職業 調べ 中学生。 中学での調べ学習「職業調べ」のまとめ方とヒント集

職業調べ・キャリア教育|EduTownあしたね|学校の先生へ

職業 調べ 中学生

なりたい(調べたい)職業が見つかっていない人 このページの一番下にある 職業探しのヒントをチェックしてみてください。 すでに対象とする職業が決まっている人は、次の方法を試してみてください。 専門誌、業界紙の4月号をチェック どんな職業でも、その職業の人(その業界の人)が読む専門誌、業界紙というものがあります。 大きな図書館に行けば置いてありますし、インターネットでも検索することができます。 狙い目は、その 4月号。 4月号には、その職業で初めて働き始める 「新人」向けの特集が組まれています。 この仕事の魅力は• 大変なことやつらいことは• これからどんなことを勉強すればいいのか など、その業界の先輩からのメッセージが掲載されているものです。 職業を知る上では大きなヒントになります。 いま働いている人の声だけに昔の知識が入っているということもありません。 中学生が読んでもわかる内容も多いので、チェックしてみることをオススメします。 資格が必要な職業は試験情報をチェック 職業によっては資格やある種の試験に合格しないとなれないものもあります。 そうした職業の場合は、その資格の 試験情報について調べてみましょう。 合格率は?• 受験者の年齢層、男女比は?• 合格までに必要な勉強時間は? 試験対策サイトのようなものを見つければ、こうした情報が掲載されています。 試験の 過去問を調べてみるのもイイかもしれません。 専門知識、専門用語を知らなくても解ける問題もあるはずです。 そうした問題を、調べた結果としてクイズ形式でまとめておくと、プレゼンするときなどに盛り上がる内容のレポートになります。 日本以外でのその職業の働き方について調べる 職業は国によって働き方が違うこともあります。 日本では試験に受からないとなれない職業が、なりたい人は誰でもなれる国もあります。 調べたい職業の後に、 国名をつけて検索してみてください。 「先生 アメリカ」など。 その職業についての各国の事情が分かると思います。 日本ではあたり前だと思っていたことが違ったりと新たな発見があるはずです。 その職業に「転職」した人の情報を探す ほかの職業と比べたその職業の良さということでは転職した人の体験談が参考になります。 「 職業名 転職 体験談」などで検索すると情報が見つかると思います。 複数の職業を経験した人だからこそわかる視点というものがあるはずです。 職業について 多面的に調べるときに役立つ情報です。 年収を調べてみる 仕事の目的には「やりがい」などお金以外のものもありますが、お金も大事です。 収入という面で職業を比較してみるのも参考になります。 このとき参考になるのは総務省統計局のサイトにある賃金構造基本統計調査。 下記のようなデータが見られます。 年収という形式でデータはありませんが、「決まって支給する現金給与額」が月給のことなので、これを12倍して、「年間賞与その他」を足せば年収が求められます。

次の

保育士ってどんな職業? どうすればなれる?|ベネッセ教育情報サイト

職業 調べ 中学生

将来の職業を探るヒントは、あなたの「好きなこと」に隠されていることがあります。 まずは、自分の好きなことをできるだけたくさん挙げてみましょう。 小さな可能性も見逃さないようにするため、細かいルールを決める必要はありません。 純粋な興味・関心があるもの、お金や時間をかけている趣味、周りを忘れるほど熱中している活動など、自由に考えてみてください。 音楽、野球、ロボットが好き、体を動かすこと、ショッピングに出かけることが好き……というように、対象は何でも構いません。 今の自分が好きなことをある程度書き出したら、次に「今までの自分が好きだったこと」にスポットを当ててみましょう。 将来の進路を考える時には、過去を振り返るのも大切。 幼い頃に取り組んでいた習い事や遊び、練習に打ち込んだ部活動など幅広く考えてみてください。 熱中して達成できたことや、あるいはチャレンジが失敗に終わったことも思い返していきます。 自分だけで思いつかない時には、親や兄弟姉妹、友人、学校の先生など周囲の人に聞いてみるのも一つの手。 「いつも特定の話題がのぼる」「あることに取り組む時は真剣な表情になる」など、自分で気づいていなかった一面が会話の中から発見できるかもしれません。 好きなことを羅列すると同時に、それのどこが好きなのか、なぜ好きなのかも考えてみるといいでしょう。 明確な理由を挙げられるものは、将来の進路に大きな影響を与える可能性がありますよ。 スポーツが好きな場合 自分が選手になる以外にも、スポーツに関わる職業はたくさんあります。 選手のコンディションをサポートするスポーツトレーナーや、スポーツイベントの企画・運営を担うスポーツプロモーター、スポーツ用品を作るメーカーで働くなど、さまざまな業界が関係しているのです。 例えばこんな仕事• スポーツトレーナー• メディカルスタッフ• 体育教師• スポーツプロモーター• スポーツ用品メーカーで働く• スポーツのチームや組織で働く 自己分析で自分の長所・自分が感動する瞬間など、自分を掘り下げて考えてみよう 就職活動の準備でも重要と言われている自己分析。 これまでの人生を振り返り、「自分は何に興味があるのか」「どんな価値観を持っているのか」などを明らかにしていく作業です。 就活準備としてはもちろん、大学への進学を考える際など、将来の方向性を探るためには必要なステップだといえるでしょう。 短所は長所。 自分の良さを知る方法 「自分の長所を生かす」という視点から職業探しをするのも大切ですが、そもそも自分の長所と短所を見つけるのが難しい、という人は多いのではないでしょうか。 中には短所ばかりに目が向いてしまう人も少なくないはず。 しかし、短所があるということは長所も併せ持っているということ。 ちょっとした言い換えで、短所も長所になり得るのです。 例えば、「優柔不断でなかなか行動に移せない」は「慎重に状況を判断できる」。 「頑固で人の意見を聞けない」は「信念が強く、自分の意見を持っている」。 自分の特性を把握した上で、違う視点から分析してみてください。 発見した長所は、さらに伸ばしていく努力をしましょう。 やりたいことはあくまで趣味にする選択肢も 好きなことを仕事にできたら、きっと楽しいはず。 そんな考えで趣味から将来の職業を導き出すことは決して間違いではありませんが、その一方で、趣味と仕事は明確に分けるべき、という意見を持つ人もいます。 好きなことを仕事にすると、一体どのようなメリット・デメリットが生じるのでしょうか。 趣味と仕事の違いは多々ありますが、一般的に仕事は自分以外の誰かのために行うもので、業務を成し遂げた時にはその対価が支払われます。 締め切りを守ったり、責任を負ったりしなければならない場面も数多くあるでしょう。 趣味とは自分のための行為であり、目的を達成できなくても責任が問われることはありません。 趣味を仕事にするメリットとしては、夢中になって取り組める、より大きなやりがいを得られる、といった点があるでしょう。 デメリットは、客観的かつ冷静な判断ができなくなり業務に支障が出たり、時間の制約や責任、報酬が絡むとやる気がなくなったりする可能性があること。 どちらの選択が合っているかは人それぞれです。 好きなことを追求し続けたいのか、それとも明確に線引きしたいのかをしっかりと考えてみましょう。 「やりたくないこと」や「理想のプライベート」を書き出してみよう 人付き合いや早起きが苦手、というように、どうしても克服できないことや、譲れないライフスタイルがある人は少なくないはず。 後悔のない職業選びを実現するためには、環境や待遇、プライベートの過ごし方まで考える必要があります。 とはいえ、できないことを単に避けた職業探しをしていては、選択肢を減らすだけ。 なぜ苦手なのか、どの程度頑張れるのかを考えて、やりたいことやできることを絞り込んでいきます。 自分の時間を大切にしたい人は「ワーク・ライフ・バランス」にも注目し、仕事とプライベートを両立できるような職業選びを。 10年後や20年後に、自分がどんな生活をしていたいか想像してみてください。 実際に働き始めた際にイメージとのギャップが生じないよう、しっかりと調べておきましょう。

次の

なりたい職業の見つけ方|高校生のための進学ガイド|マイナビ進学

職業 調べ 中学生

「将来はこんなことがしたい、 あんなことがしたい」という方向性が見えていれば具体的な職業を探す指針になります。 でも、今はまだ世の中にどんな仕事があるのかよく知らない人も多いのではないかと思います。 このサイトは、今注目の職種、将来有望な職種を数多く取り上げて、仕事の内容や、 なるための方法などを紹介しています。 調理師の仕事 調理師になるには! 職業・分野別 おいしく、美しい料哩を多くの人に提供するのが仕事である。 ひと言で調理師といっても、日本料理人からフレンチ・イタリ アン・中華のシェフ、寿司職人、そば職人など様々だ。 いずれにしても大前提は「おいしい」こと。 加えて、オリジナリ ティや盛り付けのセンス、季節感に対する敏感さ、素材に関す る知議など多彩な能力が求められる。 独立して開業するなら、時代の先端をいく独自メニューを作る ことやビジネス面での経営能力も不可欠。 なるためナビ 専門学校や各種学校の調理師養成設で学べば、卒業と 同時に調理師の免許申請資格を取ることができる。 飲食店などで2年以上の調理経験を積み、都道府県の 調理師 試験を経て免許申請資格を得るケースもある。 職場は個人レストランをはじめ、病院や各福祉施設、 ホテル、 企業、結婚式場など幅広く、ニーズも多い職業で ある。 検索用語を入力 検索フォームを送信 職業調べ!なるためナビ Contents ト (ソーシャルワーカー) 就職活動 Copyright C 〜〜All Rights Reserved.

次の