ご 丁寧 に ご 連絡。 「ご丁寧なご連絡をいただきありがとうございました。」は変...

ご連絡ありがとうございますの英語|ビジネスやメールでも役立つ8例文

ご 丁寧 に ご 連絡

尊敬語は先輩や上司など自分より目上の人に使い、相手を自分より高める効果があります。 一方、謙譲語は目上の人に対して自分を下げることで、相手を高める効果を発揮しています。 丁寧語は語尾が「だ。 」「である。 」といった表現を「です。 」あるいは「ます。 」に変えることで、相手に対して丁寧な印象を与えます。 これらの敬語を曖昧に使わないためにも一つ一つの敬語表現の意味と違いをよく理解し、実際の例文を通して学ぶ必要があるのです。 そこで今回はよく使われる敬語表現として「ご連絡ください」についてまとめました。 相手からの返事を求める表現です。 この記事を通して各々の敬語表現の違いを正しく理解して、ぜひビジネス現場に生かしてください。 ビジネスの場面に限らず相手に何か連絡や返事を求めるとき、あるいは自分からその旨を連絡したい時によく使われるのが「ご連絡ください」の敬語表現です。 皆さんは正しい意味をご存知ですか。 なんとなく使い分けている方も多いはずです。 まず、「連絡」を少し丁寧にしたものが「ご連絡」です。 目上の方に返事を求める時は後者を使うのがふつうです。 相手により丁寧な印象を持たせることができます。 次に文章としての「ご連絡ください」ですが、一般的に「ご連絡ください」は実際に使われる方も多く、ビジネスマナーや敬語表現として間違った表現ではありません。 ただ、「ご連絡ください」の「ください」の部分がどうしても相手に強い印象を与えてしまうので、全体的に強引な印象を与えます。

次の

「連絡してください」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

ご 丁寧 に ご 連絡

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の

「ご連絡」の正しい敬語表現とは?目上への使い方と注意点を紹介

ご 丁寧 に ご 連絡

「連絡を取る」という言葉は社会人になると使う事の頻度が増えてくる言葉の1つでもあります。 小さい時からでも連絡を取ると言う言葉は使う機会は割とありますが、社会人において連絡を取るという言葉と行為は信頼関係をより良く築き上げていくためにも必須です。 そんな重要な「連絡を取る」という言葉ですが、実際に連絡を取るにしても、単語を使うにしても、正しい敬語表現で相手に伝えることができているかも社会人としては意識しなければなりません。 1度考えてしまうと、どの敬語が正しい敬語表現なのかわからなくなってしまうという事も経験されたこともある事でしょう。 単語として分けて敬語を考える 敬語を考える前に単語として相手を尊重した敬語に直すことができるのかの確認も大事になってきます。 「連絡」を敬語でどのように表現するべきなのか、「取る」をどのように敬語表現とするべきなのかと言ったように、単語ごとに分けて考えていくことも敬語表現を考える際には大切な考え方ともなってきます。 しかし日本語は語句内に同じような敬語表現が重なってしまうと「二重敬語」として相手に過剰に伝わってしまう事もあります。 正しい敬語表現を身に着けて相手に意図しない感情を伝えないように心がけましょう。 「連絡を取る」-敬語での使い方 「連絡を取る」という言葉について敬語表現を確かめる前には、少なからず敬語とは何かという事から知っておく必要があります。 「連絡」「取る」のどちらをいかにして敬語に表現させることができるかを基礎から考えて応用をしていく段階があります。 敬語表現は基礎から考えることにより「連絡を取る」以外にも使い勝手が良くなります。 では実際に敬語とはどういうものなのか、敬語の種類から考えて述べてどのように「連絡を取る」という言葉を敬語表現にすることができるのかを考えていきましょう。 敬語の種類 敬語表現としてどのように相手に伝えるかを考えた際、敬語とはどういうものかを知っておく必要があります。 敬語には3種類あり「丁寧語・尊敬語・謙譲語」とある事は聞いたことがある事でしょう。 この3種類も定義というものがあり、こういう形で表すことができれば「敬語」というように決まりがあります。 丁寧語は単語の初めに「お・ご」を付ける事で言葉に柔らかみを加え、語尾に「ですます」で終わらせるような丁寧な言葉遣いを指します。 尊敬語と謙譲語は主語が誰に当たるかによって使い分ける必要があります。 相手が主語の場合は尊敬語で相手を持ち上げこちら側が主語であれば謙譲語でこちらが下手に表現することによって相手を尊重することができる言葉遣いとなります。 「連絡を取る」使い方 敬語の種類についどのような定義で分かれているかがご理解いただけた事でしょう。 敬語についての定義をご理解いただいた上で「連絡を取る」を敬語表現に直して伝えられるように考えていきましょう。 口頭で「連絡を取る」と伝える際、目上の方であれば正しい敬語表現が大切です。 丁寧語であれば「ご連絡を取ります」や「ご連絡します」と言うように柔らかく伝えることができます。 メールでの使い方 メールで「連絡を取る」という言葉を使う際は必ずあいさつ文から始まり本題として「こちらから追ってご連絡を取らせて頂きます」というように「連絡を取る」という言葉をのちに続く文に合わせて変化させることが大切です。 こちらから相手に対して正しい敬語表現は「ご連絡」と丁寧な言葉遣いとして使う事が大切です。 敬語として「連絡」は丁寧語で相手に伝えることが重要です。 「取る」という言葉も敬語表現として「お取りする」という言葉にしても、丁寧語と謙譲語の組み合わせなので二重敬語表現にもならず間違った表現にはなりません。 上記の場合「ご連絡をお取りします」というように表現することができます。 「連絡を取る」を敬語表現するときの例文 敬語についての種類を把握していただけた事でしょう。 敬語の定義がわかってはいてもどのように種類分けをして日常的に「連絡を取る」を変化させていけばいいのか不明な方も多くいる事でしょう。 そこでわかりやすく「連絡を取る」を敬語として表現させるために、敬語の定義分けごとに言葉を考えて変化させていきます。 それぞれの敬語の定義「丁寧語・尊敬語・謙譲語」で分けることにより変化についてわかりやすく簡潔に「連絡を取る」の敬語表現を考えることができます。 丁寧語 丁寧語の定義は単語の初めに「お・ご」と言った言葉を初めに付けて語尾を「ですます」で包み込む相手を尊重した言葉遣いの事を指しますが、「連絡を取る」を丁寧語という敬語表現ではどのように変化させることができるのかを考えていきましょう。 まず「連絡」という部分は「ご連絡」と言うように言い表すことができます。 「~を取る」という部分を丁寧語で表すには「~を取ります」と言うように「ですます調」で表現することができます。 丁寧語の場合、2つの単語を丁寧語で繋げても相手を敬う言葉遣いの二重ではないので二重敬語表現にはならずに「ご連絡を取ります」というように表現することができます。 尊敬語 それでは「連絡を取る」を尊敬語で表現するためにはどのように変化をさせれば良いのでしょうか。 尊敬語は相手が主語の場合に相手を敬った言葉の表現をする言葉遣いです。 尊敬語に「連絡をとる」を変化させるためには単語分けて単語ごとに尊敬語に表現することができるかを考えていく必要があります。 単語で分けるとなりますと先程と同様に「連絡」と「~を取る」というように分けて敬語を考えていくことになります。 「連絡」を尊敬語に表すときも丁寧語同様に「ご連絡」と言うように敬語表現することができ、「~を取る」を尊敬語に直すと「~をお取りになる」という表現になります。 謙譲語 敬語の種類ごとに「連絡を取る」という言葉を敬語に直すとすれば意外と簡単に考えられるのではないでしょうか。 謙譲語で「連絡を取る」という言葉を考えますと、「連絡」はそのまま「ご連絡」と敬語表現に直し「~を取る」という言葉は「~をお取りする」と表現が変わります。 繋げて表現すると、「ご連絡をお取りします」と言うように丁寧に謙譲語として表現することができます。 この場合「ご連絡」の「ご」は丁寧語として敬語表現することができる為、二重敬語の心配もありません。 「連絡を取る」-別の敬語表現例 いたします 「連絡を取る」という言葉を使わないで相手に伝えることができる言葉に「連絡いたします」という表現も浮かぶことではないでしょうか。 この言葉遣いはビジネスでも便利な言葉遣いでもあり、ビジネスシーンや目上の方との会話には「します」の謙譲語である「いたします」を用いて「ご連絡いたします」という表現が望ましい敬語表現方法と言えます。 「取る」を謙譲語として変化させた「お取りする」とは別に、「ご連絡します」という言葉のみを謙譲語表現として「ご連絡いたします」と変化させたように表現するシンプルで伝わりやすい言葉遣いでもあります。 連絡を取る相手に「ご連絡をお取りします」と伝えると、受け取り方によっては「こちら(先方)から連絡をしなければいけないのか」と疑問を生んでしまう表現は、発信はこちら(先方)側なのかと伝わってしまう可能性があります。 シンプルに「ご連絡いたします」という表現は、より相手にもわかりやすい言葉になります。 申し上げます 相手に「連絡を取る」の謙譲語として伝えることができる言葉には「ご連絡申し上げます」という表現もできます。 「差し上げます」とは違い、こちらから「します」のでご了承くださいという意味も込めての謙遜表現でもあるので、シンプルに相手に連絡を取らせて頂くと言う旨を伝えることができます。 「いたします」と「させていただく」 間違いやすい表現に「いたします」と「させて頂きます」の使い分けと言う所もあります。 「ご連絡いたします」と「ご連絡させて頂きます」ではニュアンスが全く異なります。 意味合いとしては「いたします」では決定事項であることに対して「させて頂きます」では「~しようと思うのですがよろしいでしょうか。 」と言うように相手に同意を求める言葉であるのです。 相談をしながら相手に「この日程にご連絡を取らせて頂きます」と確認事項として相手に伝えられますが、決定事項に対して相手に確認する場合は「この日程にご連絡いたします」というように表現することができます。 「連絡をとる」重要な事も敬語表現を.

次の