小林 由依 朝顔。 【監察医 朝顔】ネタバレあらすじと原作の結末。ラスボスはあの犯人!

ドラマ【監察医 朝顔】第8話ネタバレ感想|衝撃のラストに朝顔が震える

小林 由依 朝顔

『監察医 朝顔』の基本情報• タイトル:監察医 朝顔• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• 主演:上野樹里• ジャンル:ヒューマンドラマ• 放送局:フジテレビ系• 放映日時:月曜 21:00 — 21:54• 監察医の万木朝顔(上野樹里)とその父親、万木平(時任三郎)の刑事が向き合う、心暖まるヒューマンドラマです。 監察医と刑事のそれぞれの目線から、事件を紐解くサスペンスの要素もあるので、刑事ドラマのようなハラハラとした展開も魅力のドラマです。 キャスト一覧• 万木朝顔(まき・あさがお):上野樹里 興雲(こううん)大学の新米法医学者• 万木平(まき・たいら):時任三郎 朝顔の父親・ 刑事• 万木里子 (まき・さとこ):石田ひかり 朝顔の母• 桑原真也(くわはら・しんや):風間俊介 朝顔の恋人・強行犯係配属の新米刑事• 高橋涼介(たかはし・りょうすけ):中尾明慶 臨床検査技師• 森本琢磨(もりもと・たくま):森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr. ) 強行犯係刑事・平の同僚• 愛川江梨花(あいかわ・えりか):坂ノ上茜 強行犯係の新米刑事• 山倉伸彦(やまくら・のぶひこ):戸次重幸 強行犯係の係長• 藤堂絵美(とうどう・えみ):平岩紙 興雲大学の法歯学者• 伊東純(いとう・じゅん)・三宅弘城 優秀な検視官• 藤堂雅史(とうどう・まさし):板尾創路 絵美の夫・興雲大学ベテラン法医学者• 夏目茶子(なつめ・ちゃこ):山口智子 興雲大学の法医学教室の主任教授• 嶋田浩之(しまだ・ひろゆき):柄本明 朝顔の母方の祖父• 浅井三郎:きづき もんじゃ焼き屋「さぶちゃん」の店主• 小野佳代:喜多乃愛 もんじゃ焼き屋の店員• 渡辺英子:宮本茉由 鑑識係• 沖田崇徳:藤原季節 鑑識係• 岡島浩司:斉藤陽一郎 野毛山署強行犯係刑事• 本宮:神尾祐 神奈川県警捜査1課長• 丸屋大作:杉本哲太(6話から登場) 伊東純の後任の検視官• 熊田祥太:田川隼嗣(6話から登場) アルバイトとして法医学教室に勤務、医学部生• 桑原つぐみ:加藤柚凪(5話から登場) 4歳になる朝顔と真也の娘• 市川右團次:神崎譲治(8話から登場) 神奈川県警捜査一課刑事、平が捜査一課にいた時の相棒• 結衣:松長ゆり子 浅井三郎の妻• 健:阿久津慶人 浅井三郎と結衣の子ども(長男)• 陽斗:遠藤千空 三郎と結衣の子ども(次男) 1話ゲスト• 桜井恵子:演者不明 倉庫で溺死していた女性• 桜井明彦:辻本耕志 倉庫で発見された30代後半女性・恵子の夫• 桜井早紀:粟野咲莉 明彦の10歳のひとり娘 2話ゲスト• 名前すら分からない身元不明の遺体:川瀬陽太 3話ゲスト• 井上幸二:三船海斗• 矢神:宇梶剛士 平が情報を得るために喫茶店で会った男 4話ゲスト• 松田千佳:本間彩子 青酸カリウムによる中毒で死亡していた女性• 小野寺:神野三鈴 救急救命医 5話ゲスト• 中島修三 70代の男性と推定されていた遺体• 中島雄平:岡田義徳 修三の息子 6話ゲスト• 黒岩雅樹:岡部光祐 居間で首をつって死んだ家の主人• 多江:片岡礼子 寝室で死んでいた雅樹の妻• 友里:小林星蘭 第一発見者は黒岩家の次女• 美咲:恒松祐里 黒岩家の長女• 今野:上島竜兵 マンホール泥棒をした犯人 7話ゲスト• 白川亜里沙:有森也実 裁判の被告人• 石田希子:山本未來 検事 8話ゲスト• 山本達哉:渡辺翔太(Snow Man/ジャニーズJr. ) 死んだ莉奈の夫• 山本莉奈:小林由依 亡くなった23歳の主婦 9話ゲスト• まい:田中シェン 保育士 10話ゲスト• 赤井啓介:笠原秀幸 建設会社勤務の現場監督 11話(最終回)ゲスト• 吉野:村田雄浩 土砂災害で母を失った遺族 スタッフ一覧• 原作:監察医 朝顔 作者:香川まさひと 漫画:木村直巳 監修:佐藤喜宣 出版社:実業之日本社 雑誌・レーベル:マンサンコミックス• 音楽:得田真裕• 主題歌 曲名:朝顔 歌手:折坂悠太 レーベル:のろしレコード• 法医学監修:上村公一(東京医科歯科大学)• 法歯学取材:斎藤久子(千葉大学)• 演出:平野眞(『黄昏流星群』『Chef~三ツ星の給食~』『ショムニ』シリーズ、『HERO』シリーズ) 澤田鎌作(『犬神家の一族』『ミス・パイロット』『CHANGE』『西遊記』)• 制作:フジテレビ 各話の視聴率 『監察医 朝顔』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 朝顔は、優秀な法医学者で、警察からの依頼で解剖を担当する監察医をしています。 新米ながら腕はとても優秀で、なおかつ自身の実の母親を東日本大震災で亡くしたという悲しい境遇から、刑事である父親・万木平とともに遺体が語りかける最後の声に真摯に耳を傾ける、というストーリーです。 原作でも、実の母親を亡くしていますが、設定が少し違います。 原作では阪神淡路大震災で亡くし、病院で遺体と対面していますが、ドラマでは東日本大震災で行方不明となり、未だに遺体すら見つかっていないという設定です。 そのぽっかりと空いた母親の穴を、二人で少しでもお互いに補いながら埋めていくように、私生活においても、仕事の面でも寄り添いあい、協力しながらいろんなケースの遺体と向き合うことで自分の心にも整理をつけていく、という流れになりそうです。 月曜9時のドラマ枠ということもあり、恋人の桑原真也(風間俊介)との出会いや、恋人が抱えるトラウマも織り交ぜつつ、最終的には探し続けてきたお母さんの遺体が見つかり、死因も解明されたことによって、さらに監察医としても人間としても一歩成長させてもらえ、恋人とも幸せの一歩を踏み出そう、という結末になるのではないかと予想します。 『監察医 朝顔』各話のあらすじ 2019年7月8日からフジテレビ系にて放送開始された上野樹里さん主演の連続ドラマ『監察医 朝顔』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 異色タッグの親子が、遺体に残された真実に挑む!この夏一番の感動作がついにスタート!! — フジテレビ fujitv 第1話では、「のだめカンタービレ」以来、13年ぶりに「フジ月9」に登場した上野樹里さんの若さが見どころです。 「のだめ」での音大生役がキャビキャビした女子大生でなかったこともあってか、13年という年の長さを感じません。 上野樹里さん、今でも女子大生役、違和感なく出来そうですね。 天真爛漫で傍若無人に見えますが、解剖場面で失神したり、猫が苦手だったりして、好い味を出しています。 関連記事 3話のあらすじネタバレ 夜9時~放送 『監察医 朝顔 #03』 4人の身元不明の遺体が法医学教室に 県警本部と合同捜査開始 法医と警察が力を合わせて突き止めた、予想外の真実とは — フジテレビ fujitv 第3話では、夏目茶子役の山口智子さんが、どんどん周囲に馴染んで来て、綺麗に見えてきたところが見どころです。 最後の1体の解剖を指名されて、自分の鼻に人差し指を当てて微笑む姿が妙に可愛かったですね。 隠された謎に悪意がひそむ…!朝顔に命の危機が迫る!法医学教室が大混乱に! — フジテレビ fujitv 第4話では、正式な結婚前ということで、いろいろな問題を抱えているにせよ、とりあえず、朝顔と桑原が、赤ちゃんができたことを喜ぶところが見どころです。 妊娠により、今後、朝顔の動きが制限されるはずなので、これからの心理描写(演技)に期待したいと思います。 残されたものの、複雑な思いを前に法医学教室は…。 そして結婚を前に朝顔、旅立ちの日…。 父の涙。 — フジテレビ fujitv 第5話では、朝顔の娘・つぐみ役の加藤柚凪ちゃんの可愛らしさが見どころです。 赤ん坊時代の子育てを省略して、一気に保育園に通う年齢につぐみは育っています。 夫婦殺人事件に挑む朝顔…、しかしそこには幼い姉妹が残されて…。 曲者検視官も登場!隠された悲しい秘密とは…。 — フジテレビ fujitv 第6話では、新任の検視官・丸屋に、「遺体に触るな」と叱られて帰ろうとする朝顔が、帰れとは言っていないと引き止められて、それで、臨場している父・平の背後に滑り込んで隠れようとするところが妙に可愛らしくて、それが見どころです。 朝顔は裁判に!100億の美魔女裁判で、女検事と三つ巴!一審無罪を覆せるか?父が持ち帰るのは… — フジテレビ fujitv 第7話では、安岡光子役の志田未来さんが吹き鳴らす「けたたましい笛」が見どころです。 笛を吹いて、朝顔に群がる報道陣を蹴散らす「光子先生」の顔が怖かったです。 『不詳の死』のご遺体が運ばれる!朝顔、力を尽くすが、ついに手詰まり!? 父は、孫とデートの日。 夏の終わりに大宴会が…。 — フジテレビ fujitv 第8話では、事前に番組制作側からアピールがあった小野佳代役、喜多乃愛さんの浴衣姿が見どころです。 そこそこのイケメン(三郎談)と、花火デートに行くという「小野ちゃん」が可愛かったですね。 友人が容疑者!? ご遺体を前に、朝顔は解剖できるのか!? 法医として追い詰められる…。 — フジテレビ fujitv 第9話では、かつてアルバイト学生だった安岡光子(志田未来)が、今のアルバイト学生、クマ(熊田祥太)を使って、階段落ちの実証実験をするところが見どころです。 光子先生、法医学教室を仕切ります。 大先輩の藤堂夫婦も巻き込んで、陣頭指揮をとります。 最後にして最大の悲劇を前に万木家は…! — フジテレビ fujitv 第10話では、まず、朝顔の解剖室掃除を褒めた茶子先生が、そのまま石焼き芋ひとつの報酬で、大学(医学部一年生)講義の代行をさせてしまうところが見どころです。 それも、明日明後日の二日間の講義。 交渉上手な茶子先生の剛腕ぶりが光りました。 法医学者とは何かを、朝顔に再確認させようという講義依頼(押し付け)でしたが、茶子先生の狙いは、どうやら当たりましたね。 特にこれといった新しい見せ場はありません。 身元不明の高齢者の遺体は、結局身元不明のままですし、法医学者としての生き様の問題も、これまでの繰り返し(同じ映像)です。 全体像を俯瞰するには、ことさら、特別編で際立った事件(事柄)を拵(こしら)えない方が良いという制作側の判断があったものと思われますね。 関連記事.

次の

【監察医 朝顔】7話ネタバレと感想。遺された手袋の意味。8月26日放送!

小林 由依 朝顔

ドラマ【監察医 朝顔】8話のあらすじ 朝顔(上野樹里)は、東北から戻って以来、働き詰めの日々を送っている父・平(時任三郎)を心配していた。 桑原(風間俊介)によれば、野毛山署強行犯係の他の署員の捜査も手伝っているのだという。 朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、藤堂(板尾創路)が、高橋(中尾明慶)や熊田(田川隼嗣)に息子の夏休みの宿題を手伝わせていた。 それを知った絵美(平岩紙)は、息子に甘い藤堂を叱りつけ、「全部自分でやらせるの!」と言い放つ。 するとそこに、解剖の依頼が入る。 茶子(山口智子)は、朝顔と光子(志田未来)に執刀を指示した。 遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)。 自宅で倒れているところを夫の達哉(渡辺翔太)が発見したもので、その時にはすでに死んでいたという。 朝顔たちは丹念に遺体を調べ、死因を特定しようとした。 だが、脳底部の内頸動脈が細くなっていたものの、外傷や病変は発見できなかった。 莉奈は、亡くなる前に貧血とめまいで倒れ、入院していた。 病院側は、続けて検査入院をするよう勧めたが、3歳の娘がいることや、入院費が払えないことを理由に通院を希望したらしい。 一方、桑原は、神奈川県警への初出勤の日を迎える。 そこで桑原が出会ったのは、かつて平とコンビを組んでいた捜査一課の刑事・神崎譲治(市川右團次)だった。 そんな折、法医学教師にやってきた達哉は、莉奈は医療ミスで死んだ、と言い出し……。 前回のドラマ【監察医 朝顔】 山本莉奈の死因 不明 解剖の過程 一般的な解剖をした結果、どこも異常がないことがわかる。 そこで脳を取り出して調べてみるが、明らかな病変は見つからなかった。 ただ、脳底部の内頸動脈かなり細くなっていることがわかる。 しかし、直接的死因とは言えず、朝顔は残された最後の可能性として、脊髄の解剖をしたいと茶子に願う。 全員で再解剖に立会い調べていった結果、やはり異常は見当たらなかった。 その後 夫の達哉にみんなで死因の特定ができなかったと報告する。 分からなかったことに肩を落とす達哉に、朝顔はある話をする。 なので、 娘も一度検査をしたほうがよいと勧め、早期に発見して手術をしたら治る病気だと伝えたのだった。 ドラマ【監察医 朝顔】8話の感想 今回の話は最後が衝撃的な終わり方をします。 朝顔の幼馴染であるさぶちゃんこと 三郎の妻、結衣が運びこまれてきます。 監察医という仕事柄、確かにこういうシチュエーションになる可能性は十分あります。 朝顔は自分で解剖をしようとしますが、手が震えて解剖する器具を落としてしまいます。 それを見た茶子が「邪魔だから出ていきなさい」と言って取り上げるところで終わります。 途中で朝顔の親しい人たちが集まって食事をします。 みんなで花火を見たり、子供も大人も一緒になって楽しみます。 これがまさか最後へのフラグだと思っていませんでした。 と、言いますか、 ここまで関わってくるキャラだと思ってませんでした。 亡くなった里子と育つつぐみ、この対比が死とは何か、生とは何か?それを考えさせてくれます。 それを朝顔もお父さんのやりたいことをやってと、一切の非難もせずに受け入れるところに好感が持てます。 今回の遺体について 朝顔が遺体を解剖してみると外傷もなく、内臓にも異常が見当たりませんでした。 どういった人物がどういった状況で亡くなったのか?そして詳細を調べていく過程はこんな感じでした。 亡くなる前に入院していた• 1週間前に退院• 入院の理由は貧血とめまい• 検査入院を勧められたが入院費が払えないし小さな子供がいたので通院希望• 朝まで普通に過ごしてたが、昼には死亡していた• 通院している時は、亡くなるほど重篤な様子ではなかった• 夫婦仲は良かった• 母親が急死している• 入院した時に薬を飲んで吐いた 病院に通院はしていたようですが、死因になるような病気にかかっていたわけではないようです。 ただ、脳を調べたところ脳底部の内頚動脈がかなり細いということがわかりました。 しかし、これが死因とは考えにくいそうです。 この段階で朝顔は解剖所見から外傷や病変は発見できず、 現段階では明確な死因を特定できないと言います。 検視の丸屋も現場に不審な点はなかったと言います。 死因を特定するのが朝顔たちの仕事でもあるので、ここから死因を特定するための奮闘が始まります。 脳を詳しく調べるためホルマリンで固定する• 血液検査で不審な薬物がないか調べる• 組織片を調べる• 脳内を調べる• 脊髄を調べる 通常の解剖では脊髄を調べることはないそうです。 恐らくそれを調べる以前に、どこかしらに死因となるものが出て来るからではないかと思います。 今回は一回目の解剖で死因が特定できなかったので、 再解剖する際に脊髄まで調べることにしました。 朝顔もですが今回は光子が死因を何としても特定したいと、妙に張り切ります。 残された夫や娘がかわいそうというのが理由ですが、出てき始めたころの光子から随分変わったなと思いました。 このもやもや病とはどういう病気なのか?ドラマ内で朝顔たちが言っていたことをまとめます。 全く休みを取らないで朝から晩まで働く• 手袋が見つかったそばを捜すのができない• 幸せ過ぎて里子に申し訳ない• この幸せを里子も味わえるはずだったのに 孫のつぐみと遊びに行ったその日に、平は自宅に食事をしに来た茶子と二人で話します。 幸せを感じることで里子がいない寂しさや悔しさを感じ、そんな自分を情けないと言います。 複雑な心境の平に茶子は寄り添って、こう話します。 「私は平さんのこと、情けないなんて思いません。 たまには立ち止まることぐらいありますよ。 自分がホントにやりたいことって、何なんでしょうね?私もいまだに探してますよ。 何なんだろうなって、ここに問い掛けて。 また問い掛けて。 でも、たまには立ち止まってスゥーハァーって大きく息を吸って。 で、また問い掛け続ける。 自分のホントの声にたどりつくための旅、みたいなもんでしょうかね。 」 平のやりたいことは何なのか?手袋が見つかったのだから、そのそばを捜せばさらに何か出てくるかもしれないのに捜せない。 このドラマはゆっくりとでもいい、その人のペースでやりたいことをやるのが、自分の幸せだとよく教えてくれます。 この茶子のアドバイスを受けて、平は朝顔にこう話します。 「朝顔。 お父さん、お母さんを捜すのやめない。 お母さん見つかるまで捜すことにした。 いずれは向こうに住んで捜すことになると思う」 「分かった。 お父さんのやりたいことやってほしい。 それを聞いた朝顔は、父がやりたいことをするのが自分にとっても幸せと、いった感じで反対しません。 ドラマ【監察医 朝顔】8話のその他気になったこと• 雅史の息子の夏休みの宿題を手伝うメンバー• 今からヘチマの観察日記は無理• 近所で買ったお土産を持ってくる光子• トイレで洗ってない手で握手を求められて困惑する桑原• つぐみの中ではカモメはカメモ• 油性マジックでいたずら書きをするつぐみ ドラマ【監察医 朝顔】8話のまとめ 今回一番の見どころはラストだと思います。 入念にラストへ向けて話が作られていました。 最初に運ばれて来た遺体、朝顔の家での食事会、その全てに意味があります。 監察医という仕事はこういうとき、本当に辛い仕事だなと思います。 朝顔は懸命に向き合おうとしますが、気持ちとは裏腹に体が言うことを聞きません。 茶子に止められ外に出るよう言われます。 次回の予告を見る限り、事件性を匂わせてきますが、事件であったらそれこそ朝顔は深い悲しみに襲われること間違いなしです。 真相がどうあれ、悲しい話になる予感しかしない次回です。 また視聴してみたいと思います。

次の

監察医 朝顔8話ネタバレ感想!~無念の不詳の死~無料で1話~8話見逃し動画を見る方法|ドラマ情報サイトのドラマイル

小林 由依 朝顔

朝顔(上野樹里)は、東北から戻って以来、働き詰めの日々を送っている父・平(時任三郎)を心配していた。 桑原(風間俊介)によれば、野毛山署強行犯係の他の署員の捜査も手伝っているのだという。 朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、藤堂(板尾創路)が、高橋(中尾明慶)や熊田(田川隼嗣)に息子の夏休みの宿題を手伝わせていた。 それを知った絵美(平岩紙)は、息子に甘い藤堂を叱りつけ「全部自分でやらせるの!」と言い放つ。 するとそこに、解剖の依頼が入る。 茶子(山口智子)は、朝顔と光子(志田未来)に執刀を指示した。 遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)。 自宅で倒れているところを夫の達哉(渡辺翔太)が発見したもので、その時にはすでに死んでいたという。 朝顔たちは丹念に遺体を調べ、死因を特定しようとした。 だが、脳底部の内頸動脈が細くなっていたものの、外傷や病変は発見できなかった。 莉奈は、亡くなる前に貧血とめまいで倒れ、入院していた。 病院側は、続けて検査入院をするよう勧めたが、3歳の娘がいることや、入院費が払えないことを理由に通院を希望したらしい。 一方、桑原は、神奈川県警への初出勤の日を迎える。 そこで桑原が出会ったのは、かつて平とコンビを組んでいた捜査一課の刑事・神崎譲治(市川右團次)だった。 そんな折、法医学教室にやってきた達哉は、莉奈は医療ミスで死んだ、と言い出し・・・。

次の