車 スマホ ホルダー 違反。 スマホをフロントガラスに固定するのは違法なのでしょうか?

スマホ「ながら運転」の罰則強化。2019年12月1日から違反点数や反則金が約3倍に?

車 スマホ ホルダー 違反

2019年12月から罰則強化されたスマホのながら運転。 基本的には車のこと、だと思われていますが、実はバイクでもながら運転で検挙される事があるんです! 今回はMotoBeが 警察官に聞いた検挙されるポイントと注意点を解説していきます! これまでもスマホのながら運転は立派な交通違反で、毎年それなりの件数が検挙されていましたが、罰則強化により更に重罪となりました。 反則金は扱いが変わり、 刑事罰が適用されます。 以上のように とんでもなく重罪になったわけですが、正直車の話でバイク関係ないでしょ、と思う方もいると思います。 しかし、 バイクでも場合によっては同じように検挙されるケースがあるんです。 どういう場合なのか、 警察官に聞いてみました。 操作、注視でアウト バイクでは運転中にスマホを操作、注視でアウトとなります。 車ほど検挙されるケースが少ない気がしますが、最近のライダーだったら大体はハンドル周りに取り付けている スマホホルダーが危ない存在になってしまうんです。 スマホホルダーにマウントした状態で バイク運転中に操作するともちろん違反になります。 スマホではなく バイクナビも同じく、運転中の操作は違反。 スマホホルダーもバイクナビも取り付けること自体はもちろん違反ではありません。 ですが操作していたらどう考えたって危ないのでこれは大体のライダーが納得でしょう。 問題は注視なんです。 注視とはどこまでの事? 注視とはざっくり言うと じーっと見ている、もしくは 運転よりもスマホやナビを集中して見ているような時。 スマホナビを使っていて「あれ?次曲がるとこどこだろう?」とバイクが少しでも動きながらしばらくナビを見ていたら注視となり、違反切符を切られる可能性があります。 この 注視に細かい秒数や線引きは無く、現場の警察官が「注視していた」と判断した場合違反となってしまうんです。 警察官の話では「 顔(ヘルメット)ごとスマホの方を向いてしまっている」状態が 検挙される可能性が高いとのことでした。 ヘルメットをかぶっていると傍から見るとどっちを向いているかは案外わかってしまうもの。 警察官ならなおさらです。 注視の判断は現場の警察官次第のため、絶対に検挙されたくないのであれば スマホホルダーにさえマウントせずポケットに入れておくのが一番安全でしょう。 しかし、そんなんじゃ道を知ってるとこしか走れないじゃん!という意見もあります。 実際僕も高校生の時にバイクに乗り始めてからずっとスマホナビを愛用してきました。 スマホナビ無しではスマホ操作、注視による交通の危険は防げますが、 今のライダーからすると別の危険が生じることもあります。 しかし、こうなってしまったからには仕方がないので、 バイクでスマホナビを使う場合はマウントしても運転中の操作、注視はせず、完全に停車してから見ることをオススメします。 完全に停車している場合はながら運転にはならないので違反になりません。 バイクのイヤホンと同じく、現場の警察官判断というのはいまいちフワッとした回答ですよね。 しかし変わってしまったものに対応していかなければバイクに乗れなくなってしまうので、十分に意識しながらバイクを楽しみましょう! (ライター:佐藤 快/) 【関連記事】 by カテゴリー : , タグ : ,.

次の

スマホの画面、固定器具を使えば交通違反にならない?

車 スマホ ホルダー 違反

グーネット編集チーム 運転中に急に電話がかかってきたときなどには、運転中であってもスマホ(携帯電話)を使いたくなった経験がある方も多いのではないでしょうか。 しかし、運転中のスマホ(携帯電話)使用は、周りへの注意が散漫になってしまい、事故につながる危険性があるので、道路交通法でも第71条で禁止されています。 また、2019年12月1日から、ながらスマホが厳罰化され、より一層厳しい取り締まりや罰則が科せられています。 罰則の強化により、たとえ事故を起こさなくとも運転中にスマホを使用しているだけで刑罰が科されてしまう可能性もあります。 そこで今回は運転中にスマホ(携帯電話)を使用することの危険性や、違反時の罰金 反則金 ・点数に関して説明していきます。 ながらスマホが運転操作に与える大きな影響 では、ながらスマホが非常に危険なのはなぜでしょうか。 その理由は、スマホ(携帯電話)画面ばかりを見ていることで、意識がスマホ(携帯電話)に集中してしまい、周りへの注意が疎かになるためです。 車が近づいていることや赤信号になっていることなど、周囲の変化に気づかないことが多く、結果的に他の車や人にぶつけてしまったりすることで事故が発生してしまいます。 警察庁が発表しているデータによると、「ドライバーが2秒間スマホやカーナビの画面を見ると危険」ということがわかっています。 例えば、時速60kmで走行している自動車が2秒間に進む距離は33. 3メートルです。 この間に歩行者や自動車が前を横断したり、前の車が渋滞などにより停車や減速をしたりするなどの周辺の交通状況に変化があっても、スマホの画面に意識が集中しているドライバーは、適切な対応が遅れることがあります。 その結果として、交通事故を起こしてしまう危険性があるのです。 運転中にスマホ(携帯電話)を使用し、事故や危険運転を起こした場合の罰則 ながらスマホによる事故や危機運転を起こした場合の罰則は、令和元年12月に以下のように厳罰化されました。 改正後と改正前の罰則規定を合わせてチェックしてみましょう。 (改正前の罰則規定) 罰則:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金 反則金:9,000円(普通車の場合) 点数:2点 (改正後の罰則規定) 罰則:1年以下の懲役または30万円以下の罰金 反則金:なし(非反則行為となり罰則が適用) 点数:6点(前歴がなくとも単独で30日間の免許停止処分の対象になる) 改正前の罰則と比較すると、違反点数は3倍に、刑罰も厳しくなったことがわかります。 運転中にスマホ(携帯電話)を使用したことに対する罰則 事故を起こさなくとも、運転中に携帯電話を使用(スマホを持って通話したり、画面を注視したりするなど)しただけで罰則が科されます。 保持に関する罰則も令和元年に厳格化されています。 (改正前の罰則規定) 罰則:5万円以下の罰金 反則金:6,000円(普通車の場合) 点数:1点 (改正後の罰則規定) 罰則:6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金 反則金:18,000円(普通車の場合) 点数:3点 事故や危険運転を起こした場合と同様、運転中のスマホ使用に関しても厳罰化されています。 特に、運転中にスマホを保持するだけで刑罰が科される(前科がつく)可能性がある、というところが非常に厳しいポイントとなっています。 運転中のスマホの利用で違反にならないときがあるのか? 道路交通法第71条には、「通話のための使用」「画像を注視する行為」が違反の対象だと記載されています。 例をあげるとするなら、電話はもちろんのこと、メールやインターネット閲覧、メッセージのやり取り、アプリの使用はすべて当てはまります。 逆に、運転中に違反にならない行為としては、赤信号や渋滞で車を動かしていないときは違反になりませんし、車のエンジンをつけたままでも、脇に停めて休憩しているときにも違反にはならないと言えます。 ただし、車載ホルダーなどを使って保持しない形でのスマホの利用 通話以外 に関しては、問題ありません。 具体的には、運転のナビ用のアプリを立ち上げる等は現行法では問題ないですが、画面の注視をしすぎて危険な運転はNGです。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

スマホの画面、固定器具を使えば交通違反にならない?

車 スマホ ホルダー 違反

スポンサーリンク 近年、スマホを使用しながらの自転車運転による交通事故が増えています。 何をするにもスマホを片手に。。。 人によっては強い中毒性のあるモノですね。 便利である反面、危険なツールと化してしまうことがあります。 2015年の6月1日には道路交通法が改正され、自転車での交通違反の取り締まりが明確化され厳しいものとなりました。 もちろん、携帯電話やスマホなどの通信機器を使用しながらの運転はルール違反であるとともに危険行為です。 しかしながら、自転車に乗りながら一部の操作を必要とする方もいらっしゃいます。 その際にとても便利なグッズとして多くの方に利用されているのが、スマホホルダーです。 この記事では自転車に乗りながらスマホホルダーを利用し、スマホを使用することは法律的に大丈夫なのか?道路交通法をベースに分かりやすく解説したいと思います。 私が 独自に警察に問い合わせなどをして確認した自転車のルールに関わる現状を紹介する記事となりますのでご了承ください。 道路交通法と各都道府県の交通規則について 交通規則は道路交通法をベースとして各都道府県ごとに条例があります。 これらは各都道府県によって若干の違いがあるものの、ほとんどがこの様なルールになっています。 詳しくは各都道府県の道路交通規則を確認してください。 また、都道府県の条例に反していなくても違法行為によっては道路交通法に引っかかってしまう可能性もあります。 スマホホルダーを使用していれば手で保持することにはなりませんので、問題はない事になります。 また、画面を注視しない事とありますが、 注視とは「じっと見つめること」を言いますので、スマホの画面に集中せず、必要な情報を確認する程度であればルール違反とならないのです。 スマホホルダーを使用していてもメールの長文を読んだり、メールを打つということは禁止となりますので気をつけましょう。 この注視するということの線引きは厳密に決めることは出来ませんので、「危険である」と判断された場合には警察官の注意を受ける事となる可能性はあります。 ・手に保持して使用しない。 ・スマホホルダーを使用した場合でも画面の注視は禁止。 スマホ使用は手に保持せずに危険のない範囲で情報の確認に留めるようにしましょう! ハンズフリー状態での通話については? 次にスマホホルダーを使用しての 携帯電話等での通話について説明します。 Bluetooth機能でハンズフリーのマイク付きのイヤホンも売られていますね。 スマホを手に持たない状態で通話しているのであれば先ほどの東京都交通規則の第8条4項に触れることはありません。 しかし、 イヤホン使用の部分の規則でアウトになってしまう場合があります。 道路交通法が改正された当時に、自転車を乗りながら音楽を聴く際にイヤホンは片耳ならばセーフで両耳はアウトなどの情報もあり話題になりました。 イヤホンなどの規則については下記の通りです。 第8条5項 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。 ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。 引用: ここで注目するところは 「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。 」という部分です。 自転車の違法行為の罰則や罰金は? スマホホルダー の使用は法律的に問題がありませんので罰則はありません。 ただし、スマホホルダーを使用していても 走行中に携帯電話の操作をした場合は違反行為にあたります。 これに関しては東京都で別の規則があります。 第8条3項 傘を差し、物を担ぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で、大型自動二輪車、普通自動二輪車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。 引用: たとえ、スマホホルダーを使用していても 「安定を失うおそれのある方法」に該当します。 これら、スマホ使用での運転で違反すると、 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金となります。 また、悪質な自転車運転者に安全講習の受講を義務付ける 自転車運転者講習制度が平成276月1日(平成30年4月1日一部改正)が施行されました。 14項目の「危険行為」を、2回以上繰り返し摘発されると、 安全講習を受けなくてはならなくなってしまうのです。 これには手数料は、 6000円かかり、受講しないと 5万円以下の罰金が科せられると言うものです。 自転車の場合は即罰金ではなく 自転車運転者講習制度が施行されたので、こちらが対象になります。 ただし、非常に悪質な場合はこの限りではない可能性も考えられます。 詳しくはを確認してください。 様々なサイトを確認するとこの様に罰則や罰金が書かれている記事を見かけます。 実際に私も別の違反で注意されたことはありますが、優しく注意して帰してくれることの方が多いので、罰則について質問してみました。 これについて警察に確認したところ、 実際にこの様な取り決めはあるとのことですので罰則が課せられると思っていたほうが良いです。 しかし、実際に罰金を徴収しているのかと言えば、現状に関しては、それよりも市民の方が事故を起こすことなく安全に自転車を運転してもらうために厳重注意をして事故防止に努めているとの事でした。 警察官の方はとても丁寧に説明してくれました。 今後は法整備も進み、罰金や講習を受ける可能性も出てくるので、ルールを守って安全に運転してほしいとの事でした。 法律と警察官の判断など、色々ありまして白黒はっきり言えない部分はありますね。 法律がどうのとかではなく、運転者の意識が一番大事ですね。

次の