王戦で14年ぶりに竜王位を獲得し、通算7期の条件を満たして永世竜王の資格保持者となり、初の永世七冠(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)を達成。 さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持も史上初[注 3]。 通算優勝回数151回、公式戦優勝回数143回、タイトル獲得99期、タイトル戦登場134回、同一タイトル戦25回連続登場(王座)、同一タイトル獲得通算24期(王座)は歴代単独1位、一般棋戦優勝回数44回は大山康晴と並んで歴代1位タイの記録である。 また、非タイトル戦優勝回数52回、非公式戦優勝回数8回、最優秀棋士賞22回、獲得賞金・対局料ランキング首位22回も歴代1位である。 詳細は主な成績を参照。 羽生とほぼ同じ年齢は森内俊之や佐藤康光らトップクラスの実力者が集中しており、彼らは「 羽生世代」と呼ばれる。 引用・出典:.

次の

将棋速報ー将速! : 【画像20枚】眼鏡もかわいすぎる将棋女流棋士 室谷由紀二段 画像まとめ【女子高生】

将棋 2chまとめ

羽生 善治 羽生善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 -は、日本の将棋棋士。 十九世名人、永世竜王、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖、名誉NHK杯選手権者の資格保持者[注 1]。 二上達也九段門下。 棋士番号は175。 埼玉県所沢市出身。 1985年に中学生でプロ棋士となり、1989年、初タイトルとして竜王位を獲得。 1996年2月14日、将棋界で初の全7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)(当時のタイトル数は7[注 2])の独占を達成。 2017年12月5日、第30期竜王戦で14年ぶりに竜王位を獲得し、通算7期の条件を満たして永世竜王の資格保持者となり、初の永世七冠(永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖)を達成。 さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持も史上初[注 3]。 通算優勝回数151回、公式戦優勝回数143回、タイトル獲得99期、タイトル戦登場134回、同一タイトル戦25回連続登場(王座)、同一タイトル獲得通算24期(王座)は歴代単独1位、一般棋戦優勝回数44回は大山康晴と並んで歴代1位タイの記録である。 また、非タイトル戦優勝回数52回、非公式戦優勝回数8回、最優秀棋士賞22回、獲得賞金・対局料ランキング首位22回も歴代1位である。 詳細は主な成績を参照。 羽生とほぼ同じ年齢は森内俊之や佐藤康光らトップクラスの実力者が集中しており、彼らは「 羽生世代」と呼ばれる。 引用・出典:.

次の

藤井聡太が凄いのは間違いないけどプロ棋士全体で見るとどうなんや?「昼飯がね」「今の七段になるまでに大半の棋士が一生をかけるレベルやぞ」 2ch反応まとめ

将棋 2chまとめ

藤井 聡太 藤井聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 -は将棋棋士。 杉本昌隆七段門下。 棋士番号は307。 愛知県瀬戸市出身。 名古屋大学教育学部附属中学校に在学中、2018年4月に名古屋大学教育学部附属高等学校に進学予定(2018年1月現在)[1]。 2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、プロデビューからの連勝記録を更新した(11連勝)[18][19]。 その後も連勝は続き、2017年6月26日に行われた竜王戦本戦1回戦で5組優勝の増田康宏に勝ち、神谷広志が30年近く保持していた28連勝の記録を抜き、デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新した[20]。 しかし、連勝記録更新の6日後の2017年7月2日に行われた竜王戦本戦2回戦での佐々木勇気との対局で、プロデビュー後初の負けを喫し、連勝記録は29連勝でストップした[21]。 藤井の連勝中は各メディアが広く取り上げ、大きな注目を浴びた[22][23][24]。 引用・出典:.

次の