ブルースウェイン ジョーカー 兄弟。 映画『ジョーカー』フル動画を無料で視聴する方法|ネタバレ考察|アーサーがトーマス・ウェインの息子である可能性が1%はあるのではないか説|イツキのアンテナ

ネタバレ感想【ジョーカー】すごく不愉快。これはジョーカーじゃない

ブルースウェイン ジョーカー 兄弟

映画「ジョーカー」の展開に関してはどこまでが事実として解釈すべきで、どこからはアーサー ジョーカー の妄想だったのか、その区別が非常に難しいところです。 まずは映画「ジョーカー」のラストで描かれていった出来事を見返してみましょう。 アーサーはテレビ番組に出演し、アーサーを笑い物にしようとしていたテレビ番組の司会者を殺害します。 一連の映像が放送されたことで、ゴッサムシティに存在していた低所得層のデモ行動は暴力的な運動へと変化していきます。 その煽りを受けて、ブルース・ウェイン バットマン と両親は家を飛び出して街で暴徒と出会してしまい、両親は殺されてしまいます。 アーサーは警察に逮捕されて誤送されていましたが、突如現れた救急車がパトカーに追突して、警察官たちが負傷し救急車からはピエロのマスクをした2人組が現れアーサーを救出します。 アーサーも衝撃で気を失っていましたが、目を覚ますと救急車のボンネットの上に立ち、自らの血で笑顔を書き加えて群集や犯罪者たちを称えていました。 そして場面が切り替わり、病院にいるアーサーが映し出されます。 映画「ジョーカー」のラストシーン考察!血の足跡の意味や病院・妄想について解説 映画「ジョーカー」のラストシーンを考察していきましょう。 血の足跡の意味や病院のその後、妄想について解説します。 病院を逃走したその後は?:マット・リーブス版へと続く 病院から逃走したアーサーがどこに行ったのか?その後の展開については明確には示されていません。 少なくとも病院を抜け出したアーサーが今後、ジョーカーとして犯罪を企てていくと思われますが、監督のトッド・フィリップスは続編製作に対して否定的な意見を述べています。 ただし、興行収入は非常に優れているため続編が作られる可能性は残されています。 マット・リーブスの「バットマン」は1990年代を舞台にしていると言われているため、映画「ジョーカー」で描かれたバットマンが活躍した世界の続編にあたると考えられます。 映画「ダークナイト」と関連すると思っている人もいますが、明らかに年齢設定に矛盾が生じているため直接的につながった世界ではないと考えるべきです。 映画「ダークナイト」の世界とつながると仮定した場合には、映画「ジョーカー」のジョーカーは本物のジョーカーを生み出すきっかけとなったと見るべきです。 アーサーが演じたジョーカー に触発された何者かが、その後、映画「ダークナイト」の世界で活躍する人物へと変貌していったと捉えることができます。 もちろん、これらは想像の域を出ません。 病院のジョークを思いついたというセリフの意味は?:ブルース・ウェインとの関係 病院で精神分析を受けるアーサーが「ジョークを思いついた」という発言をし、精神科医がその内容を問いただすと「あなたには理解できない」と言って拒絶する場面が描かれています。 路地でブルース・ウェインが両親の死体を見下ろしている場面が挿入されています。 つまりはアーサーはこのシーンが面白い瞬間だと思い至っていると言えます。 つまり、アーサーはすでにバットマンがこの世に登場したことを理解し、その正体がブルース・ウェインであることに気付いています。 そして将来起こりうる直接対決に思いを馳せています。 直接対決に至るには、さらに15年ほどの時間が経過してブルース・ウェインが20代前半にならなければなりません。 この点に関して、すでにアーサーはジョーカーとしては歳をとりすぎているので、直接対決をするジョーカーとは別人物であるといった解釈が入らざるを得ません。 また、「ジョーク」の意味するところは、アーサーの母が記したブルース・ウェインとアーサーが異母兄弟であったという妄想へと繋がります。 社会の正義と悪の二面に兄弟はそれぞれ立つことになっていきます。 この設定が事実かどうかは不明ですが、アーサーはその後のジョーカーが異常なまでにバットマンに固執していくことを鑑みると、形は違えど家族や何がしかの結びつきを2人の間に産み出そうとしていたと言えます。 ラストの病院での使用曲は?:フランク・シナトラ ラストシーンの精神科医と話をしている場面で、2つの曲が流れます。 次の世界では受け入れられるものとなる可能性があることを示唆しています。 そして、病棟を脱したアーサーを考えると、その新しい世界は自分自身で作り上げていく、叶えていく。 あるいは、他者というものに振り回されない形での生き方を知ったというふうにも捉えられます。 二つ目の曲は「Send in the clowns」。 clowns ピエロ という言葉が使われているところも意図されているでしょうが、前後の展開を考慮すると以下の歌詞が注目すべきところと言えます。 Send in the clowns 冗談だろう? アーサーが指している「ジョーク」がブルース・ウェインへの執着だと仮定するならば、異母兄弟として考えた表裏一体な二人というシナリオを描こうとしていると言えます。 続編の可否は不明ですが、その後の展開を匂わせる選曲がなされています。 ラストシーンの病院の血の足跡の意味は?:殺人と今後の決意 病院の血の足跡の意味は、そのまま捉えるならば直前まで会話していた精神科医が殺されたことを意味しています。 ただ、単なる殺人をほのめかせるための血の足跡では味気ないと言えます。 どのようにして州立病院へとアーサーが搬送されたのかは不明ですが、ピエロたちによって一度は救出されたアーサーは自身の血で口元に笑顔を描いています。 アーサーが血を使う際には何か意図があると捉えることができます。 白い空間が死の世界を連想させるものと仮定すれば、そこに赤い足跡を刻むことで死の淵からの生還を意味すると言えます。 また、足跡は逃走を意味します。 本来アーサーが背負うべき殺人などの罪や責任を放棄し、悪の道を進んでいくということ、つまりはジョーカーが真に生まれた瞬間を意味しているとも考えられます。 ソフィーとの全てのシーンが妄想?:大半が妄想 アーサーとソフィーとの関係性のすべてが妄想というわけではありませんが、大半はアーサーによる妄想の産物です。 コメディクラブのショーに連れていったことも、そのショーにアーサーが出演して舞台を成功させたことも事実ではありません。 唯一、事実と言えるのは最初の出会いだけです。 アーサーがバットマンを生んだ?:間接的に生み出した アーサーがバットマンを生み出したのかという点は、映画「ジョーカー」においては間接的にですが事実と言えます。 アーサーが証券マン3人を殺したことで、世間に高所得者を襲うことが正義だという考えが生まれ、それに触発された人たちによってトーマス・ウェインとマーサ・ウェインは銃殺されてしまいました。 また、実際に高所得者を襲う行動の最後の引き金になったのが、テレビ番組に出演したアーサーが、番組内でマレー・フランクリンを殺した場面です。 このウェイン家をめぐる悲劇の描写はバットマンシリーズで必ず描かれてきた場面ということもあり、殺人犯の見た目は作品ごとに異なりますが、結果としてこの夜の出来事がなければブルース・ウェインがバットマンになることはなかったと言えます。 映画「ジョーカー」はすべて妄想なのか?:真実ではない 映画「ジョーカー」で描かれたすべての出来事がアーサーによる妄想だったのではないか?といった意見があります。 その根拠として、アーサーの母親だけでなくアーサー自身もソフィーとの出来事を勝手に作り上げていた例があります。 一つの捉え方としては、アーサーがソフィーに対して好意を抱いていたデートの場面のみが妄想で、それ以外はすべて事実だったという見方です。 テレビ番組に出演したアーサーは司会者を殺害し、ブルース・ウェインは暴動の最中で両親を殺されて孤児となってしまう。 しかしこの場合、ラストの病院で精神科医と話をしているときにアーサーがブルース・ウェインが亡くなった両親の死体のもとに立っているシーンに違和感が残ります。 アーサーはその場面を知るはずがないため、どのようにしてアーサーはブルース・ウェインの両親が殺されて復讐に燃えるシナリオをイメージできたのか? あるいは、テレビ番組に出演したアーサーは司会者を殺し、その後街で起こったピエロのマスクをつけた人々の暴動はすべてアーサーの妄想だとも言えます。 そしてどの時点から妄想だったのかという解釈にもさまざまなものが考えられます。 もともと病院にいたアーサーの妄想であり、一度も病院から出ておらずすべての出来事はアーサーの妄想だったとも考えられます。 映画「ジョーカー」は映画「タクシードライバー」に類似する部分があると指摘されることがあります。 その観点で考えてみると、アーサーもどこかの時点ですでに死んでおり、死の瞬間に見た理想が描かれていると言えます。 例えば、テレビ局で殺人を犯したアーサーが連行されるパトカーが救急車によって追突された場面。 一見、アーサーは生きているように見えません。 ボンネットの上に動かずに横たわっているアーサー。 そして、ブルース・ウェインが両親を殺される場面が映されます。 本来はここで物語は終了していると考えられます。 この後、アーサーは目を覚ましてボンネットの上に立ち上がり夢の中にいるかのように踊るシーンがあります。 しかし、ソフィーの場面がそうであるように、映画「ジョーカー」の中ではアーサーが夢心地である際には、そのシーンが現実ではない傾向があります。 そして、ラストシーンの病棟は真っ白な壁と床、アーサーの服も神聖なまでに白に包まれています。 これを死後の世界の暗喩だと捉えることができます。 しかし、映画製作者たちは総じて真実を口にしていないため、どのように考察をしたところで用意された設定だと断言することはできません。 ジョーカーはバットマンと兄弟なのか?:可能性は残る ブルース・ウェインとアーサー・フレックは異母兄弟なのかは不明です。 トーマス・ウェインはこれを否定し、州の記録でも否定されていました。 しかし、アーサーが亡くなった母の持ち物の一つである写真の裏面には「私はあなたの笑顔が大好き T. W」というメッセージが書かれていました。 映画「ジョーカー」が、ジョーカーを同情的に描いた作品であるということを考慮すれば、少なくともこの作品におけるトーマス・ウェインは街を牛耳っており、自分に都合の悪い出来事をねじ伏せてきた人物であり、アーサーと母はその犠牲者であると言えます。 まとめ ・映画ジョーカーのラストのネタバレ 映画「ジョーカー」の展開に関してはどこまでが事実として解釈すべきで、どこからはアーサー ジョーカー の妄想だったのか、その区別が非常に難しいところです。 ・映画「ジョーカー」のラストシーン考察!血の足跡の意味や病院・妄想について解説• 病院を逃走したその後は?:マット・リーブス版へと続く• 病院のジョークを思いついたというセリフの意味は?:ブルース・ウェインとの関係• ラストの病院での使用曲は?:フランク・シナトラ• ラストシーンの病院の血の足跡の意味は?:殺人と今後の決意• ソフィーとの全てのシーンが妄想?:大半が妄想• アーサーがバットマンを生んだ?:間接的に生み出した• 映画「ジョーカー」はすべて妄想なのか?:真実ではない• ジョーカーはバットマンと兄弟なのか?:可能性は残る カテゴリー•

次の

映画『ジョーカー』の疑問を考察!ラストシーンの意味は?(ネタバレ解説)

ブルースウェイン ジョーカー 兄弟

ジョーカーの母親とトーマス・ウェインの関係には? 悪のカリスマであるジョーカーの誕生に 一緒に暮らす病弱な母親とゴッサムシティの大富豪トーマス・ウェインとの 過去の関わりが大きな鍵になります。 母親はトーマス・ウェインの家政婦だった? 過去の関わりとして、母親ペニーはかつてトーマス・ウェイン家の家政婦として雇われていました。 その後30年の時を経て、母親ペニーはアーサーと共に貧困生活を送る 母親ペニーはトーマス・ウェインに対して生活援助のための 手紙を送り続ける日々を送っているのです。 ジョーカーはトーマス・ウェインの息子!? JOKER — Final Trailer ジョーカーのファイナルトレーラーが出ました! カレンのトーマス・ウェイン! — IFT akaya2099 母親ペニーが送り続けている手紙の内容を知ったアーサーは トーマス・ウェインと母親ペニーとの親密な関係から 自分の父親はトーマスである可能性を考え始めます。 アーサーは真実を明らかにするためウェイン邸へと向かいます。 しかし実際にトーマス・ウェイン本人に出会い母親ペニーとの関係を問いただしますが アーサーが息子であることを否定された上に殴られてしまうことになります。 アーサーは養子?誰の? トーマス・ウェインの話から、母親ペニーが家政婦であった当時 別の場所から貰われてきた養子であることや、 さらにはペニー自身も実の母親ではないことが判明し大きな衝撃を受けます。 複雑な生い立ちに見入ってしまうものですよね。 バットマンのシーン実は兄弟?! バットマンの正体について、これまでの作品から、暴徒と化した暴漢に襲われたウェイン一家の中で生き残った息子のブルース・ウェインとなっています。 しかし、生き残った後のブルースとアーサーについて劇中では接点がなく アーサーの回想においては描かれていることから 実際にはアーサーの妄想の中でだけで起こった出来事である可能性も推測されます。 アーサーがジョーカーになるわけがラストシーンで! テレビ放送でアーサーは自分の犯した罪を伝え、テレビ司会者を銃で殺害してしまいます。 その後、駆けつけた警官に逮捕され護送されますが、テレビの影響からゴッサムの貧困層は暴動を始めます。 アーサーはその象徴として祭り上げられ、その姿こそがジョーカーの誕生へと繋がっていきます。 ジョーカーの母親とトーマス・ウェインに何がアーサーは何故ジョーカーに?まとめ ジョーカーはゴッサムシティの貧困が生み出した人々の心の闇であり、周囲に認められたいと願う欲求は誰の中にも存在します。 歪んだ社会そのものの象徴こそがジョーカーなのかもしれません。

次の

ネタバレ感想【ジョーカー】すごく不愉快。これはジョーカーじゃない

ブルースウェイン ジョーカー 兄弟

概要 の『』の登場人物であり、主人公のバットマンの正体である。 なお、基本的な経歴や人物像は以下の通りだが、時期やシリーズによって微妙に異なるため、多少の食い違いがあるのはご容赦されたし(バットマンに限らずアメコミヒーロー全体に言えることではあるが)。 人物 プロフィール 頭髪:黒髪 目:碧眼 身長:188センチ(6'2") 体重:95キロ(210 lbs) 誕生日:2月19日 有数の億万長者、慈善家、最大の企業「ウェイン・コーポレーション」の筆頭株主。 幼い頃に目の前で父トーマスと母マーサをに殺害されるという悲劇に見舞われたことをきっかけにこの世の犯罪と戦うことを決意。 学問を究めて探偵術や犯罪捜査術を学ぶと共に、極限まで肉体を鍛え上げて様々な武術を修得し、を象った高性能スーツを纏っての、バットマンとなった。 バットマンとしての能力やその他の解説については『 』の記事にて。 性格 何よりも悪を憎み 正義を求める誠実な男であり、ひたすらに。 だが、その正義を追求する姿勢はあまりにも厳格であり、バットマンである時にはコソ泥やのような些細な犯罪も見逃さず、犯罪者に対しては命こそ奪わないまでも一切の容赦無く過剰とすら言える暴力的制裁を加える。 また、気難しく頑固なところもあり、自分にも他人にも厳しい性格である。 トラウマの原因は幼少期の事件による。 幼少期に洞窟で大量のコウモリに襲われた彼は、その後両親と観覧した演劇に登場したコウモリを怖がり、両親にせがんで劇場を途中退場した。 その直後に強盗に両親を目の前で射殺され、「自分があと少しだけ恐怖に耐えてさえいれば両親は死ななかった」という悔恨の念を今も抱える。 孤児としてのに育てられたため、彼への信頼と愛情は絶大である。 一方で家庭を知らないためか、他人のみならずにでさえ愛情を示すことが苦手。 しかし、仲間に対する愛情は深い。 バットマンとしての正体を隠すために、普段は敢えてで軽薄な金持ちのボンボンを演じており、その一環として社交界ではとしても名を馳せている。 しかし、バットマンとしての自分を優先してしまうため、女性とはあまり長続きせず、アルフレッドやからはたびたび皮肉を言われている。 慈善活動は派手なパーティーの口実と思われているが、ブルース自身は亡くなった両親同様に熱心な慈善家であり犯罪の遠因となる貧困などと戦っている。 不屈の精神力と級の洞察力を持つものの人間的には脆い一面もあり、特に目の前で父母を喪ったトラウマと悔恨の念はバットマンの正義の根源であると同時に、いつまでもブルースを苦しめ続けている要因でもある。 高い教養と洗練されたセンスの持ち主だが、私服から車に至るまでで統一したがる癖がある。 ウェイン・エンタープライズから金を「在庫処分費」と称してする事で、バットマンとしての活動資金を賄っている。 コトブキヤのフィギュア、IKEMENシリーズにおけるキャッチフレーズは 「ファミリーを育て、愛した男」。 ちなみに• は「バットマンを愛し、そして憎んだ男」• は「バットマンに愛を取り戻した男」• は「バットマンに愛を教えられた少年」 という 間違ってはいないが誤解を与えかねないキャッチフレーズとなっている。 交流関係 家族/バットファミリー トーマス・ウェイン 強盗ジョー・チルに殺されたブルースの父親。 ウェイン・コーポレーションの経営は他者に任せ、外科医として多くの人々を無償で治療してきた。 息子の幼馴染であるの両親がブレーキ事故に遭った際、母親を救ったが、実は両親の抹殺を目論んでいたトーマス・エリオットは計画が頓挫したことからウェイン家を憎むようになりというヴィランになる。 の長編フラッシュポイントで、「殺されたのがブルースだった」という並行世界ではトーマス自身がバットマンになっており、犯罪者への復讐からヴィランの殺害も躊躇わない冷徹なヒーローとして描かれている。 2019年に公開された『』ではゴッサムの市長候補として登場。 これまでのトーマス像とは打って変わり、傲慢で尊大な 「汚い大人」として描かれ、ジョーカー誕生の原因を作ってしまう。 マーサ・ウェイン 強盗ジョー・チルに殺されたブルースの母親、旧姓ケイン。 熱心な慈善活動家であり、アンドリュー・ヴァクスによる小説『バットマン 究極の悪』では児童売買組織の根絶を目指し活動していた様子が描かれている。 フラッシュポイントの番外編ナイト・オブ・ベンジャンスでは、息子が殺されの姿が描かれており、夫のトーマスを責め続けていた。 トーマス・ウェイン ジュニア ウェイン夫妻の息子でありブルースの兄弟。 兄なのか弟なのかは描き手によるため作品媒体によって変わる。 旧設定に置いては交通事故で頭部損傷後、精神病院に入院していたが、そこを脱走し「ブーメラン・キラー」という名の暗殺者になっていた。 善悪が逆転しているアース3に登場するバットマンに相当するオウルマンの本名はトーマス・ウェイン ジュニアとされている。 また梟の法廷では、ブルースの兄弟トーマス・ウェイン ジュニアだと名乗るリンカーン・マーチが現れている。 ヘレナ・ウェイン ゴールデン・エイジに登場するブルースの娘、ハントレスとして活躍。 「アース2」ではと共に活躍していた。 リニューアル後、ブルースの娘という設定がオミットされ、ヘレナ・ベルティネリとしてリニューアルされハントレス及び二代目として活躍。 「New52」ではブルースの娘という設定が再び描かれ幼少期はであったことが描かれている。 ブルースの息子、五代目ロビンとして現在活躍中。 現在の「」ではダミアンがチームを率いている。 またこととロイス・レーンの間に産まれた/スーパーボーイとの活躍が『』で描かれている。 バットマンの相棒、初代ロビンでありブルースの養子。 として活躍。 バットマンの相棒、二代目ロビンでありブルースの養子。 ジョーカーに殺され、ブルースは非常にショックを受ける。 後に蘇り、レッドフードとしてブルースの前に立ちはだかる。 バットマンの相棒、三代目ロビンでありブルースの養子。 レッドロビンとして活躍。 カサンドラ・カイン バットマンの協力者、三代目でありブルースの養子。 「ブラックバット」「オーファン」の名で活躍。 バーバラ・ゴードン バットマンの協力者、初代。 の養女、ジョーカーに下半身不随にされた後はオラクルとしても活躍。 現在はバットガールに復帰した。 ステファニー・ブラウン バットマンの協力者、四代目ロビンにして四代目バットガール。 B級ヴィラン、クルーマスターの娘。 ティムのガールフレンド。 現在は「スポイラー」の名で活動している。 ケイト・ケイン バットマンの協力者、。 ブルースの母方の従姉妹で、バットマンのようなコスチュームを着た女性ヴィジランテ。 元軍人で。 先代からウェイン家に仕えるであり、両親を早くに亡くしたブルースの育ての親。 友人 / 良きライバルであり仲間。 光と闇、昼と夜と真逆の立ち位置にいる2人だからこそ互いの存在が必要であると認識している。 スーパーマンにが産まれてからは、互いに子を持つ父親としての交流も増えた。 マイケル・ジョン・カーター/ ヒーローとしては然程信頼されていなかったが、ジョーカーによる初代襲撃事件の際、ジョーカーに痛めつけられながらもバーバラを助けようとした男気を買って以降信頼関係が生まれている。 恋人 ジュリー・マディスン ブルースの最初の恋人であり、婚約者としてコミックに登場した女性。 ヴィッキー・ヴェール ブルース・ウェインが長く交際していたと言われている女性。 作品媒体にもよるが新聞記者、カメラマン、トーク番組の司会者などメディアに関わる仕事についている。 / ヴィランでありながら義賊的側面を持つキャットウーマンはバットマンにとってロマンチックで親しみやすい敵。 バットマンと複雑な愛憎関係を持っている彼女はバットマンの永続的な愛を受けている。 ヘレナの母親。 タリア・アル・グール バットマンの最も永続的な敵の一人、の娘。 父親への忠誠心とバットマンへの愛情の板挟みとなっているが、父親が絡まなければバットマンに協力的。 ダミアンの母親。 / DCアニメイテッドシリーズなどでバットマンはワンダーウーマンを気に掛けていて、彼女のピンチに取り乱すシーンがある。 また同シリーズではワンダーウーマンからの頬へのキスや、敵を欺くためカップルに扮してディープキスを交わすシーンがある。 アンドレア・ボーモント DCアニメイテッドシリーズのOVAマスク・オブ・ファンタズムに登場したブルースの元恋人。 十年前、ブルースがバットマンとしての活動を始めたばかりの頃に付き合っていたが別れてしまう。 バットマンのゲーム、アーカム・ビギンズではバットケイブに彼女からの手紙が無造作に置かれている様子が見られる。 映像作品 実写映画 俳優 登場作品 ルイス・ウィルソン• バットマン ロバート・ロワリー• バットマン オリジナル・ムービー• DCエクステンディッド・ユニバース• アニメ映画 俳優 登場作品•

次の