御足労くださり。 「ご足労頂きありがとうございました」の意味とは?例文で使い方を解説

「ご足労いただき」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方・敬語

御足労くださり

目上の人に対して、また職場の上司や取引先の相手に対して、「ご足労をおかけします」という言葉を使うことがあると思います。 日常的にはそこまで用いることのない言葉ですので、どんなタイミングで使えば正しいのか、またどのような言い回しで用いればいいのかをよく分かっていない、という人も実は多いのではないでしょうか? 「をおかけします」という言葉の用法や、それに似た言い回しなどをご紹介します。 ご足労おかけしますの意味 「ご足労をおかけします」という言葉を聞くと、何となく相手に対して面倒や迷惑をかけてしまって申し訳ないといった意味合いに感じる人は多いでしょう。 「ご足労」という言葉そのものが、わざわざ相手に足を運んでもらったり、何かをしてもらったりする際に用いる言葉でもあるため、そう感じるのでしょう。 人によっては挨拶代わりにその言葉を用いる人もいますが、「ご足労をおかけする」という言葉そのものは、元々どのような意味なのでしょうか?辞書で調べると、「ご足労をおかけします」とは、主に以下のような意味で使われることが多いようです。 わざわざお越しいただいた 「ご足労」という言葉は、元は「足労」という字に丁寧語の「御」をつけたものです。 「足労」という言葉自体も、「行く」「歩く」といった言葉の丁寧語ですので、足労の意味は「わざわざお越しいただく」となります。 そのため、「ご足労」という言葉は、本来ならばこちらから赴かなければならないところを、相手にお越しいただいたことに対する感謝の気持ちの表れなのです。 ですから、会社などでよく使われるこの言葉は、相手が自分のところへ訪れた後で「ご足労いただきありがとうございます。 」や「ご足労をおかけして申し訳ありません。 」と相手に対して用いる言葉です。 相手を労う思い 「ご足労」という言葉は、本来ならば自分から赴くところを、わざわざ相手から来ていただいたことに対する感謝の気持ちの表れです。 そしてまた、相手がわざわざ時間を割いて、車や公共交通機関などを利用して自分のところへ来ていただいたことに対する、道中の疲れを労う思いの表れの言葉でもあります。 日本人は相手に対して自分がへりくだった物言いをする民族です。 それは昔から現代に至るまで同じで、とくにビジネスなどの場においては、いかに自分を下げて相手を立てる話し方が出来るかどうかで、社会人としての能力を評価されることも少なくはありません。 また、人によっては日本人の自分を下げる物言いを気に入らないという人もいますが、何も本心から自分を卑下してそう発言しているわけではありません。 言葉の上で自分を下げて相手を立てることによって、相手の意思や存在を尊重して、大切に思っているという気持ちを表わしているのです。 そのため、ビジネスなどでよく用いられる丁寧語や謙譲語は、相手に対する思いやりの気持ちでもありますので、その言葉を受ける側の人も、良い気分にはなっても決して悪い気分にはならないのです。 ご足労おかけしますの正しい使い方 「ご足労」という言葉の意味自体が理解出来ても、それをどのような場面、そしてどのようなタイミングで用いればいいのかが分からないという人もいるでしょう。 言葉自体はとても丁寧なものですので、何かと「ご足労おかけしてすみません」という言葉を乱用する人も中にはいます。 しかし、時と場合によってはその言葉が相手に対する嫌味になってしまうこともあります。 例えば相手のミスで自分のところへ謝罪に来た折にそのように発言すると、相手からすれば「まだ怒っている」「嫌味で言われた」と勘違いしてしまうこともあります。 「ご足労」という言葉は本来自分が赴くところを相手に来ていただいたことに対する感謝の気持ちの表れですので、最初から相手が自分の元へ来るのが当たり前の場合には、わざわざ「ご足労いただきありがとうございます」と言う必要はありません。 このように、時と場合によっては間違った使い方をしてしまうこともありますので、正しい使い方が出来るようにその場の状況をしっかりと把握することも身に付けましょう。 では、正しい使い方はどのようなものなのでしょうか?以下にポイントをご紹介します。 来て貰った後に使う 「ご足労」という言葉を用いて文章を作る時、大抵は「ご足労をおかけしてすみません。 」や、「ご足労いただきありがとうございます。 」など、相手が自分の元へと訪れた時に用いられています。 すなわち、文章自体は現在進行形であっても、すでに相手が自分のところへと到着した後で用いられる言葉です。 そのため、これから相手に来ていただく場合にこの言葉を用いるのは使い方としては間違いです。 もしあなたが、これから相手の家へ伺おうとしている時に、先に相手から「ご足労をおかけしてすみません」と言われたら、何だか違和感を覚えませんか? 普段使い慣れていない人や、正しい使い方を理解していない人が聞けばさほどおかしくは聞こえないかもしれませんが、「ご足労」という言葉自体がすでに相手の元へと到着した後に用いられるものですので、先に相手に対して「ご足労をおかけします」と言うのは間違いなのです。 これは普段「ご足労」という言葉を使い慣れていない人ほどやってしまいがちなミスですので、うっかり誤った使い方をして、相手から「この人は言葉使いをよく知らないのか」と思われてしまわないためにも注意して使いましょう。 自分の上司に対して使うのは間違い 「ご足労」という言葉は丁寧語ですので、目上の人や取引先の会社以外にも、自分の上司に対しても使う人がいるかもしれません。 もしあなたが仕事をしていて、本来は自分一人だけで片付けなければならないものを上司にも手伝ってもらった場合には、「ご足労をおかけしてすみませんでした。 」と用いることは誤りではありません。 しかし、時と場合によっては、上司に対して「ご足労」という言葉を用いると、間違いになってしまうこともあります。 例えば自分と自分の上司、そして取引先の会社の人が同席している場面で、上司に対して「ご足労をおかけしてすみませんでした。 」と発言すると誤った使い方になります。 第三者もいる時に上司に対してその言葉を用いると、第三者 取引先の会社の人 よりも自分の会社の上司を上においている印象になってしまいます。 そのため、自分と上司以外の存在がある時には、上司に対して「ご足労」とは言うべきではないのです。 これと似たような意味合いとして、取引先の会社や顧客の前で自分の会社の話をする際には、自分の会社を下において話すことが常識とされています。 例えば取引先の会社から電話があり、自分の上司が在社かどうかを尋ねられた際に、上司が不在であれば「〇〇 上司の苗字 はただいま席を外しております。 」と答えるのが一般的ですよね。 この時に自分の上司を呼び捨てにすることで、取引先の会社を上においた話し方をしているのです。 もしこの場面で「上司はただいま昼休みをとられています。 」といった言葉使いをしてしまうと、取引先の会社よりも自分の会社の上司を上においた話し方になってしまいますので、相手からの印象は悪くなってしまいます。 このように、あくまでも第三者が関わっている場合には、自分の上司や会社を下においた話し方を意識しなければなりません。 ご足労おかけしますの用法・例文 「ご足労」という言葉の意味や、正しい使い方、間違った使い方についてご紹介しました。 ここからは「ご足労をおかけします しました 」を用いる場面での例文や、用法についてご紹介していきます。 「ご足労」という言葉は、相手に対する感謝や気遣いを感じさせる言葉ですが、同時にビジネスのようなお堅い場面でしかあまり使う機会はありません。 そのため、いまいち用法が分からないという人もいるでしょうから、ぜひこの機会に例文を参考にして、正しい用法を理解しておきましょう。 先日はご足労おかけいたしました 「ご足労おかけしました」という言葉は、何も当日中に言う必要はありません。 「ご足労」という言葉自体が、わざわざ自分のところへお越しいただいたことに対する感謝や労いの気持ちですので、後日改めてそれを相手に伝えるという方法もあります。 電話で挨拶代わりにそう伝えても良いですし、メールで文頭に添えても良いでしょう。 言われた相手はこちらの対応を丁寧にこそ感じても、悪く感じることはまずないでしょう。 「ご足労」という言葉が、わざわざ相手にこちらへ来ていただいたということですので、相手とは日頃はそこまで直接顔を合わせるような機会はないということになります。 そのため、後日直接相手とまた会ってお伝えするというよりは、電話やメールで伝える方が自然な形と言えるでしょう。 また、もし相手の方からこちらへ赴くのが当たり前になっていた場合には、わざわざ「ご足労」などと畏まった言い方はせず、「先日はありがとうございました」程度の挨拶で十分でしょう。 ご足労いただきまして、ありがとうございます 「ご足労いただきまして、ありがとうございます」という言葉は、主に相手が自分のところへと訪れた際にする挨拶です。 たった一言の中に道中への労いの気持ちと、わざわざ自分のところへと足を運んでいただいたことに対する感謝の気持ちとが含まれていますので、あれこれと言葉を並べてお迎えするよりも、よほどスマートで無駄がなく相手をお出迎えできます。 とはいえ、仏頂面で挨拶すると堅苦しい印象や冷たい印象になってしまいますので、できるだけ温和な笑顔を浮かべながら言うと相手も気分が良くなるでしょう。 また、発言する際には同時に一度頭を下げることで、より丁寧な印象を相手に与えることができます。 もし相手がここへ来るまでの道中に疲れていたり、ストレスが溜るようなことがあったりした場合にも、それだけ丁寧に対応をされれば悪い気分にはならないでしょう。 ご足労おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます 「ご足労」とは、基本的には相手が自分のもとへと訪れてから用いる言葉です。 しかし、場合によってはまだ相手がこちらへ来る前から発言することもあります。 例えば仕事の打ち合わせのために、来週取引先の会社の人が自分の会社へ来ることになった場合、予め電話やメールでその旨を話すことがあると思います。 その際に、文末に一言「ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」と付け加えておくと、より相手には丁寧な印象として伝わるでしょう。 ただしここで重要なポイントが一つあります。 それは、「相手がこちらへ来ることが決まってからでなければ、この言葉は使ってはいけない」という点です。 もしまだ相手が自分のところへ来るかどうか決まっていない内から「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」などと言葉を付け加えてしまうと、その言葉自体が「相手が自分のところへ来ることが前提」となってしまい、相手に対して強引で押しつけがましい印象を抱かせてしまいます。 もしこちらの会社の方が、立場が上の場合には、まだそのような言葉が許されるかもしれません それでも多少偉そうな印象は抱かせてしまいますが・・。 しかし、取引先の会社と立場が同等、もしくは自分の会社の方が下の場合には、絶対に言ってはいけない一言です。 「ご足労」という言葉を用いるのは、相手に自分のところへ来ていただいた後か、または来ていただくことが互いに合意の上で決定した後にしましょう。 使うタイミングを誤ってしまうと、相手に対してとても失礼な言葉使いになってしまいます。 ご足労いただく事になり大変恐縮です この言葉も、「ご足労おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」と同様に、まだ相手に自分のところへ来ていただく前の時点で用いる言葉です。 一つ前に紹介した言葉よりも短いため、直接相手に電話などで伝えるよりは、メールのように文面で添えた方がシンプルで文章にも無駄が感じられないでしょう。 また、人によっては何か発言する際に、ついあれもこれも言葉を足そうとしてしまう人がいます。 そんな人の場合、一言が短いと相手に与える印象も悪くなるのではないかという不安な気持ちや、自分の気持ちを伝えたいという思いから、つい一言が長くなってしまいます。 しかし、ビジネスのような場においては、簡潔な言葉で分かりやすく相手に伝えることが重要とされています。 そのため、わざわざ長ったらしい言葉を並べずとも、「ご足労いただく事になり大変恐縮です」という一言だけで相手には十分なのです。 「恐縮」という言葉には相手に対する感謝の気持ちと申し訳ないという気持ちがどちらも含まれていますので、「恐縮です」の一言だけでも相手に対する気遣いになるのです。 【恐縮については、こちらの記事もチェック!】• ご足労くださり、大変感謝しております この言葉は、相手に来ていただいた際に用います。 日本人は何かと「すみません」「申し訳ありません」「ごめんなさい」という言葉を多用します。 外国人から見ると、「何も悪いことをしたわけではないのに何故そんなに謝る必要があるのか?」と理解に苦しむそうですが、日本人はつい口癖のように何かあると謝罪の言葉が出てきます。 それ自体は、自分が悪いという気持ちよりも、相手に対する気遣いの気持ちから自然と謝罪の言葉が出てきてしまうため、人によっては美徳に感じることもあるでしょう。 しかし、べつの人によっては「悪いことをしたわけであないのだから謝る必要がない」と考える人もいます。 そうした人の場合には、「すみません」よりも「ありがとう」という感謝を伝える言葉の方が好印象です。 そのため、当日ご足労いただいた人がそのようなタイプの場合には、「ご足労くださり、大変感謝しております」とありがとうの気持ちを込めた言葉の方が喜ばれることが多いです。 相手の性格によって、多少言い方を変えると相手には非常に好印象でしょう。 間違った使い方 「ご足労」という言葉自体は、相手に対する感謝と謝罪の気持ちが含まれていますので、とても丁寧で誠実な印象を相手に与えます。 しかし、その言葉も謝った使い方をしてしまうと、相手に対して失礼になってしまい、与える印象も悪くなってしまいます。 プライベートの場面で誤った使い方をしてしまっても自らの恥になってしまいますが、ビジネスの場においては謝った使い方によって相手を怒らせてしまい、取引が台無しになってしまうことも考えられます。 たった一言で人間関係とは壊れてしまうものですので、とくに礼儀や作法が出来て当たり前とされるビジネスの場では失敗のないように注意したいものです。 では、誤った使い方とはどのようなものなのでしょうか?以下にご紹介していきます。 ご足労いただきますようお願い申し上げます 先にも挙げましたが、まだ相手の了承を得ていない内から「ご足労をおかけする」ことを前提としてお願いするのは相手に対して大変失礼です。 丁寧な言い方をしているだけで、要するに「あなたが私のところまで来て下さいね」と強引にお願いすることになりますので、当然相手もいい気はしないでしょう。 仮に自分の会社よりも上の立場の会社にそう言われたとしても、やはり人によっては「偉そうだなぁ」と不快に感じます。 また、それが同等の立場の会社であっても、「え、こっちに来いってこと?」と不快に感じる人は多いですし、自分よりも下の会社に言われたとしたら、憤慨して取引を止めようとする可能性だって出てきます。 それほど相手に来てもらうことを前提としたお願いは失礼に値しますので、絶対にやらないように注意しましょう。 ご足労お待ちしております 「ご足労お待ちしております」という言葉も、一見丁寧のように思えて実際には失礼に値する、間違った使い方です。 「お待ちしております」という言葉に添えるのであれば、通常は「楽しみに」や「心より」といった言葉になります。 「ご足労」という言葉自体は労いや感謝の気持ちの表れですが、それと「お待ちしております」という言葉をくっつけて使うのは誤りですので、うっかりこのような言い回しをしてしまわないように注意しましょう。 ぜひ、ご足労くださいませ 日本語の正しい使い方をそこまで理解していない人でも、聞けば必ず何かしらの違和感を覚えるような間違った言い方です。 そもそも、「ぜひ~くださいませ」という言葉は、例えばレジャーパークのような場所に来てもらい、楽しんでもらう際に使うことの多い言葉です。 「ぜひ、楽しんでくださいませ」といった、相手に喜んでもらいたい、楽しんでもらいたいという気持ちを表す際に用いられることの多い言葉です。 ですから、相手にわざわざ時間を割いて自分のところへ来てもらうことや、ご足労をかけることに対して用いるべき言葉ではありません。 ビジネスの場で間違って使ってしまうと相手を憤慨させてしまう可能性も高いので、絶対に間違って使わないように気を付けましょう。 ご足労おかけしますと似た言い回し 「ご足労をおかけします」という言葉は、社会人にもなればどこかで一度は耳にする言葉でしょう。 しかし、その言葉自体はビジネスの場など、畏まった堅苦しい場面で用いられることが多いです。 そのため、日常的に用いられる言葉ではないでしょう。 しかし、「ご足労おかけします」と似たような意味を持ち、もっと日常的に用いられている言葉はたくさんあります。 それを以下にご紹介していきます。 もし相手に対して感謝や謝罪を伝えたいけれども、あまり堅苦しい言い方をしたくないという人がいれば、以下を参考にすると良いでしょう。 お手数掛けますが ビジネスの場でも用いられることが多く、また日常的にも用いられることの多い言葉が、「お手数をお掛けしますが」という言葉です。 「お手数をお掛けする」という言葉自体は、相手に手間を取らせることや、面倒をかけることを意味します。 そのため、「お手数をお掛けしますがよろしくお願いいたします」という言い方をすると、「あなたには手間を取らせてしまいますが、どうかよろしくお願いいたします」という意味になります。 「お手数をお掛けする」という一言で、相手に対する申し訳ないという気持ちが表れますので、その言葉を受ける相手も気遣いを感じて、悪い気分にはならないでしょう。 また、「ご足労」がわざわざ相手に来ていただくことのみに用いられる言葉なのに対して、「お手数をお掛けする」という言葉は、それ以外の事柄でも用いることの出来る言葉です。 お呼び立てして 誰かに家に来ていただいた際に、「お呼び立てしてすみませんでした」といった言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。 意味としては「ご足労」とほぼ変わりはありませんが、より相手に対して「無理を言ってこちらに来ていただいた」という申し訳ない気持ちを表した言葉です。 そのため、「ご足労」の場合には「ありがとうござました」と感謝の言葉を添えて使うことも多いですが、「お呼び立てして」という言葉の場合には、その後で「すみませんでした」「申し訳ありませんでした」などと謝罪の言葉がついているのが一般的です。 確かに「ご足労」よりも「お呼び立てして」という言葉の方が、相手を急かしているようなイメージがありますので、「お呼び立てされてくださり、ありがとうございました」と使うことはないのでしょう。 ご面倒かと存じますが 「ご面倒かと存じますが」という言葉は、基本的に相手に来ていただく前に伝えます。 「ご足労」が基本的には相手に来ていただいた後で口にする言葉であるのに対して、こちらは事前に使う言葉ですので、来ていただいた後に用いることはありません。 メールや電話、もしくは直接相手の顔を見ながら後日の予定に対して、「ご面倒かと存じますが、何卒よろしくお願いいたします」と相手に手間を取らせることを先に謝罪した上でお願いすることが多いです。 しかしこの言葉は、使う場面やタイミングを誤ると、相手が「面倒をかけるのが分かっているのなら言うな!」と不快に感じてしまうこともあります。 また、相手が面倒に感じるのを前提とした言い方にもなってしまうため、それを不快に感じてしまう人も中にはいます。 ですから出来れば直接口では伝えず、メールのように文面でお願いするのが無難でしょう。 遠路遥々 「ご足労」と似たような意味ではありますが、こちらは遠方から相手が来る際に用いることの多い言葉です。 車で1時間以内に来られるような距離であれば、「遠路遥々」という言葉をわざわざ用いる必要はありません。 例えば車で数時間かかる距離や、船や飛行機などの長時間の移動が必要な場合にのみ、来ていただいた際に「遠路遥々お越しいただき、ありがとうございます」と用いるのが一般的でしょう。 温泉旅館などに旅行に行くと、女将が「遠路遥々ようこそおいでくださいました」と口にすることがありますが、それもわざわざ温泉旅館という遠方に足を運んだことに対して、感謝の気持ちを口にしているのです。 ご来社いただき 「お手数をお掛けする」という言葉は、来社していただくこと以外にも何かと使える言葉ですが、「ご来社いただき」という言葉は、自分の会社へ相手に来ていただく場合にのみ用います。 また、「ご来社いただき」という言葉使いは、丁寧でありながらもシンプルなので、どんな相手にも用いることが可能です。 自分よりも目上の人や取引先の会社の人、または顧客が相手でも使いまわせる便利な言葉です。 どのような場合でも対応がしやすいため、どんな言葉でお迎えすれば良いのか分からなくなってしまった時には、「ご来社いただきありがとうございます」と言っておけば無難でしょう。 面倒をかける 「面倒をかける」という言葉は、もしそのまま「面倒をかけますね」と用いる場合には、自分の方が相手よりも立場が上なのが前提です。 自分よりも明らかに格下の相手に対してであれば、そのように用いても問題はないでしょう。 しかし、対等な相手の場合には「面倒をかけますね」などと言うと相手が気分を害してしまう可能性もありますので、「面倒をおかけしてすみません」と丁寧な言い回しを心がけましょう。 また、目上の相手に対して「面倒をおかけして」という言葉を用いると、相手によっては気分を害することもありますので、それこそ「ご足労をおかけいたしました」などとより丁寧な言い方にすると良いでしょう。 手数をかける 「手数をかける」という言葉は、「お手数をお掛けする」とほぼ同義語です。 というよりも、「手数をかける」を丁寧な言い方にしたのが「お手数をお掛けする」という言葉ですので、通常は後者の方を用いることが多いでしょう。 「手数をかける」という言葉をそのまま用いる場合には、それこそ社長が自分の会社の社員に「手数をかけるね」と告げるように、かなり格下の相手に対して用います。 それ以外の場合では、必ず丁寧語にして用いるようにしましょう。 手間を取らせる 「手間を取らせる」という言葉も、「手数をかける」という言葉とほぼ同義語です。 どちらも相手に時間を割いてもらい、面倒事をさせてしまうといった申し訳なさの気持ちから表れている言葉です。 そのため、その言葉だけでは単なる謝罪になってしまいますので、その後に「ありがとうございます」と言葉を続けることで、感謝の気持ちも感じているのだと相手に伝えることができます。 厄介をかける 「厄介をかける」という言葉は、大半が上から下の立場の人へと用いる際に使う言葉です。 または、対等な関係の場合にも用いられることがありますが、あまりビジネスの場で用いられることはないでしょう。 実際に、ビジネスの場において「お手数をお掛けしました」という言葉を頻繁に耳にすることはあっても、「厄介をお掛けしました」という言葉を耳にすることはあまりないでしょう。 そのため、「手数をかける」という言葉に対しての印象はそこまで悪くありませんが、「厄介をかける」という言葉に対しては、本当に面倒事や厄介事をかけるという印象が抱かれやすいため、言葉として嫌煙されやすく使う機会があまりないのかもしれません。 手こずらせる 「手こずらせる」という言葉は、「ご足労をおかけする」という言葉よりも、「お手数をおかけする」という言葉により近い意味を持ちます。 「ご足労」はわざわざ相手に自分のところへ来ていただく際にのみ用いられることが多いですが、「手こずらせる」という言葉は「お手数をおかけする」と同様に、自分のところへ来ていただく以外にも、相手に何かをしていただいた際に用いることが多いです。 よくマンガやドラマなどで、敵役が「手こずらせやがって」とセリフを吐く場面があると思います。 その言葉の意味も、自分たちに手間を取らせたことに対する悪態ですので、「足労」が持つ本来の意味の「行く」「歩く」とは異なる意味合いとして言葉が用いられています。 手を焼かせる 「手を焼かせる」という言葉も、「ご足労」よりは「手間を取らせる」「面倒をかける」「手数をかける」といった言葉に近い意味を持ちます。 むしろ、後者の意味として用いられることの方が多いため、わざわざ相手に自分のところへ来ていただいた際にはあまり「手を焼かせてしまってすみません」と言う人はいないでしょう。 「ご足労」の本来の使い方が足を使って来ていただくことですので、足よりも手を使わせる印象の強い「手を焼かせる」という言葉を同じ場面で用いることはあまりないのでしょう。 お手数をおかけする 「お手数をおかけする」という言葉は、ビジネスの場面でも日常の場面でも頻繁に用いられる言葉です。 その一言だけで感謝の気持ちと申し訳ない気持ちを表すことができますし、また「ご足労」としての意味以外にも用いることができるため、まさに万能の言葉であると言ってもいいでしょう。 皆が当たり前に用いている言葉ですので、言いやすく、また耳に聞きやすい言葉でもあります。 困ったときにはぜひ頼りたい言葉でもあるでしょう。 使い方を改め上手に使っていこう 同じ意味を持っていても、違う言い回しの出来る言葉はたくさんあります。 それが日本語の良いところでもありますが、難しいところでもあるでしょう。 時と場合によって微妙にその場に相応しい言葉が変わってきますので、どんな場面でどんな言葉がふさわしいのかを瞬時に判断するのには、それなりの経験も必要になってきます。 しかし、経験よりもまずは言葉自体を知らなければ使いようがありませんので、同じ「足労」でも他にどんな言い方があるのかを知っておきましょう。 もしこれまで使い方が間違っていたという人は、この機会に言葉の使い方を改めて、上手に使っていきましょう。

次の

「お手配」「ご手配」どっちが敬語として正しいの?使い分け方と例文集

御足労くださり

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご足労頂きありがとうございました」の意味とは?例文で使い方を解説

御足労くださり

この記事の目次• 意味 「ご足労いただきありがとうございました」は「わざわざ足を運んでもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご足労 の意味は「わざわざ出向くこと」 ご足労の意味は辞書によると「相手を敬って、その人が出向くこと」とあります。 ご足労の漢字を分解するとわかりやすいのですが、「足労」は人の「足」に「労」負担をかけると書きます。 これらを合体すると「ご足労」の意味は… 「わざわざ出向くこと」 「わざわざ足を運ぶこと」 と解釈できます。 「足労」に謙譲語or尊敬語である「ご」をつけて、敬語フレーズにしています。 すると意味は「わざわざ足を運んでもらい~」と解釈できます。 「ご指導いただく=指導してもらう」「ご利用いただく=利用してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ちなみに「ご足労」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 足労 = わざわざ出向くこと、足を運ぶこと• すると「ご足労いただきありがとうございました」の意味は… 「わざわざ足を運んでもらい、ありがとうございました」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご足労いただきありがとうございました」の敬語の種類について。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご足労いただきありがとうございました」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご足労いただきありがとうございました」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「足労」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」 で「ご足労いただく」• 「ありがとうございました」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「足労」に謙譲語「お・ご」で 「ご足労」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご足労いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご足労」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご足労」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 使い方・ビジネスメール例文 つづいて「ご足労いただきありがとうございました」の使い方について。 文字どおり足を運んでもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司・目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「お礼ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご足労いただきありがとうございました」はとくに上司や目上・取引先に何かしら足を運んでもらったとき。 ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 社外取引先に訪問してもらったときのお礼メール。 先日は ご足労いただき誠にありがとうございました。 直近の原材料市況などにつき大変勉強になりました。 有益な情報をいただき感謝いたしております。 今後も何かとお力添えいただくことと存じますが、その際には何卒よろしくお願い申し上げます。 略儀ではございますが、メールをもちましてお礼かたがたご足労申し上げます。 メール署名 のようにして使うと丁寧です。 まぁとにかく「わざわざ足を運んでくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 敬語の種類としては以下のとおり。 もとになる語「わざわざ足を運んでもらいありがとう」• 丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご足労いただきまして」• あるいは 「ご足労くださり、ありがとうございました」としてもOK。 あるいは単に「ご足労ありがとうございました」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 「ご足労いただきありがとうございました」という敬語フレーズは「わざわざ足を運んでもらいありがとうございました」という意味であり、過去形になります。 ビジネスシーンで、まだ事が終わっていないときに「わざわざ足を運んでもらえるの!?ありがとう」と伝えたいときには…• 例文「ご足労いただけるとのこと、誠にありがとうございます」• 例文「ご足労いただけるとのこと、感謝申し上げます」 こんな感じの敬語フレーズを使います。 「ご足労いただき vs ご足労くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご足労いただきありがとうございました」と似たような表現には 「 ご足労くださいましてありがとうございました」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご足労いただく=わざわざ足を運んでいただく」なのか「ご足労くださる=わざわざ足を運んでくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご足労いただきありがとうございました」「 ご足労くださいましてありがとうございました」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご足労 くださいますようお願い致します」 「ご足労 いただきますようお願い致します」 「ご足労 くださいますようお願い致します」 「ご足労 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご足労して くださりありがとうございました」 「 ご足労 いただきありがとうございました」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 上司や目上など社内あてのメールはもちろん、取引先など社外あてにも使える丁寧な例文にしています。 ご参考にどうぞ。 立場が上の相手が来た「打ち合わせお礼メール」to社外取引先 【to社外ビジネス取引先】 立場が上の相手が打ち合わせに来てくれたときの、お礼ビジネスメール例文。 ひと言「本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし~」とお詫びをする。 メール件名:打ち合わせのお礼(転職・ノマド) ビジネス 株式会社 研究部 〇〇 様(社外ビジネス取引先) いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日は打ち合わせに際してお時間をいただき、誠にありがとうございました。 また本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 こちらこそ先日はご足労いただき誠にありがとうございました。 またご多忙のところ早々にご報告いただき大変恐れ入ります。 さて、サンプル評価には到着後1ヶ月ほど要する見込みでございます。 ラボの状況次第でスケジュールが前後する可能性もございますので、評価結果がでましたら連絡いたします。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 お礼だけでなく、相手からもらった宿題事項に対する進捗を報告する。 転職・ノマドでございます。 先日は打ち合わせに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社製品開発のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 ご足労いただき+恐縮・恐れ入る 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ 「申し訳なく思う、恐れて身がすくむ」という意味の「恐縮・恐れ入る」をくみあわせてもOK• 例文「ご足労いただき恐縮でございます」• 例文「ご足労いただき恐れ入ります」 相手から何らかのほどこしを受けたときに「ありがたく思う気持ち」「感動する気持ち」だけでなく「恐れ多い気持ち・申し訳なく思う気持ち」もあらわすフレーズです。 たとえば「たいそうなお品をいただき恐縮です」のようにして使いますね。 例文「先般は貴重なお時間をいただきありがとうございました」• 例文「本日は打合せに際して貴重なお時間をいただきありがとうございました」 お時間を頂戴しありがとうございました 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ 「お時間をいただき〜」ではなく「お時間を頂戴し〜」としても丁寧です。 例文は先ほどと重複するため省きます。 「感謝」「深謝」「お礼」を使った敬語フレーズ 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ あとは「ありがとう」ではなく「感謝」「深謝=深く感謝すること」「お礼申し上げます」などもお礼のフレーズとしてはよく使われます。 ひとつのビジネスメールで「ありがとう」ばかり使っていると気持ち悪い文章になるため、以下のような例文も織り交ぜて使うと読みやすいメールになります。 例文「ご挨拶いただき深謝いたします」 例文「ご挨拶いただき感謝申し上げます」 例文「ご挨拶いただきお礼申し上げます」 例文「ご足労いただき深謝いたしております」 例文「ご足労いただき感謝申し上げます」 例文「ご足労いただきお礼申し上げます」 例文「お時間をいただき深謝いたしております」 例文「お時間をいただき感謝申し上げます」 例文「お時間をいただきお礼申し上げます」.

次の