身に余るお言葉ありがとうございます。 「もったいないお言葉」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

【感謝の言葉辞典】ビジネスで使える例文を交えてわかりやすく解説!

身に余るお言葉ありがとうございます

「過分なる」という表現は、聞き慣れない、もしくは聞いたことがない方も多いでしょう。 読み方は「かぶん」と読みます。 「過分」とは、身に余るという言葉を、敬語として利用する場合に使う言葉です。 ビジネスシーンで使いこなせると、上司や取引先から高評価を得られる可能性もあります。 普段使わない言葉なので難易度も高いですが、正しい「過分」の知識を理解すると使いやすいでしょう。 「過分」の意味 「過分」は、「人や物が自分につりあわないほど優れている、優っている」「自身の身分を超す扱いを受けている」と自身を謙遜する意味で使います。 過分の「過」は、「より勝る」「優れる」の意味、「分」は「人が持つ能力や身分」を表しています。 例えば「分をわきまえる」といった表現は、「自分の身分を理解し、行動や言動をする」と言う意味の言い回しです。 形容動詞「過分だ」の活用 形容動詞「過分だ」の活用は、形容動詞一般のそれと同様です。 すなわち「過分だろ(う)」(未然形)、「過分だっ(た)」「過分で」「過分に」(連用形)、「過分だ」(終止形)、「過分な」(連体形)、「過分なら」(仮定形)というふうに変化します。 命令形はありません。 「過分な」と似た言葉 「身に余る」の意味は、とても良い待遇や相手の気持ちを自分には勿体ないとすることです。 「身」というのは元は「身体」のことですが、この場合は「社会的な人の立場」のことを言います。 物事が家柄や能力のことを言う場合には、「身に余る」と使います。 ビジネスシーンでは新しい仕事に抜擢された時に、「身に余る大役」と言います。 「分不相応だ」 「過分」の類語の2つ目は「分不相応だ」と言う言葉です。 読み方は、「ぶんふそうおう」です。 「分不相応」とは身分以上、必要以上に贅沢なことの意味です。 「分不相応」の「分」とは「過分」と同じく能力や社会的地位といった身分、相応は釣り合う意味なので否定形で「不相応」を使います。 使用例は、「彼は無職なので、高価な時計は分不相応だ」のように使います。 収入がないのに、高額なものを買うのは、贅沢だということです。 「僭越だ」 過分の類語の3つ目は、「僭越だ」と言う言葉です。 読み方は「せんえつ」と読みます。 「僭越だ」の意味は、今の身分や立場を超えた状態のことを言います。 使い方は、「僭越ながら代表で、ご挨拶させていただきます」のように言います。 自分が本来であれば代表を務める身分や立場ではないことを謙遜して言う言葉です。 「過分」の使用例 例文1 過分なお言葉痛み入ります 歳や立場が上の人から、自分や所属している会社について、お褒めや気遣いの言葉を受けた時には、「過分なお言葉痛み入ります」と言う表現を使います。 自分や会社を心配されてただお礼を言うよりも、よりフォーマルな表現と言えます。 「痛み入る」は、相手に対して恐縮しつつも、褒められた自分が図々しく思うという意味があるので、「ありがとうございます」の遠回しの表現です。 例文2 過分なお心遣いに感謝いたします 目上の立場、取引先などからお土産など、品物をもらった時に、「過分なお心遣いに感謝します」と一言添えると、お礼の気持ちを伝えることができます 「心遣い」とは本来の意味は「気をつかうこと」ですが、この表現の場合は、「配慮」のことです。 私のために配慮してくださりありがとうございます、と言った意味合いで使います。 相手に配慮などと直接言うよりも、丁寧で相手を気遣った言い回しです。 例文3 過分な評価をいただき光栄です 上司や取引先、お客様から、自分や会社について良い評価、お褒めの言葉をもらった時に、「過大な評価をいただき光栄です」と言います。 「過分なお言葉痛み入ります」でも同じシチュエーションで使えますが、こちらは後にポジティブな返答をする時に使えます。 例えば、上司から昇進の打診をされた時に使うと、昇進の話を受けるという意味合いも含ませることができます。 その場合には、そのあとに「お受けします」と続けます。 例文4 過分な野望を抱く 「過分な野望を抱く」は過分を使うことで、身の丈以上の夢であることを強調した意味で使います。 「野望を抱く」表現自体が、身分や能力に合っていない望みや夢を持つという意味になります。 そのため、「過分な」をつけることで、さらに今の能力や欲が、さらに大それていることを表します。 例えば、入社したばかりの新入社員が、会社の社長になると考えることは、「過分な野望を抱いている」状態と周りから思われるでしょう。 正しい敬語、大人の言葉遣いを知りたい人へおすすめ 仕事でのメールやお客様への対応で、相手が快く思う表現、スマートな言い回しを身に付けたい人におすすめなのは、「大人なら知っておきたいモノの言い方ノート」がおすすめです。 シーンや使いたい場面ごとに、正しい言い方はもちろん、間違っている表現も載っているので、普段自分が仕事で使っている言葉もチェックすることができます。 ビジネスや仕事での会話で恥を描きたくない、好印象を与えたい人にはうってつけの1冊です。 「過分」を使う時のポイントは、「過分」な状態はあくまで自分であることを意識することです。 使い方を間違えると相手に悪い印象を与えたり、敬語が使えない人、と言う印象も抱かれません。 「過分」は普段日常会話で使うタイミングは、さほど多くないでしょう。 しかしビジネスシーンでは、メールや手紙などで取引先、お客様、上司へ使うことができます。 文面は何度も見返すことができるので、正しく使うことが重要です。 謙遜しつつ感謝を示す時に使う言葉 「過分」は謙遜語であり、自分に対して使うようにします。 謙遜語は、相手を上にたて、自分の立場を下にする時に使う時に使う表現です。 相手からかけられた言葉、もらった品物に対して「自分なんてそのような言葉や品物をもらう立場ではないのに」という気持ちをフォーマルに言うための言葉です。 その上で、相手からしてもらった行動に対して、「ありがとうございます」の気持ちをビジネスシーンで伝える表現になります。 分不相応であると非難する時にも使う 「過分」は分不相応であると非難する時にも使う言葉になります。 引用内容を参考にしていくと、取引先関係者などに高価な頂き物をした際などに使用するケースがあると考えられます。 身分や地位などを越えていることを意味する語。 特に必要以上に贅沢なことについて言う表現。 「分相応」は能力や地位や身分などに相応しいことを指す表現で、「分不相応」は、それを否定した形の言い回し。 「過分」とは、相手にしてもらったことに謙遜しつつ、そのことに対する感謝を表したい時に使う言葉です。 直接的な言葉で謙遜や感謝を伝えるよりも、より丁寧で正式な言い方になります。 目上の人やお客様など立場を上にした方が、関係がスムーズになるシーンで利用できます。 また自分の立場をあえて下げて、相手の行動に対してより感謝を伝えたい時も使うことができます。 ビジネスや挨拶で感謝の気持ちを伝える 「過分」を使った表現は、相手に対してより正式で、厳かな雰囲気になります。 そのため、ビジネスシーンの他、冠婚葬祭などにも使うことができます。 自分の言葉が子どもっぽいと感じる人は、これからの表現を身につけることで、相手にも好印象を与えることができます。 「過分」の類義語である、僭越ながらの解説については、こちらの記事に詳しく書いていますので、語彙力を増やしたい方はこちらも参考にしてみてください。

次の

お礼のフレーズ

身に余るお言葉ありがとうございます

公開日: 2018. 26 更新日: 2018. 26 敬語?「恐れ多い」の意味と使い方、返し方、類語、英語表現 「恐れ多い」という言葉をご存知でしょうか。 「恐れ多い限りです」「恐れ多いことでございます」などと使います。 日常会話というよりも、ビジネスシーンなどかしこまった場面で使うことが多い言葉です。 では、「恐れ多い」とはどのような意味なのでしょうか。 なんとなくマイナスなイメージがある言葉ですが、どのように使えば良いのでしょうか。 何気なく使っているという人もいれば、初めて聞いたという人もいますよね。 そこで今回は「恐れ多い」の意味や使い方、返し方、類語、「おこがましい」との違いについて解説していきます。 「恐れ多い」を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「恐れ多い」の2つの意味 目上の人に対して申し訳なくて頭が上がらない 「恐れ多い」の意味は 「目上の人に対して礼を失していて、大変申し訳ないこと」です。 謝罪・お詫びの意味になります。 立場が上の人に対して、無礼で申し訳なく思って頭が上がらない様子を表します。 『そんなことをするなんて申し訳ないです』『非常に失礼だと思います』といった気持ちが込めれています。 目上の人から受けた厚意が我が身にはもったいなく、有り難い 「恐れ多い」の意味は 「自分に身にはとてもありがたく、もったいないこと」です。 感謝・お礼の意味になります。 立場が上の人の好意が、自分にとってはもったいなく思って心が痛む様子を表します。 『自分にはもったいないです』『本当にありがたくて申し訳ないです』といった気持ちが込めれています。 「恐れ多い」は敬語?正しい使い方 謙譲語と一緒に使う 基本的に 「恐れ多い」は、目上の人に対して使います。 目下の人や同等には使いません。 同等や目下の人に、冗談で『いや〜本当に恐れ多いね〜』『恐れ多くて困るよ』など言うことはあります。 「恐れ多い」自体は敬語ではないが、自分自身をへりくだる謙譲の意味合いを含む言葉です。 「恐れ多い」は 謙譲語と一緒に使うと相性がよいです。 クッション言葉としても使う 「相手に対して失礼で申し訳ないが」という意味での「恐れ多い」は、クッション言葉として使うことも多いです。 目上の人に何かをお願いしたり、意見を言いたい場合に用います。 「恐れ多いことではございますが〜」「恐れ多くて申し訳ありませんが〜」などと言います。 「恐れ多い」の例文 例文 「礼を欠いていて申し訳ない」という意味の例文 ・恐れ多いことですが、一言だけよろしいでしょうか。 ・恐れ多いことでございますが、いただきたいと思います。 ・恐れ多いことでございますが、書状でのご案内といたします。 ・恐れ多いことでございますが、ご連絡のほどよろしくお願いいたします。 ・恐れ多くも社長からお褒めの言葉を賜りました。 ・お祝いの品をいただけるとは、恐れ多いことだと存じます。 ・わざわざご足労いただけるなんて、恐れ多いことでございます。 ・いえいえそんなことはありません。 身に余る恐れ多い言葉でございます。 「恐れ多い」に対する返し方 「恐れ多いです」「恐れ多いことでございますが〜」などと言われた場合、何て返せば良いでしょう? 誰かを褒めた場合に、「お褒めの言葉をいただけるとは、恐れ多いです」などと言われたら、 ・どういたしまして ・とんでもないです などと返すのが良いでしょう。 「どういたしまして」は相手から感謝の意を示されたときに、「気を使う必要はない」とこちらの意思を伝える言葉です。 「(こちらが)何をしたという訳ではない(ので、気にしないで)」というニュアンスなので、「恐れ多い」の返しとしても使うことができます。 「恐れ多いことですが、一言だけよろしいでしょうか」と依頼された場合は、 ・大丈夫です ・引き受けます ・喜んで などと返すのが良いでしょう。 基本的に「恐れ多い」は目下から目下の人に向かって使うので、軽い返しで十分です。 「恐れ多い」の同義語は「恐縮」 「恐縮」の意味は 「身が縮むほどかしこまること。 相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」です。 相手からの厚意などを自分には勿体無いと思い、申し訳なく感じ恐れ入ることを表します。 「恐縮」は様々な場面で使うことができます。 お礼・依頼・了承を求める・褒められた時の返事として使えます。 例えば、「この度はご丁寧なお中元の品を賜り、大変恐縮です」とお礼をすることで、「相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めることができます。 依頼をするときは、「恐縮ですが.... 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表せます。 相手への配慮も示すことができます。 また、目上の人から褒められた場合に「お褒めいただいて、嬉しいです」「褒めていただきありがとうございます」などととストレートに言うよりも、「お褒めいただき、恐縮です」と言った方がかしこまった印象となります。 例文 ・貴重なお時間をお電話をいただき、恐縮です。 本当にありがとうございます。 ・再三のお願いで恐縮ですが、期限が近づいていますのでお返事いただけませんか。 ・ご面倒をおかけして大変恐縮ですが、来月の会議は都合上出席できません。 ・この度は身に余るほどの高いご評価を賜り、恐縮いたします。 「恐れ多い」の類語 「礼を欠いていて申し訳ない」という意味の類語 恐れ入りますが (意味:自分の不完全さや相手への迷惑を考えて申し訳なく思うこと) 「お忙しいところ恐れ入りますが、確認していただけますか」 申し訳ありませんが (意味:相手にすまなく思っていて、どうしようもない) 「誠に申し訳ありませんが、お電話いただけますでしょうか」 お手数ですが (意味:相手に手間をかけてしまい、申し訳ないこと) 「お手数ですが、ご連絡のほどお願い申し上げます」 あいにくですが (意味:期待や目的に外れていて、申し訳ないさま) 「あいにくですが、その日は予定がございます」 差し支えなければ (意味:都合が悪ければ断っても良いですが) 「差し支えなければ、ご一緒にお食事はいかがですか」 「もったいないほどありがたい」という意味の類語 ありがたい (意味:相手に感謝の気持ちでいっぱいであること) 「ありがたくいただきたいと思います」 もったいない (意味:分不相応でかたじけないこと) 「ありがとうございます。 もったいないお言葉です」 かたじけない (意味:とてもありがたいこと) 「お気遣い、かたじけなく思います」 身に余る (意味:自分の身にあっていないこと) 「身に余るお言葉いただき、ありがたく思います」 恥ずかしい (意味:自分の至らなさにバツが悪くなること) 「成績がとても悪くて恥ずかしい」 申し訳ない (意味:相手に合わせる顔がなくて、すまないこと) 「申し訳ない気持ちでいっぱいだ」 汗顔の至り (意味:ものすごく恥ずかしく思うこと) 「今回の件に関しては汗顔の至りでございます」 赤面の至り (意味:あまりにも恥ずかしいこと) 「この度のミスについては赤面の至りです」 やんごとない (意味:ものすごく貴重であること) 「やんごとないお言葉をいただいて、嬉しい限りです」 光栄です (意味:行動を褒められて名誉に思うこと) 「お目にかかれて光栄です」 「恐れ多い」の対義語 「恐れ多い」の対義語は特にありません。 「恐れ多い」と「おこがましい」の違い 「おこがましい」の意味は、 1. ものすごくばかげていて、みっともない。 あざけりの対象になりそうだ 2. 分不相応である。 さしでがましい。 図太い です。 「おこがましい」には2つ意味がありますが、主に1つめの「生意気である」という意味で使います。 身の程をわきまえていない様子を表します。 「恐れ多い」は「目上の人に対して礼を失していて、大変申し訳ないこと」 「おこがましい」は「自分の立場では分不相応なさま。 自分の身では出過ぎているさま」 どちらも、「おこがましいのが重々承知ですが〜」「恐れ多いことでございますが〜」などと依頼する場合に使います。 ただ、「恐れ多い」は謙譲の意味合いを含む言葉ですが、「おこがましい」には謙譲の意は含まれません。 「恐れ多い」は基本的に謙遜の意味として使いますが、「おこがましい」は謙遜する以外にも使うことがあります。 「恐れ多い」の方が丁寧な言い方であることが分かります。 例文 ・おこがましいことを承知で申し上げますが、先ほどの案件について私の考えを話してもいいでしょうか。 ・おこがましいのは重々承知ですが、先ほどのお話に若干の違和感を覚えました。

次の

身に余るお言葉の意味は?身に余る光栄などの類語や英語・使い方も

身に余るお言葉ありがとうございます

身に余るお祝いをいただきまして、誠に恐縮です。 お心のこもったお祝いをいただき、身に余る光栄です。 身に余るお話でしたが、今回は辞退させていただきます。 身に余る大役、私ではこなせそうにありません。 身に余るお話ですが、ご辞退させてください。 お褒めのお言葉を頂戴し、身に余る光栄です。 ありがたいお言葉を頂き、喜びに堪えません。 皆様から身に余るお祝いのお言葉をいただき、心より御礼申し上げます。 身にあまる温かいご祝辞や励ましのお言葉、本当にありがとうございます。 このたびは身に余るお引き立てをいただき、心から感謝申し上げます。 身に余るお褒めのお言葉を頂戴し、恐縮でございます。 身に余るお褒めのお言葉を頂戴し、大変光栄に存じます。 身に余るお 褒めのお言葉、本当にありがとうございます。 皆様からたくさんの身にあまるご祝辞をいただき、心より御礼申し上げます。 身に余る感謝のお言葉、ありがとうございます……。 身に余る多くのご支援を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。 身に余るねぎらいのお言葉、ありがとうございます……。 身に余る程のお言葉、ありがとうございます。 身に余るお褒めの言葉、 もったいなく思います。 身に余る程の有難いお言葉を頂き、心より御礼申し上げます。 身にあまる重責ではございますが、 誠心誠意全力で取り組んでまいります。 この度は身に余るお力添えをいただき、感謝いたします。 日頃は身に余るご厚情を賜り、心から感謝申し上げます。 いつも身に余るご愛顧に預かり、厚くお礼申し上げます。 先般は、身に余る お心遣いを頂き、誠に有難うございます。 お心遣いを頂きまして、ご丁寧にありがとうございます。 この度の身に余るご高配に、感謝致しております。 身に余る幸せです。 身に余るご親切、感謝いたします。 身に余る評価をいただき光栄に存じます。 身に余る素敵な贈り物、ありがとうございます……。 身に余る出来事に感激しています。 この度は身に余る立派な賞を頂き、喜びを感じるとともに、身の引き締まる思いです。 「身に余るお言葉」• 身に余るお言葉でございます。 身に余るお言葉をいただき恐縮です。 身に余るお言葉を頂戴し、大変ありがたく存じております。 全くもって身に余るお言葉に、恐縮していまいます。 身に余るお言葉を頂戴し、もったいない気持ちです。 身に余るお言葉に感激しております。 身に余るお言葉に感謝いたします。 身に余るお言葉を頂き、身の引き締まる思いです。 身に余るお言葉を頂き、感謝の念に耐えません。 身に余るお言葉を頂戴いし、大変ありがとうございます。 身に余るお言葉を賜わり、誠にありがとうございます。 身に余るお言葉をいただき、重ねてお礼申し上げます。 身に余るお言葉に、私も感無量です。 身にあまるお言葉、大変うれしく思っております。 身に余るお言葉とは思いつつも、とても嬉しく励まされました。 身に余るお言葉をいただき、感激でいっぱいです。 身に余るお言葉と評価を頂き、重ねて御礼申し上げます。 身に余るお言葉 、決して忘れません。 身に余るお言葉ですが、今回は辞退させていただきます。

次の