法事 相場。 法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

法事・法要・葬儀、お布施の金額相場ってどのくらい?渡し方は?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

法事 相場

お布施とは お布施とは、従来「見返りを求めずに施されるもの」という意味ですが、現在では「読経して頂いた謝礼としてお坊さんに金銭をお渡しすること」を指すようになっています。 ご親族が亡くなられた後に行う葬儀のほか、初七日・四十九日・命日などの法事のたびにお布施をお渡しします。 法事は故人を供養する仏教ならではの行事ですが、神道やキリスト教でも命日にあたる日にゆかりの人々が集って祈りをささげる場合があり、神官や牧師・神父へ儀式に協力いただいた場合は、お布施に該当するお礼の金銭をお渡しします。 お布施の相場 法事でお渡しするお布施の相場は「お気持ち」という言葉で表現されてわかりにくい上、寺院の格がどのぐらい高いか、同じ寺院であってもどれぐらい関係が深いか、世帯収入がいくらか、などの条件で変わってきますので、できれば同じ寺院にお世話になっているご親族に相談されることをおすすめします。 なお、法事の一般的なお布施の金額の目安は次のとおりです。 ・祥月命日のお布施:5千円から1万円程度 ・初盆のお布施:3万円から5万円程度 ・2回目以降のお盆のお布施:5千円から1万円程度 ・その他:3万円から5万円程度 夫の7回忌と妻の3回忌を一緒に行うなど複数の法事を一度に行う場合は、合計の金額が目安となります。 また葬儀より後に法事のタイミングで戒名を授与してもらう場合は、戒名代として3万円前後多く包みます。 御車代と御膳料の相場 法事の際は、お布施のほかに御車代や御膳料を用意する場合が多くあります。 御車代は、お寺の本堂ではなく式場や自宅、お寺以外の墓地にお呼びした場合にお渡しします。 御車代の相場は5千円から1万円前後です。 法事のあとには通常お斎(お食事)をお出ししますが、ご住職がお斎に同席されない場合は「御膳料」を別途お渡しします。 御膳料の相場も5千円から1万円前後とされます。 地方にもよりますが、ご住職はお斎には同席されないことのほうが多いので、御膳料は事前に用意しておくことをおすすめします。 御車代と御膳料をそれぞれ別に1万円を用意する場合、両方を合わせて1万円としてお渡しする場合がありますが、金額をあわせる場合も別の封筒で用意します。 法事のお布施の封筒 表書き お布施は仏教の風習ですが、異なる宗教でも法事と類似の儀式がある場合は、宗教に応じた表書きを用います。 仏教:「御布施」「御礼」 神道:「御祭祀料」「御神饌料」 キリスト教:「献金」「御礼」 表書きの下には施主の名前を書きます。 裏書き 必須ではありませんが、封筒やのし袋の裏に住所・電話番号を縦書きで記入するとより丁寧です。 縦書きなので、住所や電話番号の数字は通常の漢数字を使い、「ゼロ」は「0」、「-」は「1」とします。 金額欄が印刷されていれば「金+金額」を大字(古い漢数字)で記入しますが、本来の意味からすれば金額は記入しないのがマナーです。 大字は次のように書きます。 伍の字を五、阡の字を千、圓の字を円としても失礼にはあたりません。 また金額の終わりの「也」は、円未満のお金が流通していた時代の表記方法ですので、つけてもつけなくても構いません。 薄墨か黒墨か お渡しする寺院などに不幸があったわけではないので、どの宗教でも薄墨ではなく普通の黒墨で書きます。 ボールペンや鉛筆類はマナー違反となりますので避け、筆もしくは筆ペンを使います。 法事のお布施の渡し方.

次の

お布施の相場はいくら? 葬儀・法事ごとの相場を解説します

法事 相場

本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。 香典の他に、香料とも言われます。 (2)通夜・葬儀の香典 香典を持参する時期 ・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。 [] ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 (3)法要の香典 香典を持参する時期 ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 ・主な法要 主な法事・法要の名称と日数の数え方 法要の名前 時期 追善法要 初七日 (しょなぬか) ・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。 四十九日 (しじゆうくにち) 49日目 追悼法要 初盆・新盆 (はつぼん) ( にいぼん) (死後の日数とは関係なく)初盆の法要は、四十九日を過ぎてから初めてのお盆に行います。 四十九日よりも前にお盆が来た場合には、翌年に初盆の法要を行います。 お盆の時期は地域によって異なりますが、旧暦のお盆なら7月。 一般的には8月の13日〜16日です。 A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください[]。 (2)法要の香典袋の書き方 法事の香典 香典の書き方 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」「御香料」などです。 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。 [のし袋の選び方と水引き] ・黄白、双銀または黒白の水引き ・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。 結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨で書くのは四十九日までとされており、最近は四十九日以降の法事法要では黒い墨を用いるようです。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 浄土真宗では四十九日前でも「御仏前」を使うか、または「御香料」「御香奠」となります。 「奠」という字には供え物という意味があります。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 数名で香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 支店長、支社長、工場長などの場所長名義で香典を出す場合には一番右に会社名、中央に肩書に続いて氏名を書きます。 どうしても役職名と氏名が縦一行に書ききれない場合には、右から社名、役職名、氏名の順に書きます。 中央にグループ名が来るように、右側に書く社名の配置を考えて書きます。 人数が多い場合には、中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 なお、表書きは筆や筆ペンで書きますが、中に入れる紙はボールペンや万年筆などで書いても構いません。 職場の同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 2については地域によっては避けられることもあります。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・キリスト教の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。 プロテスタントでは、一ヶ月目、1年目の「昇天記念日」に「記念集会」など。 [表書き] 「御花料」(プロテスタント) 「御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教では忌明けという考え方がないため、墨の色に関する細かいしきたりや作法がありません。 一ケ月目の追悼ミサ以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きについては、[典]へ (2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 法要の香典 香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定・作法がありません。 薄墨も使われますが、五十日祭以降は黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 香典の中袋・中包みの書き方 筆記用具 ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。 黒インクのものを用います。 薄墨でなく黒で書きます。 中に入れる金額 ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。 少額の場合は連名で香典を出すなどして、 3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。 ・香典の金額の相場については、次のページの項5「」にて 香典の金額の書き方 香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。 「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。 なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。 (例:金30,000円也) 数字 香典に書く時の漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 7 七(ごくまれに漆) 8 八 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くことも 中袋の書き方 ・香典の中袋の書き方です。 下記のサンプル画像をご覧ください。 金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。 ・香典の金額の相場については、次のページの別項「」にて.

次の

法事の返礼品:相場、「のし」、挨拶状の書き方

法事 相場

一周忌法要のお布施の金額 相場 法事・法要の御布施は通夜〜葬儀告別式の御布施とは違い、戒名料が含まれません。 そのためそれほど高額になることはありません。 お布施の金額(料金・値段)については、お寺に予約する際に確認しておくと安心です。 一周忌の法要では戒名料が不要なため、中心となる金額は3万円程度です(お車代、お食事代は別途)。 事務局で調べたところ、一周忌法要のお布施の金額は北海道、東北、中国、四国、九州では基本的に3万円(金額の幅は1万円〜5万円。 ただしお車代、お食事代は別途)。 名古屋を中心とした東海、関東、関西では基本的に3万円〜5万円(金額の幅としては3万円〜10万円まで。 ただしお車代、お食事代は別途)。 お布施の金額を予約時にお寺に確認しておくと安心です。 (予約時に金額を尋ねることはマナー違反ではありません) ・お車代の金額 相場は? お車代は、5千円〜1万円くらい。 (自宅での法要など、お寺以外の場所で一周忌法要を行う場合に渡します。 ) ・御膳料の金額 相場は?[御膳料とは食事代のことです。 読み方=おぜんりょう] 御膳料は、5千円〜2万円くらい (会場の格・ランク・クラスによって異なります) (法要のあと会食を設け、その席の出席を僧侶が辞退した場合に渡します。 現金の御膳料を渡す代わりに、会食の席を設けずにお弁当やお酒をお渡しすることもあります。 このケースではお弁当とお酒は僧侶も含めた全員にお持ち帰りいただきます) ・納骨について 一周忌までの間に納骨を済ませていなかった場合、納骨式もこの日に合わせて行うことがあります。 別途謝礼を包む必要があり、金額は3万円〜10万円です (一周忌法要に合わせて同日に納骨式を行う場合の謝礼の 最も一般的な価格帯は3万円程度です)表書きは法要の謝礼と同じく御布施とするか、一周忌の御布施と区別するために「御納骨式御礼」と書くと良いでしょう。

次の