接眼 ミクロ メーター 1 目盛り。 【生物基礎】対物レンズの倍率と接眼ミクロメーターの目盛りとの関係

対物ミクロメーター・ステージ用レチクル

接眼 ミクロ メーター 1 目盛り

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。 「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。 つまり、1目盛りが 70/26=2. 692... 実際に使用するときは、接眼目盛りの数値に対応する実際の寸法を表にしておきます この例ですと、以下のような表になります。 1 2. 4 3 5. 1 : 5 13. 5 : 10 27 : このような表を、対物レンズ毎に作ります。 A ベストアンサー 【原核生物】 核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。 【真核生物】 核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。 細菌類・藍藻類以外の全ての生物。 【ウイルス】 濾過性病原体の総称。 独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。 要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。 ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。 こんなんで良かったでしょうか? A ベストアンサー 思うとか、思わないとか.... クイズじゃないなぁ。 尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。 で、生物の例ですが..... 酵母は 細胞 核を持ち, 大きな分類では菌界 キノコやカビの仲間 で、真核生物です。 嘗 かつ ては細菌の仲間と思われていたので酵母菌と呼ぶことが偶 たま に在ります。 さぁ、以上から3っつ選べますね........ 、大腸菌、ネンジュモ、アオコ。 思うとか、思わないとか.... クイズじゃないなぁ。 尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。 で、生物の例ですが..... 細菌類~大腸菌、肺炎双球... A ベストアンサー まず接眼ミクロメーター1目盛りが、対物ミクロメーターのなん目盛りに相当するが求めてください。 二つのミクロメーターがぴったりあう線をみつけて。 次に乳酸菌が接眼ミクロメーター1. 5目盛りだとのことなので、それを対物ミクロメーター何目盛りに相当するか求め、さらに与えられている対物ミクロメーターの長さをつかい実際の直径を求めます。 式としては1. A ベストアンサー 塩基性染色液であるメチレンブルーは,カルボキシル基に対しては著しく親和性が高まり濃色に染色されます。 スルフォン酸基,ニトロ基など他の酸性基とも結合します。 細胞でそれらのあるものということですから,多くのものが染色されます。 核以外に,細菌・血液・神経系・繊維組織・植物細胞の液胞等の多くの染色に用います。 メチレンブルーは,酸化還元色素でもあります。 酸化型が青色(メチレンブルー)・還元型が無色 ロイコメチレンブルー で可逆的に変化します。 ですから生体での還元部位の検出や脱水素酵素反応などの水素転移反応の人工的な水素受容体としても利用されます。 下記URLはその性質を利用した,酸化還元酵素の実験です。 avis. htm 酸化還元は,生命活動と密接に関係しますから,酵母等の生菌と死菌を区別する際にも利用されます。 生菌は,酸化還元酵素の作用で無色のロイコメチレンブルーになり染色されませんから,無染色菌を測定すれば生菌数が測定できます。 参考URLは実験用の染色液等が記載されているものです。 dion. htm 塩基性染色液であるメチレンブルーは,カルボキシル基に対しては著しく親和性が高まり濃色に染色されます。 スルフォン酸基,ニトロ基など他の酸性基とも結合します。 細胞でそれらのあるものということですから,多くのものが染色されます。 核以外に,細菌・血液・神経系・繊維組織・植物細胞の液胞等の多くの染色に用います。 メチレンブルーは,酸化還元色素でもあります。 酸化型が青色(メチレンブルー)・還元型が無色 ロイコメチレンブルー で可逆的に変化します。 ですから生体での還元部位の検出や脱... Q ショウジョウバエ、ユスリカなど双翅目のだ液腺の染色体が異常に大きいのは何故でしょうか(構造はどうなっているのでしょうか)?参考書にはDNAが複製を続けて太くなったものとかいてありましたが、DNAが沢山からみあっているのでしょうか?それとも、特殊な折り畳み構造をしているのでしょうか?あるいは、ヒストンが意味も無く大きい? また、そうなっているのは何のためでしょうか(どんな機能があるのでしょうか)?常に染色体の状態にあるようですが、何かメリットがあるのでしょうか?また、なぜ「だ液腺」のところにあるのでしょうか? (パフと呼ばれるところで、mRNAが作られているというのは参考書を読んで存じています。 ・・・ということは、たんぱく質の合成と関係あるのでしょうが、巨大である必要はないですよね?) なんかクエスチョンマークが多くなってしまいましたが、参考書を見ても回答が見あたらなかったので、お答えいただけると嬉しく思います。 A ベストアンサー 多糸染色体は,細胞分裂することなくDNAの複製が10回ほど行われるようです。 また,ご承知のように相同染色体が対合した二価染色体ですから一層巨大なものとなるのではと思います。 構造ですが,分裂期以外の核内の一般的な染色体の構造 染色体基本繊維:直径約30nmの微細な核蛋白質繊維 で,分裂中期にみられるいわゆる折りたたまれた染色体の長さの100~150倍です。 多糸染色体は,双翅目幼虫の唾液腺だけでなく,消化管上皮細胞 中腸上皮 等に見られ,他の器官でも見られる一般的なもののようです。 最後に目的ですが,これは良くわかっていないようです。 一般的には,特定のタンパク質の生産能力を高める必要があり,そのために遺伝子増幅しているのだと考えられています。 ガン細胞も同様な目的で遺伝子増幅しているようです。 おもしろいですね。 良いURLがありませんでしたが,下記URLは参考になりませんでしょうか。 このURLでは染色体基本繊維は基本染色体原繊維となっています。 fides. dti. html 多糸染色体は,細胞分裂することなくDNAの複製が10回ほど行われるようです。 また,ご承知のように相同染色体が対合した二価染色体ですから一層巨大なものとなるのではと思います。 構造ですが,分裂期以外の核内の一般的な染色体の構造 染色体基本繊維:直径約30nmの微細な核蛋白質繊維 で,分裂中期にみられるいわゆる折りたたまれた染色体の長さの100~150倍です。 多糸染色体は,双翅目幼虫の唾液腺だけでなく,消化管上皮細胞 中腸上皮 等に見られ,他の器官でも見られる一般的なもののようです。

次の

対物ミクロメータ・接眼ミクロメータ 対物レンズ

接眼 ミクロ メーター 1 目盛り

「 二度と」?随分な自信だなあ・・どれどれ。 解説動画もできちゃいました 対物ミクロメーターと接眼ミクロメーター 対物ミクロメーターと接眼ミクロメーター、どちらも共に「ミクロメーター」という名前がついている。 メーターとは「物差し」のことであり、ミクロとはそのまま「小さいこと」を意味する。 したがって、ミクロメーターとは小さいものを図る物差しである。 ただし、通常の物差しは一本で長さを測るのに対し、 ミクロメーターは接眼と対物を組み合わせる。 何故組み合わせねばならないのか?が理解のポイントである。 まず、接眼ミクロメーターと対物ミクロメーターは、顕微鏡へのセットの位置が異なる。 名前の通り、接眼ミクロメーターは接眼レンズの部分、対物ミクロメーターは対物レンズの下にセットする。 結果として、接眼ミクロメーターは常に視野の中に見える状態となり、 対物ミクロメーターは通常のプレパラートと同様に、ピントを合わせないと視野の中には出てこない。 (対物ミクロメーターの形状自体が、プレパラートとそっくりである) ミクロメーターの1目盛りの長さ さて、長さを測るためには1目盛りの長さがわからないといけない。 これは当たり前である。 我々が通常用いる「定規」というものは、おそらく1目盛りの長さが「1mm」であろう。 では、ミクロメーターの1目盛りの長さはどれくらいなのだろう? 実は、「 片方は決まっていて、片方は決まっていない」 まさにここがミクロメーターの最大のポイントであり、最大の躓きポイントでもある。 最終的にはこれこそが「ミクロメーターは2つを組み合わせなければならない理由」となるのだが、 1つずつ丁寧に見ていくこととする。 対物ミクロメーター1目盛りの長さ 対物ミクロメーターには「1mmを100等分した目盛り」がついている。 つまり、 対物ミクロメーターの1目盛りの長さは最初から決まっている。 なお、この数値は覚えてしまっていいと思う。 接眼ミクロメーターの1目盛りの長さ ということは「接眼ミクロメーターの1目盛りの長さ」は決まっていない、ということだ。 「何故なのか」 それは、接眼ミクロメーターを取り付ける場所に秘密がある。 接眼ミクロメーターは視野のなかに「常に同じ状態で見える」 倍率を上げようと下げようと関係ない。 ということは 「 同じように見えている1目盛り」が「実は倍率ごとに異なっている」ということであり 倍率を変更するたびにその1目盛りの長さは、計算して求めなければならない。 さて、では求め方だがじつは非常に簡単だ。 今回の問題を使用する。 という3つになる。 大切で重要な公式 さて、ミクロメーターの計算は上記のものができればそれで良いのだが、 「公式」というものがある。 大切で重要な公式、とこれを呼ぶ。 大切で重要な公式、と覚えておけば、どっちが分母か?で迷うこともなく、 最後に10をかけることも落とすことはない。 さて、起こりがちな疑問として次のものがある。 対物ミクロメーターの上に観察物を乗せて直接長さを測ってはどうだろう? 要するに、めんどくさいことはやめて、対物ミクロメーターの上にそのまま乗せればいいじゃないか、ということである。 対物ミクロメーターは1目盛りの長さが最初からわかっているし、プレパラートみたいなものなのだから、意見としては真っ当である。 では、これができない理由をみていく。 以上の理由から、観察する際には接眼ミクロメーターを使用する。

次の

「高校生物基礎」ミクロメーターの計算問題の解き方を解説|高校生物の学び舎

接眼 ミクロ メーター 1 目盛り

その昔実習したときのデータがあればいいんですが、残念ながらみつかりませんので、とりあえず参考のページだけ。 上記のページには、実視野の直径の計算方法と一覧表があります。 そこには、700倍で0. 185mm、1000倍で0. 18mmとあります。 上記のページによると、視野の大きさはレンズの性能により変わりますし、接眼ミクロメーターの誤差でも変わるでしょうから。 ちゃんと測定したほうがよいと、私は思います。 対物ミクロメーターの目盛りを探すコツは、ご存知でしょうが、以下ぐらいですか。 最初は、低倍率で、対物ミクロメーターの目盛りが視野の中央付近に来るように位置とピントを調整する。 目的の倍率 600倍, 900倍 に切り替える。 ピントと位置を微調整して測定。 低倍率でピントを合わせておけば、レンズを高倍率に変えても、それほどピントはずれません。 個人的見解ですが、接眼レンズ・対物レンズ・接眼ミクロメータの組み合わせさえ変更しなければ、一度計れば変わるものではないと思いますが。 あとは、倍率が上がると、視野が暗くなるから、絞りを開いて光量を増すとか。 以上、ご参考になれば幸いです。

次の