エクセル 複合グラフ。 Excelで棒グラフと折れ線グラフを重ねた複合グラフの作り方

Excel 2016:複合グラフを作成するには

エクセル 複合グラフ

エクセル・グラフの基本的な作り方 エクセルのグラフは、羅列された数字だけでは理解しにくいデータの変化や割合などを視覚化するために使われます。 初めに、グラフの基本的な作り方を解説します。 まず、エクセルのグラフにしたい対象データの範囲を選択します。 グラフの対象となるデータの選択は、必ず長方形に範囲指定しましょう。 連続しない離れたセルであっても「Ctrl」キーを押しながら範囲指定することで選択が可能です。 範囲を選択したら、「挿入」タブの「グラフ」、「すべてのグラフ」からさまざまな種類のグラフを選択することができます。 データに合ったグラフの形を選びましょう。 棒グラフ 期間内の変化や項目間の比較をするのに適しています。 最もシンプルな形式で、横に並べてグループごとの集計値を比較したり、積み上げて全体の構成比率を表現することもできます。 【エクセルで作った棒グラフの例】 折れ線グラフ 一定期間のデータの変化や増減を示すのに適しており、Webサイトへのアクセス数や支持率の推移などによく使われています。 複数の折れ線グラフを重ねてデータを比較したり、棒グラフなど他のグラフと組み合わせて表現されることもあります。 【エクセルで作った折れ線グラフの例】 円グラフ 各項目の構成割合を表しています。 データ系列が1つしかない場合に使用され、各要素を強調するために3-D形式で段差をつけて表現されることもあります。 エクセルでクオリティの高い円グラフを作成する方法については、 をご覧ください。 【エクセルで作った円グラフの例】 散布図 複数の数値間の高低や拡散の関係を示すのに適しています。 XY座標の数値軸からXY図とも呼ばれ、統計データなどの数値データを表示する場合に使用されます。 エクセルでは、相関係数も求めることができます。 【エクセルで作った散布図の例】 エクセル・グラフを自在に編集! エクセルのグラフには、多くのテンプレートが用意されているため、簡単に種類の変更や複合化したグラフを作成することができます。 また、グラフの種類は、「挿入」タブの「グラフ」から選択すると、作成後でも簡単に変更することができます。 グラフを修正する グラフを修正したい場合は、修正したいグラフを選択し「グラフツール」タブから変更します。 例えば、縦の数値軸をクリックして選択し、「グラフツール」の「書式」から「選択対象の書式設定」を選択すると、縦軸の数値の目盛り幅や境界値などを変更できます。 右側の書式設定で「表示単位」を修正することで数値の単位を変えたり、「目盛間隔」から間隔を変更することもできます。 目盛りは、間隔が大きいほど見やすくなるので、ターゲットの数値を強調することができます。 グラフタイトルなど編集したい箇所をダブルクリックすると、直接編集することも可能です。 複数のグラフを同じサイズに設定する 複数のグラフの大きさを一度にそろえることができます。 「Shift」キーを押しながらグラフをクリックしていくと、複数のグラフを選択できます。 「描画ツール」の「書式」タブ、「サイズ」のグループから設定したいグラフの縦横の長さを設定します。 すでに選択している複数のグラフは、サイズを変更することで動的に変更されていくので、グラフを見ながら適度な大きさに調整できます。 複合グラフを簡単作成! 複合グラフとは、データの傾向や遷移を相対的に比較するために使われ、2つのデータを重ねることで動向と関係性がひと目で理解できます。 ここでは、英語・国語・数学の個人の点数を棒グラフに、個人の平均点を折れ線グラフで表している場合を例に挙げて解説します。 グラフを追加して作成する方法 1)まず、英語・国語・数学、個人の平均点で一般的な縦棒グラフを作成します。 3)平均点の棒グラフをクリックします。 (選択するのは1つだけで大丈夫です。 5 すると、「グラフの種類の変更」というウインドウが現れるので、変更したいグラフの種類を選択します。 今回は「折れ線」を選んでみます。 「折れ線」を選択したら、「OK」をクリックします。 6 すると、以下のように、平均点のグラフが折れ線グラフに変更され、棒グラフと折れ線グラフの複合グラフが作成されました。 テンプレートから作成する方法 Excel 2013から新機能として複合グラフのテンプレートが設置され、より簡単に複合グラフが作成できるようになりました。 1)データを選択し、「挿入」タブの「グラフ」から「すべてのグラフ」を選び、「組み合わせ」を選択します。 2)下段の系列(顧客動員数と売り上げ)ごとにグラフの種類を選択します。 これだけで、複合グラフが作成できます。 あとは、「軸の書式設定」などで間隔や表示単位などを編集していきます。 複合グラフの中にも縦棒と折れ線グラフや積み上げ面と縦棒グラフなどがあります。 いろいろな組み合わせの複合グラフを作成してみてください。 データをグラフ化してわかりやすく! 実際のビジネスシーンで説得力のある資料を作成するには、グラフによる訴求は欠かせません。 社内用や顧客へのプレゼンに使ったデータがあれば、それを練習台にしてグラフ作成をしてみてはいかがでしょうか?グラフは直感的理解を促すツールです。 読み手の視点に立ち、アピールしたい箇所をクローズアップする工夫をしてみましょう。

次の

エクセルで複合グラフの作り方と できない理由|Excel2010 & Excel2013

エクセル 複合グラフ

JavaScriptを有効にしてご覧下さい。 表計算ソフトであるExcelの花形機能は、表計算の文字通り計算式や関数ですが、それと並んで「グラフ」の作成もそのひとつに挙げられます。 Excelでは、さまざまな種類のグラフを簡単に作成できる機能があります。 細かい設定や書式の変更が可能で、複雑で手の込んだグラフも作成することができます。 ただし、グラフの意義は、わかりにくい数字の羅列を「見やすくする」ためであり「わかりやすくする」ためにあります。 したがって、重要なことは、 単純明快なグラフ作成を心がけること こそ、グラフ作成で何より大切にすべきポイントになります。 大量に系列数がある棒グラフや、重なりすぎた折れ線グラフなどを目にすることがありますが、伝えたいポイントはどの部分なのかを考える必要があります。 しかし、そうは言っても、年度比較をする棒グラフの場合等では、年数が増えるにつれて棒グラフの数も増えてきますし、逆に、売上と費用の関係を比較する場合など、それぞれグラフを分けて作成するよりも合体させたほうがわかりやすいグラフになる場合もあり、なかなか難しいところです。 そこで本項では、そのような単位や桁の異なる数字の比較や、複数のデータ系列の中からある系列を強調したい場合などに用いられる、 複合グラフ の作成方法について学習していきたいと思います。 様々なグラフを作成できる技術を身につけておくことで、臨機応変によりわかりやすいグラフを選択して提示できるようになると思います。 ではさっそく複合グラフを作成していきましょう。 複合というと難しそうに聞こえますが、かみ砕いていうと、異なるグラフを合成・合体させることです。 例えば、棒グラフと折れ線グラフを合体させてみます。 操作も難しそうなイメージがありますが、非常に簡単です。 まずは、下図のような「売上」と「費用」について考えてみましょう。 この数字の表を見ただけでは、年度とともにそれぞれの値がどのように推移しているのかよくわかりません。 こういう場合にグラフにすると推移がよくわかります。 すると、年度別の推移は、売上は右肩上がりで順調に伸びていることがわかります。 ただ、それにともなって費用も右肩上がりに上昇していることも一目瞭然です。 そこで、問題が発生します。 肝心な「利益」はどうなっているのかということです。 売上から費用を引いたものが利益ですので、グラフの幅を見ればなんとなくわかりますが、利益の推移は一見しただけではわかりません。 では、表に「利益」の系列を追加してみます。 すると、利益は売上の伸びに比べて順調に伸びていないことがわかります。 この「利益」の鈍化をどのように表現したら良いでしょうか?棒グラフに追加すると、概ね下図のようになります。 つまり、売上と費用に対して利益は値の桁が小さくなるため、棒グラフに追加すると、値が読み取れないほど低く潰れてしまうのです。 これではグラフにする意味がありません。 そこで、こうした反目するデータの推移や桁の異なる系列を強調したい場合に、複合グラフが有効になるわけです。 この「利益」のみ、グラフの種類を変えて折れ線グラフで表現してみましょう。 まずは、もっともスタンダードな方法からです。 簡単なグラフの作成方法は、基本操作編の で学習しましたが、基本的に同じ方法で作成することができます。 まず、表のデータ範囲すべてを範囲指定します。 そして、「挿入」タブの「グラフ」エリアから、「複合グラフの挿入」をボタンをクリックします。 すると、下図のように複合グラフの種類を選択できるので、任意のグラフ形式を選択します。 ここでは、棒グラフと折れ線グラフの組み合わせを選択します。 3つあるアイコンのうち、左側と中央のアイコンはよく似ています。 両者の違いは、軸が1つなのか、2つなのかの違いになります。 軸とは、値の目盛りのことで、通常のグラフでは1つしかありませんが、複合グラフで複数の値を比較する場合には2つのタイプを選択します。 先ほどの例のように、売上や費用の桁は百万、利益は十万の桁となるような場合に、2つ目の軸をつけることでグラフが潰れてしまうのを防ぐことができます。 アイコンをクリックすると、下図のように、たちまちグラフが作成されます。 売上と費用については左側の第1軸を参照し、利益については右側の第2軸を参照することで、値も容易に読み取ることができます。 このような例が、複合グラフで表現したほうが明らかにわかりやすくなるという例です。 操作も、ボタンひとつであとはタイトルを入力するだけで完成の状態になるので非常に簡単です。 では、もう一歩進めて、グラフの種類を棒グラフと折れ線グラフ以外に変更してみましょう。 先ほどアイコンには、棒グラフと折れ線グラフの組み合わせが3パターンあるだけでした。 これ以外に変更したい場合は、同ボタンの「ユーザー設定の複合グラフを作成する」をクリックします。 すると、「グラフの挿入」画面が表示されます。 この画面の「データ系列に使用するグラフの種類と軸を選択してください」の部分で、それぞれのデータ系列に対して、グラフの種類の変更をかけることができます。 基本的には、棒グラフと折れ線グラフの複合グラフ以外にありませんので、他のグラフの種類を使うほうが難しいですが、例えば、「費用」の系列だけ「横棒グラフ」に変更してみることも可能です。 では次に、複合グラフのもう一つの作成方法です。 これまでのように、最初から複合グラフを作成する目的であれば、「複合グラフの挿入」ボタンより即座に複合グラフを作成することができますが、時には、1種類のグラフを作成したあとになって強調したいデータ系列がでてきたり、やっぱりこの系列はグラフの種類を変更したほうがいい、などと思うことはあるものです。 同じ例で考えてみると、下図のように、棒グラフを作成したものの、「利益」の系列だけ潰れてしまっている場合です。 なんとかこの系列だけグラフの種類を変更できないかと考えるはずです。 こうした場合でも、特定のデータ系列だけ簡単にグラフの種類を変更することができます。 まず、グラフ上で右クリックし、右クリックメニューより「グラフの種類の変更」を選択します。 すると、「グラフの種類の変更」画面が表示されます。 この画面は、先ほどの「ユーザー設定の複合グラフを作成する」より表示された画面とまったく同じです。 「組み合わせ」を選択すると、先ほどと同じように系列ごとにグラフの種類を変更することができます。 同様に、「利益」の系列を「折れ線」に変更し、「第2軸」にチェックを入れると、まったく同じ複合グラフに修正することができます。 以上で複合グラフの作成は終了です。 複合グラフは難しそうに思われがちですが、作成するのは非常に簡単です。 あとは慣れるだけです。 また、このほかに、Excel2016から「挿入」タブの「グラフ」エリアに多くのアイコンが追加され、さまざまなグラフが簡単に作成できるようになりました。 複合グラフ以外では、「階層構造グラフ」や「散布図」、「チャート」など通常ではあまり使用しないグラフも多いので、実際に使用する頻度は少ないと思いますが、いろいろ試してみてみるのもおもしろいと思います。

次の

第二十五回 Excel2013なら「2軸複合グラフ」の作成が簡単すぎる件

エクセル 複合グラフ

ビジネスシーンで目にする機会の多いグラフ。 Microsoft Excel(以下、エクセル)を使ってグラフが入った資料を作成する機会も少なくありません。 グラフには、時間の経過に伴う数値の移り変わりや、数量の比較などを、瞬時(または直感的)に伝えらえるメリットがあります。 今回は基本的なグラフのほか、覚えておくと便利な2軸グラフの作成方法も解説します。 記事の最後に、ダウンロードしてすぐにご活用いただけるサンプルデータもご用意しています。 エクセルでグラフを作ってみよう エクセルのグラフは、羅列された数字だけでは理解しにくいデータの変化や割合などを視覚化するために使われます。 例えば資料でデータを文章だけで説明される、あるいはプレゼンテーションで数値を読み上げられるだけでは、内容を把握するのは難しいですよね。 そんな時、グラフを用いることで、数値の大小や推移などが視覚的に理解しやすくなります。 また、棒グラフや円グラフなど、シーンによってグラフの種類を使い分けることで、データをわかりやすく伝えることが可能です。 相手に伝わりやすい資料作りやプレゼンテーションをするために、グラフを積極的に活用しましょう。 なお、今回はExcel 2010を使って、解説します。 基本のグラフ 棒グラフ 棒グラフは最も基本的なグラフで、見かける機会も多いかと思います。 地域別の生産量や、年や月ごとの売上といった期間内の数値の変動や、項目ごとの変化を比較することができます。 また、積み上げ形式で全体の構成比率を表すことも可能です。 例えば「社内の各部署がどれだけ売上を上げているか」といった比率を見やすく表現するときなどに活用されます。 棒グラフには縦棒グラフと横棒グラフが存在し、シチュエーションに応じて使い分けるとより伝わりやすくなります。 例えば縦棒グラフは年や月ごとの売上といった期間別の数値の推移を見るときによく使われます。 一方、横棒グラフは項目間で直接関連が薄い数値(例えば地域など)を比較するときに多く用いられます。 基本のグラフ 折れ線グラフ 折れ線グラフは、ある期間内の売上の推移や、Webサイトへのアクセス数の推移といった、一定期間内にどのようにデータが変動したかを表現するときなどに用いられます。 複数の折れ線グラフを重ねてデータを比較したり、棒グラフと組み合わせたりといった「2軸グラフ」もよく見かけます。 今回は折れ線グラフだけでなく、2軸グラフについても解説します。 基本のグラフ 円グラフ 棒グラフや折れ線グラフは、例えば「期間」と「生産量」といった2つのデータ系列を比較するためのグラフですが、円グラフはデータ系列が1つしかない場合に用い、各項目の構成割合を見やすくします。 例えばアンケート調査の回答数率や、ある集団内の年齢や性別といった比率をわかりやすく表現できます。 応用編 2軸グラフとは 2軸グラフとは、棒グラフと折れ線グラフといった複数のグラフを組み合わせたグラフを指します。 異なるデータ系列を1つのグラフで表すことによって、複雑なデータもわかりやすく表現でき、データ分析の材料にもなります。 例えば下図の2軸グラフでは、わかめの国内生産量と輸入量という棒グラフと、国内生産価格と輸入品価格という2つの折れ線グラフで、4つの系列を1つのグラフにまとめたものです。 このグラフを見ることによって、2011年以降輸入品の価格が上昇し、国産品の価格が降下したため、市場全体で輸入から国内生産にシフトしたとことがわかります。 Excel 2010で2軸グラフを作る それでは実際にExcel 2010を使って2軸グラフを作成しましょう。 今回は棒グラフと折れ線グラフの作成方法をご説明します。 今回は上図のデータを例にグラフを用いて表現してみましょう。 まずは「国内生産量」と2つのデータを選択して棒グラフを作成します。 使用したいデータを選択した上で、「挿入」タブを開き、「グラフ」内の「縦棒」をクリックしてください。 グラフのテンプレートが選択できますので、「2-D縦棒」の「集合縦棒」を選択します。 4つのデータ系列が入った縦棒グラフが作成されました。 ここから「国産品価格」と「輸入品価格」を折れ線グラフで表現しましょう。 輸入品価格」のデータ系列を選択し、右クリックします。 ポップアップメニューが表示されるので、「系列グラフの種類の変更」をクリックしてください。 グラフの種類を選択する画面が表示されるので「折れ線」を選択しましょう。 これで「輸入品価格」のデータを折れ線グラフで表すことができました。 「国産品価格」も同様の手順で折れ線グラフに変更することができます。 これで生産量は棒グラフ、価格は折れ線グラフにできましたが、軸が左の1つのみなので棒グラフが見えづらくなっています。 そこで軸を右にも追加しましょう。 棒グラフを選択し、右クリックします。 ポップアップメニューの中の「データ系列の書式設定」をクリックしてください。 「系列のオプション」で「使用する軸」のチェックを「主軸」から「第2軸」に変更することで棒グラフの軸が右側に追加され、2軸グラフが完成します。 分かりやすいグラフを作るテクニック 2軸グラフの作成方法はお分かりいただけたかと思います。 このままでもデータを読み取るグラフとして十分使えますが、ちょっとした工夫でよりわかりやすく、伝わりやすいグラフを作ることができます。 グラフの色や値軸を変更して視覚に訴えることで、大きく印象が変わります。 ここからは見やすいグラフにするための設定方法をご紹介します。 強調したい項目の色を変える 伝えたいことの根拠となる数値(変化や差分)の項目の色を変えることでより一層伝わりやすい資料となります。 特に1位の値だけでも色を変えるだけで、印象が随分と違ってきます。 項目の色の変更は簡単にできますので、有効活用しましょう。 今回の例では生産量が多い「岩手県」の項目の色を変更してみましょう。 まず変更したい項目を2回ゆっくりとクリックすることで、その項目のみが選択できます。 その後「書式」タブをクリックしましょう。 「書式」タブ内の「図形の塗りつぶし」をクリックして、変更したい色を選択するだけで項目の色を変更できます。 値軸を調整して、データを確実に伝える グラフの最大値や最小値を変更するだけで、データの大小の差を強調することができます。 見た目の印象が変化し、インパクトを演出することができるだけでなく、分かりやすい、意図を伝えやすい資料を作成できます。 上図のグラフは軸の値が0から450まで設定されていますが、価格の変動があまり大きいように見えず、インパクトが薄い印象です。 そこで、軸の最小値と最大値を変更することで変動が見やすくなります。 値軸上で右クリックし、「軸の書式設定」を選択してください。 「軸のオプション」で、「最小値」と「最大値」のチェックを「自動」から「固定」に変更します。 その後右の記入欄に任意の最小値と最大値を記入します。 (ここでは例として最小値を100、最大値を410と設定します。 ) 軸の最小値と最大値の範囲を狭めることによって、変動がわかりやすく表現できます。 変動をより強調したいのであれば、グラフの大きさを調整するのも効果的です。 用途にあわせてグラフを作ることができれば、作成する資料に説得力を持たせることができるでしょう。 さらに色や値軸の最大値、最小値を変更するなど、ちょっとした工夫で自分の言いたいことを強調できるのもグラフを使うメリットです。 ぜひ資料にグラフを積極的に取り入れ、自分の意図をわかりやすく表現しましょう。

次の