フォレスト キャット。 ノルウェージャンフォレストキャット

サイベリアンフォレストキャットの性格の特徴は?シベリア猫の大きさは?

フォレスト キャット

子猫が成猫に成長するまでは、健康的な体をつくる大切な期間。 特に生後1年を過ぎるまでは、良質で高カロリーな内容の食事を与えましょう。 栄養価の高い食事で丈夫な骨格や筋肉を育み、免疫力をつくります。 カロリー、栄養価ともに高い食事を与えましょう。 おすすめは子猫専用の総合栄養食のキャットフード。 あらかじめ成長期の子猫に最適なバランスを目指してつくられているので安心です。 また、目安の給餌量も表示されているのでそちらを参考にするとよいでしょう。 また、ふわふわでゴージャスな毛並みもこの猫種ならではの特徴。 栄養豊富な食事で美しい被毛をつくっていきましょう。 個体差はあるものの、生後1年~3年で毛吹きがよくなっていきます。 しつけは生後1年までに トイレは1回目が肝心。 できれば1回で成功させたいものですよね。 1.子猫が床の匂いを嗅ぎながらウロウロしたり、引っ掻くそぶりをしたりしていたらトイレのサインです。 2.そっと抱きかかえてトイレに連れて行きます。 飼い主さんが慌てると猫は怖がってしまうので、あくまでもさりげなく連れて行くようにしましょう。 3.トイレが成功すれば、1~3回でトイレの場所を覚えてくれます。 その場合、失敗した排泄物の処理と消臭は忘れずに。 臭いがついていると、トイレの場所を間違って覚える可能性があるので、臭いを完全に消すことが重要です。 誰かから譲り受けた猫をしつける場合は、その猫が以前使用していたトイレをそのまま使えるとベストですね。 自分の匂いがついているので猫がその場所をトイレだと認識しやすく、しつけもスムーズです。 猫がトイレに行きたがるのはどんな時? 寝起きや遊んだあと、食後に排泄したがる傾向があるので、よく観察してみましょう。 爪とぎ場所のしつけ方.

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの大きさや体重はどれくらい?

フォレスト キャット

【目次】北欧の妖精!北国の長毛猫ノルウェージャンフォレストキャット 寒冷地の猫ノルウェージャンフォレストキャット ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェー、スカンディナヴィア半島を中心とした北ヨーロッパを原産とする猫の一種であり、非常に寒冷な気候にも適応することのできる長毛種の猫です。 ノルウェーではこの猫はよく知られた存在であり、地方による差はありますが、スコグカッテルやスコウカッテルという盛を意味する言葉で呼ばれています。 また、このネコについてよく知る人は特性からノルウェーの森林猫、ノシュク・スコグカットと呼ぶこともあるそうです。 ノルウェージャンフォレストキャットは非常に寒冷な原産地域の自然適合として派生した非常に古い種類の猫です。 神話にも描かれるノルウェージャンフォレストキャット ノルウェージャンフォレストキャットは神話のモチーフになったともいわれています。 神話の中で雷神トールでさえ持ち上げる事のできなかった猫の話や、女神フレイヤが車を牽かせるために二頭の猫を用いた話があり、これらのモチーフとして考えられているのです。 どちらも身体の大きさがモチーフとなっているように、ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェーの厳しい寒さの中で生きていくために体温を維持できるよう厚い被毛を持つ大きな身体へと発達しました。 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 ノルウェーで広く愛されていたノルウェージャンフォレストキャットですが、1930年代までは品種としては認識されておらず、一般的な普通の飼い猫という認識であったようです。 頭数の減少が問題となった際に、これをうけて1970年代になって頭数の確保に対する意識が高まりました。 そこで1979年にアメリカへ渡り、1984年に正式に品種として公認されて世界へ向けて発信されていくことになり現在に至るのです。 ノルウェージャンフォレストキャットの姿 ノルウェージャンフォレストキャットの毛皮は、寒さから体温を保護するために厚手でふわふわとした二層状になっています。 耳も風が当たって寒さを寄せ付けないよう毛に覆われており、先細り型の尾は長い被毛に覆われています。 彼らの二重構造の毛皮は、その外層が粗く内層の密度が高くなっているために基本的に水を通さない仕組という特徴があります。 顔つきはつりぎみで大きなアーモンド型の目に少々平たいV字型の顔をしています。 雄の成猫は体重が4. 5~7. 0kgほどで、雌がそのおよそ半分くらいの3. 5~5. 5kgで猫の中では比較的大きめな種類です。 後脚が前足よりも長く、腰高で太めのしっかりした骨格をしています。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 ノルウェージャンフォレストキャットは人間に友好的な性格らしく、人間との交流を楽しむ非常に知的で遊び好きな猫でといわれます。 また、屋外を非常に好み、人とじゃれあうこともとても楽しんでくれます。 多頭飼いで他の飼い猫と交流を持つと、ときどきそこへ行くようにもなるようです。 ノルウェージャンフォレストキャットはとても忍耐強く、簡単な圧迫に屈さない強い性格の猫で主人にも忠実な性格をしています。 ただし、寂しがり屋の側面も持つため、長時間の外出などには注意を払う必要があるでしょう。 屋外に出た際の彼らはよく木によじ登ぼることで高い視点から周囲を確保する行動に出ることが多く、また屋内においては、本棚や家電製品の上などの高いところに上ることに特に興味を示します。 こうした屋内での行為は、野性の環境で狩りをして生きていたころの名残であり、また、家の中での自身の地位をアピールするためのものと考えられています。 単純に木などの高いところに登ること自体が好きで楽しむ傾向にあるのでキャットタワーなどを設置してあげるとよいのではないでしょうか。 ノルウェージャンフォレストキャットを飼う際のポイント ノルウェージャンフォレストキャットは大きくてガッシリとした体型の猫ということもあり、比較的ゆっくりと成長していくため、体が完成し、成猫になるまでに3~4年ほどかかります。 しっかりとした体を作るためにも食事は高タンパク、高カロリーのものを与えるようにして下さい。 また、登り木やキャットタワーなど、高低差のある遊具で十分に体を動かしながら遊べるようにしましょう。 知性に豊んでいて、おとなしく我慢強い子が多いため飼い主に忠義深いため最高の伴侶となってくれるでしょう。 ただ、その半面でストレスを溜め込んでしまうことがあるので日々体調の変化にはよく気を付けてあげてください。 被毛のお手入れ(グルーミング)は、ノルウェージャンフォレストキャットはふわふわとした立派な被毛が魅力の猫なので、朝夕一回ずつのブラッシングとコーミングをして整えてあげましょう。 特に高温多湿な日本の夏場は、毛玉ができないように、丁寧にブラッシングしてあげましょう。 シャンプーは月に二回程度の頻度でしてあげてください。 ノルウェージャンフォレストキャットを飼うには ノルウェージャンフォレストキャットを飼う際にはペットショップはもちろん、インターネットから近隣のブリーダーさんを探すのも一つの方法です。 値段は15~25万円。 時には30万円程度となっています。 命を買うということは値段を見ても行為という意味においてもけっして安くない行為ですので、責任を持った決断をお願いします。 また、子猫の値段には別の意味で注意が必要であることも知っていてください。 安く提供されている子猫にはかえって注意が必要なのです。 ノルウェージャンフォレストキャットは先天性の病気を持っている場合があったり、劣悪な環境で猫を無理に繁殖させる業者が存在するのも事実です。 しっかりと信用できるブリーダーやペットショップを探しましょう。 ブリーダーによっては引き渡しから一定の期間の医療費等の保証を行っているところも有るようなのでそういった基準から見極めるのも一つの手段でしょう。 ノルウェージャンフォレストキャットのかかりやすい病気 ノルウェージャンフォレストキャットはその特徴のロングコートの毛並みから、毛球症と熱中症にかかりやすい傾向があります。 毛球症 毛づくろいを行った際に飲み込んだ自分の毛がお腹の中にたまって排出できなくなったために起きる病気、いわゆる毛玉です。 長毛種ゆえの傾向ですが、飼い主の対策でリスクを下げることができます。 日頃からしっかりとブラッシングを行って無駄な毛を取り除き、定期的にシャンプーをすることで少しでも毛を飲み込む量を減らしてあげてましょう。 毛玉ケア用のキャットフードや「猫草」を与えることで排出を助けることも効果的といえるでしょう。 熱中症 ノルウェージャンフォレストキャットはもともと寒い地方の猫であるため暑さには弱く、熱中症を予防する必要があります。 高温多湿は大敵なので、夏場はエアコンを28度前後の除湿運転で使い、温度を調節してあげることが求められます。 毛並みは冬までには完全に元に戻るのでサマーカットにするという方法もあります。 ノルウェージャンフォレストキャットについて、最後に ペットを飼うことは一つの生命の一生に責任を持つことです。 消耗品のように、飼い主の一瞬の悦楽のためにペットが犠牲になることなどあってはいけないのです。 最初の小さな子供のうちは可愛がっても、成長したペットを捨ててしまう傲慢な飼い主がいることも事実です。 最期の時まで責任を持てない人間はペットを飼う資格はありません。 買う時だけでなく、その先の長い間飼っていくことを視野に入れて経済状況、家庭環境は大丈夫なのかをしっかり検討してから飼うことを決めるようお願いします。

次の

ノルウェージャンフォレストキャット 人気ブログランキング OUTポイント順

フォレスト キャット

ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェー原産の長毛種です。 筋肉質な体型が特徴で中~大型でもあるので、餌の量も考えつつキャットフードには動物性たんぱく質が多めのものを選びましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの特徴と餌選び ノルウェージャンフォレストキャットは、寒さにも強く長い毛を持った品種の猫です。 人間と遊ぶことも比較的好む種類であり、外出も好きなタイプです。 ヨーロッパが原産ではありますが、アメリカでも独自の繁殖をおこなっていたために細めの体格のアメリカ系と筋肉質なヨーロッパ系の2種が存在します。 雄は4. 5kg~7kg程度に成長しますが、雌は3. 5~5kg程度と少し小柄です。 とは言え他の猫と比べれば少し大型になりますし、たっぷりの毛も維持していかなければならないため栄養をたくさん必要とします。 成長は1年で止まらず、数年かけて大きくなっていくので動物性たんぱく質や必須ミネラルなどをしっかり摂取していくことが大切です。 またノルウェーなどの極寒の地でも暮らしていけるよう、かなり毛が長い品種でもあり毛玉ケアやブラッシングなども必須です。 寒い地域ではそれほど汚れも溜まりにくいのですが、日本で飼うにあたっては定期的にシャンプーなどをすることで抜け毛対策や皮膚炎予防にもなります。 ノルウェージャンフォレストキャットの餌の量や餌代とは ノルウェージャンフォレストキャットの餌の量は、年齢によって変わります。 ドライフードを食べられる子猫であれば1日3~5回程度に分けて与えるのが望ましいでしょう。 成猫に比べて消化能力もまだまだ完全ではないので、体重の様子を見ながら50g前後の量を与えることになります。 餌の量に関してはフードごとにカロリーも違うので、細かい調整はフードのラベルを見ながらおこないましょう。 成猫は運動量や体重に応じて量を調整しましょう。 獣医師広報の推奨カロリーは体重1kgあたり70~80キロカロリーですが、メーカーではもう少し少ない量を推奨していることもあります。 ノルウェージャンフォレストキャットの餌代は、ドライフードだけなら5000円程度あれば問題ないでしょう。 もちろんフードの価格帯にもよりますが、添加物などを気にする場合にはそのくらいの餌代を意識しておくことです。 その他、おやつやウェットフードなどを活用する場合には、もう少し餌代を高めに見積もっておきましょう。 子猫におすすめのキャットフード ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめの子猫用ドライフードをまとめています。 子猫はどの種類でも活動量が高く、しっかり栄養を補給する必要があります。 子猫用に限定する必要はありませんが、なるべく栄養価が高いものを選び添加物や成分にもこだわりましょう。 ロイヤルカナン ・キトン ロイヤルカナンのキトンは、猫種を問わずに利用できることから人気の高いドライフードです。 愛猫のための栄養素を兼ね備えており、成猫向けドライフードに比べて消化力が高くカロリーも豊富になっています。 食べやすいよう考えて作られているので、子猫にも安心して食べさせることができます。 合成保存料や添加物に関しては多少含まれていますが、品質を安定させるための酸化防止剤などが主です。 また、ペットフード安全法に定められている量を遵守していることからも、安全性も高くなっています。 ですが、ウェットフードには酸化防止剤や保存料を使用していないことが明言されています。 もしロイヤルカナンの商品で保存料にこだわる場合や特に小さな子猫に関しては、ウェットフードを混ぜるなどして活用してみてもいいでしょう。 授乳期からドライフードへの切り替え時期に与えることができるウェットフードもあります。 オリジン ・キャット&キティ 子猫から成猫まで利用できるドライフードです。 合成保存料や添加物などを使わず、お肉がたっぷりのフードです。 穀物フリーで低炭水化物なので、猫に合った成分が十分に考えられています。 子猫からシニアまでオールステージで使えることが魅力で、栄養バランスも抜群です。 こだわりの製法で作られており、食いつきが良いことからも人気のキャットフードです。 成猫におすすめのキャットフード 成猫になれば、カロリーコントロールなどをおこなって関節などにも配慮をすることが大切です。 とは言え生後1年が経って成猫になった後もゆるやかに成長を続けていくので、動物性たんぱく質などの成分は意識しておきましょう。 避妊や去勢済みの猫と通常の猫では、多少必要なカロリーも変わってきます。 ホルモンバランスが変わることもあり、肥満傾向も強くなるためです。 もし愛猫の避妊や去勢を考えているときには、食事に関してもカロリーを抑えめにすることを覚えておきましょう。 ロイヤルカナン ・ノルウェージャンフォレストキャット ロイヤルカナンのノルウェージャンフォレストキャットに特化したキャットフードです。 大きくなりやすい品種のため、関節や骨に配慮した栄養バランスに整えられています。 またノルウェージャンフォレストキャットならではの美しい被毛を保ち、ヘアボールなどもケアすることができます。 肉類を主としているため動物性たんぱく質も摂取できますし、愛猫の健康管理に役立つドライフードです。 ・セイバー エクシジェント ノルウェージャンフォレストキャットは、食事にこだわりを持つ個体も多くなっています。 そのため偏食気味になる猫もおり、そのような場合にはロイヤルカナンのセイバーエクシジェントが最適です。 香りを気にするタイプなら、アロマタイプも販売されています。 食事を楽しめるようになれば、必要な成分が体に行き渡ります。 特に食の細い猫や、好き嫌いが多い猫にもおすすめです。 もちろん栄養はしっかり摂取することができますし、消化力の高い動物性たんぱく質も含まれています。 シンプリー 添加物不使用であることだけでなく、栄養バランスにも気を使ったフードです。 尿路結石やヘアボールを防ぐために、クランベリーやオリゴ糖を配合しています。 ノルウェージャンフォレストキャットも、一般的な猫と同様に尿路結石の予防が大切です。 また長毛なので、ヘアボールを防げる栄養バランスのシンプリーキャットフードは適しています。 愛猫の食事は添加物や合成保存料に気をつける 愛猫の健康に気を使いたいなら、合成保存料を使わない無添加商品を考えるようにしましょう。 どうしてもペットフードは人間の食品とは違い、原料に使われているものが分からないという問題があります。 保存料無添加や、添加物の使用を控えているメーカーは猫の健康や体のことも考えています。 人間と同じグレードの食品を使うよう、気を使っているメーカーも増えているのです。 長く健康でいてもらいたい愛猫には、餌選びにもこだわってあげましょう。

次の