コリン 性 蕁 麻疹 と は。 コリン性蕁麻疹の原因と症状!ストレスや温熱蕁麻疹との関係は?

狩野英孝 自分の「汗」がアレルギーだった…コリン性蕁麻疹と判明/芸能/デイリースポーツ online

コリン 性 蕁 麻疹 と は

名前の由来 [ ] 人が(蕁麻)の葉に触れると痒みを伴う発疹が出現するためこの名前がついた。 なお、尋常性の「尋」と蕁麻疹の「蕁」は混同されやすい。 英語での Hives も語源はイラクサを意味するである。 症状 [ ] 皮膚の灼熱感・かゆみを伴う発疹が生じる。 数分〜数時間で消退するが、発作的に反復して発疹が起こる。 発疹の特徴として、軽度の膨らみをもった「みみず腫れ」を特徴とし、医学用語では 膨疹(ぼうしん)と表現する。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死亡することもある。 病態生理 [ ] 皮膚の血管や血管の周囲には、(好塩基性の細胞)が散在しており、この肥満細胞の中にという成分が多数含まれている。 何らかの原因で、肥満細胞がヒスタミンを分泌する。 それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる。 そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、限局した浮腫になるが、それが膨疹という表現形になる。 さらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させる。 急性の蕁麻疹は特に子供で、食物、医薬品、ウイルス感染のような特定可能な原因がある可能性が高い。 慢性の場合は特定が困難なことがある。 アレルギー性蕁麻疹 [ ] 抗生物質によるアレルギー性蕁麻疹 I型に起因すると考えられている。 IgEと呼ばれる抗体が肥満細胞に付着しており、抗原がその抗体に付着すると肥満細胞が活性化し中に蓄えられていたヒスタミンを大量に放出して症状を引き起こす。 抗原被曝から30分以内には症状が出る。 ヒスタミンの放出は15分程度であり、通常はすぐに治まる。 しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。 なお、(かぶれ)でみられるは、 IV型であり、機序が異なる。 経過による分類 発疹の出没が1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上のものを「慢性蕁麻疹」と分類することがあるが、分類する意義がないという意見もある。 原因による分類 食物性蕁麻疹 [ ] 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。 アレルギー性蕁麻疹の一つ。 などの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。 また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。 食べ過ぎ・飲みすぎ・風邪による感染性胃腸炎などがあると、体にとって異物とみなされる不純物(抗原物質)が吸収され蕁麻疹が生じやすくなるということもあり、アレルギー反応だけでなく、何らかのプラスアルファの要因が加わって生じることも多いと考えられる。 薬剤性蕁麻疹 [ ] 薬剤によるアレルギーである。 薬剤摂取後30分以内に起こるのが通常。 抗生剤・NSAIDの頻度が高い。 2〜3年以上続く慢性蕁麻疹の中には、や内臓疾患を合併していることがある。 非アレルギー性蕁麻疹 [ ] みみず腫れ(機械刺激による物理性蕁麻疹) アレルギー性の反応はないが、何らかの刺激でヒスタミンが肥満細胞から分泌されたり、神経末端よりアセチルコリンなどの物質が分泌され、それより血管透過性が亢進して症状が出るものなどがある。 その一方で、原因機序が確定していないため非アレルギー性と扱っているものも含まれる。 なお、アレルギー性と異なりヒスタミンなどの放出が長かったりして、すぐに治まるとは限らない。 原因による分類 物理性蕁麻疹 [ ] 機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などで誘発される場合がある。 寒冷により生じる 寒冷蕁麻疹もこの一つで、冷たい飲み物(ビール、ジュース、水)を一気に飲むと咽頭や喉頭に浮腫を生じ呼吸困難になりやすい。 みみず腫れは接触による膨疹が線上に配列し融合することで生じる。 日光蕁麻疹 [ ] 日光被曝により起こる蕁麻疹。 膨疹は日光の当たった皮膚に限局して現れ、日光を避けると1〜2時間くらいで痕跡を残さず消えていくのが特徴である。 波長の違いで6型に分類されている。 光のエネルギーにより皮膚の成分が修飾されて構造が変化し、それが抗原となって即時型アレルギー反応が成立するという意見もあり、アレルギーの関与はまだ完全には否定できていない。 なお、似た症状をもつ疾患としてがあり鑑別が必要である。 多形日光疹は日光照射後数時間してから発疹が現れ、発疹が数日間持続するという違いがあるので、その臨床経過で鑑別が可能である。 コリン性蕁麻疹 [ ] 発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。 膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。 痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。 一過性であり、をかくたびに生じる。 発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でが分泌され膨疹が生じるというものがある。 また、 心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。 遺伝性の蕁麻疹 [ ]• CINCA症候群(chronic infantile neurological articular syndrome) 生後に発症。 皮疹・中枢神経症状・関節症状を3主徴とする。 Muckle-Wells症候群 蕁麻疹と腹痛が1〜2日続き、それを周期的に繰り返すのが特徴。 家族性寒冷蕁麻疹 生後〜10歳位までに発症。 寒冷によって誘発され、発熱・関節痛を伴う発疹の出現がある。 1日以内には消褪する。 診断 [ ] と区別されることは重要であり、その他の原因が除外された後に蕁麻疹の診断が残る。 診断は既往歴と検査によってなされる。 検査 [ ] 診断するための検査 [ ] 赤色皮膚描記症という症状があり、皮膚を擦過すると赤く膨隆する。 では白色になる(白色皮膚描記症)ので対照的である。 湿疹との鑑別は経過から明らかであるが、形態学からも鑑別ができる。 湿疹は湿疹の三角形で示されたとおり多様な形態をとりうるがその中に膨疹は含まれていない。 よって膨疹を見つけることで湿疹を除外できる。 しかし膨疹がない蕁麻疹もありえる。 原因を調べるための検査 [ ] 血液検査で特異的IgEを調べる。 RAST法とも呼ばれる(それに対して、総IgEはRIST法と呼ばれる)。 ヒスタミン遊離試験が血液検査で調べられる。 血液に原因と思われる物質を注入し、アレルギーの原因となるヒスタミンが増加するかを見る検査である。 費用がかかる。 皮内テスト、プリックテストなどがある。 原因と思われる物質を皮内・皮下等に注入してアレルギー反応が誘発するか、を調べる試験である。 しかし、テストが原因で症状を誘発することもある。 誘発試験があるが、ショックの危険があるため慎重に行う。 寒冷蕁麻疹を例にあげる。 洗面器に水を入れ、片方の手を水の中に入れ、他方は外に出しておく。 10分後コントロールに比べ水の中に入れた手に紅班・膨疹・掻痒が出現すれば寒冷蕁麻疹と診断できる。 治療 [ ] が基本となり、特に鎮静作用(眠気など)の低いから開始され、これは国際、日本、欧米のガイドラインに共通する。 また共通して、特定可能な蕁麻疹のきっかけがあればそれを避けることで、 NSAID を使用することで3分の1の人々の症状を悪化させることも避けられる。 無効であれば第二世代抗ヒスタミン薬を増量することもできる。 さらには、別の第二世代抗ヒスタミン薬や別の薬を使用する。 日本のガイドラインは、や抗ロイコトリエン薬を推奨しているが 、国際的なガイドラインはこれらの使用を推奨していない。 最終段階の治療として、 ()、、内服のステロイドがあるが、長期的な副作用や副作用の発生率から、この順に考えることが必要となる。 オマリズマブのほうがシクロスポリンより副作用の発生率が少なく、ステロイドでは長期使用に懸念がある。 急性期 [ ] を使用するのが一般的。 血圧低下などのショック症状があれば、(商品名)の注射が奏功する。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 発疹が強い場合、が奏功することがある。 一般に「キョウミノ」と略され頻繁に使われる 日本でのみ。 慢性期 [ ] 抗ヒスタミン薬を使用するのが一般的。 漢方としては、(さいこかりゅうこつぼれいとう)・(さんそうにんとう)・(じゅうみはいどくとう)がよく使われる。 慢性合併の場合除菌療法、慢性合併の場合扁桃摘手術を施行すると、蕁麻疹も治癒することがあり、行われることもある。 と同様の機序が考えられている。 有効性 [ ] 寒冷蕁麻疹では、鎮静作用の少ない第二世代抗ヒスタミン薬でも有効であるため副作用は弱い。 (抗ヒスタミン薬)の鎮静作用は、ほかの第二世代抗ヒスタミンと同等である。 第一世代抗ヒスタミン薬でも慢性的な蕁麻疹に有効である。 妊婦における第一世代抗ヒスタミン薬の使用は胎児の予後にリスクをもたらしていなかった。 慢性的に自然発症する蕁麻疹では、寄生虫駆除によって治療できることがある。 はアレルギー疾患に関与すると考えられ、慢性の蕁麻疹人では血中ビタミンDが有意に低く、週60,000 IUなど高用量に摂取した場合に症状が改善された。 ただし、慢性蕁麻疹の頻度は非常に少ない。 血管浮腫 [ ] 蕁麻疹の一種に 血管浮腫( クインケ浮腫とも)と呼ばれる病態がある。 蕁麻疹と同様に皮膚の毛細血管の拡張と透過性の亢進によりおこる。 蕁麻疹との違いは蕁麻疹が皮膚の表層で起こるのに対して、血管浮腫は深在性に起こるということである。 死因はおもに喉頭浮腫による窒息死である。 日本、欧米の治療ガイドラインにて蕁麻疹の定義は、血管浮腫を含む。 蕁麻疹の4割が血管浮腫を伴う。 症状 [ ] 真皮深層や皮下組織など深いところでを起こし、一過性限局性の浮腫が生じることがあり、血管浮腫と言われる。 特に口唇やまぶたに生じるのが典型的。 蕁麻疹とは異なり、掻痒はなく、出現すると3〜4日続くのが特徴。 まれに、腸管にも浮腫を生じることがあり、その場合、消化器症状を伴う。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死ぬこともある。 原因 [ ] 降圧剤のが原因のことがある。 ACE阻害薬によりブラジキニンの産生が生じ、それが血管透過性の亢進を招くのが原因である。 また、近年、でも生じる例も多く、注目されている。 そのほか、遺伝性もあり、HAE(遺伝性血管浮腫)と呼ばれる。 第一成分阻害因子(C1-INH)の先天的欠損や凝固の先天異常などである。 この場合は補体の過剰な活性化により血中補体価の低下がおこる。 治療 [ ] 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用するのが一般的。 ステロイド内服薬も使用することも多い。 外用剤は、ステロイド外用剤が使用される。 血管浮腫に対しては、の産生を抑制するためを使用することがある。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 特異的なアレルギーをする病態 [ ] この項目では、蕁麻疹を伴うアレルギー反応のうち、特異的な病態を示すものを羅列している。 FDEIA• OAS 出典 [ ]• , p. 2504. Kudryavtseva AV, Neskorodova KA, Staubach P August 2018. Pediatr Allergy Immunol. Curr Allergy Asthma Rep 7 : 36. , p. 2513. Weinstein ME, Wolff AH, Bielory L June 2010. Ann. Allergy Asthma Immunol. 6 : 518—22. Snidvongs K, Seresirikachorn K, Khattiyawittayakun L, Chitsuthipakorn W February 2017. Drugs 2 : 175—186. Sharma M, Bennett C, Carter B, Cohen SN October 2015. Acad. Dermatol. 4 : 710—716. Etwel F, Faught LH, Rieder MJ, Koren G February 2017. Drug Saf 2 : 121—132. Kolkhir P, Balakirski G, Merk HF, Olisova O, Maurer M March 2016. Allergy 3 : 308—22. Tuchinda P, Kulthanan K, Chularojanamontri L, Arunkajohnsak S, Sriussadaporn S 2018. Clin Transl Allergy: 51. 参考文献 [ ]• 日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン改定委員会「」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2503-2624頁、 :、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

コリン性蕁麻疹

コリン 性 蕁 麻疹 と は

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『汗をかくとかゆくなる「コリン性蕁 」とは?』をご紹介させて頂きます。 汗をかくと起こる蕁 体温が上昇して汗をかくと、かいた皮膚に「蕁 (じんましん)」ができる病気を「コリン性蕁 」といいます。 刺激によって誘発されるタイプの蕁 で、発汗作用が刺激となって体に赤い発疹があらわれます。 蕁 といえば、細菌やウイルス、あるいはサバやアジなどの青魚や、エビやカニといった甲殻類など食べ物による原因が一般的です。 ところがコリン性蕁 は、 (1)気温が高いとき (2)運動したあと (3)お風呂あがり (4)熱いものを食べたとき (5)辛いものを食べたあと (6)緊張しているとき (7)お酒を飲んだあと などに発疹が起こるのが特徴です。 激しい「かゆみ」と「痛み」が起こる 蕁 はたいへん種類の多い病気です。 汗をかいたときに、汗の出た箇所に約1~5mmの小さな赤い膨らみがあらわれます。 そして、その数が増えてくると、発疹が合わさって、地図のような大きな赤みになるのが特徴です。 発疹は、腕、足、背中、首、顔面など体の広い範囲に起こる可能性があります。 激しいかゆみが起こるのが一般的で、ときにはピリピリした痛みや、チクチクと針で刺されたような痛みを伴うことがあります。 発疹が体にあらわれている時間は、そう長くはありません。 汗をかかない「冬こそ注意して」 コリン性蕁 は、年齢が10〜30代と若年層に多く発症します。 活動的で、スポーツをするなど日常的に汗をかく機会が多い若い世代にとっては、やっかいな病気といえるでしょう。 また、汗をかきやすい夏に症状が増える印象がありますが、実際はほとんどの患者は冬に悪化しています。 夏は日常的に汗をかいているため汗の出口(汗孔)が開いていますが、冬はほとんど閉じているため、汗が皮膚にとどまりやすく、発汗時に蕁 が起こりやすくなります。 最近は、冬になると室内や電車などはエアコンで温かく保たれており、知らないうちに汗をかくことがあります。 冬こそ注意が必要です。 原因は解明されていないが コリン性蕁 の原因は、今はまだ、すべてが解明されているわけではありません。 しかし、人が発汗した時に分泌される「アセチルコリン」という物質が刺激として関わっていることは分かっています。 アセチルコリンは、副交感神経系や運動神経の末端から放出され、発汗を促す働きのある神経伝達物質です。 汗をかくことによって、皮膚などの組織に広く散らばるマスト細胞(肥満細胞)が活性化します。 すると、「ヒスタミン」というかゆみを引き起こす物質が放出されます。 これが蕁 につながるといわれています。 ヒスタミンを抑える「抗ヒスタミン薬」などを処方してもらい、蕁 の症状を緩和する治療が多いでしょう。 そして、日常生活のなかで次のような対処を心がけ、症状の悪化を防ぐ注意が必要です。 ・汗をかいたらこまめに拭く ・かゆみが出たら皮膚を冷やす ・辛い食べ物は控える ・熱いお湯に長時間浸からない ・熱い飲み物やアルコールは控える ・冬場は室内の温度に気を配る コリン性蕁 は、年齢を重ねるごとに症状が緩和する病気といわれています。 個人差はありますが、30代を過ぎると治る傾向が高いようです。 「皮膚科」や「アレルギー科」の医師と相談して、焦らずに治療をすすめて行くのがよいでしょう。

次の

コリン性蕁麻疹

コリン 性 蕁 麻疹 と は

コリン性蕁麻疹の原因と症状 特に夏場にできやすいという特徴のあるコリン性蕁麻疹、まずはその原因と症状について見ていきましょう。 コリン性蕁麻疹の原因 コリン性蕁麻疹のはっきりとした原因はまだ解明されていません。 しかし、体温が上がり汗をかくと蕁麻疹が出来る為、発生には汗が大きく関係していると言われています。 現在は自分の汗にアレルギー反応を示しているのではないか?という説と、汗をつかさどる「アセチルコリン」が原因となって蕁麻疹が起きているのではないかという二つの説が有力です。 コリン性蕁麻疹の症状 コリン性蕁麻疹は若い年代に特に多く、運動、緊張、スパイスの摂取などによって汗をかいたときに、激しい痒みとともに手足以外の場所に小さな発疹が出るのが特徴です。 痒みが強くなると痛みを感じることもあり、蕁麻疹を掻き続けると発疹同士が融合してしまい大きなふくらみになってしまうこともあります。 コリン性蕁麻疹とストレスとの関係 人は強いストレスを感じると、体を正しく機能させるための自律神経が乱れてしまうことは皆さんご存知だと思います。 自律神経は交感神経と副交感神経から成り立ち、副交感神経は体をリラックスさせたり食べ物を消化する役割が、交感神経は集中力を高めたり体を興奮させる役割があります。 コリン性蕁麻疹の原因とされている「アセチルコリン」は、自律神経と深いかかわりを持っています。 アセチルコリンは交感神経の末端から分泌されるため、ストレスにより交感神経が優位になっている状態では蕁麻疹が出やすくなっているという訳です。 特にストレスを感じる環境下で汗をかきやすいという方は、コリン性蕁麻疹に注意が必要だと言えるでしょう。 コリン性蕁麻疹と温熱蕁麻疹の違い コリン性蕁麻疹と似ている蕁麻疹に、温熱蕁麻疹があります。 温熱蕁麻疹もコリン性蕁麻疹のように体温の上昇に反応して起こる蕁麻疹ですが、この二つには次のような違いが見られます。 温熱蕁麻疹は冬に多い コリン性蕁麻疹はその特徴から夏に多い蕁麻疹ですが、温熱蕁麻疹は冬に多いのが特徴です。 温熱蕁麻疹は急な温度変化が皮膚への刺激となる為、冬に寒い室外から暖かい屋内に入った時や、暖かいお風呂に入った時に出やすくなります。 夏にお風呂に入った後に出来る蕁麻疹は、汗が影響するコリン性蕁麻疹である可能性もあるので、一概に「入浴=温熱蕁麻疹」とは言えません。 温熱蕁麻疹は寒がりの人がなりやすい コリン性蕁麻疹は汗をかきやすい人がなるのに対し、温熱蕁麻疹は寒がりな人や血行不良の人がなりやすいという特徴があります。 体が温まりにくく、常に体温が低めの方が運動をして体が温まることで温熱蕁麻疹となることがありますが、この時汗が出ているか出ていないかである程度判断することが出来ると思います。 運動によって汗が出てからの蕁麻疹であればコリン性蕁麻疹である可能性もあるようです。 温熱蕁麻疹は局所的に出ることがある 温熱蕁麻疹の場合、全身に出る蕁麻疹以外に局所的に蕁麻疹があらわれることがあります。 カイロや湯たんぽで一部分を温めた時や、暖房の温風が一部分に集中して当たっている時などに局所的な蕁麻疹があらわれます。 汗をかいておらず、急に暖まった一部分にかゆみと発疹がある場合には温熱蕁麻疹である可能性が高いでしょう。 まとめ 蕁麻疹には様々な種類があり、皮膚科でも一度の診療ではその蕁麻疹が何なのかということまで解明するのは難しいことのようです。 特にストレスからくる蕁麻疹の場合には判断が難しく、治療や検査が長期に及ぶこともあるでしょう。 蕁麻疹はアレルギー性のものもありますので、「いつもの蕁麻疹か」と自己判断せず、痒みが強い時には皮膚科を受診するようにして下さい。

次の