ミニ 四 駆 スラスト。 ミニ四駆シャーシデータベース

ミニ四駆作ってみた〜その179 「レーンチェンジ、対策」

ミニ 四 駆 スラスト

スポンサーリンク 井桁の由来や効果 井桁とは複数取り付けたバンパーの形が井の字に見える事からこう呼ばれているそうです。 また、公式大会にこの改造は禁止じゃないかと思われるかもしれませんが、タミヤの公式FRPプレートを使用しているので問題ありません。 純正バンパー部分を切り取るので軽量化にも繋がります。 見た目はロボットのようにカクカクしていますので見栄えは悪いですね。 しかし強度アップの為なので仕方ありません。 純正のシャーシを使い続けるよりも壊れにくくなるので長持ちしますし改造できればした方が良いですね。 プレート代や改造技術も必要となるのでシャーシが台無しになってしまう可能性もあるのでご自身の責任の元で挑戦してみてください。 ミニ四駆井桁のメリットは普通のシャーシよりも強度の高いシャーシに生まれ変わるという事ですね!大胆にスピードアップするとかいうものではないので注意してください! 準備する物と作り方 準備する物 ・ 紙やすり 何種類か粗さが違う物があると良 ・ VSシャーシ ・ ニッパー ・ 穴あけ用ドリル 1. フロントバンパーの切断 スポンサーリンク 今回はVSシャーシで紹介します。 フロントバンパーのシャフト手前をニッパーで切り取りやすい感覚でドリルを使い穴を開けていきます。 穴を開け終えたら ニッパーで穴と穴をニッパーでつまんでカットして切り取ります。 フロントバンパーの カットした部分がギザギザなので紙やすりを使って慣らしていきましょう! もし何種類か粗さの違うものを揃えていましたら数字も小さいものから使っていきましょう。 数字が大きいほど細かい粒子の紙やすりになっています。 続いてサイドとフロント、リヤをカットしていきます。 サイドはローラー穴の部分だけカットしてやすりがけします。 線が入ってる所を目安に削ります。 リヤもフロントも少し出っ張ってる所を削ってやります。 ここからは動画で紹介しますね!きっとイメージしやすいと思います。 プレートなど用意する物は違う物を使っている方もいますがお好みで決めてもらえばいいと思います。

次の

ミニ四駆シャーシデータベース

ミニ 四 駆 スラスト

スポンサーリンク 夢パーツとは 使い方にもよるのですが、基本的に ミニ四駆に装着しても意味のない 効果の薄い パーツの事を言うのが夢パーツです。 スライドダンパー系 僕も大好きだったパーツの1つなんですが可変ダウンスラストなどのスライドダンパー系パーツは、コーナーで接触した部分が折りたたんでマシンの安定化に繋がる・・という画期的なパーツだったのですが、 減速しすぎるという欠点があったのです。 MSやARなどの最近の優れたシャーシは普通のローラーで十分なコーナリングができるんです。 正直フロントにもリヤにもつけていた自分は恥ずかしくなっちゃいましたが、よっぽどセッティングが上手くないと使いこなせないパーツですね。 ステアリングシステム ミニ四駆第二次ブーム終盤に発売された超画期的アイテムがこのステアリングシステムセット! ミニ四駆の大きさで四輪駆動を保ちつつコーナーの減速や遠心力を活かそうと作られたタミヤ渾身のグレードアップパーツです。 しかし ジョイント機能が働かない場面も多々あり強度不足もあって壊れてしまう事も。 スポンサーリンク FRPプレートなどを使ってしっかり固定してやればいいじゃないか!という意見もあると思いますが強度はアップしますが結局ジョイント部が脆い為いずれ壊れてしまうようです。 値段も張りまだスライドダンパー系の方がマシだと思います。 タミヤさん、惜しい!! エアロ〇〇パーツ これも使いまくってました自分。 マシンの全体的なバランスを考慮しタイヤのグリップをなんとか上げたい時や軽量化したい時は使える可能性があります。 基本的にはコースで跳ねやすかったりもするので使用しない方が無難かもしれません。 1つだけ良い点はジャパンカップなどの屋外大会で雨が降ってコースが濡れている時に思い切って使ってやるのも手。 スポンジタイヤは雨に強いです! その他の夢パーツ レブチューンモーター、六角ボールベアリング、ワンウェイホイールなども夢パーツのようです。 スライドダンパーは2次ブームの終盤に出たデジタルコーナーでの有効性は言われてましたし今じゃ必須アイテムです。 可変ダウンスラストはゴムリングのローラーだと激しく減速しますが13mmボールベアリング等だと全く違うコーナリングをします。 それこそウルトラやプラズマダッシュを制御する位にです。 ミニ四駆は駆動系を除けば大半がコースアウトさせないパーツで減速させるのを目的としてます。 コースアウトしないギリギリのラインまでパーツをそぎ落として完成したにマシンが一番速いってだけです。 夢パーツっていうのはネットの普及で速いマシンの真似をする中で使われなくなっただけで、このコースで夢パーツを使ったらどうなる?って考えをなくしていて、もしかしたらベストマッチして最速だった可能性を消してしまっている悪い例です。 エアロハイマウントは一番大きいウイングでタイム差、コースアウト率が結構代わりますから鵜呑みにせずやって見たほうがいいです。

次の

デジタル対策? スライドダンパーを検証してみた!

ミニ 四 駆 スラスト

レーンチェンジ 以下 LC って対策どうしてますか? あたしは復帰時、 LCが全然入らなくって、なんだこれ?ってなってたのですが、今は入らないマシンはないです。 どんな対策をしているかなど、書いておきます。 ・そもそも LCとは? スロープと同等の R 未確認 から頂点手前で左に、レーンを跨いだら右に、とジャンプしながらの連続コーナーになります。 飛び出すのは左壁に当たるときのマシンの状態が悪いときがほとんどです。 左壁に当たった時に基本、アウトリフトするはずで、このリフト 浮き上がり をどれだけ抑えられるかがカギです! ・対策 1:スラスト 基本的にはこれを見直すのが 1番。 ただしストレートの減速が問題になるのでやりたくない人も多いかと。 あたしもスラストはバンパーの基本角以上には上げたくないです。 右ローラーだけスラスト上げる、って手段もあるそうですが …試したことはないです。 ・対策 2:スタビ関連 絶対必要です。 フロントはローラー径にできるだけ近いもの。 リアは上ローラーを高め、かといってレギュギリギリだと浮いた際にレーンの上に出て吹っ飛びます。 その場合はローラー間にホイールを加工したホイールスタビなどを入れましょう。 ・ローラー位置 フロントとリア下段のローラー位置をできる限り低く。 これは特に 3レーンでは必須項目です。 なんでかというと、 3レーンは壁が柔らかく、上に行けば行くほど曲がる、しなる、たわみます。 そう言った意味ではリア上段も下げたいのですが …バランス難しいです。 ・対策 3:ローラー種類 フロントはアルミ大安定です。 径はなんでもいいですが、 13mm、 19mmがいいでしょうね。 あと 9mmもすごく噛むのでいいのですが、公式 5レーンだとちょっと辛いかな。 フロントには絶対ダメです!スラストかかる部分にゴムがあると全コーナーでがっつり減速します。 12-13ダブルのゴムはギリギリ OKです。 リアはプラでいいのですが、上下どちらかをにすると飛び難いと思います。 左壁に当たったときのアウトリフトを抑えられればいい。 下段がお勧めですが、通常ジャンプ時にもグリップして引っかかりやすく、体制を崩しやすいというデメリットがあります。 リアはゴムにしてもスラストがないので走行時の抵抗にはほとんどなりません。 LCジャンプ中、上方向への慣性でマスダンは上に上がるのですが、この時、重心も上がることになります。 通常のジャンプ後は下るだけですが、 LCは右>左>右、と空中で方向変えるんです。 ヒクオアームの「ゆるさ」も相まって、激しく揺さぶられてバランス崩すことになります。 なのでマスダンの高さと重さも適量を考察すべきです。 対策 5:姿勢 ジャンプの姿勢ですが、頭から入るマシンって実は LC得意です。 フロントのローラーがスラストかかりやすく、飛び出し防止になるからです。 ケツから入るマシンが難しいと思うんですよね …こいつに関しては調整の仕方わからないです。 これらをマシンによって組み合わせを変えて、飛び出さないようなセッティングをしています。 たとえば、 ・斬紅郎 MK2: フロント 19mmAAをできるだけ低い位置に。 シャフトより低いくらいかな。 リアは下段がプラ、上段はゴムです。 バンパーはリジッド、シャーシはフレキ。 マスダンはリアに東北ダンパーのみ。 ・鮫肌MK2 ホエイルっぽいマシンですがローラー配置を少しいじってオリジナリティを出しています w フロントヒクオ連動 ATバンパーにしてないので、 LC対策を別途行なっているんです。 フロント上段にスタビローラーとして食いつきのいい 830。 リアはひっくり返して 8-9Wが定番ですが、うちのは高めの位置にそのまま付けてます。 これで LC対策としていますです。 こんな感じ。 試行錯誤が重要で、汎用的にこれなら OK!ってのはなかったりします。 マシンにあったセッティングを見つけ出してくださいね。 ではでは。 poke4wd.

次の