お手数おかけしますが、。 「お手数」の例文・類語・読み方・「ご迷惑」の違い|おかけします

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数おかけしますが、

具体的な「お手数をおかけして」の使用例を、解説していきます。 前や後にどんな言葉をつけるのかによって、「お手数おかけして」の印象は大きく変わってきます。 相手と自分の関係や立場に応じて、使い分けができるようにしていきましょう。 申し訳ございません 誰かが「お手数をおかけして、申し訳ございません」と言っているのを、見たことはないでしょうか。 非常によく使われる表現で、ビジネスシーンでのやりとりにおいても必ずといっていいほど出てきます。 誰に対しても失礼にならない言葉遣いですので、いざというときにサッと出るようにしておくと、困らないで済むでしょう。 すみません 「お手数をおかけして、すみません」という言葉も、よく使われています。 「すみません」は少し丁寧さに欠けるので、ビジネスシーンにおいては「申し訳ございません」を使用するほうが適当です。 日常会話でお隣さんと話す程度であれば、「すみません」のほうが仰々しくなく、良好な関係を築いていけるということはあります。 その時々で合っている言葉を使い分けるようにしましょう。 現在も「お手数」をかけている最中の相手に対しては、「お手数をおかけしております」といって、現在の状況をお詫びしたり、感謝している気持ちを伝えましょう。 相手が忙しく、こちらを手伝うことで多少いらいらしている場合があります。 そんなときに、「お手数をおかけしております」と一言かけるだけでも、自分と相手の関係を円滑にできるということがあります。 クレーム他応などでも多く使われている言葉です。 ありがとうございます 相手が力を貸してくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいときは、「お手数をおかけしました、ありがとうございました」「その節はありがとうございました。 お忙しいところお手数をおかけし、申し訳ありませんでした」などの言葉を使いましょう。 お礼の気持ちだけでなく、手伝わせてしまって申し訳なかったという、お詫びの気持ちも伝えることができるので、より丁寧な印象を与えることができます。 特に目上の人に対しては、ただ単にお礼だけを伝えるよりも、「お手数おかけして」と一言添える方が、好ましいといえるでしょう。 お忙しいところ 相手が忙しいのにもかかわらず、何か頼みごとをしたり、手伝ってもらったりしたときにも、「お忙しいところ」という表現が使えます。 「お忙しいところ、お手数をおかけしました」「お忙しいところ、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」というように、「忙しいのに、本当にありがとう」「あなたが忙しいのは知っているけど、そこをなんとかお願いします」などの気持ちを込めることができます。 こちらもビジネスシーンではよく使われる常套句なので、頭の引き出しにしまっておきましょう。 「お手数をおかけして」を他の言葉で言い換えると? 「お手数をおかけして」はビジネスメールでも使うことのできる便利な表現です。 いくつか例を挙げてご紹介します。 〇かの件ではお手数をおかけしております。 〇お手数をおかけして申し訳ございませんが、添付の用紙にご記入いただきまして、11月10日までにお送りくださいますようお願いいたします。 〇お手数をおかけしておりますが、早急に対応させていただきますので、今しばらくおまちくださいますようお願い申し上げます。 〇お手数をおかけしているにも関わらず、力強いお言葉までいただき、本当にありがとうございます。 メールの文章での注意点は、必ず書き言葉で表現することです。 メールは目に見える情報ですので、「お手数おかけして」のように、助詞の「を」を抜いてはいけません。 ビジネスシーンで送るメールの場合は、特に気をつける必要があります。 書き言葉に、普段使っている言葉遣いがついつい出てしまうことは珍しくありません。 日頃から正しい言葉を使うようにしましょう。 「お手数をおかけして」は二重敬語なの? 「お手数をおかけして」には「お」が2つついていますが、二重敬語となるのでしょうか。 二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 では、「お手数をおかけして」はどうなるのでしょうか。 「お手数をおかけして」では少しわかりづらいので、「お手数をおかけする」に直して考えていきましょう。 この言葉を文法的に解説すると、下記のようになります。 ・「お手数」は、名詞の「手数」の丁寧な表現です。 ・「おかけする」は、「かける(掛ける)」を謙譲語にするために、「お~する」というかたちにした言葉です。 お察しのとおり、「お手数をおかけして」という表現は二重敬語にはあたりません。 ではどんな表現をしたときに二重表現になるのでしょうか。 先ほども触れましたが、二重敬語とは、尊敬を示す動詞と尊敬を示す助動詞「れる・られる」が同じ文で使われていることです。 例えば、「お召し上がりになられる」「ご覧になられる」という言い方がそうです。 「お召し上がりに」「ご覧に」という表現は、それだけで尊敬語の表現ですので、後に「なられる」をつけると、過剰な表現となってしまいます。 この場合は、「お召し上がりになる」「ご覧になる」が正しい表現です。 丁寧な表現を使うことに夢中になりすぎて、間違った言葉を使わないように気をつけましょう。 ビジネスシーンにおいて、こういった微妙な言葉遣いの違いを指摘されることはあまりありませんが、少なからず相手に違和感を感じさせてしまっている可能性があります。 「お手数をおかけして」をつかいこなそう!.

次の

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数おかけしますが、

「お手数おかけしました」の意味と漢字 「お手数をおかけしました」の意味は「こちらの依頼に対して、労力をかけさせました」 「お手数をおかけしました」は 「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせました」という意味になります。 こちらのために何かをしてくれた 相手に対しての、感謝やお詫びの気持ちが込められています。 「手数」の意味は「それに施すべき手段の数、その物事または他人のために特に力を尽くすこと」です。 ビジネスシーンで使われる場合は「自分以外の第三者のために行う物事を達成するために必要な労力」を意味します。。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 「お手数をおかけしました」の「かける」の漢字は「掛ける」 「お手数をおかけしました」は漢字で書くと 「お手数をお掛けしました」となります。 「掛ける」は「他に向けてある動作・作用に及ぼす」「ある物・場所などに事物の一部をささえとめる」を意味します。 「手数を掛ける」以外にも、「迷惑を掛ける」「時間が掛かる」「電話が掛かる」などと使います。 ただ、 「お手数をおかけしました」は「お手数をお掛けしました」と漢字で表記することは少ないです。 「お手数をおかけしました」の使い方と例文 「お手数をおかけしました」はビジネスシーンで使う 「お手数をおかけしました」は、ビジネスシーンで 目上の人に使うことができる表現です。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしました」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしました」は二重敬語ではないので、正しい敬語表現です。 より丁寧にしたい場合は「する」の謙譲語「いたす」を使って、「お手数をおかけいたしました」とします。 「お手数をおかけしました」は感謝やお礼するときに使う 「お手数をおかけしました」は、相手が手数をかけてくれたことに対して感謝するときに使います。 使い方としては、 ・お手数をおかけしました。 ありがとうございました ・お手数をおかけしましたにもかからず〜ありがとうございます ・お手数おかけしましたが〜心から感謝申し上げます などとなります。 例文 ・この度は、大変お手数をおかけしました。 ・わざわざ遠いところからお越しいただきありがとうございます。 お手数をおかけいたしました。 ・お手数をおかけしましたが、おかげで報告書が完成いたしました。 ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。 「お手数をおかけしました」は謝罪やお詫びするときも使う 謝罪の「お手数をおかけしました」は、 「(自分が依頼したことを達成するために)時間や労力を使わせてしまって、申し訳ない」という意味になります。 また、謝罪の言葉だけを述べるよりも「お手数をおかけしました」を添えると、何に対してのお詫びかということが伝わりやすくなります。 「お手数をおかけしました」は少々堅い表現のため、多少の謝罪に使うには仰々しいです。 使い方としては、 ・お手数をおかけして、申し訳ございません ・お手数をおかけして、大変恐縮です ・お手数をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます などとなります。 例文 ・お手数をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 ・この度は、私の個人的なお願いで何かとお手数をおかけいたしました。 ・問題が解決したので、ご連絡いたします。 お手数をおかけしました。 ・先日は当方の不手際で、大変お手数をおかけいたしました。 「お手数をおかけしました」への返事・返信 ビジネスシーンでは「とんでもないです」「お気になさらないでください」などを使う 相手が「お手数をおかけしました」と使ってきた場合「申し訳ない」という気持ちが含まれています。 そのため「謝らなくて大丈夫ですよ」「迷惑ではありませんよ」といった気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスシーンで目上の人に対して使う場合は、 ・とんでもございません ・お気になさらないでください ・滅相もないです ・お役に立てて光栄です などが適切です。 「とんでもないです」「お気になさらず」は「心配しないで」「気に留めないで」という意味合いになります。 「問題ないです」「大丈夫です」だと少々素っ気ない感じがでてしまいます。 「とんでもないです」「お気になさらず」だと印象が柔らかく、相手に不快感を与えることもないです。 「お手数をおかけしました」に対する返事の例文 ・お気になさらないでください。 ・とんでもないです。 お役に立てて光栄です。 ・これぐらい何ともありません。 ご安心ください。 ・滅相もないです。 少しでもお力になれて良かったです。 ・お役に立てたようで、安心しました。 「お手数をおかけしました」の類語 ご面倒をおかけしました 「面倒」の意味は、 ・体裁の悪いこと、見苦しいこと ・ものごとをするのが煩わしいこと、手数のかかること になります。 「ご面倒をおかけしました」も「お手数をおかけしました」と同様に、謝罪や感謝をするときに使います。 「ご面倒〜」という表現はかなり面倒なことをお願いしてしまった場合に使うのが適しています。 「ご面倒をおかけしました」は親しい間柄の相手に使用する言葉なので、目上の人にはあまり使いません。 例文 ・ご多忙中にも関わらず、ご無理なお願いでご面倒をおかけしました。 ・ご面倒をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしました 「迷惑」の意味は、 ・どうして良いか迷うこと ・困り苦しむこと、難儀すること ・他人からやっかいな目にあわされて困ること になります。 「ご迷惑をおかけしました」は自分の行動や招いたことによって、相手に悪い影響を及ぼしてしまった場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご迷惑」は、自分が何らかの失敗をしているときでないと、使うべきではありません。 また「ご迷惑をおかけしました」だけでも謝罪の気持ちは伝わりますが、「ご迷惑をおかけしました」のみだと物足りない感じがするので、謝罪の言葉を付けるようにしましょう。 例文 ・この度は、当方の手違いにより、大変なご迷惑をおかけしました。 申し訳ございません。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。 深くお詫び申し上げます。 お手間を取らせてしまいました 「お手間を取らせてしまいました」で使う「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 となります。 「お手間を取らせる」は、相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 例文 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 お手を煩わせてしまいました 「手を煩わす」は「人の世話になる」「面倒をかける」「厄介をかける」を意味します。 ビジネスシーンでは、目上の人に、例えば書類の整理を手伝ってもらったり、責任者として謝罪の席に同席させてしまったりなどと様々な場面で使うことができます。 例文 ・この度はお忙しい中、私のお願いでお手を煩わせてしまいました。 誠に申し訳ございません。 ・こちらの不手際により、お手を煩わせてしまいました。 本当に申し訳ありませんでした。 「お手数をおかけしました」の英語 「お手数」は「inconvenience」「trouble」など 「お手数」つまり「迷惑」を意味する英語は、 ・inconvenience ・trouble などになります。 「toruble」は名詞としても動詞(他動詞)としても使います。 謝罪の表現は「apologize for... 」「be sorry for... 」 「お手数をおかけしました」という表現には謝罪・お詫びのニュアンスが含まれています。 よって、英語では、 ・apologize for... ・be sorry for... / be sorry to... 動詞 などの形を使います。 「お手数をおかけしました」の英語の例文 「お手数をおかけしました」は英語で、 ・I'm sorry for your inconvenience. ・I'm sorry to trouble you. ・Sorry for the trouble ・I know it's a big ask などと表現します。

次の

誤用に注意!「お手数おかけしますが」の正しい使い方は?|就活市場

お手数おかけしますが、

「お手数をおかけしますが」の意味 そもそも「手数(てすう)」とは、何かをやり遂げるために必要な労力や動作を表す言葉です。 したがって、「お手数をおかけしますが」という定番の表現は、自分が相手に対して依頼や要求を行なう際に、冒頭部分で使うのが一般的となっています。 その意味をかみ砕くと、「自分が依頼したことを達成するために、相手に何らかの労力や時間を使わせてしまいますが」という内容となります。 つまり、「お手数をおかけしますが」の中には、「時間や労力を使わせてしまって申し訳ない」というお詫びの気持ちが含まれているわけです。 一方で、「お手数をおかけしますが」の中には、感謝の気持ちも含まれています。 なぜならば、そのあとには自分が相手に対してお願いしたい具体的な事項が述べられるからです。 」といった文章の意味について考えてみましょう。 この場合、「大変ですが、確認していただければありがたいです。 」という感謝の気持ちが込められています。 つまり、「お手数をおかけしますが」は、お詫びと感謝の気持ちを同時に表現できる便利な常套句なのです。 「お手数をおかけしますが」の使い方 よくある使い方としては、2パターンが挙げられます。 1つ目は、相手にとって大変なことをお願いするとき、2つ目は、ビジネスを円滑に進める上でのクッション用語として使う方法です。 また、「お手数をかけしますが」の変化形もありますので、それぞれの場合について、例文をご案内していきましょう。 相手にお願いをする場合の例文 「お手数をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 クッション用語として使う場合の例文 「お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 」 「お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちいたしております。 」 「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の変化形を使った例文 「お手数ですが、添付書類をご覧いただけませんでしょうか。 」 「お手数をおかけしました。 ありがとうございました。 」 「お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の類語 相手に対して、何か頼みごとをするときに、「お手数をおかけしますが」の代わりに使える類似表現(類語)をまとめてご紹介していきましょう。 なお、類語とともに、使用する際の注意事項についても記載していますので、合わせてご確認ください。 ただし、どちらかといえば、親しい間柄の相手に使うシーンに向いている表現ですので、場合によっては使い分けが必要です。 使用したほうがよいかどうか迷う場合には、「お手数をおかけしますが」という一般的な表現にとどめたほうがよい場合もあります。 なぜならば、使う相手によっては、失礼な表現として受け取られる場合もあるからです。 要注意!よくありがちな誤った使い方 助詞などの使い方次第では、かえって相手に対して失礼に当たる場合があります。 「お手数をおかけしますが」を正しく使いこなすために、以下のよくありがちな誤った使い方を確認しておきましょう。 お詫びの言葉とセットでの使用はNG お詫びの言葉と同時に使う表現「お手数をおかけしますが、申し訳ありません。 」は、間違った使い方となります。 お詫びの言葉をあとに続けたいのであれば、逆接の「が」を除き、「お手数をおかけして申し訳ありません。 」とするのが正解です。 したがって、「お手数かけさせますが」という表現は、自分が要求をしているかのように捉えられ、失礼な表現となってしまいます。 自身の行動に関する文章の中で使用するのは誤り 「お手数をおかけしますが」は、相手を敬って使われる表現です。 したがって、自身の行為に対しては使用できません。 例えば、「お手数をおかけしますが、のちほど確認させていただきます。 」は誤用です。 冒頭にクッション言葉を添えたいのであれば、「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」を付けるのが正解となります。 まとめ 仕事上、相手に何かを依頼する機会は多いものです。 できるだけ気持ちよく、自分の要望や依頼を受けてもらえるようにするためにも、「お手数をおかけしますが」をタイミングよく使いこなしましょう。 ただし、使いすぎると、単なる枕詞と思われがちであるため、使う頻度にも注意が必要です。

次の