セ フジ トレン ピボキシル 100。 セフジトレンピボキシル錠100mg「サワイ」(メイアクトMS錠100mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」

セ フジ トレン ピボキシル 100

セフジトレンピボキシル錠100mg「CH」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 肺炎 膀胱炎 猩紅熱 腎盂腎炎 腸管出血性大腸菌感染症 腹膜炎(総論) 髄膜炎 尿路感染症(総論) 細菌性肺炎(総論) 子宮付属器炎 骨盤内炎症性疾患(PID) セフジトレンピボキシル錠100mg「CH」の主な効果と作用• セフェム系の 抗生物質です。 細菌の細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあります。 病気( 感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。 セフジトレンピボキシル錠100mg「CH」の用途• 外傷の二次感染• 眼瞼 膿瘍• 子宮内感染• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• 胆管炎• の二次感染• 瞼板腺炎• 慢性 膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 深在性皮膚 感染症• 表在性皮膚感染症• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 下痢、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、過敏症、発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、偽膜性大腸炎、血便、重篤な大腸炎、腹痛、頻回の下痢、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線像異常、好酸球増多、間質性肺炎、PIE症候群、黄疸、著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいAl-P上昇、肝機能障害、急性腎障害、重篤な腎障害、無顆粒球症、溶血性貧血 上記以外の副作用 リンパ節腫脹、関節痛、顆粒球減少、血小板減少、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、蛋白尿、軟便、嘔気、胃不快感、腹部膨満感、悪心、嘔吐、菌交代症、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状、低プロトロンビン血症、出血傾向、ビタミンB群欠乏症状、舌炎、食欲不振、神経炎、頭痛、浮腫、しびれ、血清カルニチン低下、臨床検査値異常 セフジトレンピボキシル錠100mg「CH」の用法・用量• セフジトレン ピボキシルとして1回100mg(力価)を1日3回食後に経口投与する• なお、年齢及び症状に応じて適宜増減するが、重症又は効果不十分と思われる場合は、1回200mg(力価)を1日3回食後に経口投与する セフジトレンピボキシル錠100mg「CH」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 血清カルニチンが低下する先天性代謝異常の小児• アレルギー• 気管支喘息• 経口摂取の不良• 高度腎障害• 蕁麻疹• 全身状態の悪い• 非経口栄養 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 幼児・小児• 妊婦・産婦• 高齢者• 乳児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。 血清カルニチンが低下する先天性代謝異常の小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 小児 0歳〜14歳• 乳幼児 0歳〜6歳• 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜.

次の

セフジトレンピボキシル錠の効果と副作用

セ フジ トレン ピボキシル 100

セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 肺炎 膀胱炎 猩紅熱 腎盂腎炎 腸管出血性大腸菌感染症 腹膜炎(総論) 髄膜炎 尿路感染症(総論) 細菌性肺炎(総論) 子宮付属器炎 骨盤内炎症性疾患(PID) セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の主な効果と作用• セフェム系の 抗生物質です。 細菌の細胞壁の合成を阻害して細菌の増殖をおさえる働きがあります。 病気( 感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。 セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の用途• 外傷の二次感染• 眼瞼 膿瘍• 子宮内感染• 歯冠周囲炎• 歯周組織炎• 手術創の二次感染• 胆管炎• の二次感染• 瞼板腺炎• 慢性 膿皮症• リンパ管炎• リンパ節炎• 深在性皮膚 感染症• 表在性皮膚感染症• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 下痢、軟便、嘔気、胃不快感、発疹、腹痛、過敏症、好酸球増多、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇 起こる可能性のある重大な副作用 不快感、肝機能障害、ショック、アナフィラキシー、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、偽膜性大腸炎、血便、重篤な大腸炎、頻回の下痢、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線像異常、間質性肺炎、PIE症候群、黄疸、著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいAl-P上昇、急性腎障害、重篤な腎障害、無顆粒球症、溶血性貧血 上記以外の副作用 GPT上昇、血清カルニチン低下、臨床検査値異常、悪心、Al-P上昇、蕁麻疹、紅斑、そう痒、リンパ節腫脹、関節痛、顆粒球減少、血小板減少、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、蛋白尿、腹部膨満感、嘔吐、菌交代症、口内炎、カンジダ症、ビタミンK欠乏症状、低プロトロンビン血症、出血傾向、ビタミンB群欠乏症状、舌炎、食欲不振、神経炎、頭痛、浮腫、しびれ セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の用法・用量• セフジトレン ピボキシルとして1回100mg(力価)を1日3回食後に経口投与する• なお、年齢及び症状に応じて適宜増減するが、重症又は効果不十分と思われる場合は、1回200mg(力価)を1日3回食後に経口投与する セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 血清カルニチンが低下する先天性代謝異常の小児• アレルギー• 気管支喘息• 経口摂取の不良• 高度腎障害• 蕁麻疹• 全身状態の悪い• 非経口栄養 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 幼児・小児• 妊婦・産婦• 高齢者• 乳児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。 血清カルニチンが低下する先天性代謝異常の小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 小児 0歳〜14歳• 乳幼児 0歳〜6歳• 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜.

次の

セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の添付文書

セ フジ トレン ピボキシル 100

安全性評価対象症例2,909例中127例(4. 37%)に副作用が報告され、その主なものは、下痢、軟便、嘔気、胃不快感等の消化器症状121件(4. 16%)及び発疹等のアレルギー症状16件(0. 55%)であった。 また、臨床検査値の変動は8. (セフジトレン ピボキシル製剤の承認時データ) 市販後使用成績調査の結果、全国792施設から、総症例4,907例の臨床例が報告された。 副作用発現症例数は35例(0. 71%)であり、副作用発現件数は39件であった。 主な副作用は、消化管障害(下痢、嘔気、悪心、胃不快感等)25例(0. 51%)、肝臓・胆管系障害(肝機能異常、肝機能障害、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇)5例(0. 10%)等であった。 (セフジトレン ピボキシル製剤の再審査終了時データ) 重大な副作用.

次の