サーバ ヴィンチ。 King Gnu(キングヌー)新曲「泡(あぶく)」はどんな曲?PVや音源は?発売はいつ?

鬼才・常田大希率いるmediafuture.truex.com(サーバ・ヴィンチ) が9月にデビューアルバムリリース決定&ティーザー公開!

サーバ ヴィンチ

www. fashion-press. net King Gnu キングヌー の新曲『泡 あぶく 』は、King Gnuの前身バンドサーバ・ヴィンチ Srv. Vinci 時代に誕生していた楽曲を元に製作。 映画『太陽は動かない』の主題歌となることを機に、新しい作品へと昇華させ、タイトルも『泡 あぶく 』へと変更した。 新曲に関して常田大希は「生まれや育ちは選べない、皆それぞれ与えられた運命に翻弄されながら足掻き抗い生きている。 この映画の世界や人々は、果たして我々と無関係なのだろうか。 運命の不条理さとそれでも生きることの尊さを再確認できました。 泡のような儚いこの世界に乾杯。 」とコメントしている。 常に死と隣り合わせの中、大胆なアクションを魅せる映画『太陽は動かない』登場キャラクター鷹野と田岡の心情に寄り添った仕上がりで、劇場公開に先駆け公開された映像を見ると、King Gnuのサウンドがムービーと見事にマッチしていることがわかる。 なお、映画『太陽は動かない』は藤原竜也主演のノンストップ・サスペンスムービーだ。 映画『センセイ君主』、ドラマ「テセウスの船」の竹内涼真が共演。 竹内涼真は、本作のため、半年間鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し初の本格アクションに挑む。

次の

ピアノでチェロ。ダ・ヴィンチ幻の楽器、初上演(動画あり)

サーバ ヴィンチ

』にてso-illとツーマンライブを行うなど急躍進を遂げ、既に耳の速い音楽ファンには強烈な存在感を叩き付けているSrv. Vinciのデビューアルバム「Mad me more softly」のリリースが決定した。 これまで独自性に溢れる活動を展開してきた、音楽家 常田大希の才能がついに爆発した1枚となっっている。 商業的な流行サウンドとは一線を画しながらも、このアナーキーな音楽集団Srv. Vinciは、先進的な楽曲の数々をまるでおもちゃ箱のような魅惑的な作品群として提示。 アルバム「Mad me more softly」は世界を見据えた説明不要の快作だ。 その圧倒的な才能に驚愕さえ覚える、2015年すべての音楽ファン必聴の一枚に仕上がった。 なお、札幌のクリエイティブチーム【VORDER】が手がけたティーザー( )が本日より公開となった。 Srv. Vinciの世界観を見事に落とし込んだ、その驚くべき映像世界にも是非触れて頂きたい。 また、8月29日には90年代生まれのアーティストを中心としたジャズ&アートフェスティバル『JAZZ SUMMIT TOKYO』への出演も決定している。 今後の動向から目が離せないSrv. Vinciの詳細はオフィシャルホームページにてチェックして頂きたい。 inc) 【発売元】sambafree. com.

次の

King Gnu(キングヌー)新曲「泡(あぶく)」はどんな曲?PVや音源は?発売はいつ?

サーバ ヴィンチ

Contents• 常田大希と石若駿の出会いとサーバ・ヴィンチ結成 【アーティストご来店】当店大プッシュ!Srv. Vinchiでした。 小5の時に 日野皓正の前で演奏する機会があり、 「中学を卒業したら俺のバンドに入れよ」と言われたそうです。 小5で! 励ましの言葉であったとしても、世界の日野皓正に言われたのはすごいです! その言葉が影響し、東京に行きたいと思うようになった石若少年は、 東京藝術大学付属高校を目指しました。 見事合格し、高1で上京します。 高校時代にバークリー音楽院より バークリーアワードを受賞し、 奨学生としてバークリー音楽院に留学しました。 東京藝術大学では打楽器を専攻。 在学中からクラッシック、ジャズ、現代音楽など様々なジャンルで一流ミュージシャンと共に演奏活動を行いました。 卒業後も国内外の一流ミュージシャンと演奏。 石若さん自身が押しも押されもせぬ一流です。 ほとんどの学生がクラッシック一辺倒の中で、ジャズやロックも好きな常田さんと石若さんはファッションも他の学生と違う趣味で目立っていたようです。 藝大の音楽学部はクラッシック好きな学生が多いので、服装もコンサバ系が多いと思われます。 上のインスタのような服装で学校に行ってたのすから、そりゃ目立ちますよね。 石若さんが常田さんに声をかけ、レコーディングをしたり、コンテストに出るなど演奏活動をしていました。 2人であらゆる楽器を演奏してレコーディングをし、満足のいく作品ができたそうです。 さすが、藝大生の演奏力と高い音楽IQを持ち合わせた2人ですね。 その後、常田さんは藝大を中退、石若さんは卒業しています。 常田大希と石若駿が離れた理由 息のあった2人の天才ミュージシャンは、 2015年にSrv. Vinci サーバヴィンチ として音楽活動をしました。 23歳の時、 「Made me more softly」のレコーディングをします。 ですが、この レコーディングを最後に、石若さんはSrv. Vinciを離れました。 理由は、 石若さんが忙しくて一緒に活動するのが難しかったためです。 この頃、 石若さんは既に音楽活動のスケジュールが他にも詰まっている状態だったのです。 音楽の方向性の違いとか、意見の不一致というようなことではない離脱でした。 仲はその時もその後もずっといいそうです。 井口理、勢喜遊、新井和輝の三人のメンバーと共にKing Gnuとして活動を始めます。 その後も、 石若さんは常田さんの音楽活動に演奏で参加したり、曲作りや人脈作りなど、色々な面で協力し合っているそうです。 なんせ相手に同級生のbro石若駿がおる. こういう形で会うのは初めてだな ㅤ 実は彼はKingGnu改名前のSrv. Vinciの初代ドラマーである. 天才JAZZドラマーにロックバンドの洗礼を浴びせてやる🥊 ㅤ ㅤ — 常田大希 — Daiki Tsuneta DaikiTsuneta 石若さんは、勢喜遊さんや新井和輝さんと一緒に演奏もしています。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

次の