エヴァートン 対 トッテナム。 ソンフンミン、一発レッド!相手の足崩壊で号泣…トッテナム同僚は擁護

トッテナム、ソンのレッドカードに異議申し立てか…A・ゴメスのケガを誘発

エヴァートン 対 トッテナム

エヴァートンMFアンドレ・ゴメスの重傷の原因となるタックルをしたことで涙したトッテナムFWソン・フンミンをエヴァートン選手たちが慰めていた。 イギリス『イブニング・スタンダード』などが伝えた。 プレミアリーグ第11節、エヴァートンvsトッテナムで悲劇が起こった。 この試合、トッテナムが1点リードで迎えた79分、左サイドでドリブルを仕掛けたアンドレ・ゴメスにソン・フンミンが後方からスライディング。 これでバランスを崩したアンドレ・ゴメスは対面のセルジュ・オーリエと衝突した。 足首を負傷したアンドレ・ゴメスは、近くの観客が目を覆うほど、一目でわかるような重傷を負った。 このプレー直後、頭を抱えて動揺していた一発退場のソン・フンミンに対し、エヴァートンFWジェンク・トスンやGKジョーダン・ピックフォードが気遣う様子を見せていたが、試合後にもソン・フンミンをフォローするために主将のDFシェイマス・コールマンがトッテナムのロッカールームを訪問したようだ。 編集部のおすすめ• トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「キャプテン(コールマン)はソンを慰めるためにロッカールームに来てくれた。 コールマンとエヴァートンの選手たちに感謝したい。 コールマンはエヴァートンの選手を代表してロッカールームに来てくれた」と口にし、エヴァートン陣営の対応に感謝した。 なお、コールマンは2017年に代表戦における接触プレーで右足があらぬ方向に曲がる重傷を負い、10カ月の離脱ののちに復帰。 試合中、真っ先にソン・フンミンを慰めにいったジェンク・トスンは、今回の一戦でアディショナルタイムに同点弾を挙げて勝ち点1獲得に貢献した。

次の

トッテナム同僚が取り乱したソン・フンミンに言及「とても泣いていた」

エヴァートン 対 トッテナム

このファウルで孫にはレッドカードが提示されたが、ゴメスが負傷したのは、勢いがついたことでセルジュ・オリエ()と激突したためだ。 エバートンを率いるマルコ・シルバ()監督は、「一つの組織、一つのチームとして難しい時間だ。 サッカーの一試合以上のものであり、いま最も重要なこと」とコメントした。 60分過ぎにデレ・アリ()が先制点を挙げたトッテナムは1-0でリードしていたが、ゴメスの負傷から試合の流れは変わり、孫はレッドカードを出される前から明らかに取り乱していた。 アリは「彼(孫)はひどく打ちのめされていて、泣いていた」と話した。 「彼のせいじゃない。 孫はこれまでに会った中で最も素敵な選手のうちの一人。 彼は頭を上げることさえできずに、号泣している」 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ()監督は、クラブはゴメスに対してこれ以上無いほど同情していると述べた。 ポチェッティーノ監督は「われわれは非常に気の毒に思っている」と語り、以下のように続けた。 「非常に悪い事態で、動きの中での着地のしかたがとても不運だった」「ただお見舞いを申し上げることしかできない。 (われわれは)この状況に打ちのめされている」 しかしポチェッティーノ監督は、とりわけマーティン・アトキンソン()主審が、ゴメスのけがを確認する前はイエローカードを手にしていたため、孫へのレッドカードは厳しい判定だったと確信している。 「ソニー(孫の愛称)へのレッドカードは受け入れられない」「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定は主審を手助けしなければならない。 何が行われていて、このシステムを用いることで何が起きているのか分からない。 主審を助けるのではなく、むしろさらなる混乱を招いている」 c AFP.

次の

トッテナム・ホットスパーFC

エヴァートン 対 トッテナム

3日に行われたプレミアリーグ第11節のエヴァートン対トッテナムの一戦で、78分にソン・フンミンのタックルを受けて突き飛ばされ、その勢いのまま相手DFセルジュ・オーリエに衝突したポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの右足首があらぬ方向に曲がる深刻なケガを負った。 このプレーでレッドカードを受けて退場となったソン・フンミンは特に取り乱した様子で、涙ながらにチームスタッフに支えられながら、ピッチを後にしていた。 試合後、同選手の控え室での様子についてアリがひどく落ち込んでいたことを明かした。 「何が起こったのか必要以上には見たくはなかった。 彼の無事を祈っている。 ソンはひどく落ち込んで泣いていた。 でも彼のせいではない。 ソンはこれまであった中でも本当に良い人なんだ。 彼はとても泣いていて、頭を上げることすらできないでいたよ。 あのような場面を目にしたら頭に残ってしまうものだが、プロフェッショナルでいなければならないね」.

次の