犬用 消臭剤。 犬の消臭スプレーおすすめランキング!意味のない消臭対策は今すぐやめましょう

気になるペットの臭いは消臭剤で対応!犬や猫におすすめしたい5選!|RELITEM by ユアマイスター

犬用 消臭剤

犬や猫等のペットを飼っている方の多くが臭いに悩まされていると思います。 犬は主に体臭、猫は基本的に自分できれいにグルーミングしているので体臭よりも糞尿臭で悩まれているのではないでしょうか? 管理人も犬と猫を飼っていますが、家を傷められないようにする事と臭い対策さえしっかりすればペットと一緒に暮らしていく上で幸せな事しかありません(お金の事は除いて) ここでは犬と猫の本当に基本的な臭い対策や知っておいて欲しい事、 ペット用の消臭剤とは一体どのようなものかという事を書いていきたいと思います。 ペットの体臭について 一般的に犬は体臭がきつくて猫は体臭があまりしないと言われます。 この理由は、犬にはアポクリン線という油分の多い皮脂を分泌する汗腺が体中にたくさんあり、この分泌物が酸化することによって毛穴をつまらせ、そこに細菌が集まることで体臭が発生すると言われています(猫のアポクリン線はアゴや尾の付根等にしかない上グルーミングに余念がない為ほとんど臭わない) そこで大事になってくるのが酸化した分泌物をしっかり落とす為のシャンプーです。 ちなみに管理人個人の考え方ですが、猫はよっぽど脂っぽくなりフケが出てきたりしない限りシャンプーをする必要はないと思っています。 ただ、犬はずっとシャンプーをせずにいると本当に臭うし皮膚もベタベタしてきて肌環境の悪化にもつながるので月1くらいで洗っています。 シャンプーについてですが、人間と犬や猫が大きく違うのは肌のpHです。 人間の肌は弱酸性なのに対して猫は中性~弱アルカリ性、犬は猫よりpHが高い弱アルカリ性ですので人間用のシャンプーは使わないようにしましょう。 その点さえ守っていれば、後は世の中に溢れているペット用シャンプーから自分がこれだと思う物を選べばいいと思います。 次にこれも非常に重要な事ですがシャンプーはしっかり洗い流す事です。 この点は人間と同じですが、洗い残しがあると洗いカスに雑菌等が繁殖して逆効果になります。 シャンプーのセレクト(値段や質)よりもしっかり洗い流す事の方がはるかに重要です。 最後にペットの体に消臭剤をかける人が結構いますがこれはあまりおすすめしません。 理由は危険だから・・・?半分正解ですがそれだけではありません。 確かに危険な消臭剤も多々あります。 けれども管理人がおすすめしている5種類のタイプの消臭剤の危険性は非常に低いです(人畜無害と説明している商品もありますが管理人は全く無害な物は存在しないと思っていますのであくまでも危険性が低く安全という表現が正しいと考えます) 時折、次亜塩素酸系や二酸化塩素系等の除菌力の高い消臭剤を使用すると皮膚に元々存在する常在菌を殺してしまうから駄目という植物系やバイオ系のメーカーもいますがこれも大きな間違いです。 常在菌は肌の奥に脂質に守られて存在している為、洗浄力の低い次亜塩素酸系や二酸化塩素系除菌消臭剤では除菌する事が難しいです。 アルコールや次亜塩素酸ナトリウム、界面活性剤入りの石鹸等のように洗浄力の高い物や脂肪を溶かしてしまう物と同じではない事を覚えておきましょう(これらは肌を傷つけますので絶対にNGですが常在菌は時間が経てばまた繁殖します) では何故おすすめしないかと言うと、消臭剤をふりかけたところでそれは一時凌ぎでしかないからです。 確かに一時的に臭いは消えますが、体が汚れていれば結局また臭ってきますので肌を清潔にしてあげたり、体の中から肌のコンディションを上げる為に食事を変えたりする事の方がはるかに重要です。 人間も同じではないでしょうか?体が臭うからといってずっと消臭剤を体にかけて生活しないと思います。 だから体臭対策に消臭剤はあまりおすすめしないのです。 ペットの排泄物の消臭対策 それではペットの飼い主が最も頭を悩ませているであろう排泄物(糞尿)の臭い対策です。 これは体臭とは逆で犬の糞尿の臭いは人間の物と大差なくそれほど強烈ではありません(臭いのは臭いですが)問題は猫です。 肉食動物だけあってその糞の臭いは強烈で、尿は臭いももちろん強烈ですが木や金属を短時間で腐食させる恐ろしさまで持っています。 まずどうして猫の尿の臭いが強烈なのかというと、独立行政法人理化学研究所と国立大学法人岩手大学が、2006年10月21日に「ネコの尿臭の原因となる化合物を生産するメカニズムを解明 — タンパク質「コーキシン」が臭いのもと「フェリニン」の生産を酵素として制御 -」というプレスリリースをだしているように 「コーキシン」と 「フェリニン」がキーワードになります。 流れとしては「コーキシン」というタンパク質が「フェリニン」というアミノ酸の一種の生成を促し、その「フェリニン」が分解する事により猫の尿特有の臭い成分3-メルカプト-3-メチル-1-ブタノールができるという事です。 ですので猫の尿の臭いを消すには3-メルカプト-3-メチル-1-ブタノールを分解する事はもちろんの事、「コーキシン」や「フェリニン」を分解できればなおの事よしという結論に達します。 さきほど説明した体臭対策同様、糞尿の消臭に関しても臭いの元を取り除く事が一番重要なのは疑う余地がありませんが、糞尿の掃除には消臭剤も合わせて使用するのが望ましいです。 次亜塩素酸系、二酸化塩素系、バイオ系の消臭剤は先述した「コーキシン」や「フェリニン」を分解する力もありますし(特に次亜塩素酸系、二酸化塩素系は即効性がある)放出された悪臭も分解できます。 60度以上のお湯でもタンパク質の熱変性が起こるので「コーキシン」の分解に期待できます。 糞尿の消臭対策におすすめするのは次亜塩素酸系、二酸化塩素系、バイオ系の消臭剤です。 これらの消臭剤は強力な消臭力を持ちながら、安全性も高いので人間よりも弱いペットに対しても十分使用できます(二酸化塩素系で管理人がおすすめしているのはクレベリンスプレーなのですが、クレベリンスプレーの安全性はやや低いのでペットが舐めたりしないように使用してください。 その他の安定化二酸化塩素系なら効果は落ちますが安全性は比較的高いです)。 最後によくペット用消臭剤~というのを見る事も多いですが、悪臭の成分というのは糞尿臭に限らず基本的に決まっています。 少し変わっているといえば猫の尿に含まれる「コーキシン」や「フェリニン」くらいの物ですが、これもそれ単体で臭いを放つものではなく結局は3-メルカプト-3-メチル-1-ブタノールが臭うだけの事ですし、次亜塩素酸系、二酸化塩素系、バイオ系なら分解可能です。 世の中にはペット用~という言葉がつくだけで価格を上乗せできると思っているメーカーも多いので皆さん気をつけてくださいね(シャンプーは別ですが) ・ ・ ・.

次の

気になるペットの臭いは消臭剤で対応!犬や猫におすすめしたい5選!|RELITEM by ユアマイスター

犬用 消臭剤

出典: 置き型タイプの犬用消臭剤は、部屋に置くだけで消臭し、さわやかな空間を保つことができるアイテムです。 ペットが普段過ごしている場所や、トイレ周辺など、臭いが発生しやすい場所に置くのがおすすめです。 置き型タイプは、間違ってペットが口にすることがないように、ペットが届かない場所に設置しましょう。 消したい臭いにあわせて選ぶ 期待する消臭効果を得るためには、消したい臭いに特化した商品を選ぶのがおすすめです。 犬の体臭が気になるのか、トイレ臭が気になるのか、食器に残る臭いが気になるのかなど、臭いの種類によって選ぶべき商品が異なります。 例えば、犬の体臭が気になる方は、希釈して直接犬にスプレーできたり、シャンプーとして使える商品がおすすめです。 トイレ臭に悩む方には、犬のおしっこ・うんち専用の消臭剤を選びましょう。 香りが少ないものを選ぶ 犬用消臭剤には、無香料タイプと香り付きタイプがあります。 香り付きタイプは、部屋を良い香りで包んでくれることがメリットですが、香りが強すぎると犬のストレスになる可能性があるので注意が必要です。 できるだけ、香りが少ないタイプを選ぶのがおすすめです。 犬が舐めても安心なものがおすすめ.

次の

犬用消臭剤の選び方とおすすめ消臭剤6選

犬用 消臭剤

ペットを飼っている家の悩みとして多いのが、部屋に染み付く臭いの問題です。 特に、室内飼いの犬や猫は家中を自由に歩き回ったり寝転んだりするため、部屋に臭いが残りやすくなります。 シャンプーの頻度を増やしたり、部屋をこまめに掃除したりと手を尽くしても、頑固なペット臭はなかなか消えてくれないものです。 そんなときに役立つおすすめのアイテムが「 ペット用消臭剤」です。 ペット用消臭剤を使用することで、部屋に付いたペット臭を簡単に軽減させることができます。 今回は「 ペットの臭い消しをする方法が知りたい」「 なるべく安全な消臭剤が欲しい」という飼い主さんに向けて、犬と猫用の消臭剤の種類や選び方、おすすめの商品をご紹介していきます。 ペット用消臭剤にはどんな種類があるの? ペット用消臭剤にはさまざまな種類がありますが、代表的なのは「 置き型タイプ」「 スプレータイプ」の2種類です。 それぞれにどのような特徴があるのかを知り、自分の家に合ったペット用消臭剤を選びましょう。 置き型タイプ 置き型タイプの消臭剤は、 部屋や 玄関、 トイレなどに 置いておくだけで、 手軽に消臭ができることが特徴です。 即効性はありませんが、 消臭力が 持続するため、いつでもペット臭を吸収・消臭してくれます。 部屋にこもりやすいペット特有の臭いも軽減してくれるので、急な来客があっても安心です。 また、商品によってはインテリアとしても活用できるので、消臭しながら 部屋をおしゃれな空間にすることができます。 ただ、まれに ペットが誤って口にしてしまうことがあるので、 置き場所には注意が必要です。 ペット消臭剤の選び方 ペット用消臭剤を選ぶときは、ペットの安全性を考慮することが何よりも大切です。 万が一使い方を誤ると、ペットを危険な目に合わせてしまうこともあります。 そうならないためにも、購入前に選び方のポイントをしっかりとチェックしておきましょう。 使用するシーンや場所、原因によって使い分ける 置き型タイプとスプレータイプは、使うシーンや臭いの原因によって使い分けるのがよいでしょう。 日常的に使用したい場合や、 部屋全体に染み付いたペット臭を取りたいときは、 置き型の消臭剤を選ぶのがおすすめです。 置き型の消臭剤は、 一度置いてしまえばあとは何もしなくていい 手軽さが魅力でしょう。 ペットの体臭が強い場合でも、 持続して臭いを軽減してくれます。 持続期間は商品によって異なりますが、 1〜3ヶ月ほど消臭効果が続くものが多いため、頻繁に交換する手間もかかりません。 家具や布製品に染み付いた臭いを取りたいときにも最適です。 家の中だけではなく 外出時にも使用したい場合や、 トイレの臭いを瞬時に消したいときなどは、 消臭スプレーが活躍してくれます。 消臭スプレーは 持ち運びがしやすいので、外出先でペット臭を消したいときに便利です。 また、ソファやカーペット、カーテンなどの布製品に直接吹きかけることができるので、 しつこい臭いをすぐに軽減させることができます。 ペットの臭いは、飼い主よりも 他人の方が敏感に感じやすいので、 来客前の部屋に吹きかけたり、 他人を車に乗せたりする前などに使用するとよいでしょう。 安全性が高いかどうか 市販されている消臭剤の多くには 化学物質が含まれており、中には人やペットに 悪影響を及ぼす成分が含まれている場合があります。 たとえ「ペット用品に使用可能」と記載があったとしても、実際には犬や猫にとって刺激が強いこともあるので、購入前に 成分をしっかりと確認する必要があります。 一般的な消臭剤に含まれている 除菌・殺菌成分は「 次亜塩素酸ナトリウム」で、この成分は プールの水や 浴場、 下水などの除菌にも利用されているものです。 人が口にする 生野菜や果物を除菌する際にも使用されてはいますが、強力な成分のため、 ペットが舐めてしまうと危険です。 ペットの安全性を重視するのであれば、危険な化学物質が含まれている消臭剤は避けたほうがよいでしょう。 なるべく 安全性の高い消臭剤を選ぶには、 病院や 保育園、 動物病院などの 医療・教育機関で使用されている消臭剤を参考にするのがおすすめです。 病院などで使用されている消臭剤は、 非刺激・無刺激で除菌効果が高いものが多く、安全性がしっかりと確認されています。 ただ、人やペットによっては成分が合わない場合もあるので、事前に会社のHPで 成分のチェックをしてから購入するようにしましょう。 香りの度合い 香料が入っている消臭剤は、ペット臭を抑えて部屋を爽やかな香りにすることができます。 しかし、人にとってはいい香りに感じられる消臭剤も、嗅覚が鋭い犬や猫にとっては刺激が強すぎる場合があるのです。 猫の嗅覚は人間の 約1万〜10万倍、 犬の嗅覚は 約100万〜1億倍もの能力を持つといわれており、 匂いを受け取る鼻粘膜の表面積も広いという特徴があります。 どんな小さな匂いにも反応する敏感な嗅覚を持っているので、 香りの強い消臭剤は避けたほうがよいでしょう。 特に、 猫はリモネンなどが含まれている 柑橘系の匂いを嗅いだり舐めたりすると、 中毒を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。 人には問題がない香りでも、犬や猫にとっては危険な場合がありますし、個体差によってそれぞれ苦手な香りがあるかもしれません。 このように、 香料が入っている消臭剤はペットのストレスになるだけではなく、 健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。 また、香りのきつい消臭剤を使用すると、ペット臭と混ざってさらに不快な臭いになってしまうことも考えられます。 そのため、 ペット用消臭剤を購入する際は、なるべく 香りが控えめなものか、 無香料のものを選ぶようにしましょう。 種類別!ペット消臭剤おすすめ【置き型タイプ】 ここからは、おすすめのペット用消臭剤を種類別にご紹介していきます。 まずは、置き型タイプのペット用消臭剤から見ていきましょう。 竹炭のみで作られた100%天然素材の消臭剤 「MosoNatural Bag・モソバッグ200g」 こちらは、最高級のモウソウ竹炭のみで作られている、100%天然素材の消臭剤。 化学物質無使用・無香料・無毒性と安全性が高く、自然の力で消臭・脱臭・調湿を行うため、ペットに優しい消臭剤となっています。 MosoNaturalのモウソウ竹炭は、中国に生息する高品質な竹から作られており、バクテリアや有害な汚染物質、アレルギー源も吸収する優れた商品です。 竹炭はおしゃれな麻生地の袋に包まれているので、インテリアとしても活躍してくれます。 左上隅には吊り下げ用のリングが取り付けられており、置くだけではなく吊るして使用することも可能です。 さらに、最大で2年間消臭効果が続くので、こまめに買い換える必要がなく、コスパも抜群。 また、使用し終わった竹炭はゴミとして捨てずに、土に撒いて自然に還すこともできます。 人やペットだけではなく、環境にも優しい消臭剤なので、エコ活動に関心のある方にもおすすめの商品です。 ペットが舐めても安心! 「(株)カーメイト ドクターデオペット 置き型部屋用 130g」 除菌・消臭成分に「安定化二酸化塩素」を採用した、安全性の高い除菌・消臭剤です。 安定化二酸化塩素は、アメリカ環境保護庁やアメリカ食品薬品局、世界保健機構(WHO)から安全性や殺菌消毒性、脱臭性能、防腐などの効果が認められています。 そのため、消臭剤に多く使われている次亜塩素酸ナトリウムよりも安心して使うことができる成分といえるでしょう。 こちらの商品は無香料タイプなので、香りでごまかすことなく、部屋のペット臭をしっかりと消臭することが可能です。 また、ペットが誤って舐めてしまった場合でも害がないため、安心して部屋に置くことができます。 好奇心が旺盛な子や、子犬・子猫がいる家にはぴったりといえるでしょう。 部屋の大きさによって開口部を調節することができるので、どんな場所でも使いやすいということもポイントです。 ベチバーは東南アジア原産のイネ科の植物で、高い消臭・防虫能力を持つことが特徴。 ベチバー根は、腐敗した魚などから放散される「トリメチルアミン」や、汗や尿に含まれる「アンモニア」、シックハウス症候群の原因ともいわれている「ホルムアルデヒド」など、さまざまな臭いに対して消臭効果を発揮します。 また、こちらのベチバー根製品は安全性が科学的に実証されており、財団法人・化学物質評価研究機構(CERI)による試験結果では、有害化学物質とされる15物質がすべて不検出という結果だったようです。 このように商品の安全性をしっかりと確認できれば、飼い主も安心してペットに使用することができるでしょう。 部屋に染み付いたペットの臭いを取り除きつつ、ノミやダニなどの害虫からペットを守ってくれるメリットもあり、「ペットに直接虫よけスプレーをするのは抵抗がある」という方にもおすすめの商品です。 消臭効果は3ヶ月間持続するので、長く使用することができます。 種類別!ペット消臭剤おすすめ【スプレータイプ】 続いて、スプレータイプのおすすめペット用消臭剤をご紹介していきます。 安全性の高い商品を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。 トイレの臭いも強力消臭! 「アイリスオーヤマ PSS-400 ペット用消臭剤 400ml」 植物由来成分(柿タンニン・さとうきび)で作られた、無香料のペット用消臭剤です。 食品添加物由来の消臭・除菌成分が、ペット臭をしっかりと強力消臭します。 成分に含まれている「柿タンニン」は、柿渋の主成分であるポリフェノールの一種です。 柿タンニンは高い消臭効果を持ち、ポリフェノールの還元反応によって、悪臭を元から絶つことができます。 また、さとうきびにも悪臭を中和・分解する効果があるので、症状効果によってさらにペット臭を軽減させられます。 自然の成分を使用した消臭剤のため、スプレー後すぐにペットが触れたり舐めたりしても問題ありません。 価格が安く、詰め替え用も付いているので、ソファやカーペットなどの広い範囲にも遠慮なく使うことができます。 ペットと環境に優しい消臭剤 「ビッグバイオ ニオイのち晴れ ペット用スプレータイプ 250ml」 ビッグバイオ独自の微生物であるBB菌(ビッグバイオ・バチルス菌)の働きにより、気になるペット臭を分解・除去する消臭剤です。 BB菌とは、バチルス菌を種とした有用微生物群のことを指し、悪臭を抑える効果や、カビ・ヌメリ処理、尿石分解などの働きがあることが特徴です。 ペットの尿の臭いや、タバコ臭、体臭などを元から分解・消臭することができます。 化学薬品などを使用していないため、ペットが触れても無害で安心。 シンプルでスリムなボトルなので、持ち運びにも最適です。 ペットのトイレ臭が気になる方や、多様な効果を感じたい方におすすめの消臭剤です。 ペット臭を99%シャットアウト! 「ペティオハッピークリーン 犬のニオイ消臭&除菌 500ml」 こちらの商品は、植物生まれの緑茶エキスとフィトンチッドの成分で、ペットの気になる臭いを消臭・除菌する、スプレータイプのペット用消臭剤です。 着色剤や芳香剤を使用していないため、安心してペット用品に使うことができます。 部屋にこもりがちなペット臭を99%シャットアウトし、いつでも快適な空間で過ごすことができます。 価格が安く内容量も多いので、消臭剤を頻繁に使用する方におすすめです。 まとめ 部屋に染み付いたペットの臭いも、ペット用消臭剤を使用することで簡単に軽減させることができます。 ご紹介してきた商品のように、ペットの安全性を考慮した消臭剤も多く販売されているので、ペットの健康を守りつつ消臭をすることも可能です。 ペット用消臭剤を上手く活用し、飼い主さんもペットも快適に過ごせる環境を作りましょう。

次の