野ブタ。 亀梨和也×山下智久「野ブタ。をプロデュース」特別編が4月11日、18日放送

ブタ

野ブタ

2週にわたって放送され、おうちじかんを楽しませている『野ブタ。 をプロデュース』(日本テレビ系、以下『野ブタ』)。 続く第3話、第4話の特別編の放送も決定し、毎週のように修二(亀梨和也)と彰(山下智久)の姿に懐かしさを感じ、再びハマっている人も多そうだ。 第1話で野ブタ(堀北真希)がトイレで水をかけられるシーンでは、一緒に水をかけられて笑う彰と、「先生くるよ」と言って戦略でいじめを止めさせようとした修二。 2人が取った行動は全く違い、どちらも野ブタの味方であることを示していた。 「2人の武器が違うというのが見えたシーンだなと思いました」と語るライターの佐藤結衣氏に、亀梨演じる修二、山下演じる彰、それぞれの人物造形の魅力について話を聞いた。 「修二は、自分で鍛錬して作り上げたヒーロー像だなと感じます。 自分自身を磨かないと人気者のポジションにはいられないという自覚があって、そのコンプレックスからの努力型タイプ。 そして、彰は家がお金持ちで、周りの評価よりも自分自身の軸があって、どちらかというと天然系のキャラクター。 自分で作り上げたイメージに近づける修二と、もともとポテンシャルの高さを持っているけどそれを鼻にかけない彰は全くタイプが違って、どちらにも惹かれる部分があると思います。 自分で磨いていくのは大変だし、逆に磨かれる前から素敵な人というのも稀有な存在で、その正反対さも彼らの人物像を描く上で特徴的ですね」 そんな正反対なキャラクターを持つ修二と彰、2人に憧れる理由はなぜだろうか。 「日本人の気質的に、もっと自分を良くしよう、成長したいと考えて、日々の大変なことを乗り越えている人が多く、共感性が高いので、修二は主人公のポジションにいる気がします。 自分だけじゃなく、ノウハウを生かして野ブタまでプロデュースして努力を重ねていく姿を見て、憧れを抱く面もあるのではないでしょうか。 学生だけではなく社会人でも、自分自身を常にバージョンアップして課題とどう向き合って解決していくのか、プロジェクト立ち上げて、その成功のノウハウを伝授していくような流れは、大人が観ても面白くなる要因な気がします。 彰の方は、もともと持っているものが大きくて、尚且つ自分自身がどうありたいかブレないので、周りの目を気にしない自己肯定感の高さは、また欲しいものでもあって。 修二のように努力しているけれども、それが本当の自分にとって良いことなのか、周りの声やイメージに踊らされているだけじゃないかと考えたときに、彰のように自分が面白いからこれでいい、自分はこれがしたいと貫ける強さも憧れるものなのかなと。 自分の中にあってほしいものの象徴が、2人が持つそれぞれの良さな気がしています」.

次の

野ブタをプロデュースのあらすじのネタバレ!1~9話を紹介 | シネマノート

野ブタ

名前:柊瑠美 ひいらぎるみ• 生年月日:1987年8月1日• 出身地:東京都出身。 経歴:日本大学芸術学部卒業• 特技:日舞(花柳流)・北京語 6歳から子役として活動しています! CM・ドラマ・映画と小さい頃からご活躍されているみたいですね。 野ブタは2005年に放送されたので、 当時18歳と若い!! 今現在は、32歳!!あれから約15年も経ったと考えると自分も歳とった感がすごい! 柊瑠美さんが注目を浴びたのは、 連続テレビ小説「すずらん」です! 写真を見ての通り清純派女優さんですね。 野ブタをプロデュース犯人あおい役は真面目でいじめっ子? 信子友達になり、その裏ではいじめを続けていたかすみ。 犯人の動機が気になりますよね。 信子がかすみにいじめていた理由を聞いたところ・・・ 「嫌いだから。 3人で仲よしですって嘘くさいから」と答えました。 修二と彰と3人仲良くしているのが気にくわなかったんでしょうね。 蒼井さんが 屋上から飛び降りたと心配して学校に来たシーン。 野ブタ。 2005年「野ブタ」出演後に学業に専念するために一時芸能活動を休止します。 千と千尋の神隠しではなんと主人公千尋のを演じていとたという驚き! ジブリ作品の声優を務めているなんてそごいですよね! 柊瑠美ちゃんの荻野千尋だいすき。 ジブリ映画の中でも千と千尋が1番好きで何回か声まねできんかなって試みたけどあの子役ならではの可愛らしい声は到底だせんかった笑 どこにでもいそうな普通の女の子やけど、千尋の魅力すごい。 リンさんになって千尋を育てたい。 抱きしめてちょっと嫌がられたい。 — 芽唯 nikonikomei 女優だけではなく声優も務めるなんて・・・ CMでは、ここ最近のは2017年にLIXIL「エコカラット」に出演されていましたね。 過去にはローソン「夏祭り編」や明治製品「アーモンド」にも出演されていました! 色んなとこでご活躍されていたって事が判明。 まとめ いかがでしたか? 今回は、• 野ブタをプロデュース黒幕いじめ犯人あおい役の子は誰?• 野ブタをプロデュースあおい役の子は現在活動はしてる?• 柊瑠美出演ドラマ・映画一覧!有名でビックリ• 野ブタをプロデュース黒幕犯人のあおい役は真面目でいじめっ子? についてご紹介しました! ジブリにも出演してなんてビックリ!! 有名な女優さんって事が判明! 今後の活躍に期待したいですね。

次の

野ブタをプロデュース第5話の「しったか」役の若葉竜也の現在は別人の様!?

野ブタ

今週も引き続き放送された『野ブタ。 をプロデュース』特別編(日本テレビ系)。 放送から15年経つわけだが、いまもそっくりそのまま残されている放送当時のを見ると(これが懐かしくて実に面白いのだ)、「プロデューサー日記」というコーナーに第4話についてこのように書かれていた。 「登場人物たちの感情や関係値を進めてみたいと試行錯誤して作った回」。 たしかにこのエピソードの終盤、彰(山下智久)は信子(堀北真希)への恋心を自覚し、修二(亀梨和也)は信子と彰と3人でいることに居心地の良さを覚えるようになるなど人間関係に動きが現れはじめる。 修二たちが通う隅田川高校で年に一度、11月4日の「いいよの日」に行われる全校生徒の前で愛の告白をするというイベント。 その日に修二が信子に告白をすれば、信子は一気に人気者になれると提案する彰に、「自分の力で人気者にならなきゃ意味がない」と反対する修二。 しかし彰から、自分の人気が落ちることに抵抗を持っているのだとすぐに見破られてしまう。 そんな中、坂東(水田芙美子)たちの嫌がらせによって逆に信子が修二に告白することになってしまい、修二はどのような返事をするべきかと葛藤するのである。 このエピソードで描かれるテーマは「人は変わることができる」ということ。 最近の学園ドラマでは、世間への影響を気にしてかすっかりいじめ描写が少なくなった。 しかしこの『野ブタ。 』のように、単にいじめの描写があるのではなく、それにどう立ち向かっていくのかというひとつの答えを明示するために描かれているということは忘れてはなるまい。 それはもちろんいじめに限ったことではなく、物語で描かれる悪事には常に加害者への報いと被害者への救済が存在するべきであり、同時に受け手は現実と物語とを区別して捉えるべきなのではないだろうか。 ところで信子が坂東に向かっていく直前のシーンで、本ドラマを象徴するあの「野ブタパワー注入!」の決めポーズがついに登場する。 そこで思い出されるのは、『野ブタ。 』の放送から10年ほど経った2016年1月期の日本テレビ系ドラマのコラボレーション。 土曜日には亀梨が主演を務めた『怪盗 山猫』が放送され、水曜日には堀北が主演を務めた『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』が放送。 そして『怪盗 山猫』の第6話に「ヒガンバナ」の役柄で登場した堀北は、亀梨と2人で「野ブタパワー注入!」を披露したのだ。 この茶目っ気あふれるコラボに『野ブタ。 』ファンはもちろん大盛り上がりだったわけだが、その直後に堀北は電撃引退。 また亀梨・山下・堀北の3人が揃うところが見たいと願わずにはいられない。

次の