お祭り男 復活。 イッテQやらせを克服し宮川大輔お祭り男復活

イッテQの祭り・宮川大輔・男復活が話題

お祭り男 復活

4月中旬の昼過ぎ、派手なプリントのスウェットとチェックのパンツに身を包み、白フレームのサングラスに黒いマスクで顔を隠す厳戒態勢な姿を見せたのは宮川大輔(47)。 隣には妻と今年で10歳になる息子の姿も。 『世界の果てまでイッテQ! 』(日本テレビ系)、『炎の体育会TV』(TBS系)など人気番組のレギュラーを抱える宮川。 マスク不足に苦しむ人から「本当に助かります!」「今度作ります」と好評を博していた。 しかし、宮川もコロナ禍で不安な日々を過ごしているようだ。 』の人気企画『お祭り男』が3月に復活しました。 宮川さんのこの企画にかける思いは誰よりも強く、復活一発目の放送では感極まって涙ぐむ姿も見せていました。 しかし復活早々に、コロナ禍で海外ロケをすべて中止せざるを得ない状況になってしまいました。 さらに『イッテQ! 』はほぼ海外ロケがベースとなる番組だけに、長期間にわたってコロナが収束しなければ番組の存続も危ういでしょう。 先の見えない状況に宮川さんも不安を抱いているそうです」(日本テレビ関係者) そんな宮川を癒やしたのが家族だった。 3人はこってりとした味がウリのラーメン屋へと入っていく。 息子に「お腹いっぱい食べろよ!」と優しく気遣う姿も見せ、3人でのランチを終始楽しんでいた。 食事を終えると、再び仲睦まじい様子で宮川は帰路についた。

次の

宮川大輔 “お祭り男”継続危機も不安癒やす家族とのランチ

お祭り男 復活

そもそも何があったのか? 事の発端は 2018年11月の週刊文春の記事。 「 橋祭り(ラオス)」や「 カリフラワー祭り(タイ)」で 実際には存在しない祭を実在するかのように放送した「ヤラセ疑惑」が報じられたのです。 超人気番組の目玉企画だったため大騒動に発展し、当時の日本テレビ社長が謝罪。 祭り企画も 放送休止という処置がなされました。 この騒動はBPOでも審議入りし、「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」との意見書も発表されています。 テレビ業界では 日曜日のゴールデンタイムは1番良い枠です。 ファミリー視聴者も多く、ここにCMを打ちたがるスポンサーも多いでしょう。 しかもその時間帯でトップをひた走っていたのが 「イッテQ」というお化け番組なのです。 (今でこそ「ポツンと一軒家」がトップを奪いましたが) そんなお化け番組に突如巻き起こったヤラセ騒動に、テレビ業界は震撼。 当時は私は「イッテQが終わるかもしれない」という驚きはもちろん、 「芋づる式に他の番組でもヤラセが発覚するんじゃないか」という恐怖も感じていました。 芸能人の薬物問題や不倫問題でもよくありませんか? 大物のスクープや逮捕をきっかけに、世間がそれを許さないムード一色になり、世間の興味関心が高まったタイミングで他の人物の報道が出て、さらに叩いて・・・ つまり 「イッテQがやらせしてるんだから、やっぱりテレビ業界はダメ!攻撃しよう!」というムードになるのが怖かったのです。 実際その後、TBSの「 クレイジージャーニー」「 消えた天才」でもヤラセが発覚。 この2番組は打ち切りに追い込まれました。 番組冒頭、楽屋で「祭り企画の復活」を宮川大輔さんがスタッフに告げられるシーンからスタート。 涙をこらえて「 めちゃくちゃ嬉しい」と喜ぶ大輔さん。 観ていてこちらも目頭が熱くなりました。 私たちテレビマンにとって、企画は我が子です。 本当に色々な苦しみ・葛藤・しがらみを乗り越え、ようやくこの世に誕生してくれたものです。 だから 我が子(企画)に対しては、様々な心配をしてしまいます。 なかでも1番の心配は「 我が子はみんなに愛される存在になれるかな」ということ。 そういう意味では、 宮川大輔という一流芸人にここまで愛され、渇望されていたお祭り企画は、本当に親孝行だと思います。 大輔さんに関しては「育ての親」なのかもしれませんが。 どなたか存じ上げませんが、この企画を生み、育てた番組スタッフには敬意を表したいです。 そしてスタジオに入っても、泣きそうになって タイトルコールもままならない大輔さん。 「あんな企画打ち切りしろ!」と騒いでいた人たちは、この姿を観てどう思っているのでしょうか。 復帰一発目の祭りは「 フルーツケーキ祭り inアメリカ」。 それを聞いた大輔さんは「復帰一発目でキラキラ?」と大食い企画と予想。 しかし実際は「フルーツケーキ(もちろん食べ物)を投げる祭り」という、ある意味ギリギリの企画。 大輔さんも「 これ大丈夫かな?」「 また怒られるんちゃう?」と心配します。 実はフルーツケーキ祭り、 地元で24年も続くイベント。 アメリカではクリスマスのお祝いとしてフルーツケーキを送り合う習慣があるそう。 しかし、大量に余ったケーキは食べきれず、賞味期限が切れてしまいます。 ただ捨てるだけではもったいないと、ケーキを投げるイベントで町おこしをしようとしたのが始まりなんだそう。 一見怪しいけど由緒ある この祭りのチョイスはさすがだなと思いました。 復帰一発目になると、どうしても派手なネタをチョイスしがちです。 しかし怪しい部分がある祭りですから、大輔さんが色々心配している立ち位置で発言できますし、何より派手なネタで派手な宣伝をすると「反省していない」と怒る層もいるでしょうしね。 お祭り男の定番ネタがいちいち心を揺さぶってきます。 そして肝心の祭りの結果ですが、「距離」「スピード」「コントロール」「バランス」の4部門ある中、 なんと大輔さんは「スピード」部門で優勝! 当日、「スピードガンの調子が悪くそもそも計測できない人もいた」というオチもつきますが、復帰一発目で見事優勝を飾りました。 こうして祭りは終了。 このエンディングでも涙ぐむ大輔さん。 プレッシャーがあった事も明かしながら、「 めっちゃ楽しかった。 これからもお祭り男頑張っていきますので皆さん応援のほどよろしくお願いします」と頭を下げていました。 その表情、その声、その姿から、祭り企画の復活を心から喜び、楽しみ、一生懸命ロケをやり切った 大輔さんの人間味を強烈に感じました。 きっと私だけではないはずです。 「テレビ局は信用できないけど、この宮川大輔という芸人は信用できる」と多くの視聴者が感じたのではないでしょうか? これは普通の会社に置き換えた方が分かりやすいのですが、会社でも色んな人がいるじゃないですか。 その人たちが何か不祥事やトラブルを起こした時、 人が離れていくか残って応援してくれるかは日頃の態度によるんですよね。 普段から威張り散らしてるウザい上司なら「ざまあみろ」ですし、信用できる上司なら1度の過ちくらい応援してあげようと思いません? 大輔さんがこれまでのお祭り企画で見せてきた「 人間くさい魅力」が 応援してくれる視聴者を引き留めていたんです。 もしかしたら大輔さんで無ければ、コーナー自体が終わっていたかもしれませんね。 これだけ人間力のあるタレントはなかなかいないと思います。 次の中岡さんのVTRはまったく印象に残っていないくらい、見事な復活でした。 しゃべりも面白くて人間力もあるなんて、最強の芸人さんです。 視聴率には影響した? 気になる視聴率ですが、「 15.4%(関東地区・平均)」でした。 この日の裏番組の平均視聴率を見ると、• 『ポツンと一軒家』(テレビ朝日) 20.4%• 大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK) 13.7%• 『坂上&指原のつぶれない店』(TBS)10.4%• 『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ) 7.1%• 『池上彰の緊急生放送』(テレビ東京) 5.9% という事で 『イッテQ』は同時間帯2位の結果でした。 「ポツンと一軒家」は 20%超えてるんですね・・・凄すぎる。 コロナウイルスの影響で在宅率が高く、テレビ視聴数が増加しているのでしょうか。 なんとなく各局高めのイメージです。 ただ、コロナに関しては散々ニュースで報じられていますし、この時間はバラエティで一息つきたいのかもしれません。 「コロナ」を特集していた池上彰の緊急生放送が最下位に沈んでいます。 バラエティ好きのTとしては、 「R-1ぐらんぷり」が7%台なのが信じられません。 視聴習慣が盤石な日曜日を避けての放送の方がよいかもしれませんね。 (R-1ぐらんぷりの記事はこちらから。 確かに過去に犯したヤラセはダメなことです。 T自身、テレビ業界に身を置くものとして「 絶対にヤラセはしない」と心に決めて仕事をしています。 しかし、1年4か月の休止期間を経て企画が復活した今。 これまで以上に楽しいお祭り男が観られることを、いちテレビファンとして応援したいと思います。 以上、名もなきテレビマンの独り言でした。 ではでは.

次の

イッテQ「祭り企画」が復活! 宮川大輔がケーキ投げた

お祭り男 復活

イッテQのお祭り男が復活する噂があったが、2020年2月23日(日)のイッテQ で再開初日放送日も含めて正式に発表された。 あの大人気企画が中止になって約1年4か月、ついにお祭り男宮川大輔が復活するようだ。 中止になったのは「やらせ」が発覚したため。 「やらせ」と言っても、すべての企画ではないので、中止の際にも世間の反応は賛否両論あったとは思うが、今回のお祭り男の復活に対する世間の反応はいかがなものだろうか? 再開にあたって、今回は当然「やらせ」のようなことはないはずなので、本当のお祭り企画が待っているはず。 気になる再開初日放送日と撮影場所ロケ地はどこか?撮影場所、お祭りの場所はどこなのか? ロケ地は正式発表はされていませんが、情報をキャッチしています。 宮川大輔が「アカン、泣きそう」というほど、当人も思い入れのある大人気企画だけに、期待が高まります。 イッテQのお祭り男復活に対する世間の反応は? 大人気企画だったイッテQのお祭り男だったが「やらせ」報道のため中止することとなったのが今から約1年4か月前。 今回復活に対する世間の反応はいかがなものか、ツイッターでの反応を見ていきましょう。 もう同じ過ちは繰り返さないで。 ずっと待ってた大好きな企画。 うれしい。 宮川さんは何も悪くないのに。 ほんとに。 この企画がまた見れるのは嬉しい。 楽しみにしている意見を集めたわけではないですよ。 ツイッターを見る限り、か~~~なり皆さんに期待されています。 予想以上です。 という筆者の私も、お祭り男大好きです。 否定的な意見も探そうと思いましたが、かろうじて以下のような意見がありました。 2月23日放送の予告では場所は発表にはなっておりませんでしたが、宮川大輔さんが現地にいる映像は放映されています。 この場所はどこなのか? 気になった人も多いのではないでしょうか? お祭り男復活!再開初日撮影場所はアメリカコロラド州 再開初日撮影場所はアメリカのコロラド州のマニトウ・スプリンスという人口5000人の田舎町です! 実は現地メディアのFOXテレビで「地元の祭りに日本のコメディアンが参加」という内容で普通にテレビで報道されておりますので、間違いないでしょう。 今回は「やらせ」なしです。 フルーツケーキを投げて飛ばし、距離を競ったり、ケーキを落とさないように運んだりするなど、合計4種目で競う祭りのようですよ。 今回は500人程度の出場者がいたようです。 宮川大輔さんのライバルもなかなか多いということですね。 まとめ イッテQのお祭り男復活に対する世間の反応と再開初日放送日と撮影場所ロケ地はどこかについて、いかがでしたでしょうか。 イッテQのお祭り男復活に対する世間の反応については、本当に予想以上に肯定的で非常に楽しみにしている方々が多いことがハッキリとわかりました。 イッテQ のお祭り男の企画の再開初日放送日は3月8日ですので、かなり視聴率も上がるのではないでしょうか。 また、正式発表はされていないものの、撮影場所、ロケ地についてはアメリカのコロラド州、マニトウ・スプリンスという人口5000人の田舎町です。 参加するお祭りは、フルーツケーキ飛ばし祭り(現地正式名称は『グレート・フルーツケーキ・トス』)。 お祭り男・宮川大輔は復活第一弾でどこまで上位に食い込めるのか? はたまた、惨敗か? いずれにしても、期待値マックスで楽しみにしたいですね。

次の