東京ディズニーランド 新幹線。 新幹線・特急列車で行く!東京ディズニーリゾート®への旅

東京ディズニーリゾート®への旅|JR東日本高崎支社

東京ディズニーランド 新幹線

ディズニーホテル パークの余韻をそのままに、ディズニーの魔法に包まれる夢のような滞在をお楽しみください。 アールデコ・スタイルとディズニーの 魔法がとけあうディズニーホテル。 冒険の余韻をそのままに…。 パークに滞在できるディズニーホテル。 東京ディズニーランドの真正面に位置する ヴィクトリア朝様式のディズニーホテル。 パークに満ちあふれる夢と冒険に包まれた、 バリュータイプのディズニーホテル。 オフィシャルホテルならではの様々な特典をご用意しています。 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート• 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート外観 カジュアルな雰囲気の中でリーズナブルにリゾートライフを満喫!• 東京ベイ舞浜ホテル• 東京ベイ舞浜ホテル外観 リゾートのくつろぎと楽しさを満喫していただけるホテルです。 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート• 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート外観 リゾート感あふれるアトリウムに 降りそそぐ太陽のきらめきがゲストを 包み込みます。 ヒルトン東京ベイ• ヒルトン東京ベイ外観 目的にあわせて選べる部屋タイプ。 子供からご年配の方までお楽しみ いただけるホテルです。 ホテルオークラ東京ベイ• ホテルオークラ東京ベイ外観 中世ヨーロッパの宮殿のような館内で 優雅なひとときをお過ごしください。 シェラトン・グランデ・ トーキョーベイ・ホテル• シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル外観 ファミリーに大人気のリゾートホテル。 可愛らしいトレジャーズルームが とくにおすすめ!• パークへのアクセスがとっても便利です。 ホテルエミオン東京ベイ• ホテルエミオン東京ベイ外観 パークまで無料送迎バスで約15分• 浦安ブライトン ホテル東京ベイ• 浦安ブライトンホテル東京ベイ外観 オリエンタルランドグループ直営ホテル 駅直結で家族やグループに便利で 快適なホテルです。 すべてのお客様に 目が行き届くパーソナルサービスを モットーにお迎えします。 オリエンタルホテル 東京ベイ• オリエンタルホテル東京ベイ外観 東京ディズニーリゾート(舞浜)まで 電車で1駅3分、東京駅まで17分の 新浦安駅に直結。 三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ• 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ外観 館内にはレストラン・コンビニエンスストア(24時間営業)・ディズニーファンタジーが出店•

次の

東京駅からディズニーランドへ行く方法。京葉線乗り換え道順&所要時間

東京ディズニーランド 新幹線

東京ディズニーリゾート往復きっぷ 東海道新幹線を利用したもっとも手軽な格安チケットが、「東京ディズニーリゾート往復きっぷ」です。 これは三島~新山口の東海道・山陽新幹線の主要駅から設定されているきっぷです。 発駅から東京ディズニーリゾートがある京葉線舞浜駅までの往復(新幹線と京葉線普通列車を利用)と、東京ディズニーリゾートの入場予約券がセットになっています。 以下、きっぷの概要です。 ・東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーの入場予約券は料金に含まれていません。 ・繁忙期(4月27日-5月6日、8月11日-20日、12月28日-翌年1月6日)には利用不可。 区間 価格(こども料金) 有効期間 三島発 8,650円(4,320円)4日 静岡発 11,940円(5,970円)4日 浜松発 15,430円(7,710円)4日 豊橋発 16,660円(8,330円)4日 名古屋発 21,750円(10,870円)4日 京都発 27,720円(13,860円)5日 大阪発 27,950円(13,970円)5日 神戸発 28,180円(14,090円)5日 岡山発 35,010円(17,500円)5日 広島発 40,770円(21,380円)6日 新山口発 39,600円(19,800円)7日 上記はTDRのパスポート料金は含まれていません。 かつては含まれていたのですが、現在はJRのきっぷのみです。 新幹線回数券の1枚あたりより、若干値段が高い程度の価格設定です。 このきっぷの注意点としては、途中下車ができません。 途中駅で降りたりすると、前途無効になります。 東北・上越・北陸新幹線でTDRへ JR東日本の新幹線である東北・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線からは、「東京ディズニーリゾート往復きっぷ」のような便利な割引きっぷはありません。 ただし、「えきねっとトクだ値」のような割引きっぷを利用すると格安で東京ディズニーリゾートまで行くことは可能です。 詳しくは「」をご覧ください。 また、JR東日本系列の旅行会社「 」で多くのTDRパッケージツアーの旅行商品を用意しています。 日帰りの東北・上越・北陸新幹線+TDRパッケージツアー JR東日本の新幹線沿線の主要駅からは、びゅうがTDRの1デーパスポートと新幹線のきっぷがセットになったツアーを催行しています。 日帰りツアーの場合は、盛岡発が26,000-30,000円、仙台発が19,000円-23,000円、山形発が20,000円-25,000円、新潟発が20,000円-23,000円、長野発が17,000円-20,000円、程度に設定されています(価格は時期や曜日により異なります)。 プランが豊富なのは、JR東日本系の「びゅう」ですが、それ以外の会社からもプランが多数出ています。 JR西日本系の旅行会社である日本旅行のプランも豊富です。

次の

京都から東京ディズニーランドまで新幹線で行く方法

東京ディズニーランド 新幹線

各種割引があればさらに安くなります。 460円かかるので、家族全員でこのお値段とは、まさに激安。 ディズニーランド駐車場は早朝からオープンしていますので、駐車場内で車を停めて仮眠を取ることもできますよ。 実際私の友達はいつも運転大好きのパパの運転でディズニーランドまで行っていますが、ママと子供は後部座席で最初から爆睡。 目覚めた時にはディズニーランドの駐車場に着いてる、と言っています。 特に、運転していく人は徹夜で運転して翌日は早朝からディズニーランドで一日歩き回るのですから、半端なく疲れます。 子供もぐっすり車内で寝てくれたらいいですが、睡眠不足でせっかくのディズニーランドでグズグズ…ということも考えられます。 朝出発して夕方着。 夜だけインパしてもいいし、周辺ホテルのレストランで雰囲気を楽しんでもいいですね。 その後ホテルでゆっくりと疲れをとってから翌日ディズニーランドへ、というスケジュールです。 この場合、移動に1日取られる分旅行日数が長くなるので、長期間のお休みが取れる人向けのプランです。 移動に1日かけられるほど長くお休みを取れないこともあって、車でディズニーランドまで行ったことはありません。 【メリット】交通費が安くなる 【デメリット】移動時間が長い、疲れる、旅行日程が長くなる 【新幹線で移動】ディズニーランドまで新幹線で行くメリットデメリット では、ディズニーランドまでの移動手段に新幹線を選んだ場合はどうでしょう。 飛行機は機内拘束時間が1時間ほどですから、それに比べると新幹線は時間がかかるのがデメリットですね。 また東京駅で降りてから、京葉線に乗り換えるのがメッチャ遠い(徒歩15分以上!)!! 私はいつもこの乗り換えの途中で「飛行機にしたらよかった」と後悔します 笑。 でも、飛行機のように座席にずっとシートベルトを付けたまま座っている必要がないので、子供と車内を歩いて気を紛らせることができたり、座席を向い合せにしてトランプをしたりお弁当を食べたりして、子どもを自由に遊ばせられるのが気楽です。 案外新幹線で遊ぶ時間も思い出に残ったりしますしね。 車内には授乳やおむつ替えなどできるスペースもありますし、 車内での自由度が飛行機に比べて大きいのが新幹線のメリットだと思います。 また、羽田空港から直通バスに乗ってしまえばディズニーランドのゲート前まで連れて行ってもらえるというのも楽です。 飛行機のデメリットとしては、機内ではじっと座席に座っているしかないので子供がぐずると対処の仕様がなく大変ということかな。 どんなに子供が泣いていてもシートベルトランプがついていたら、移動できませんからね。 また、子供が2歳を超えたら子供の分も1席有料で取らないといけないのも飛行機のデメリットです。 大阪発東京ディズニーリゾート行きのパンフレットを見比べてみると、飛行機プランの方が大人1名当たり5000円ほど安かったり、飛行機プランだけに1DAYパスポートが付いていたりして、飛行機プランの方が新幹線より一見お安くなっていることがありますがこれは要注意。 飛行機は2歳を超えた子供の分も1席有料で取らないといけないので、家族トータルで考えると飛行機プランの方が高くなってしまうことがあるのです。 家族分トータルで考えて、新幹線プランと比較してくださいね。 【メリット】座っている時間が短い、空港からディズニーランドまで直通バスがある 【デメリット】自由に動けない、2歳以上は1席確保する必要がある 結論!0-2歳は飛行機、2-4歳なら新幹線、4歳を超えたらお子さんに合わせて移動しよう! 大阪発ディズニーランドは新幹線で行くか、飛行機で行くか、について、私の個人的結論をまとめますと…。 0歳~2歳のお子様なら飛行機で行こう! 飛行機は機内拘束時間が短いのと 2歳までなら子供料金無料ということから、 2歳までのお子様と一緒の場合は【飛行機での移動】がおすすめです。 拘束時間が短いのでオムツや授乳など前後に済ませれば機内で行う必要もありませんし、飛行機に乗るぎりぎりまでベビーカーが使えたりとママにとっては楽なことも多いです。 また、羽田で降りた後も空港前からディズニーランドまでバスで一本というのも楽ちんですので、2歳までの小さいお子様ならやはり飛行機がいいかなーと思います。 羽田からディズニーランド行きのバスは座席指定ですので、必ず座れて安心ですよ。 新幹線ツアーならJTBさんかJR東海ツアーズさんが安いです。 サービス・選べるホテルの種類を重視するならJTB、とにかく安ければOKというのであればJR東海ツアーズさんをのぞいてみてください。 >> 公式 >> 公式P 4歳以上は、新幹線・飛行機どちらでもお子様に合う方を選ぼう! 4歳を過ぎたお子様の場合は、 新幹線・飛行機どちらでもお子様に合う方を選ぶのがいいと思います。 新幹線の移動も6歳まで無料で乗れるとはいえ、4歳を過ぎた子供を2時間40分膝の上で抱っこで過ごすのは大変です。 ガラガラに空いているならいいですが、早朝や週末など混雑している時間に移動するときは子供用に1席取らないといけない状況にもなります。 となると、飛行機で行くのと出費は変わりなし。 座席にじっと座っている時間が1時間だけの飛行機か、自由に動けるけれど2時間40分かかる新幹線か、お子様に合う方をお選びになったらいいと思います。

次の