サイニー。 「サイニー」に関するQ&A

「CiNiiから論文が消えた」 研究者に困惑広がる

サイニー

9 2位 アリーナオフェンス 4. 9 2位 アリーナディフェンス 4. 6 4位 クランボス 4. 3 8位 アイスゴーレムの山 4. 7 4位 ドラゴンの巣 4. 8 3位 スパイダーの巣 4. 9 2位 炎の騎士の城 3. 4 17位 ミノタウロスの迷宮 4. 8 3位 理力の間 4. 7 4位 魔力の間 4. 7 4位 精神の間 4. 3 8位 虚空の間 4. 7 4位 スキル おすすめの秘伝.

次の

科学の友フェミニズム:アンジェラ・サイニー『科学の女性差別とたたかう――脳科学から人類の進化史まで』(作品社、2019)

サイニー

論文のPDFファイルが見られなくなる サイニーは、学術論文の電子化事業「NII-ELS」の開始に伴って、1997年にオープン。 これまで428の学会の1400種類の雑誌、計362万もの論文を電子化してきた。 研究者はもちろん、卒業論文の執筆を控えた大学生にも広く知られている。 2017年4月5日早朝ごろから、このサイニーが「廃止されるらしい」との噂がツイッターを騒がせた。 「CiNii」というワードは一時、ツイッタートレンドにも入り、 「めちゃくちゃ困る」 「本気で言ってるの?」 「まじでやばいでしょ」 と悲鳴にも似た反応が相次いだ。 噂は本当なのか。 サイニーを運営する国立情報学研究所の担当者は5日、 先般、国より論文電子化の支援として科学技術振興機構(JST)が運営する「J-STAGE」に一本化する方針が打ち出され、その方針の下、NII-ELSの終了とJ-STAGEをはじめとするサービスへの移行スケジュールが定められました。 この移行スケジュールに従って2017年3月末でNII-ELSは終了し、これに伴い、CiNii ArticlesでもNII-ELSを通じて公開されていた論文のPDFデータの提供を終了しました。 しかしながら、移行作業が終了していない学会の論文については、移行元ならびに移行先のどちらにおいても論文が入手できない状況が生じています。 NIIはこれまで、移行作業のサポートとして、CiNii Articlesに搭載されたデータの抽出と移行先への提供を行っており、今後も引き続き技術面でのサポート等を行うことで早期の移行に協力する所存です。 移行が完了した論文についてはCiNii Articlesの検索対象となり、入手するためのリンクが表示されるようになります。 移行完了の時期については、移行先サービスのスケジュールに依存します。 とコメントした。 同研究所は公式サイトで、 「この度、学・協会誌の電子化に対する国の支援はJ-STAGEに一本化するという国の方針が示され、また、JSTがJ-STAGE Lite(仮称)という、ELS参加学・協会誌の登録が可能なプラットフォームの開発に着手することが明らかにされたため」 との移行理由を説明している。 (追記 2017年4月5日17時20分)国立情報学研究所のコメント部分を一部差し替えました。

次の

科学の友フェミニズム:アンジェラ・サイニー『科学の女性差別とたたかう――脳科学から人類の進化史まで』(作品社、2019)

サイニー

はじめに 化粧品やトイレタリー製品の多くのカテゴリーは、市場自体の大きな伸びが見込めない成熟した市場です。 成熟した市場では、各社がシェア獲得のため、既存商品の改良や新ブランド参入に必要な新素材の開発に余念がありません。 しかし、成熟した市場では、すでに技術革新がある程度頂点に達しており、新素材が常に手に入るとは限らないのです。 そこで、戦略として、嗜好の良い新しい香りや、商品コンセプトをサポートするような香りを採用することで、その商品の新規性を表現するといった方法も良く使われています。 つまり、香りがその商品の主な改良ポイントとなるケースも良くある事なのです。 成熟した市場での商品開発は、まず、消費者の意向を把握する事から始まります。 それは、その調査結果が、その後の開発の行方を左右する重要な要素となるからです。 1.嗅覚の特異性を念頭に、香りの嗜好調査で考慮すべき事 2.香りの開発段階での嗜好調査は、香りに特化した調査法が望ましい 3.香りに特化した嗜好調査法の一例の紹介 4.その嗜好調査法のシステムと分析方法 5.その嗜好調査法の有効利用 1.香りの嗜好調査に於いて考慮すべき事 a 人間の鼻は、同じ匂いには長く反応しない! 皆さんも日々の生活の中で経験していると思いますが、ある匂いの空間の中にしばらくいると、それまで感じていた匂いを余り感じなくなったという経験があるでしょう。 この事は、香りの嗜好調査に於いて考慮すべき重要な点です。 一つの香りに対して沢山の質問をすると鼻はなれてしまい曖昧な回答になる恐れがあります。 b 好きな匂いと、嫌いな匂いには敏感に反応する! 皆さんが匂いを意識するのはどんな時ですか? 何か気になる匂いがある時に瞬時に鼻が反応しませんか? その、気になる匂いとは、いやな匂い(危険を感じる、違和感のある匂いなど)と、好きな匂い(安心する、心地よい匂いなど)ではないですか? そして、それ以外の自分にとって気にならない匂いに対しては、鼻は余り敏感に反応しないのではないですか? 嗅覚は、危険を回避し、安全で落着く場所を求めるという、五感の中では比較的、動物的本能の感覚が強いと思われます。 この嗅覚の特異性により、人間は「好きな香り」と「嫌いな香り」に対しては、嗅いだ時の第一印象で、何故そう思うのかの理由を比較的容易に答えることが出来ます。 この事も、香りの嗜好調査に於いて考慮すべき重要な点です。 2.香りの開発段階での嗜好調査は、香りに特化した調査法が望ましい。 嗜好調査は、その目的により2つに分けられます。 (1 最終段階で、候補品の中から最終決定品を選ぶ為の嗜好調査 (2)開発段階で、開発の方向性を探る為の嗜好調査 多くの場合、調査会社が一般的に行っている調査手法で両者のテストが行われています。 調査会社が一般的に行っている調査法とは、様々な角度から沢山の質問をし、通常5段階評価で得らた回答を統計処理する方法です。 この手法は、香り以外の、例えば、デザイン、色、使用感など、目で見たり、触ったり、肌で感じられるテスト品については信頼出来る回答が期待できます。 しかし、香りに関しては課題も出てきます。 その為、一つの香りに対して沢山の質問をする調査手法だと、バイアスが生ずる恐れがあります。 特に、後者の「開発段階で、開発の方向性を探る嗜好調査」では、その調査結果が開発の行方を左右する大事な調査であり、出来るだけバイアスを少なく、パネラーの真意が引き出せる調査手法であることが必須です。 その為には、嗅覚の特異性を考慮し、香りに特化した調査法が望まれます。 評価法:サンプルボトルのポップ式のふたを押し上げて、ボトルを軽く何度か押しながら 香りをかいで評価をして下さい。 問1.7種類のシャンプーの中で、あなたが一番好きな香りはどれですか? 一番好きと感じたサンプル番号を一つだけお選びください。 一番好きな香り: T S P H G E K 問2.あなたが、問1で選んだサンプルの香りを一番好きと感じた理由をお聞かせください。 下記の中からいくつでもお選びください。 一番嫌いな香り: T S P H G E K 問4.あなたが、問3で選んだサンプルの香りを一番嫌いと感じた理由をお聞かせください。 下記の中からいくつでもお選びください。 テスト品は当時の売れ筋シャンプー7製品。 (参照2)分析表の作り方 (参照3)分析表の例 (参照2)分析表の作り方 (参照3)分析表の例 (2)各テスト品の分析は、 それぞれのテストコード名を結び、その結んだ形を5つの基本型に照らし合わせて判断します。 (参照4)分析の例として、サンプル「T」の分析表 (参照5)嗜好傾向を表す5つの基本型 (参照4)分析の例として、サンプル「T」の分析表 (参照5)嗜好傾向を表す5つの基本型 c 以上の「分析表」を各サンプルごとに作成し、次に、各サンプルごとの結果の要約を作成します。 例として、テストサンプルの結果の要約を参照して下さい。 (参照6)テストサンプルのテスト結果の要約 (参照6)テストサンプルのテスト結果の要約 d 「分析表」で各サンプルごとの結果をまとめたら、次に、サンプル同士の比較も行います。 e 次に、問2の好きな理由と、問4の嫌いな理由の対比表を作成します。 FM法では、質問票の好きな理由の項目と嫌いな理由の項目が対比するように構成されています。 それは「好きと嫌いの対比表」作成で、一つの香りに対して、消費者の反応の違いを分かりやすくする為です。 それには、上記の各テスト品の「好きと嫌いの対比表」と、事前に調べてある各テスト品の「香りの構成素材」を照らし合わせ、どの香りの要素がそれらの好かれる部分、嫌われる部分に該当するかの特定を行います。 g 以上を総合し、どんなタイプの香りを創作するかの方向性を決定します。 実は、香りの開発では、どのタイプの香りにするかという香りの方向を決めるのが一番難しい事なのです。 今の様な成熟した市場では、プロの経験だけに頼って香りの方向性を決定するのは危険です。 嗜好調査など客観的なデータをプロの経験を通して分析するのが賢明でしょう。 おわりに 香りの嗜好調査「FM法」は、筆者、深町が外資系香料メーカー在職中に考案したもので、各種のプロジェクトや定期的なトレンド分析に利用し、実績を積み重ねてきた嗜好調査法です。 沢山の質問をしないことが特長のため、一般的に行われている嗜好調査の統計処理は出来ません。 それ故、この調査法でのテストの企画、準備、結果分析を行う担当者は、香りの評価が出来、市場の状況も理解している「香りのプロ」であることが必須です。 消費者の意向も多様化する中、香りのプロ達は、定期的な嗜好調査を実施することにより、消費者との意識のズレを調整する日々の努力が大切です。 Copyright C 2010 Fukamachi FMC Office.

次の