退職祝い 上司。 上司の退職祝いに人気のおすすめプレゼント|渡すタイミングやタブーな贈り物も

退職祝いに商品券は失礼?!間違いのない贈り方を徹底解説

退職祝い 上司

定年・退職イメージ 定年、退職とも決定を確認後、遅くとも1、2週間以内に贈ります。 一般的には部課単位や同僚・有志などが歓送会・送別会を催したりして、お祝いの品を贈呈しますが、直属の上司や先輩にあたる方で、大変お世話になっていた場合は個人的に贈り物をしても構いません。 目上の方にお金を贈ることは失礼とされ、本来は贈答品が最適ですが、最近は金封も贈られています。 その場合も何か気持ちとしてプチギフトを付けて贈る方が良いと思います。 定年・退職祝いの相場と表書き のし紙・金封とも、水引は紅白の蝶結び(=花結び)が基本で、金封には、あわび結び(=あわじ結び)も使えます。 「御引退御祝」「御定年御祝」「御祝」「御餞別」などの表書きが使われます。 ちょうど水引の結び目の中央下に表書きよりもやや小さく姓名を書きます。 金額の目安は5000円から3万円(参照:「」)。 定年・退職祝いのお返しの時期 慣例としてお返しは不要ですが、後日、近況報告も兼ねたお礼の手紙は出しましょう。 職場からのお祝いに対して、菓子折りなどをお返しすることもあります。 その際の表書きは「御礼」「粗品」など。 また、特にお世話になった方や親しくお付き合いのあった方には個別に品物を贈る場合もあります。 贈る場合はなるべく早めに。 寿退社の場合は、結婚式の引き出物と同様のものをお返しとして贈ります。 式に招待した方には、いただいた金品の半額くらいのものをお返しします。 避けたい定年・退職祝い 上司・先輩など目上の方へは、身に着けるもので下に着けるものはタブーとされて来ました。 今も昔気質で気にされる方もいらっしゃいますので避けた方が無難です。 靴下や靴、室内履き、下着類、踏んだり、敷いたりするものなど。 また、これまでのお勤めを慰労し、先に広がる展望や明るい前途を祝すイメージから、やはり割れたり、壊れたりしやすそうなものは避けた方がよいとされて来ましたが、これも、以前ほど意識されなくなっています。 喜ばれる定年・退職祝い 定年といっても昨今の方々は、若々しく、次の職場や仕事が決まっていたり、第二の人生を展開される方も多く、寿退社や転職退社も同様、これからの暮らしに活かしていただける生活応援グッズ的なものが大いに喜ばれると思います。 趣味がはっきりとわかっていれば、その道具や使用するファッション小物など、またアウトドアー関連、キッチングッズなど。 むしろ、これからの方がコンピュータに向かうことが多くなるというような場合には、PC周りのOAアクセサリーなども好適です。 また、ゆっくり御夫妻で時間を過ごしていただく、お食事券や温泉へのご招待券、お好きなアルコール類などを贈るのも良いでしょう。 【関連記事】.

次の

【退職祝いのプレゼント】NGな品物から相場やマナーを紹介!贈る人別の少し変わった品物まで

退職祝い 上司

定年・退職イメージ 定年、退職とも決定を確認後、遅くとも1、2週間以内に贈ります。 一般的には部課単位や同僚・有志などが歓送会・送別会を催したりして、お祝いの品を贈呈しますが、直属の上司や先輩にあたる方で、大変お世話になっていた場合は個人的に贈り物をしても構いません。 目上の方にお金を贈ることは失礼とされ、本来は贈答品が最適ですが、最近は金封も贈られています。 その場合も何か気持ちとしてプチギフトを付けて贈る方が良いと思います。 定年・退職祝いの相場と表書き のし紙・金封とも、水引は紅白の蝶結び(=花結び)が基本で、金封には、あわび結び(=あわじ結び)も使えます。 「御引退御祝」「御定年御祝」「御祝」「御餞別」などの表書きが使われます。 ちょうど水引の結び目の中央下に表書きよりもやや小さく姓名を書きます。 金額の目安は5000円から3万円(参照:「」)。 定年・退職祝いのお返しの時期 慣例としてお返しは不要ですが、後日、近況報告も兼ねたお礼の手紙は出しましょう。 職場からのお祝いに対して、菓子折りなどをお返しすることもあります。 その際の表書きは「御礼」「粗品」など。 また、特にお世話になった方や親しくお付き合いのあった方には個別に品物を贈る場合もあります。 贈る場合はなるべく早めに。 寿退社の場合は、結婚式の引き出物と同様のものをお返しとして贈ります。 式に招待した方には、いただいた金品の半額くらいのものをお返しします。 避けたい定年・退職祝い 上司・先輩など目上の方へは、身に着けるもので下に着けるものはタブーとされて来ました。 今も昔気質で気にされる方もいらっしゃいますので避けた方が無難です。 靴下や靴、室内履き、下着類、踏んだり、敷いたりするものなど。 また、これまでのお勤めを慰労し、先に広がる展望や明るい前途を祝すイメージから、やはり割れたり、壊れたりしやすそうなものは避けた方がよいとされて来ましたが、これも、以前ほど意識されなくなっています。 喜ばれる定年・退職祝い 定年といっても昨今の方々は、若々しく、次の職場や仕事が決まっていたり、第二の人生を展開される方も多く、寿退社や転職退社も同様、これからの暮らしに活かしていただける生活応援グッズ的なものが大いに喜ばれると思います。 趣味がはっきりとわかっていれば、その道具や使用するファッション小物など、またアウトドアー関連、キッチングッズなど。 むしろ、これからの方がコンピュータに向かうことが多くなるというような場合には、PC周りのOAアクセサリーなども好適です。 また、ゆっくり御夫妻で時間を過ごしていただく、お食事券や温泉へのご招待券、お好きなアルコール類などを贈るのも良いでしょう。 【関連記事】.

次の

定年退職のお祝いに贈る言葉としてピッタリなメッセージ文例集と考えるべき3つのポイント

退職祝い 上司

定年退職する男性上司へのお祝いプレゼント 長年勤めた職場を去るのは寂しいものですが、人生における新しい門出でもあります。 定年退職や退官といっても、嘱託というかたちで職場に残る方も多くなっています。 それでも、無事に定年まで勤めあげたことはめでたいことです。 これまでの勤労とおつきあいに感謝し、祝福の気持ちを込めて退職・退官祝いをしたいものです。 一般的には会社の部下や同僚・有志などが送別会を開いて、お祝いの記念品や花束を贈呈します。 記念品は退職する方の好みを考えて選ぶとよいでしょう。 直属の上司や先輩に当たる方でお世話になっていた場合は、個人的に贈り物をするのもいいと思います。 贈り物としては、これからの暮らしに活かせる生活用品や、食事券、温泉の招待券が喜ばれるようです。 アルコール 日本酒、ワイン、ビールなどアルコールが好きな上司には迷わずお酒がいいですね。 アルコール用のグラスも喜ばれます。 アルコールは「長い間お疲れ様でした」というねぎらいの意味をを込めて贈るのがポイントです。 高級ボールペン クロコ財布の専門メーカーとのコラボで実現した高級ボールペン。 本物のクロコダイル革を巻いたボールペンです。 このようなデザインは自分で購入することはなくても、もらうと嬉しいもの。 アナログ世代には特に喜ばれる一品です。 名前を入れて特別感を出すと一層喜ばれます。 グルメ 食べることが好きな上司なら、カニや牛肉が喜ばれます。 外で食べるのも良いですが、離れて暮らす家族も集まって家で御祝いするのも格別です。 高級食材は家族団らんのひとときに華を添える贈りもので、ご家族からも喜ばれます。 趣味の道具 上司の趣味が分かっているなら、関連商品が喜ばれます。 ゴルフウエアやウオーキング用のウエアなど、数があっても困らないものがおすすめです。 長財布 長年勤めている間に気がついたらヨレヨレの財布に・・・。 ということがよくあります。 素敵な長財布を持てば今後の人生が変るかも!? キーケース 車が好きな上司なら、ブランドキーケースはいかがでしょう。 しっかりした作りのものがよいでしょう。 ベルト オシャレな上司にはベルトがおすすめです。 退職してネクタイは不要になったとしても、ベルトは使います。 写真、寄せ書き 職場時代の写真をまとめてアルバムにしてあげると喜ばれます。 皆さんからの寄せ書きを加えれば、最高の贈り物になります。 お香(香木) 歴史小説や歴史ドラマが好きな上司なら、お香がおすすめです。 歴史が好きな方であれば香木(こうぼく)が古来より地位の高い男性のステータスであったことはご存知のはず。 一流のものを鑑賞してたしなむことで遊び心も生まれてきます。 長年の労をねぎらい、感謝の気持ちを込めて贈れば、きっと喜ばれるはずです。 高級レストランの食事券 奥様と一緒に行ってもらえるペアチケットを贈りましょう。 思い出になるひとときを過ごしてもらえます。 好きな食べ物がわかっていれば専門店で美味しい料理を堪能してもらいましょう。 好きなものがよくわからないのであれば和食が無難です。 温泉宿泊券【人気NO. 1迷ったらコレ!】 のんびりしてもらうためにおすすめなのが温泉宿泊券です。 忙しい毎日から離れて、ゆっくりしてもらいましょう。 何を贈ったらいいいか迷ってしまう場合にも、温泉旅行は誰からも間違いなく喜ばれ、思い出の1ページを増やせるイチオシのプレゼントです。 上司の退職祝いに贈らないほうがよいもの 贈らない方がよい現金や体の下に身につけるもの 何を贈ってよいか分からないからと年下の人から目上の方へ現金を贈るのは失礼になります。 現金のお祝いは避けましょう。 部下から上司への贈り物で、体の下に身につけるものは良くないとされています。 靴下や下着、靴やスリッパなどは見下しているという意味があるそうです。 若い方は気にしなくても、年配の方の中には気にされる方もいます。 本人からリクエストがあったとき以外は避けた方が無難です。 そうすれば、せっかくの気持ちを台無しにしなくてすみます。 定番の花束も贈るときは配慮が必要 そして、定番の花束ですが男性には喜ばれないようです。 これは花が嫌いというわけでなく、この年代の男性は花束を持ち帰るのが恥ずかしいそうです。 実際に定年退職した私の知人から伺った話ですが、退職する際に職場の人に「(退職祝いに)花束だけはやめてくれ」と前もってお願いしておいたそうです。 「あれだけは、どうしても駄目だ」と笑いながら仰ってました。 大きい花束はいやでも目立ちます。 女性ならまだしも、男性は照れくさいようですね。 送別会などの席では、定番で花束を渡すことが多いでしょう。 その場合は、中身が見えないような袋を準備する配慮が必要です。 とはいえ、花束は大きいだけでなく、重たいですから車で自宅まで送って差し上げてもいいかもしれません。 最後くらいは普段はしないサービスも喜ばれるでしょう。 これは余談ですが、ご近所に住む方なのですが、ご主人が奥様の誕生日に花束を買って帰られたそうです。 その時に隣の方が、それを見かけたそうです。 それで後日、その奥様に「お宅のご主人は退職されたのですか」聞いてきたそうです。 ある程度の年齢の男性が花束を持っていると「仕事を辞めた」と思われてしまうようですね。 言われてみれば、花束を持っている男性って、滅多に見かけませんよね。 定年退職する上司へのプレゼントの予算は? 皆さん悩まれるプレゼントの予算ですが、これが正解というものはありません。 30年以上も勤務された上司の退職祝いなのでよいものを贈りたいが、高すぎて気を遣わせてもいけないと言う難しい選択になります。 何人かでまとめて贈る場合 何人かでまとめて贈る場合は、1万円から3万円位というケースが多いようです。 個人で贈る 個人で贈るなら5,000円から1万円位まででしょう。 定年退職する上司へのメッセージ 忌み言葉を避ける お祝ごとには縁起が悪いため使うべきではないとされる「忌み言葉」があります。 定年退職祝いの忌み言葉は、死(四)、苦(九)、枯れる、倒れる、曲がる、折れる、切れる、重いといったものがあります。 死や病気、老いをイメージさせる言葉は避けるようにします。 書くときのポイント 定年退職という人生の節目に、いろいろな事を思い出してもらえるように、定年退職される方とのエピソードを含めたメッセージにすることで感慨深くなり印象に残る文章になります。 仕事で助けていただいたことや、勉強になったことなどを含めて書くようにするといいでしょう。 長い間ご指導いただきましてありがとうございました。 今後も健やかにお過ごしくださいますことをお祈り申し上げます。 益々のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。 健康に留意され、これからの人生も多いに楽しまれてください。 私もそんな風に後輩に話ができるよう、これからも頑張ってまいります。 長きに渡り、公私共々親切ご丁寧にご指導くださり、職員一同から改めて、誠にありがとうございました。 定年後は、ご家族と第二の人生を今よりもいっそう楽しんでいただけますと幸いです。 お身体には十分お気を付けてお過ごしください。 長年に渡り、ご指導頂いたことは一生忘れません。 長い間お疲れ様でした。 在職中はひとかたならぬご厚情とご指導を賜りまして深く感謝致しております。 今後共益々のご検証を心よりお祈り申し上げます。 関連記事 あとがき お世話になった上司の退職祝い。 長年の労をねぎらい、皆さんで気持ちよく送り出してあげたいですね。 プレゼント選びに迷ったらご本人と親しい方や一番近くで働いていた方に相談してみてはいかがでしょうか。 私の知人は退職する上司(男性)にエプロンをプレゼントしたそうです。 これから奥様と家事をやってね、というのを感じて微笑ましく思いました。 送別会で若い女性にそのエプロンをつけてもらっている写真を見せてもらいましたが、なんとも嬉しそうなお顔でした。 こういうプレゼントも想い出に残りますね。 是非、参考にしてみてください。

次の