スピッツ 金沢。 FOB企画:公演詳細

スピッツ|ツアー2020新型コロナで中止?払い戻し・振替情報も!|JUDY HOME

スピッツ 金沢

スピッツ( 省略 )は、日本のロックバンドである。 所属事務所はGrass Hopper。 レコード会社はユニバーサルJ。 公式ファンクラブは「Spitzbergen」(スピッツベルゲン)。 概要 1987年に結成し、1991年にメジャー・デビューした。 1995年発売の11thシングル『ロビンソン』や6thアルバム『ハチミツ』のヒットを機に人気を獲得。 メジャーレーベルはポリドール時代から現在までユニバーサルミュージックの所属である。 1997年から大阪を中心とする関西圏で「ロックロックこんにちは! 」、2000年からは仙台で「ロックロックこんにちは! presents 新木場サンセット」といった、自身主催の音楽イベント(通称:レギュラーイベントと呼称される)を開催している。 バンド名の由来 スピッツは、草野が高校時代から温めていた名前で、「短くてかわいいのに、パンクっぽい名前である」ことから命名し、犬種の日本スピッツも由来となっており、「弱いくせによく吠える」といったパンクバンドの意味も込められている。 省略 サポートメンバー 省略 来歴 バンド結成からインディーズ時代 省略 省略。 音楽評論家の富澤一誠は「インディーズ時代のスピッツを形容する表現は〈ビートパンク〉」であると述べている 省略。 省略 この時期にはすでに「恋のうた」や「ヒバリのこころ」などを制作している。 1989年になると新宿ロフトのイベントに出演するようになり、7月12日には新宿ロフトでのワンマンライブを行って300人を動員した。 同年12月からは新宿ロフトでのマンスリーライブ『鳥になっちゃう日』を開催し、翌年には新宿ロフトのインディーズレーベル・ミストラルから初のCD『ヒバリのこころ』を発売した。 新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのレコード会社からメジャー・デビューの話が持ち掛けられる。 2020年05月22日 金 02:33UTC 公式サイト• 関連アーティスト• すべて見る 関連ニュース.

次の

5/12(火) 18:30 スピッツ(spitz) 金沢歌劇座のライブチケットを譲ります

スピッツ 金沢

1泊2日で行ってきました〜!今回はスピゆかりの地ツアー、金沢・富山編です。 けっこう目立つ? お店自体はそんなにでかくないっす。 カウンター席のみで10人も入ればいっぱいって感じ。 田村はちょっとすましてる子供のような顔で写っててかわいいのかへんな顔なのかビミョー・・(笑) ここは前は「割烹 田村」で4・5年前、ライブの打ち上げでスピッツが来たそうです。 今は割烹の方は移転して違う所にあります。 田村うどんは夜に・・ちゅーことで田村ラーメン食べました。 田村ラーメンはマーボー味のみ。 田村ラーメンのしょうゆ、ミソはありません(笑)さすがマーボー味。 でもうまい!私的には好みの味だったけど辛いのが苦手な人はスープは飲めないらしい(ゆかっぺ、ミナ談)そしてちょっとコッテリ気味かもしれん。 海見て、たそがれてたりしたのかな〜?うぉ〜!抱きしめたいぜ(笑) やっぱ海はいいっす、広いっす。 天気がよかったから地平線がいい感じ〜。 海サイコー!そして貝がらがいっぱい砂浜にころがっていたので拾い集めて貝がらで「スピッツ」と書いて置いてきました。 お店はちょっと高級な居酒屋って感じかなぁ?いや、でも割烹って感じ。 川沿いの静かな場所にあります。 夜になると近くの橋がライトアップされてかなり情緒アリ。 おっちゃんに「スピッツファンです」と言ったらいつ頃来たとか、これを食べたよとかいろいろ教えてくれたよ〜。 お店が空いてるといろいろ話が聞けるかも? ではスピが食べたというメニューを早速(一部・・)注文! ブリの太巻き・・・なにこれ!うますぎ〜〜!って叫んで?しまったほどほんっとおいしかった!2センチ 角くらいに切ってあるブリが一巻きの中にこれでもかっ!っていうくらい巻かれててほ んとに太巻き(笑)ブリは脂がすごいのっててまるでトロのような感じ。 1人前を3人で 分け分けして食べたんだけど少し多めですが余裕で1人前食べられる勢いです。 田村へ 行ったら絶対コレ食べないと損っす! 田村うどん・・・・カツオ味、マーボー味の2種類あり。 とりあえずカツオ味を食べました。 濃いしょうゆ味に 慣れてる私としてはつゆが甘めに感じたかな。 かなりわかりづらくてお店自体もちいさいです。 そしてとにかくあやしい、怖い! なんの予備知識もなく行くとたぶん泣きをみる(笑)すごい変わったお店。 でもお茶漬けもおいしいし、1回は行ってみる価値あるかも・・ あのねーなにがあやしいかってお店のおじさん、おばさんが発する言葉は「ヤホッ」って言葉のみ。 いらっしゃいませも「ヤホッ」注文聞いての返事も「ヤホッ」お茶漬けがうちらの前に出される時も「ヤホッ」つーか「ヤホッ」以外の言葉は聞いてません(笑) それも笑うでもなくいつでも真顔なの。 あとね、なんでそうするのかわからないんだけど突然うちらに向かって 「ワーーーーッッ!」と奇声に近い叫びをあげ驚かされました・・。 そうされることはミナちゃんから聞いて知ってたけどかなり心臓バクバク!でも笑える雰囲気ではないのでひたすら固まる(泣)なめこ茶漬けとのり茶漬けをまた分け分けして。 なめこ茶漬けはダシ汁で本格的なものだったよ。 のり茶漬けはお茶でしたが(笑) あとはおじさんのキャラがウケてるのか常連さん多いみたいです。 スピ達もきっとイベンターさんに連れていってもらったんだろうけどマサムネがどんなリアクションしたのかすっごい気になるところ(笑)ここにはサインも写真もないです。 市電初体験っす。 すごいうれしかったっす! 新しい車両、古い車両が走っててあえて古い方に乗る。 これ、こだわり(笑) 普通に車と平行して走っててかなり不思議な感じ。 そしてちゃんと信号では止まります。 その姿がなんともかわいい・・なんとなく車両の中の感じがロビンソンのプロモに出てくるバスの中に似てたのでマサムネ、テツヤのまね(座席で寝てるやつ)して写真撮りました(笑) そしてマサムネがキャンペーンのときに散歩した城址公園へ。 途中、マサムネも食べたますずしを買って。 その城址公園でますずしタイム! やっぱ富山と言えばますずしよね〜。 久しぶりに食べたけどうまいわ〜ほんと。 城址公園なかなか雰囲気あっていいっす。 お城あり、芝生あり、池あり。 いやいや、ホントに楽しかった〜。 ミナちゃん、いろいろお世話になりました! そして帰り道、ゆかっぺと私の寄り道ツアーへと続くのでした(笑).

次の

SPITZのチケット情報

スピッツ 金沢

ライブレポの続きで~す。 MCね。 マサムネ「金沢は、バンドやってツアーでもしてない限り訪れてないかもしれないと思ってた街なんですが・・・よく考えてみたら、オレは東京の美大の出身なんですが、受験の時に金沢のことも気にかけたかもしれない、って思いまして。 金沢に有名な美大がありますよねえ。 で、もし、その時、オレが金沢に来ていたら、スピッツはなかったかな、って・・・。 」 すかさず、田村さん「オレが金沢に来たよ!」(ナイス!ナイスなフォロー!田村さん好感度アップ!!) テッチャンも「オレも109(金沢のファッションビル)で働いてたよ。 」(テッチャンもナイス!) アンコールの時のメンバー紹介 田村「今日もカレーを食べに行きました。 チャンカレにしようかと思ったけどやめて、8号線沿いのカレー屋さんに行きました。 ・・それで、今日、タワーレコードも入ってるビルの楽器屋さんに行ったわけです。 S村楽器ね。 そこで、録音用のコードを買ったんですが、レジに持っていったら「お兄さん、バンドやってるの?」っていうから「はい。 」って答えたら、「ライブとかはやってる?」と聞かれ「はい。 そこそこやってます。 」すると「金沢でライブは?」と聞かれたから「金沢は・・、たまにするくらいで。 」って、言ったの。 そしたら後ろにはってあるポスターをさして「お兄さん、このコンテストに応募してみない?」「その方がバンドの将来のためにもいいと思うし。 」って言われました。 」 マサムネ「で、そのコンテストに出るの?」 田村「応募してみる?」 マサムネ「コンテスト、怖いからヤダ。 」 クージー「こっちに来る飛行機の中で、小さな日本酒のびんを持って来ていかがですか、っていうから、コレは飲まなきゃ、ということで飲んだら、また「いかがですか。 」って持ってくるのよ。 で、どんどんもらって飲んでたら、小松空港に着いて降りるときに小さなメモを渡すのよ。 そこには「手取川」ってお酒の名前が書いてあったんだけど、あれって、自分の電話番号を書いてそっと渡す、みたいなのと同じかねえ・・・。 」 マサムネ「いや、違うと思うよ。 」 崎ちゃん「根上町、って松井選手の出身の町があるよね・・・。 いっつもお正月に交流会とかあって、いいなぁ、って思って・・・オレも出てみたい、いや、参加してみたいな、っていつも思うんだけど・・・。 」 マサムネ「松井選手のバックバンドで参加するとか。 」 崎ちゃん「松井選手は歌わないでしょ。 お父さんがCD出したんだよね。 あ、レコード会社一緒じゃなかった?」 マサムネ「そうだ、そうだそうだった。 ユニバーサルで、一緒だった。 」 テッチャンのは忘れちゃった。 マサムネ(最後のあいさつ)「これからも続けていきますので、たまにはスピッツのことも思いだしてやって欲しいと思います。 今日は皆さんの笑顔にやられました。 ほんとにどうもありがとう。 」 うわ~~ん、泣きそうになるお言葉 この日のライブは、実は「漣」で、出だしをまちがえてやり直しをしたり、「NadeNadeボーイ」の歌詞をちょこっとだけ飛ばしたり、と慌てる場面もあったりしたんですが、こちらとしてはやり直ししてくれると、それだけたくさん歌声が聞けるからウレシイし、歌詞とばしもライブならではだと思うと却ってうれしかったりするんです 今回はベルゲン様から2列目をいただいたことで、いいこといっぱいでした。 近い!目が合う!生声聞こえる!などなど 「ヒバリのこころ」の時も歌が終わって、ギターをひたすらかき鳴らす時も、わざわざマイク位置から私の真ん前(正確にはもう一人前にいるけど)に来てガシャガシャ弾いてくれたし(あー、みなさん怒らないで~。 幸せな思い込み、ちょっとだけ許して~~。 ) なんと言ってもお手手タッチ! しつこいけど、こっち見て上からパチンって でね、さらにうれしかったのが、このタッチのことをスピッツの公式サイト内のSNS「トンガリヴィレッジ」でも書いたら、同じライブに参加してた方が「私も見てました~」とか「タッチの目撃者です」とか「あの時のタッチは力強かったですね」などなど、知らない方も書き込みしてくださって、それがすっごいうれしかったです。 みんな優しいな スピッツ!スピ友!ばんさ~~い そんなこんなで、とってもとっても幸せなライブでした。 スピッツ、ありがとう。 Yちゃんはじめお会いしたみなさん、ありがとう。 まとまりのない文でしたが、ここまで読んでくださったブログ友だちさん、ありがとう。

次の