ダンス オリンピア チケット。 ダンスオリンピア素晴らしすぎ。

オリンピア・オリンピア・オリンピア

ダンス オリンピア チケット

柚香光プレ御披露目公演のダンスオリンピアのチケット高騰ぶりがすごいです。 トップなのに歌が全然歌えないとか、お金払う価値がないとか結構辛辣な感想が多いとはいえ、礼真琴のロクモより、柚香光のダンオリの方が 完全に人気は上ですよね。 なぜ、花組ダンオリはこんなに人気なのでしょう。 水美舞斗効果?永久輝せあこうか?聖乃あすかも貢献している? 三度観劇した個人的な感想では水美舞斗の活躍が凄かったと思いました。 柚香光、水美舞斗、永久輝せあ、聖乃あすかの並びは、今の5組では最強だから人気が爆発した? 本公演からは瀬戸かずやがこの並びに入るのが違和感というか、残念というか、ビジュアル的に相応しくない気がするのは私だけ!?ではないはず。 皆さんの感想を教えて下さい。 「ダンスオリンピア」というタイトルとメンバーからして、開幕前から男役祭りになることは容易に想像できたというのもあるのではないでしょうか。 となれば同期コンビでメイン、組替の永久輝さんにはそれなりにたくさん見せ場もあるでしょうし。 次の本公演が一本物ということもある。 実際に私は観ていないのでなんとも言えないところですが、観た人の感想だと水美さんの去就について感じさせるところがある、というのも。 加えてCSの稽古場や初日映像やSNSでの予想以上の男役祭りにが更にファンの購買意欲を後押ししたのだと思います。 中には怖いもの見たさやアンチが叩きたいがために行くという人もいたりして・・・ ビジュアルが最強かどうかは人それぞれなので何とも言えません。 瀬戸さんが入ることで若干違和感はあるかもしれないけれど、アイドルグループではないのですし、舞台としてはスパイスが効くと思います。

次の

オリンピア・オリンピア・オリンピア

ダンス オリンピア チケット

ちょっと疲れ気味に座席についたのですが、そんなものを吹っ飛ばしてくれる パワフルで素晴らしいステージでした。 大絶賛の中にあることが良くわかりました。 驚くほどの運動量のダンスを魅せてくれます。 こんなに1幕も2幕も「ダンス、ダンス」の舞台は、宝塚史上初めてでは? 私の観劇した中では初めてだと思います。 そして観劇の体感時間がとても短く、特に1幕は急に舞台が暗くなって、終わったことに「へっ?」と思ってしまうほど。 それぐらい集中して観ていました。 あのお話の続きがもう少し見たかったよ~ 1幕について 1幕はれいちゃん扮するギリシャ神話の英雄アキレウスが、現代にタイムスリップして巻き起こすストーリー仕立てのショー。 言葉が通じないということで、れいちゃんの「心の声」が絶えず流れるのですが、思わず笑ってしまう面白さ。 特にコメディ大好きの私は、異常に笑い続けていたような。 れいちゃんは、お芝居の「間」のセンスもスゴイ! コメディセンスがある! 美形すぎるから余計に面白いのです! お芝居仕立てのショーですが、1幕から踊る。 2幕のショーのために「体力温存」のためのストーリー仕立てかと思っていましたが、全然違いました。 柚香光&水美舞斗&永久輝せあ&聖乃あすかの美形男役のヒップホップ。 女性の踊りではなく、筋肉の使い方が「男性」!本当に男の子たちが踊っているようでした。 相当練習を重ねたことでしょう。 すごくてビックリでした。 このビックリは、ここは序盤であり、みんなのパフォーマンスの素晴らしさにずっとずっとビックリし通しでした。 ダンスオーディションがあり、そこでも踊りまくり。 そこでマイティが合格します。 この作品トップスターの柚香光くん中心に作られていますが、稲葉先生のマイティへの敬意もとても感じられるものでした。 マイティがいなかったら、このダンスショーは出来なかったでしょう。 これからもマイティを大切にしてほしい。 れいちゃんの体力の限界をはるかに超えたパフォーマンス 2幕は和太鼓の演奏から始まります。 幕が開いたとたん、舞台の端から端まで和太鼓を叩いていて圧倒されます。 ここでもれいちゃんは、5つの太鼓を前にして、後方の大太鼓まで叩きます。 一番お稽古が大変だったでしょう。 2幕の一番の売りは圧巻の「フラメンコ」! フラメンコの振付の佐藤浩希氏が、 「専門家の私でさえ踊るのが大変な振付そのままに付けさせてもらいましたが、見事に踊り切ってくれました。 」と仰るほどハイレベルなものをれいちゃん中心に魅せてくれます。 静寂の中一人で踊るれいちゃんは、空気を制するほどの迫力で、マイティと一緒になると華やかで、後半のれいちゃんのソロの高速ステップは、正確に踏み鳴らしながら力強いです。 稽古中のインタビューで「 すごい試練の日々ですが、今後の自分の舞台人生にすごく大きな糧になる舞台」とれいちゃんは話していました。 数々のパフォーマンスを観客が「圧巻」と感じ取る所にまでするため、どれほどの努力を積み重ねてこられたのでしょう。 舞台の幕が開いても、体力の限界と闘いながら、すごくしんどいと思える中、頑張っていらっしゃいます。 ここまで大容量で高度なものをトップスターは演じなければならないの?と心配になるほどです。 宝塚が、私の知っていた「生徒の演じる宝塚」の域を超え続けています。 華優希ちゃんも精いっぱい頑張っているけど… 華優希ちゃんは、おっとりとした雰囲気ですが、「芯が強い」とよく言われています。 今回の公演プログラムに稲葉先生もそう書かれていました。 その 芯の強さで果敢に今回の公演に挑まれ努力されているのが伝わってきました。 その頑張りと健気さに拍手を送りたいです。 れい君も華ちゃんが素敵に見えるようにフォローされていました。 でも、華ちゃんを片手でフイとリフトして回す素晴らしいパフォーマンスを見せてくれても、「れいちゃんの腰は大丈夫だろうか?」という心配が付きまとってしまう。 お互いが信頼しあっている、ほほ笑ましい素敵なトップコンビだと思いますが、技能の不釣り合いは舞台にしっかり出ていました。 特にフラメンコの場面 華ちゃんは精一杯努力して難しいステップも習得されたのだと思いますが、素人の私から見てもプロの域に達しているれいちゃんとマイティとは、全くレベルが違います。 フラメンコもそうでしたが、はじめにれいちゃんと華ちゃんが踊っていて、あとからマイティが登場して「プロのダンス」を魅せるという演出が繰り返されていました。 和太鼓でも、華ちゃんのソロシーンが少しだけありましたが迫力に欠けていて、あえてソロで叩く必要があったのかな?と。 トップコンビお披露目でもあるので、華ちゃんの見せ場をたくさん作っているのはわかりますが、見せ場ではあったけどパフォーマンスでは、「華ちゃんすごい」とはならない。 どの衣装もとても似合っていて、可憐で舞台に華をそえてくれています。 かえって「マイティすごい」となってしまって、それがはじめからの演出だったのか、場がもたないための苦肉の策が「マイティの実力の証明」に置き換わってしまったのか…。 結果「れいまい」の素晴らしいパフォーマンスが見れます。 1幕のセントラルパークでの「宝塚のフレッドアステア」大浦みずきさんをイメージしてのデュエットダンスということで、期待していました。 れいちゃんと華ちゃんの素敵なダンスでしたが、大浦みずきさんのイメージがある私には物足りませんでした。 華ちゃんがひびき美都さんのように踊れるはずはなく、お芝居上手な華ちゃんは、技術ではなく心で踊って魅せてくれるタイプ。 お芝居の延長でのダンスなら素敵だと思いますが、みんなが高いレベルで踊っている中では、少し残念に感じました。 今回は、れいちゃんの相手役はマイティという位置づけになると、れいちゃんの高いパフォーマンスが発揮できていました。 芝居上手なれいちゃんの相手役には、華ちゃんはふさわしいと思います。 そして華ちゃんは大人の役が似合う娘役さん。 漫画路線だけでなく大人なお芝居だと二人の良さが相乗効果でさらに良くなるのでは?と前から感じていましたが、1幕の華ちゃんを見てさらにそう思いました。 プレお披露目公演、れいちゃんの見た目の相手役は華ちゃん、技能面での相手役はマイティということですね。 梅田で『DANCE OLYMPIA』が上演されない理由 真冬の今でも体の限界をとっくに超えたパフォーマンスを披露してくれているため、どれだけ汗をかき、体力を消耗されているか、心配になるほどです。 暑い真夏に梅田で再演するのは、体力的に難しいのかな?と感じました。 あと2週間公演が続きますが、本当にみなさん怪我もなく、体に気をつけて頑張ってほしいです。 特に、れいちゃんは、限界のはるか上をこえていると思います。 声もどうか持続できますように。 昨日は3階席でしたが、今日は1階席で観劇予定です。 客席降りの時に舞台の上に誰もいなくなって、3階席では少し残念でした。 今回3階席が初めてでしたが、舞台がとても遠くてビックリしましたが、ダンスショーなので、全体を見渡すには良かったです。 主要なメンバーは遠くてもわかりますが、頑張っている若いメンバーたちのお顔がはっきり見えなかったので、今日は下級生もしっかり見てきたいと思います。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 スポンサーリンク•

次の

宝塚歌劇新生花組、柚香光主演、水美舞斗の『ダンスオリンピア』の観劇感想はこちら!

ダンス オリンピア チケット

皆様、ワタクシはたった今ダンスを観劇してまいりました! 素晴らしかった!よ! 新生の底力、柚香のスター性にほんとに心の震える思いがいたしました。 いやあありがとうありがとう。 ダンスコンサートなんていまひとつどこがポイントなのかわからないなあ、オリンピックにかけてとかふざけてんなあとか思っていてごめんなさい。 柚香の素晴らしさよ。 スターなんだなあ…なんというかもうビジュアル存在に真ん中の説得力しかない。 今ので、真ん中が一番似合ってしまう方なのだねぇ… らしいお衣装、額につけるキラキラバンド(正式にはなんていうの??)、あれがあそこまで似合うのは彼女だけです…いや、彼だけ… 興奮覚めやらぬレポートを、まずは場面ごとに…! 1幕はわりにライト 笑 柚香のお顔は確かに彫刻のようですが、そのアイディアだけで1幕引っ張った感 笑 いえ、楽しいのですよ! のが、(アキレス腱のアキレスだよね?アキレス腱の由来になってるからスポーティな英雄かと思ってました。 美青年設定があったのでしたっけ?昔神話読んだけど忘れたなあ…)現代ニューヨークに来てしまい、踊りの才能が花開き、仲間が出来て… ただ、話的には、ショーの1場面程度の濃度なんだなあ… あと、やはりさんて、クラシカルなものが似合って、てかメイクのせいかもだけど、シーンはいいけど現代ニューヨークシーンはヒップホップ上手なんだけど似合わない 笑 とくに聖乃あすかさんのキャップよ…違うのよ、あすかちゃんが悪いのではなくて、エレガントなお顔立ちにはキャップとか似合わないものなのよ!! れいちゃんは英語喋れない設定だから、ほとんど心の声が上から降ってくるのがおかしい 笑 そして髪の毛が若干ウェービーだから、ただよう道明寺感… 笑 道明寺ならヒップホップ上手に決まってる気がするからこれは若干マイナスか 笑 前世?でも友のマイティをがしっっと抱きしめるところはなかなか良いですよ、レイマイファンの皆様〜。 いやーれいちゃんはよく飛ぶ! 後述しますが、れいちゃんは跳躍力、マイティは筋肉、ひとこちゃんは優雅さが見所って感じ。 そして気が付きました、れいちゃんの素晴らしさ、顔ダンスは言わずもがな、腕が! 腕が長い! さすがにマイティを抱きしめる時はそうでもないですが、華ちゃんを抱きしめると、手が余る! そして舞台真ん中で手を広げたときのかっこよさよ… ワタクシ実はれいちゃんは顔はすごくきれい、頭は大変小さい、細いし、身長がすごい高いわけではない。 しかし、それが舞台上で、しっかり男役として惹かれるのは何故か、考えておりました。 腕が長いのだ!紅さんに引き続き、ロングハンド〜!素敵! 真風様は身長のわりに手のひらが小さくて、(腕は長い。 )でも身長がカバーするから全然良いのですよ。 しかし、男役さんで、身長がそうでもないなら、腕の長さ大事! れいちゃん手も割にごつい。 首もしっかりしてる。 全く男役になるべく生まれてきたのですな?! まあ、そんなこんな、わりにライトに楽しめた1幕でした。 くださいに。 takarasuki.

次の